ステーションワゴン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日産・ウイングロード(3代目)

ステーションワゴン(station wagon)は、自動車のスタイルの呼称である。

いわゆる2ボックスの形状で前部にはエンジンフード、後部には乗員の座席とひとつづきの荷室を備えている。1990年代以前は荷室に予備座席(ジャンプシート)を備え現在のミニバン並みに使えるものも少なくなかった。単にワゴンとも呼ぶが、報道などで「ワゴン車」という場合はワンボックス型であることもある。

概要[編集]

1950年代フィアット500トポリーノでのエステートワゴン(左)とバンの相違。
ジャルディニエラ ベルヴェデーレ(左)と同コメルシアル バン。
この例ではワゴンはバンと比較して装飾が多く、バックドアも観音開きに対し上下開き、全高やリアオーバーハングも、荷室容積よりスタイルやプロポーションを重視していることがわかる。

大まかには「3ボックスセダンの屋根を後端部まで伸ばし、その屋根とショルダーラインとの間にもガラスとピラー(柱)を入れてトランク部を大きな荷室としたもの」という生い立ちである(乗用車ベース。よって日本でのナンバー区分は3か5)。対して、同様の形状をもつライトバンの生い立ちは「ピックアップトラックの荷台を屋根つきの貨物室とした」という発想であり(ナンバーは1か4)、両者の成り立ちは似て非なるものである。しかし日本では、ライトバンも貨物室の両側面にガラスのウィンドウを持つため、ステーションワゴンとライトバンは全く同じものと一般的に間違って捉えられており、なおかつ両者はコスト面から全く同じ車体を使用して生産される(車名すら同じということも多々ある)ことも多かったため、一般的にはステーションワゴンとライトバンの生い立ちの違いからなる両者の違いが理解されているとは言いがたい。

しかし、自動車発祥の地である欧州においては、ライトバンで貨物室の両サイドに日本のそれのようにガラスウィンドゥを持つものは存在せず、荷物室の両側はボディと同じ鉄板製であり窓を持たないため、ワゴンとバン両者の違いは顕著である。しかしながら車高や全長はセダンと同程度で、後部座席後ろの荷室は、後部座席を畳めば更に大きな荷物を載せることができるため、ステーションワゴンは荷物を載せて運ぶライトバンと同じものと見られており、現在でも新聞においての事件報道などで、本来であればワゴンと書かれるべき車種がライトバンになっていることが多いなども、それらの認識不足に基づくものである。

一般的にはステーションワゴンは十分な貨物スペースを保持するものであり、貨物スペースが大きいのが特徴であるが、近年はデザイン的な面からカーゴスペースを小さくしたため、ハッチバックタイプとの上の区別は難しいモデル、またハッチバックでありながらワゴンと名乗るモデル(マツダ・ファミリアS-ワゴン)等、メーカーや時代によっても基準は分かれる。また、車検証での'車体の形状'の表記種別の一つでもあり、トヨタ・イプサム等一般的にミニバンと認識されている車両も、車検記載上はステーションワゴンとして扱われる。ステーションワゴン以外には、セダンクーペ、ミニバンなどがある。

しかし、趣味的な利用の増加によって優れた居住性や、高いドライバビリティを持ったステーションワゴンが登場し、現在では積載能力にも配慮しつつ、上質な性能を持つものとして認識されている。

走行性能居住性積載能力駐車場での取り回し、燃費などについて、高い領域でのバランスを持ち高い実用性を持つものの、1990年代半ば以降、その人気・需要は、クロスオーバーSUVやミニバンに転じている傾向が強い。現在、こうした新しいジャンルの車種とステーションワゴンとの境界は非常に曖昧である。

ステーションワゴンの歴史[編集]

米国における歴史[編集]

最初のステーションワゴンは列車での旅行の時代の製品だった。それは『デポハック(depot hacks)』と呼ばれた。デポとは鉄道の意で、ハックとはハックニーキャリッジ (hackney carriage)、英国支配していた時代のタクシーの呼び名)のことである。

