アウディ・TT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アウディ・TTは、ドイツ自動車メーカーアウディが製造、販売するスポーツカークーペロードスターがラインナップされる。車名はイギリスマン島で開催されていたレースイベント「ツーリスト・トロフィー」に由来する。

歴史[編集]

初代(1998-2006年)タイプ8N[編集]

アウディ・TT
初代
Audi TT 8N.jpg
販売期間 1998年 - 2006年
ボディタイプ 2ドア クーペ/ロードスター
エンジン 1,800cc I4 ターボチャージャー
3,200cc VR6型エンジン
最高出力 250仏馬力/6,300rpm
最大トルク 32.70kgf·m/2,800-3,200rpm
変速機 5速MT/6速MT/6速DSG
駆動方式 FF/4WD
全長 4,041mm
全幅 1,764mm
全高 1,346mm
ホイールベース FF:2,422mm
4WD:2,428mm
-自動車のスペック表-

アウディが1995年に発表したTT デザイン・スタディ・モデルを、ほぼそのままの形で市販化したモデルが、このTTである。TTのデザインの方向性は、その後のアウディ車に反映されただけでなく、他社のデザインにも影響を与えている。プラットフォームアウディ・A3フォルクスワーゲン・ゴルフなどと共通であり、1998年にバックハッチを持つTTクーペを発売、2000年には電動ソフトトップを備えたTTロードスターが追加された。

初代TTのデザインはドイツ系アメリカ人のフリーマン・トーマスによるもので、バウハウス的とも評される、極めてシンプルにして強烈な面構成となった。それはTT以前の自動車デザインの常識から大きく飛躍したものあった。円のモチーフをエクステリア・インテリアともに反復表現していることも特徴である。しかしこのスタイリングは、高速域での過大なリフトをもたらす要因ともなった。

内装では、アルミニウム製パーツを用いて質感を高めたり、オーディオをワンタッチで隠せる蓋を設けるなど、プレミアムスポーツを感じさせる演出がなされている。クーペは後部座席を持つが、大人が座るには非常に窮屈である。ただし、後部座席の背もたれを前方に倒すことで荷室を拡大することができる。

発売当初、180km/h以上の超高速域において、TTのフォルムがもたらすリフトを原因とする横転事故が発生したため、急遽リアスポイラーの追加、およびサスペンションの設計変更が行なわれ[1]、すでに販売された車については無償での追加と交換が実施された。なお、このリアスポイラーの装着に関しては、担当デザイナーが頑なに反対した、という逸話がある。

日本国内でのデビュー当初は、左ハンドル+MTモデルのみだったが、最終的には右ハンドル+ATモデルになった。

マイナーチェンジが一回実施されており、外観では、ヘッドランプ周囲が黒から銀黒色へ、フロントグリルが水平基調から格子柄となったほか、アルミホイールのデザインが変更されている。

