プラットフォーム (自動車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オートモビル・ブラットフォームは、複数の自動車車種によって車両の構成部品が共有されている際の構成部品の一連の組み合わせのことで、通常は略してプラットフォームと呼ばれる。

概要[編集]

要素としてはフレームあるいはモノコックフロアパンサスペンションステアリングパワートレインが含まれる。

車両アーキテクチャーと呼ぶ自動車製造業者も存在する。なお、アーキテクチャーとは建築学において建築の様式のことで、建築物の構造や設計法工法を含めた全体を意味する用語である。

当初、プラットフォームの共有とは、それ以前に設計された車の車台を、型式(かたしき)の異なる新型車に流有することであった。たとえば、フォルクスワーゲン・ビートル車台フレームを、タイプ2カルマンギアで利用するといった方法である。

複数のモデルで共有すべく、汎用的なプラットフォームとして設計された最初のものは、フォード社が1970年代に使用したフォックス・プラットフォームである。1980年代には、クライスラー社がKカーでプラットフォームの共有を行った。なお、Kという名前はプラットフォームを共有した車がすべてKで始まる名前だったためである。

先ほどのフォルクスワーゲンの例のとおり、プラットフォームの共通性と車両の外観や性格の類似性は必ずしも一致しない。このため、プラットフォームの供用は予期しない車両同士でもおこなわれており、たとえば、11代目スカイラインで導入された日産のFMプラットフォームは、スポーツカーZ33型およびZ34型フェアレディZSUVインフィニティ・FXでも使われている。また、アウディ・TTフォルクスワーゲン・ゴルフで共有されているフォルクスワーゲンのAプラットフォームは、やはり見た目のまったく異なるモデルで供用されている。

日本での概念[編集]

日本では、自動車の基本部分である「車台」と呼ばれる部分がプラットフォームであると解説されることも多い。

近年では設計や生産コストの削減のため、一つのプラットフォームから複数の車種を製品化することが普通になっている。プラットフォームを基準として複数の車種で生産ラインを共有する混流生産が容易になる。

日本では、特に小型車のプラットフォーム共有が進んでおり、トヨタ自動車ヴィッツ系プラットフォーム(名称NBCプラットフォーム・Bプラットフォーム)およびパッソ系プラットフォーム(子会社のダイハツと共同開発)、カローラ系プラットフォーム(名称MCプラットフォーム)、カムリ系プラットフォーム(名称Kプラットフォーム)、クラウン系プラットフォーム(名称Nプラットフォーム)、ルノーと共同開発した日産マーチ系プラットフォーム(名称アライアンス・Bプラットフォーム)、そして本田技研工業フィット系プラットフォーム(名称グローバル・スモール・プラットフォーム)などは同一車台から5車種以上のモデルを有する“大家族”となっている。

また、規格いっぱいのサイズで作られることが多い軽自動車もプラットフォームの共有化が進んでいる。

日本国外でも、その傾向が見られ、例えば、先代型のフォルクスワーゲン・ゴルフから、同社のボーラ、ゴルフワゴン、ゴルフカブリオレ、ニュービートルのみならず、アウディA3とTT、セアトシュコダなど、VWグループ内で多彩に使用されていた。

近年では稀であるがホンダ・オデッセイの様に、個々の車種に専用のプラットフォームを与えることもある。

種類[編集]

トヨタ[編集]

日産・ルノー[編集]

ホンダ[編集]

マツダ[編集]

三菱[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]