スポーツコンパクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スポーツコンパクトSport compact)とは、もともとはアメリカでの自動車の分類のひとつである。コンパクトカーCompact car)のサブカテゴリで、販売統計や保険でもこの呼称が用いられている。その名のとおり、小型の、主にFF乗用車をベースに、動力や足回りの能力を高めたモデルのこと。ベースモデルにハッチバックタイプが多いことから、欧州日本では、一般的に「ホットハッチ」(Hot hatch)とも呼ばれる。スポーティーなスタイルの専用ボディーを与えられることもある[1]

しかし、日本国内においては、主にアメリカ西海岸における小型乗用車を使ったカスタム手法を日本に持ち込んだ物で、アメリカで販売される日本メーカーなどの「スポーティーカー」や、若者が手に入れられる安価な小型車(コンパクトカー)を日本やアメリカのパーツで高性能に仕上げた「チューニングカー」を指す。ホンダをはじめとした日本車が中心。これらは「スポコン」と略される事が多い。

本稿では、主に後者の「スポコン」について解説する。

三菱・エクリプス

歴史[編集]

発祥[編集]

アメリカ在住の有色人種からの発祥と言われ、若い彼らが安価に手に入れることができ、なおかつ高性能な日本車を改造して1/4マイル(約400メートル)での速さを競う非合法のストリートレースや、週末のドラッグレースジムカーナなどの草レースに出始めたのが発祥とされている。

ジャンルとして確立されだしたのは1980年代中盤であるとされているが、北米のインポートシーンではアジア系移民を中心に日本車を使ったカスタムが1970年代頃から散見されるようになっていた(それ以前にも1960年代末のフェアレディZのヒットにより、北米での日本車を用いたカスタムは一定の地位を獲得していた)。また1970年代中盤から1980年代にかけてのオイルショックの影響で小型FF車(いわゆるサブコンパクトカー)の需要が急激に伸びており、従来のFR一辺倒だった北米市場においての自動車勢力図に変化が現れていた。

しかし小型FF車の需要が伸び始めていたとはいえ、当時の北米のカスタムシーン、あるいは外車を用いたインポートシーンにおいては、日本車を初めとした小型FF車といえば(VWゴルフ / ジェッタ・ヒュンダイポニーなどの欧州車・韓国車などと共に)「安価で壊れにくいが、維持費の安い学生の足車や買い物車」といった認識が大勢を占めており、スポーツカスタムのベースに選ばれるようなものではなかった。

だがCR-Xが軽量で軽快な運動性を持つ「スケートボードGT」としてヒットし、それに続くホンダ製をはじめとするFFコンパクトカーが台頭してくるとたちまちその認識が変化することとなった。 手ごろな価格で走行性能が獲得できることもあいまってサンデードラッグレースなどでもその姿を見かけることが多くなり、本格的にチューンナップを初めとするカスタムを施すものも現れ、現地でアフターマーケットパーツも生産されるようになっていった。 そしてVTECエンジンを搭載したアキュラ・インテグラが登場するとその人気は決定的なものとなり、インポートシーンは特に日本車人気の影響からFF駆動系一色の様相を見せていくこととなった。

その頃からインポートシーンでのカスタム手法も徐々に変化し、従来はホットロッドHot rod)寄りであった改造手法が、当時のホンダのレースシーンでの活躍から、カーレースを意識したものにシフトしていった。

これはアメリカに古くから存在した白人主導文化の「ホットロッド」、ラテンアメリカ系のチカーノによる「ローライダー」に対するアジア系移民主導版ともいえる。

初期には日本からやってきた高性能な小さな車ということから、「ライスロケット」と呼ばれた。当初はアジア系移民を中心に行われていたが、現地の自動車カスタム誌などに徐々に取り上げられるようになり、現在は人種に関係なく親しまれ、カスタムの一ジャンルとして市民権を得ている。

またカスタムを行う人種によりその方向が若干異なっており、それにはそれぞれの民族性、文化、慣習が関わっているとされる。モアパワーを好む白人はファニーカーの流れを汲むカスタムを施し、黒人や南部系の者はローライダーの流れを汲むメッキパーツの多用や油圧系のカスタムを施す傾向が強い。そしてアジア系の者に関しては当初からスピードレーサー志向が強く、JDMなどのハイテク寄りなカスタムを施す傾向があるとされている。