また「キャリーオール(carryalls)」(「全部(なんでも)運べる」)とも「サバーバン(suburbans)」(「郊外」)とも呼ばれていた。「ステーションワゴン」は「デポハック」と同意で、それは「ワゴン(wagon)」、つまり人と荷物を載せる車で、かつ、そのワゴンは、列車が駅(ステーション)についたときに、列車から降りてきた人とその荷物を受け取って載せ、近所の最終目的地まで連れて行く役割をしていたことからステーションワゴンと呼ばれた。

初期のステーションワゴンは、トラックの進化だったため商用車とされ、一般消費者向けとは考えられていなかった。初期のステーションワゴンのフレームは全部覆われてはいなかった。商用だったからだ。屋根は固定屋根だったが、ガラスはなく、乗客部分だけを覆っているものだった。ガラスの代わりにキャンバス地のサイドカーテンを開け閉めして使っており、悪天候の際にはもっと堅いカーテンをスナップでとりつけて使っていた。

ポンティアック・ウッディ(Pontiac woodie)

1910年代にはフォードT型のステーションワゴン(6人乗車)が製作されたが、これはまだデポハックとも呼ばれていた。木製ボディは手で磨いて仕上げられており、一般にはウッディ(woody)と呼ばれて親しまれた。屋根はあったが側面は全開放されていた。後部座席をはずすとトラック状となった。

1922年ハドソンの低価格ブランド用子会社エセックスがお買い得の全天候型の自動車を世に出した。これが米国自動車産業がオープン型車両から消費者の求める覆われた(エンクローズ)自動車に向かうきっかけになった。特に上流階級向けの高額モデルを作っていた自動車会社ではステーションワゴンもエンクローズタイプとなっていく。この時代のガラス窓は、リトラクタブル型やスライド式だった。

当初、ワゴンメーカーの乗客コンパートメントはカスタムボディビルダーにアウトソースされていた。木製ボディの製作には時間がかかったからだ。木製ボディの製造メーカーとして、ミッチェル・ベントレー(Mitchell Bentley)、USB&F、キャントレル(Cantrell)などがあった。木製ワゴンの屋根は通常ストレッチト・キャンバス(stretched canvas)と呼ばれるキャンバス地を張ったものに防水加工をしたものだった。

1919年には、ストートンワゴンカンパニー(Stoughton Wagon Company、ウィスコンシン州ストートン)がカスタムワゴンボディをT型フォードに架装をお開始。同年、木製ボディ架装業 J.T.カントレル社(J. T. Cantrell)がクライスラー車に木製ボディを架装し1931年まで続けた。

やがて、自動車メーカー自身がステーションワゴンを製作するようになる。GM創業者ビリー・デュラントの会社デュラント・モーターズのブランドであったスターから1923年に発売されたものが一般には最初の自社生産ステーションワゴンとされている。

フォードは、ステーションワゴンの最大手として、1929年には販売トップとなっていた。フォードは自社で堅木の森と製材所を所有していたため、A型のワゴンでのコンポーネントの供給をはじめた。1929年にはA型のワゴンに使うコンポーネントのサプライを開始。このモデルでは最終工程はまだ社外への委託作業だった。当初は工場で最終組立された自動車をデトロイトのブリグズ社(Briggs)に持ち込み、ルイスビルのメンゲル社(Mengel Company)からの部材でボディを架装していた。

ダッジも1929年には直列6気筒エンジンのスタンダードシックスをベースとしたステーションワゴンモデルを生産している。定員6人で客室の窓は下に落とし込むタイプで片側に3枚ずつついていた。

ステーションワゴンの始まりは商用だったので、1930年半ばまでは木製ボディであり、これらはウッディ(woodies)とよばれて親しまれていた。

また、乗用車の乗客のコンパートメントフレーム(車体枠)には広葉樹から切り出された堅木が使われていた。通常の乗用車ではフレーム(車体枠)は鉄で覆われており、ラッカー(米国のラッカーは自動車塗料の意)で色をつけられ保護されていた。最終的にステーション・ワゴンも、オールスチールボディが適用された。それは強度とコストと耐久性に優れていたためだった。

