レジャー・アクティビティ・ビークル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
現代的なLAVの一つ、シュコダ・ルームスター
小型LAVのフィアット・クボ

レジャー・アクティビティ・ビークル (leisure activity vehicle, LAV) は小型バン、通常スーパーミニあるいはサブコンパクトカーと関連し、2列もしくは3列シートを備え、巨大で背の高いトランクとテールゲートを備えたものを指す。このカテゴリーの初期の例は1977年に発表されたマトラ・シムカ・ランチョであった。これらはヨーロッパにて1990年代により安価で、より広々とした小型ファミリーカーの代替となった。

類似のジャンルとしてトールワゴン、ミニMPV、コンパクトMPVがあり、LAVもしばしばそれに分類されることがあるが、貨客兼用車として設計されている点が一般的なMPVとは異なる。

代表的な車種[編集]