現在では近年のドリフトブームの影響もあり、FR車を用いたカスタムも勢力を拡大しているが、カスタマーレベルでの主流は相変わらずFFコンパクトカーである。

日本への導入とその後[編集]

日本への導入は1997年前後で、従来ローライダーなどのアメリカ車等を用いたアメリカンカスタムを行っていた人々によって行われた(少なくとも日本における従来型チューニングカーのスタイルとは明確にルーツが異なる)。「スポーツコンパクト」という名称は、従来のジャンルと区別するためアメリカの自動車雑誌「SPORTS COMPACT CAR」より取ってつけられた(そのため「スポコン」というジャンルを示す名称自体は和製英語の扱いに近い)。

導入時は従来のアメリカンカスタムの素材が日本車に置き換わったものであり、一部においてはアメリカ車を用いたカスタムローライダーカスタムにおいての傍系的手法として捉えられていた節があった(事実、当初このジャンルを取り上げていた雑誌は「Daytona J's(ネコ・パブリッシング/廃刊)」などのアメリカンカスタム誌であった)。当時からそれぞれのカスタムカー愛好家が行っていたジャンルにおける文化に合致した手法が導入されていたため、ストリートレーサー色の強いものから派手な外装を施したローライダー色の強いもの等複数の手法が行われており、ある程度ジャンルも大別されていたが、その方向性については各カスタムカー愛好家間での一定の共通認識があった。

しかし、その後の雑誌映画などのメディアにより露出が大きくなるにつれ、一過性のムーブメントが発生し、異なるジャンルのカスタムカー愛好者が多く流れてきた。またこれによりカスタムカー愛好家の一部においては他者との差異を演出するために新しい手法を繰り出そうと躍起になった。その結果、商品供給を行うメーカーやそのスポンサードを受けている雑誌などの思索も絡み多方面においてジャンル拡大が行われ、またベース車両の類似性からメディアによって日本の従来型チューニングとのジャンル・手法の関連付けもいささか強引に行われたためにその手法も多様化し、元々の共通認識であったアメリカンカスタム、あるいはそのライフスタイルを無視したものも数多く出回るようになっていった。

そのためスポーツコンパクトカスタムを標榜していてもさまざまな要素、認識が入り混じるようになり、今日に至っては一言で説明がつかないほど複雑なジャンルへと変貌を遂げることとなった(これは皮肉にも、このジャンルを導入した人々が、このジャンルから離れてしまう逆転現象を生む要因ともなった)。

定義・概要[編集]

主に見せる(魅する)ことを重視した派手なドレスアップオーディオ関係を充実化していることがスポコン車両と定義されているが、それと同時に後述するナイトロなどの装着やより高出力なエンジンへの換装でパワーアップを施したり、高性能ブレーキやサスペンションで性能アップを施す機能的な方面のチューニングも多く、明確な定義はない。が、絶対的な点はアメリカ有色人種を意識している点である。

このため、アメリカを常に意識していないものはスポーツコンパクトでは一切なく、たとえ北米に販売されている車両を用いてカスタムしても、アメリカを意識しないカスタムはスポーツコンパクトとは言わない。またスポーツコンパクトの手法を取り入れたドレスアップをしていても、自己満足に留まるもので他人に見せることを考慮/配慮されていない場合はあくまで「スポーツコンパクト風」ということになる。

狭義としては公式または代理店などを通じて北米向け仕様が輸出販売されていた米国産以外の車両がベースとして限定されるが広義としてはアメリカ以外のメーカー産の車両がベースとなる。ただし近年北米においても定義が変遷しており、日本車や欧州車のほか小型あるいはスポーツコンパクト向けとしてリリースされたアメリカ車もスポーツコンパクトの範疇に含まれる(ダッジ・ネオン、SRT-4やシボレー・コバルトなど)。現地の雑誌・ショーにおいても同一カテゴリとされることが多い。元々北米において外車はひとくくりに「ユーロ」と呼称されており、特に日本車を区別する場合にライスロケットと呼称される。