しかし、次第に社会的に高級なものとして認められるようになってくる。車両価格は一般的な車よりも高めに設定されたが、富裕層には人気を得ていた。米国のカントリークラブでの社交用品のひとつでもあった。紳士らしさを強調するための、ハードウッド(広葉樹木材)のボディの使い勝手がビュイックパッカードピアース=アローなどの高級車メーカーに好んで使用された。

名声とは関係なく、ウッディ・ワゴンには常時メンテナンスが欠かせない。ボディはニス仕上げなので、使用中にも一定期間で塗りなおしが必要となる。木は季節によって膨張・縮小するためネジの締めなおしも必要である。

名称の変化[編集]

  • デポハック - 人を乗せるキャリッジに重きを置いているが、ワゴンは荷物に重きが置かれている。
  • キャリッジ - フランス語起源の英語で人を乗せる車両であり乗り心地も重視された。
  • キャリーオール - 人だけでなく荷物だけでもなく両方載せられた意味。
  • サバーバン - 到着地から周辺地区まで人と荷物を運んだから「サバーバン」でもあった。
  • ワゴン - ドイツ語起源の英語で荷物を主に載せる車両を指す言葉として使われ乗り心地よりも運搬力を重視した。
  • トラック - より重量物を運べるようになり、荷を運ぶ用途の車両はトロッコにその起源をもつトラックという用語に置き換えられた。

オールスチール製ワゴン[編集]

第二次世界大戦が終わり、1942年時点の生産治具を使い自動車生産が再開された。大戦期間中に生産技術はかなりの進歩をとげていたため、大戦後の新デザインではステーションワゴンもオールスチール(全鉄)製が普通になった。

北米でのオールスチール製ステーションワゴンはウィリス=オーバーランド1946年ジープ・ステーションワゴンである。これは大戦中に戦争遂行のために作られた頑丈なジープベースのもの。このウィリス車は2ドアモデルで、プレミアム・トリム・パッケージではパッセンジャー・コンパートメント外側がウッディ時代のワゴンを彷彿とさせる軽量フレーム/暗色系パネルのデザインとなっていた。

1949年、プリムスが自社初オールスチール製ステーションワゴンの2ドア車プリムス・サバーバンを発売。これは民生用自動車ベースである。1950年にはプリムスのラインからはウッディ型がはずされ、すべてがオールスチール製ボディとなる。シボレー・サバーバンも非常に似た仕様だった。ビュイックは最後までステーションワゴンの木製構造にこだわったメーカーだったが、それでも1953年が最後の年となった。

フォードマーキュリー1955年まで見た目は木製タイプのようなモデルを提供している。しかしその見た目を形作っていたものは鉄、プラスチックなどの素材だった。3M社開発のダイノック(DiNoc)などの高分子化合物も使われていた。フォード・カントリースクエアという名前で知られているフルサイズワゴンは1949年に登場し1990年代初頭までフォード社の主力製品の一角を占めていた。

1966年に、米国で再び木製装飾がなされたステーションワゴンがダッジから登場する。その外観は15年間変わらなかった。1967年からはこの木製風装飾は最高級モデルに限定して使われたが、これは飾りのないモデルは安価であることをあらわし、そうでないものはステータスをあらわすことを意味していた。

米国では都市郊外に形成された地域コミュニティで、「その年に発売された」ウッディタイプ(木製装飾)ステーションワゴンを所有していることが富の象徴でもありまた所有者の趣味のよさを示すものと受け取られていた。しかし、1980年から1990年初頭にかけて、これら「フェイク・ウッド("fake wood")」とよばれた木製風スタイルは、古臭いものとされるようになり、メーカーは製品ラインから外すようになった。その後、PTクルーザーがレトロスタイルで登場したことがきっかけとなり、アフターマーケット・アクセサリーメーカーがノスタルジアを感じさせるウッディキット(faux woodie kits)を売り出すようになった。

