プジョー・308

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プジョー・308Peugeot 308 )は、プジョーの小型乗用車である。2007年9月に、プジョー・307の後継モデルとして発表された。

概要[編集]

308はモデルナンバーが示すとおり307の後継車という位置づけであり、プラットフォームは307からのキャリーオーバーである。2012年5月に1929年に登場したプジョー・201以来80年以上に渡って続いてきた3桁の数字でモデルチェンジ毎に末尾の数字が増えるネーミング手法を変更し、以降新興国向け車両の末尾が「1」で、それ以外は基本的にモデルチェンジをしても末尾は「8」のままとすることが発表された。2013年5月に発表された2代目308はこの新ネーミング法が適用された最初の末尾「8」モデルとなる。

歴史[編集]

プジョー・308 (初代)
前期型
Peugeot 308 5-Türer front.JPG
後期型
Peugeot 308 e-HDi FAP 110 STOP & START Active (Facelift) – Frontansicht, 18. Juni 2012, Ratingen.jpg
製造国 フランスの旗 フランス ソショー
フランスの旗 フランス ミュルーズ
ロシアの旗 ロシア カルーガ
中華人民共和国の旗 中国 武漢市
インドネシアの旗 インドネシア ジャカルタ
アルゼンチンの旗 アルゼンチン ビラ・ボッシュ
乗車定員 5人
ボディタイプ 3ドア ハッチバック
5ドア ハッチバック
2ドア クーペカブリオレ
5ドア ステーションワゴン
4ドア セダン
エンジン 1.6、2.0Lガソリンエンジン
1.6L、2.0Lディーゼルエンジン
共にヨーロッパでの場合
変速機 4速AT(2010年MC前)
6速AT(2010年MC後)
6速MT
駆動方式 前輪駆動
サスペンション ストラット(前)
トーションビーム(後)
全長 4,290mm
全幅 1,820mm
全高 1,515mm
ホイールベース 2,610mm
車両重量 1,360kg
先代 プジョー・307
-自動車のスペック表-

初代 T7 (2007年-)[編集]

エンジンバリエーション[編集]

エンジンは、ヨーロッパにおいてはBMWと共同開発した1.4Lおよび1.6L自然吸気エンジン、チューンの異なる2種の1.6L直噴(コモンレール式)ボルグワーナー製のツインスクロール式ターボと連続可変バルブタイミング機構を備えた (EP6DT) とKKKのオーバーブースト機能を採用したツインスクロールターボ (EP6DTS) 、および1.6Lと2.0L HDiディーゼルエンジンが搭載される。組み合わされるギアボックスは4段AT(AL4型)とプジョー自製の6段MT(MCM/A型)であったが、2010年のマイナーチェンジにて4段ATは、エントリーグレードの「Style」を除き、すべて6段ATに改められた。

ボディバリエーション[編集]

東風プジョー・308セダン
308HB(ハッチバック)[編集]

308の基本となるモデル。メインは5ドアだが、一部グレードには3ドアも設定されている。

308SW(ステーションワゴン)[編集]

2007年のフランクフルトショーに308SW プロローグとしてコンセプトカーが発表され、生産型は2008年3月の第78回ジュネーブモーターショーで発表されその3ヶ月後から発売開始。

ハッチバックモデルの後ろ半分を伸ばしたステーションワゴンモデル。リア席まで広がるパノラミックガラスルーフが特徴。日本仕様は3列7人乗りが導入されているが、それ以外の地域では2列5人乗りが基本。3列目はオプション設定であり、あくまでステーションワゴンである。オーストラリア市場では「SW」ではなく「ツーリング」の名称が使われている。

308CC(クーペカブリオレ)[編集]

2+2シート配置の2ドアクーペカブリオレモデルで電動ハードトップを採用。開閉時間は約20秒で、速度10km/h以下であれば走行中でも開閉が可能となっている。CC特徴としては、ヒートシーター(座面・背面)、ヘッドレスト内蔵ネックウォーマー、外気温や太陽光の強さなどに合わせて自動で温度や風量を調整するカブリオレモード対応のインテリジェントエアコンディショナーなど。一部グレードでは、ダッシュボードやドアの内張りがすべてレザーで覆われる、『インテグラルレザー』仕様が選べる。

308セダン[編集]

先代307に続いて中国東風プジョーでも5ドアハッチバックが生産されており、2011年10月には同国専売モデルとなる4ドアセダンを追加。フェイスリフト後の308をベースとしているが大型のフロントグリルなど細部が専用デザインとなっている。[1] セダンの外寸は全長4558mm、全幅1805mm、全高1505mm、ホイールベース2612mm。[2]中国では他に408という新興国向け車種も生産されているが、308セダンはそれより若干小柄である。なおSWとCCはヨーロッパから輸入して販売。

308 3ドア 
308 5ドア 
308 ツーリング 
308 CC 


2代目 T9 (2013年-)[編集]

プジョー・308 (2代目)
ハッチバック(フロント)
Peugeot 308 82 VTi Active (II) – Frontansicht, 4. Januar 2014, Düsseldorf.jpg
ハッチバック(リア)
Peugeot 308 82 VTi Active (II) – Heckansicht, 4. Januar 2014, Düsseldorf.jpg
製造国 フランスの旗 フランス ソショー英語版
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドア ハッチバック
5ドア ステーションワゴン
エンジン 直列3気筒 1.2L
直列4気筒 1.6L
直列4気筒 1.6L ディーゼル
直列4気筒 2.0L ディーゼル
変速機 5速MT
6速MT
6速AT
駆動方式 前輪駆動
全長 4,253mm(ハッチバック)
全幅 1,804mm
全高 1,457mm(ハッチバック)
ホイールベース 2,620mm
車両重量 1,340-1,535kg
-自動車のスペック表-

2013年5月に5ドアハッチバックの公式画像が発表[3]。このモデルがプジョー初の08世代となる。同年9月のフランクフルトモーターショーにて正式にワールドプレミアとなった。

この2代目308には、PSA(プジョーシトロエン)が新開発したモジュラープラットフォーム「EMP2」を採用。車両重量を先代比で最大140kg軽量化。グレードは地域によって異なるが、フランス市場では下からAccess, Active, Business, Business Pack, Allure, Felineの6グレードが設定されている。エンジンはガソリンが直列3気筒1.2L VTi 82PS、1.2L e-THP 110PS、1.2L e-THP 130PS、直列4気筒1.6L THP 125PS、1.6L THP 156PS、ディーゼルが直列4気筒1.6L HDi 92PS、1.6L e-HDi 115PS、1.6L BlueHDi 120PS、直列4気筒2.0L BlueHDi 150PSというラインナップである。トランスミッションは5速MT、6速MT、6速ATが用意される。

2014年3月のジュネーヴモーターショーでは308SW(ステーションワゴン)が世界初公開された。同ショーではヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーの発表も行われ、308が同賞を受賞した[4]

生産はソショー工場にて行われる。2014年3月14日には308の累計受注台数は6万台に達したこととソショー工場での増産が発表された[5]


関連項目[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]