主な改造方法[編集]

基本的に走行・運動性能の向上のみならず、見せる(魅せる)ことを重要視する傾向がある。欲張りなカスタムといえる。下記のものはその一例に過ぎず、またカスタムの方向性により重複したり一部のみを行うなどさまざまである。

注意 これらの改造には車検に対応しない、もしくは対応させるためには構造変更申請が必要となる事柄が含まれます。

ベーシックなスポーツコンパクトの例。灯火類やフェンダー、ホイールなどがUS部品で構成され、シートの交換や外向きオーディオの装着が施されている。

内外装・外観上のカスタム

  • オールペイント(車体全体の全塗装の事。オールペンとも言う)
  • 各メーカーのエアロパーツを装着する
  • アンダーカーキットと呼ばれるネオン管やLEDを並べた管を車体底部や車内などに装着する
  • バイナルグラフィックスと呼ばれるステッカーを車のサイドやボンネットに貼る。漢字、カタカナなど日本語のステッカーもある。
  • ハイドロと呼ばれるもので車高を高くしたり低くしたりする(ときには車を跳ね回らせる)または車高調整式サスペンションの装備で車高を下げている。
  • カーオーディオを装着し、トランクの中などにウーファーアンプ、モニターなどを装着する
  • メーター類の加工・変更や追加
  • ドアのガルウイング
  • ボンネットなどをカーボン製にする
  • テールランプなどを通常の赤から、レンズのみ白など他の色にする(赤くは光る)やユーロテールと呼ばれる別デザインのものに取り替える。
  • ヘッドライトをデザインの違うものに取り替える(リフレクター式からプロジェクター式へ交換など)
  • ボディスワップと呼ばれる手法で、他車種向けに設定されている部品をボディ側を大きく加工して取り付け、市場に流通している車に対して個性化を図る(それは時として原型となった車が何であったのかすら分からないこともある)
  • スムージングと呼ばれる手法で、モール類やナンバーポケット、ときにはドアノブまでをも埋め込み、ボディ全体をフラットに見せる(これは元々ローライダーの手法でもある)
  • エンジンルーム内各部のメッキ処理やバフがけ研磨、塗装による装飾 (時にエンジン本体やミッションケース、サスペンションアーム類にまで及ぶ。)
  • 美観向上のために可能な限り配線類やヒューズボックスなどを隠したりチューブで包むなどヒドゥンと呼ばれる処理

運動性能面のカスタム

  • ナイトロニトロ)を装着し車をパワーアップする(ナイトラス・オキサイド・システム参考)
  • ハイドロと呼ばれる物で車高を高くしたり低くしたりする(ときには車を跳ねらせたりする)または車高調整式サスペンションの装備で車高を下げている。
  • バケットシートや多点式シートベルトなどを初めとしたカラフルな内装部品を装着する
  • ホイールインチアップ(17~20インチが定番。これは直進安定性の向上の意味もあるが、大径ホイールを装着することにより車体を大きく見せようとするアメリカにおける通例的な手法でもある)
  • メーター類の加工・変更や追加
  • ボンネットなどをカーボン製にする
  • より高性能なエンジンへの換装やターボチャージャー、スーパーチャージャーなど、過給器の搭載とトランスミッションの換装(ATからMTに変更など)
  • 高性能でより見た目の良いブレーキシステムへの換装
  • ワイドトレッド化(ワイドボディ化)による走行安定性の向上を狙いつつインパクトのある外観への改造
  • ロールケージやスポット増しなどレースカーと同様の手法による補強(機能面よりもその見た目を重視して採用される事が多い)
  • 高性能なマフラーやヘダース(エキゾーストマニホールド)などへの換装(好みの部品がない場合は特注製作される事は稀ではない)

[編集]

  1. ^ 例として、フォルクスワーゲンゴルフ GTi、シロッコ(Scirocco)、コラード(Corrado)や、ボルボ 480(Volvo 480)、ホンダCR-Xシビック Siや、アキュラ・インテグラなどが挙げられる。

参考資料[編集]

  • KKマガジンブックス『Compact Racer』

関連項目[編集]