ステーションワゴンは米国では1950年代から1970年代にかけて大人気となり生産高においても最高の時代を謳歌(おうか)した。1950年代から1960年代半ばには、通常モデルの2ドアモデル4ドアモデルから当時流行したBピラーなしのハードトップモデルまでさまざまなボディスタイルのものが作られた。AMCランブラーがハードトップのステーションワゴンを1956年式から世に出し、つづいて1957年式でマーキュリーオールズモビルビュイックから、1960年式ではクライスラーからも発売された。ハードトップステーションワゴンは製造コストもかかり高価だったので販売数は多くはなかった。GMは1959年式で、AMCは1960年式、フォードも1961年式ではラインナップからはずしてしまった。クライスラーとダッジが1964年式まで販売していた。

フルサイズワゴン[編集]

1967年型 フォード・カントリー・スクワイア - フルサイズワゴンの一例

米国ではフルサイズのステーションワゴンは6人から9人乗車であることが通常とされてきた。6人乗車の基本仕様は3人がフロントシート、もう3人がリアシートに座るというもので、シートはどちらもベンチ型のシートである。9人乗車には、ベンチ型シートをもう一つ三列目のシートとして追加した。三列目シートは後ろ向きにレイアウトされることも多かった。この三列目シートはリアの荷物置き(リアカーゴ)の後輪車軸上に位置することとなった。フォードは、それぞれのシートに2人分追加して10人乗車としたが、かなり狭かったため後のモデルでは1人分追加の8人乗車仕様とされた。

新しいモデルになるに従い、より小型のプラットフォームで作られるようになったため、5人乗車または6人乗車となる。(フロントシートがバケット型かベンチ型かによる。) 車の大きさと安全性の観点から、乗用車ベースで製作するステーションワゴンではリアカーゴ部分にシートを設けることが禁止された。例外は、フォード・トーラスマーキュリー・ステーブルで、これらには、小型のジャンプシート(折りたたみ式シート)が子供二人用として装備されていた。シボレー・サバーバンフォード・エクスペディションといったフルサイズSUVではフロントシートもベンチ式とした9人乗車仕様など上記フルサイズステーションワゴンと同機能を備えている。また、米国では日本と同様、SUVも車両登録上『ステーションワゴン』とされており、カテゴリーとしてもSUVはステーションワゴンとすべきと主張する人も多くいる。

2ドアワゴン車[編集]

マーキュリー コミューター 2ドアハードトップ ステーションワゴン

1955年、1956年、1957年として、シボレーはシボレー・ノマド、姉妹車ポンティアック・サファリがスポーティ2ドアワゴンとして発売された。米国での家庭用としての売れ行きは思わしくなく3年で終了した。その車名は1958年にピラー付4ドアワゴンモデルに使われている。シボレーはノマド名は1961年式で終了。ポンティアックは1980年までサファリ名を使った。マーキュリーでは1957年から1960年にかけて2ドアハードトップワゴンを生産した。1961年にはこのユニークなモデルを終了、ピラー付モデルのみとなった。(米国ではステーションワゴンとワゴンは同じ意味で使われる。ワゴンは荷物を載せるものでトラックと同じ意味をもつ。)

AMC ペーサー ワゴン

1970年代は米国で2ドアワゴンのピークだった。多くのメーカーが小型車ラインでの作成を始めた。1972年から1980年にはフォード・ピントマーキュリー・ボブキャットが発売される。1971年から1977年にはシボレー・ベガの2ドアワゴンモデル。ポンティアック・アストルでも同様モデルを1973年から1977年に発売した。AMCペーサーのワゴンモデルで市場に参入し1977年から1980年まで発売した。

米国ではセダン・デリバリーまたはデリバリーと呼ばれる2ドアステーションワゴンがある。通常リア部分は窓はなくパネルで覆われている。これは米国では1970年代から製造されているもので、ベガとピントでパネルタイプが提供されたことに始まる。

現状[編集]

米国において、ステーションワゴンは一般に「スタイリッシュ」とは対極の存在として認識されていた。1990年代半ば以降、日米のメーカーからクロスオーバーと呼ばれるSUVが次々と紹介されるにつれ、消費者の需要は急速にステーションワゴンから離れていった。フォード・トーラスホンダ・アコードトヨタ・カムリといったベストセラー車のステーションワゴンが何れも1990年代に廃止となったほか、メルセデスベンツ・Cクラスのステーションワゴンも2005年までにはアメリカ市場から撤退した。

欧州における歴史[編集]