グレード構成は以下のとおり

日本国内正規導入

1.8T Quattro(型式:GF-8NAPXF, GF-8NBAMF)
日本に最初に導入されたモデル。全て左ハンドル・6MTであった。当初の色はシルバー・ブラック・ブルーメタリックの3色。
225仏馬力の1,800cc[直列4気筒|直4]]DOHC5バルブターボエンジン搭載の4WDモデル。1,800ccターボエンジンモデルはすべて5バルブである。FFモデルよりも大きなツインインタークーラ付ターボを装備することで、出力に差が出ている。1,800ccの排気量で225仏馬力の出力は1Lあたり125仏馬力というハイチューンエンジンであった。極初期モデルはリアスポイラーもESPも未装着であった。FFモデルとの外観上の識別点はマフラーカッターが2本であること・フロントとリアにクアトロエンブレムが装着されている点が挙げられる。
1.8T(型式:GF-8NAUQ)
2001年1月に発売された180仏馬力の1,800cc直4 DOHC 5バルブ ターボエンジン搭載、5MTのFFモデル。
1.8T Quattroより約100万円安い390万円にて当モデルを発売した。初めての右ハンドルモデルとなった。
2002年11月には、そのFFモデルにアイシン製6ATを搭載。これによってTTは日本でも、女性を含めた一般ユーザーに選ばれるクルマとなった。
ただしこれ以降、安価なFFの5MT車は販売を終了してしまったため、マニュアル派には選択肢が狭くなった。
3.2 Quattro S-line(型式:GH-8NBHEF)
フォルクスワーゲン・ゴルフ R32やアウディ・S3などにも搭載される3,200ccVR6エンジンを搭載し、DSGと呼ばれるセミATを組み合わせたTTのトップグレード。
1.8T S-line(型式:GF-8NAUQ, GH-8NBVR)
アウディTTのラインアップの中で最販グレードであった1.8Tクーペとオープンエアドライブを満喫できる1.8Tロードスターにスポーティな『S-lineエクステリアパッケージ』を標準装備し、2005年8月より発売。
専用フロントスポイラー、専用リヤディフーザー、ドアシルにS-lineプレート、サイドにS-lineエンブレム、6スポーク17インチアルミホイール、225/45R17タイヤ、キセノンヘッドライト)を標準装備することにより、TTの精悍なスポーティ性をさらに強調した。2005年11月発売モデルよりエンジンが改良され、出力・トルクが、それぞれ190仏馬力、240N·m(24.5kgf·m)にアップした。
1.8T S-line Limited(型式:GH-8NBVR)
全国限定250台で2006年3月に販売開始した。1.8T S-lineをベースとし、人気のオプションであるキセノンヘッドライト・パッケージと本革シート(ファインナッパ)のほか、厳選された素材を使用したアイテムを用意したプログラム「アウディ エクスクルーシブ」で設定されている9スポーク18インチアルミホイールと、225/40R18タイヤを標準装着とする。
ボディカラー×インテリアカラーの組み合わせは、2つの新規設定を含む全6通りが設定された。
価格は434万円と、ベースモデルに58万円相当の特別装備を施しながらも、15万円高に抑えられた。
S-Lineリミテッド特別限定車のカラーバリエーション(ボディーカラー&シートカラー)は以下の通り。
シルバーメタリック + シーブルー (30台) 
シルバーメタリック + ブラック  (40台)
ファントムブラックメタリック + クリムゾンレッド(60台)
ファントムブラックメタリック + ブラック(83台)
モーリシャスブルーパールエフェクト + アニスイエロー(7台)
ブリリアントレッド + ブラック(30台)
1.8T Quattro-Sport(型式:GH-8NBFVF)
クアトロ誕生25周年を記念してSラインをベースにクアトロGmbHがチューニングしたスポーツモデル。
発売時にはすでに1.8Tクワトロはカタログ落ち(2004年8月)し、1.8TはATのFFのみであったが、当モデルにて1.8Lエンジンのクアトロモデルが復活した。
直4・1.8Lターボエンジンは専用チューンが施され最高出力240ps(176kW)、最大トルク320N・mとなり、排気量はそのままに実に+60ps(44kW)、+85N・mの性能向上を果たした。エンジン以外の変更点としては専用サスペンションを装着、また、ハンドリングを向上させるためにTT3.2のリヤフロアパンを使用し、バッテリーを後部に移動している。軽量化のため、後部座席とエアコンを排除し、エアコンはオプションとして設定した。
また、後部座席を排除した事による剛性低下に対してリヤタワーバーを設けることで剛性を確保している。
これらの軽量化によって75kgの軽量化とCd値を0.02下げることに成功している。
キセノンヘッドライト、アルカンタラの3スポークスポーツステアリング、アルカンタラのハンドブレーキグリップ、アルミシフトノブを標準装備。
ルーフ、サイドミラー、リヤスポイラーがパールがかったブラックに塗装されているのが特徴。
日本では150台限定で左ハンドル+6速MT仕様のみ発売された。
これらの装備を備え、3.2クワトロSラインの535万円とほぼ同じ529万円で販売された。

2代目(2006年-)タイプ8J[編集]