フォルクスワーゲンは1950年に発売開始したVWトランスポルター(Transporter)で人と荷物を載せるコンビ(Kombi)タイプを発売している。以来「コンビ」という名称はステーションワゴンをあらわすものとして使用される。日本でボルボのエステートで知られるモデルもスウェーデンではコンビとしてカテゴリーされ呼ばれている。1953年にオペルは、レコルト・オリンピアを発売。後にステーションワゴンというカテゴリーで呼ばれることになる。スウェーデンサーブ95が1959年から1978年まで発売された。2ドアファストバックサルーンをベースとしたエステートである。1977年にはアウディ・100Avant、1978年にはメルセデス・ベンツ 300TD/240TDというステーションワゴンが発売されている。

長期休暇に自動車を使っての旅行をする機会も多い欧州では、セダンに近い使い勝手を持ちながら積載性に優るステーションワゴンは重用された。欧州メーカーはセダンの各車種にステーションワゴンのラインナップを加えている場合も多い。1990年代後半からは、アメリカからのクロスオーバーSUVへの需要の移行が欧州でも顕著になった。現在では、多くのメーカーがクロスオーバーをラインナップし、本来アメリカ市場に向けて企画されたモデルが欧州でも意外な好評を得るという現象もみられている。

英国では中小型のエステートカーが一般的で、モーリス・1000(モーリスマイナー)やMiniのエステートモデルがその中心である。モーリス1000にはアッシュウッドフレームタイプもあった。両モデルともオプションで両開き型のバンタイプのリアドアにでき、昔ながらのシューティングブレークスタイルにすることができた。ヒルマン・インプのエステートモデルヒルマン・ハスキーリアエンジンのエステートで珍しいタイプだった。

西欧の2ドアエステートとしてフォード・エスコートモーリス・1100ボクソール・ビバボクソールシベットフィアット・127がある。

日本における歴史[編集]

初代日産・セドリック
ステーションワゴン
初代レガシィツーリングワゴン

自動車産業の立ち上がりから現在に至るまで、日本では貨物自動車であるライトバンと共用のボディで作られる例が多々あり、そうした車種は主に貨物車の1年車検を避ける目的で作られている。しかし一部には、予備座席(ジャンプシート)を備えた日産・セドリックなど、アメリカの流儀にならった高級志向のものも古くから存在した。また、釣りやスキーといったアウトドアレジャー用途にライトバンを用いるユーザー層が70年代末から80年代にかけて増えていくのに伴い、トヨタ・スプリンターカリブ日産・サニーカリフォルニアスバル・レオーネツーリングワゴンなどの、単なるバンの転換モデルではない車種が生まれ始めた。

1989年10月にスバル・レガシィツーリングワゴンに「GT」グレードが追加され、これが爆発的な人気を得たことから、ステーションワゴンはライトバンと違い、セダンと同等かそれ以上の機能・性能を備えるものという認識が定着し、各社ともこの動きに追従する形でステーションワゴンの「洒落たレジャーヴィークル」への脱皮をはかり、日本にステーションワゴンのブームが到来する。

バブル期のRVブームを頂点に車種別シェアとして一時20%後半まで増加し、この時期はほとんどの日本メーカーがステーションワゴンを発売していたが、バブル崩壊後のレジャー需要の低迷や、多くの車種が同じボディのバンタイプも併売したことによるイメージの悪化、ミニバンやクロスオーバーSUVコンパクトカーなどへの人気のシフトにより、現在の販売シェアは10%前半まで落ち込み、モデル廃止に追い込まれた車種もある。

また、1,500cc以上1,800cc以下のクラスは、サイズ拡大に伴う3ナンバー化を避ける事が多い。日本の道路事情では依然として5ナンバーサイズの利便性が高いこと。および車体を共有することの多いライトバン(例として、日産・ウイングロードとAD/ADエキスパート、ホンダ・エアウェイブとパートナー等)の1ナンバー化により、有料道路の料金が高くなるデメリットを避けるためでもある。

その他の呼称[編集]