アウディ・TT
2代目
2007-Audi-TT.jpg
販売期間 2006年 -
ボディタイプ 2ドア クーペ/ロードスター
エンジン 1,800ccI4 筒内噴射 ターボ
2,000cc I4 筒内噴射 ターボ
2,500cc I5 筒内噴射 ターボ
3,200cc VR6型エンジン
2,000cc I4 噴射ポンプ ディーゼル
最高出力 250仏馬力/6,300rpm
最大トルク 32.60kgf·m/2,500-3,000rpm
変速機 6速MT/6速DSG/7速DSG
駆動方式 FF/4WD
全長 標準:4,178mm
TTS/TT RS:4,198mm
全幅 1,842mm
全高 標準:1,352mm
TTS:1,345mm
TT RS:1,342mm
ホイールベース 2,468mm
車両重量 1,260-1,490kg
-自動車のスペック表-

エクステリアデザインは、Jorge Diez、Gary Telaakが担当した。エクステリアは初代TTのイメージを残しつつ、最近のアウディの特徴であるシングルフレームなどを取り入れた躍動感あふれるデザインとなっている。An-225からインスピレーションを得たという空調の吹き出し口や、スター・ウォーズ・シリーズの宇宙船のようなテールランプなど、細かな内装の作り込みも特徴である。そのインテリアデザインは、Carsten Monnerjan、Uli Beierlenが担当した。

メカニズム的には初代TTがそうしたように2代目A3と同じプラットホームを採用しているが、TTのために開発されたスポーツカー仕様のASF(アウディ・スペースフレームテクノロジー)を採用したことによりボディの7割がアルミニウム製となった。これによってねじれ剛性は従来と比べてクーペは50%、ロードスターは120%向上し、同じプラットフォームのゴルフより100kg近くも軽量である。ちなみに残りの3割の鉄は重量バランスと衝突安全性の改善ためリア部分とドアに使われている。初代の欠点であった超高速域の安定性は、120km/hになると自動的にせり上がる電動格納式リアスポイラーやアンダーボディのフラット化によって改善され、Cd値も0.30と初代より向上した。またオプションとして、アウディとしては初めて、磁性流体を利用したサスペンションであるマグネティックライドを搭載している。

インゴルシュタットの本社工場でボディの生産を行い、ハンガリーにあるアウディ ハンガリア モーターKft.へ列車輸送され組み立てを行っている。

日本仕様のグレード構成は以下のとおり。なお、日本仕様はTTSとTTRSを除く全車右ハンドルのみ、HDDナビゲーションシステム(2008年モデルまでクラリオン製MAX760HD、2009年モデルからクラリオン製NX808のOEM)、バイキセノンヘッドライトが標準装備となっている。

クーペ[編集]