ステーションワゴンあるいはワゴンは、主にアメリカ合衆国やオーストラリアで使われているボディスタイルの名称。イギリス文化圏ではエステートカー(estate car)、フランスではヴォワチュールファミリアル(voiture familiale)や(英語の馬車由来の)ブレーク(breakまたはbrake)が用いられる。

固有の車名では、ボディスタイルの名称をつけることもあれば、乗用車用語にはとらわれず他分野からの借用や組み合わせによる造語などでメーカー固有の呼称を使用している場合もある。以下はその一例である。

その他に、現代では特殊なカテゴリーに属するものとして、同じく英国馬車由来のシューティングブレーク(shooting-brake)という呼称もある。これはイギリスで貴族狩猟用に猟犬と道具を載せられるようにした同カテゴリ名の馬車を利用していたのと同様の目的で、自動車時代では高級スポーツカーGTカーを改造するか、あるいは、モノコック車以前でのボディがオーダー時代の自動車では一台一台が個々に別仕様の手作りとして製作され、広い荷室やさまざまな狩猟用装備と贅沢さを兼ね備えた車のことを指す。既成モデルではアストンマーチンのDB4~6やジャガー・XJ-Sなどの例がある。2ドアをベースとするものが「粋」と解された。2005年東京モーターショーでアウディがシューティングブレークの名を持つコンセプトカーを出展した。

呼称に対する誤解[編集]

ステーションワゴンは、「station(駅)のwagon(馬車)」で「駅馬車」とされ、アメリカ開拓期に人と荷物を乗せて都市間を移動した駅馬車がその語源として紹介されることがある。後者の駅馬車は映画であるが映画の原題は「stagecoach(ステージコーチ)」であり「station wagon」ではない。

ステージコーチとは、馬車を使った交通機関のことであり、この「駅」とは馬車に乗っている乗客を乗り降りさせる駅をさす。疲れた馬の交換所であり、空腹を満たす食事の場所でもあった馬屋である。現代でいえば長距離バス及びその停留所に相当し、鉄道の駅ではない。(映画の駅馬車はアリゾナからニューメキシコを結ぶ長距離馬車である)。これは19世紀に英国で登場した鉄道網以前から広く各国各地域で使われていた交通機関網である。

ステーションワゴンは英語起源なので英国の話となる。17世紀頃の英国の公共交通用途の馬車には大別してハックニーキャリッジという市街地でつかわれる軽量のものと、ハックニーコーチというより大きくて頑丈な町と町を結ぶ都市間交通用途の乗合馬車があった。前者は都市部でのタクシーとなった。日本語では辻馬車と呼ばれるものである。ハックニーキャリッジは現在、英国タクシーの正式名称でもある。後者ハックニーコーチは、その後ステージコーチと呼ばれる様になった。これが現在日本で一般に『駅馬車』と呼ばれるものである。

初期のステーションワゴンは、上記デポハックでの記述のように「駅からの人や荷物をその周辺地区に配送する役割」のもので、駅とその周辺を往復するタクシーであり荷物の配送車でもある。日本語ではタクシー用途では「辻馬車」と表現するが、荷物を運ぶのであれば辻馬車ではなく、そのものずばりを表す日本語はない。

「鉄道の駅周辺で利用されるワゴン」であり、ワゴンは日本では馬車と訳されるのが一般的なので、これを「駅馬車」と紹介することも可能であるが、すでに日本語で別の意味で「駅馬車」という言葉があるため、注釈なして「駅馬車」として紹介すると別の意味ととる読み手も多いかもしれない。これを当項冒頭のようにステージコーチの解釈で紹介すれば誤訳以上となる。

日本語では馬車という一語で多くの車両タイプを表現してしまう。英語であればステーションワゴンとステージコーチはまったく別の表現であるのに、「駅馬車」という同一の日本語表現として紹介されるために生じる勘違いである。この場合のワゴンとは「馬が引く純粋な馬車」という意味ではなく馬車の時代から現在までつづく「(乗り心地ではなく積載量を重視した)荷物を主とし人も運べる用途の車両(荷車)」の意味である。

ステーションワゴン一覧(現行車種)[編集]

平成26年(2014年)7月現在)

日本車[編集]

その他の国[編集]

関連項目[編集]