日本国内正規導入

1.8TFSI(型式:ABA-8JCDA)
2011年からエンジンをダウンサイズし、1,800cc直噴ターボエンジンを搭載する。最高出力160仏馬力、最大トルク25.5kgf·mを発生する。7速Sトロニック搭載。駆動方式はFF。
2.0TFSI quattro (型式:ABA-8JCESF)
2011年モデルから新型の2,000ccターボエンジンを搭載し、最高出力211仏馬力/4,300-6,000rpm、最大トルク35.7kgf·m(350N·m)/1,600-4,200rpmを発生する。6速Sトロニックを搭載する。
Sライン(S-line)
上記の2種類にSライン専用18インチ ホイール、サスペンション、前後バンパー、エンブレム、ドアシルプレート、ロゴ入りフロント スポーツシート(ブラックスプリントクロス&ブラックレザー仕様)、ロゴ入りステアリング ホイールなどが備わるボディカラー、インテリアの素材などを好みに合わせて選択できるオーダーメイドシステム。
特別仕様車
  • 2.0T FSIリミテッド
2.0T FSIに特別色「ミサノレッド」、「ルクソールベージュ」カラーの電動レザーシート、17インチ5アームトラペゾイダルデザインホイール等を標準装備とした100台限定車。2008年6月26日発売。
TTS(型式:ABA-8JCDLF)
TTのSモデル。アウディ・S3とほぼ同型の2,000cc直4直噴ターボエンジンを搭載し、最高出力は272仏馬力、最大トルクは35.7kgf·mを発生する。クアトロシステムは第4世代ハルデックスを搭載し、0-100%のトルク配分が可能となっている。マグネティックライドは標準装備、ESPは2ステージモード付きとなっている。外観は、デイライトをヘッドライト内に装備し、メッキ塗装されたドアミラー、専用の前後バンパー、18インチホイールなど。内装は、レザーシートを標準とするが、レザーパッケージ2を選択すると、初代(8N)のTTに装備されていた、インパルスと呼ばれるグローブをモチーフとしたステッチが入ったシートが装備される。2008年3月にジュネーブショー2008で発表され、同年9月に販売開始。日本仕様は、当初は左ハンドルの6速Sトロニックのみだったが、2010年9月24日の一部改良により右ハンドルも追加された。価格は693万円。
2008年5月には、名称の由来であるツーリスト・トロフィーの役員用車両としてTTSが供給されている[1]
TT RS(形式:ABA-8JCEPF)
TTのRSモデル。北米向けフォルクスワーゲン・ジェッタ用エンジンをベースに新開発された2,500cc直5直噴ターボエンジン「TFSI」はアウディにとって約15年ぶりとなる直列5気筒エンジンであり、最大出力340仏馬力、最大トルク45.9kgf·mを発生。最高速度は250km/hだが、オプションでリミッターを解除した場合280km/hとなる。トランスミッションは当初は6速MTのみだったが、その後7速Sトロニックも追加された。駆動方式はクワトロシステム。TTSとは違いマグネティックライドはオプション装備となった。ESPはカットが可能。フロントバンパーとフロントグリルは専用のもので、マフラーはTTSと違い2本出しとなった。タイヤサイズは245/45R18、ホイールサイズは18インチが標準だが、19インチ、20インチに変更可能。クーペの他、ロードスターのボディも用意される。2009年3月に開催されたジュネーブショー2009にて発表。欧州では2009年3月より販売開始。日本では2010年2月2日に発売され、ハンドルは左右。導入時の価格は835万円だったが、2011年2月21日に6速MTから7速Sトロニックへと変更されたために863万円に値上げされた。

ロードスター[編集]

日本国内正規導入

2.0T FSI(型式:ABA-8JBWA)
約50km/h以下で開閉可能なフルオートマチック電動油圧ソフトトップを装備。ソフトトップは約12秒でオープン、約14秒でクローズする。
Sライン(S-line)
クーペと同等のパッケージ

過去のモデル[編集]

日本国内正規導入

3.2クワトロ(型式:ABA-8JBUBF)
ゴルフ R32、フォルクスワーゲン・イオスと同じ3,200cc狭角V6エンジン搭載。BUB型。パドルシフトも可能な6速Sトロニック(DSG)搭載。駆動方式はクワトロシステム(フルタイム4WD)。ヘッドライトの照射角を走行速度や、ステアリングホイールの切れ角から進行方向へ傾けるアダプティブヘッドライトを標準装備。

無人実験車[編集]

TTS無人仕様
Audi Pikes Peak TTS / Autonomous Audi TTS Pikes Peak research car
2009年10月、フォルクスワーゲンスタンフォード大学の共同研究で、TTSを改造した無人自動車パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムのコースを走らせる計画が発表された[2]。11月にはアウディから詳細が発表され、改造されたTTSにはかつてアウディ・クワトロでパイクスピークの記録を更新したミシェル・ムートンと同じ「Shelley」のニックネームが与えられることも明かされた[3]
2010年9月、「Shelley」はパイクスピークを27分で停止せずに完走。証人となった同レース主催者は、プロドライバーが同車を運転した場合でも17分が限界との見方を示した[4]


脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

  • アウディ
  • NSU - アウディ合併以前に、同名のクーペ「TT」、「TTS」を出している。

外部リンク[編集]