アウディ・オールロードクワトロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オールロードクワトロAllroad quattro )は、ドイツの自動車会社アウディが1999年から販売している乗用車である。アウディ・A6アウディ・A4のワゴンモデルをベースとしており、ワゴンとSUVの中間といえるボディ形状となっている。

北米市場では2008年12月に販売が終了した。日本でも2009年2月に販売が終了したものの、2012年8月に限定車という形で再開される事となった(詳しくは後述)。

概要[編集]

A6やA4のステーションワゴンモデル(アバント)をベースに、トレッドを拡張し、大型ホイールアーチを追加、専用の樹脂製バンパーや前後アンダーガード、サイドシルガードを取り付けてオフロードイメージを高めるとともに、全グレードにトルセンセンターデフ式フルタイム4WDであるクワトロシステムと可変車高エアサスとを装備することにより悪路走破性をも高めている。

名称は、「クワトロ」が付かず単に「オールロード」で売られている国や地域もある。生産は全てドイツのネッカーズルムで行われている。

ワゴンSUVの中間形状(クロスオーバー)を持つ乗用車としては他に、1995年に発売されたスバル・レガシィグランドワゴンや、1997年に発売されたボルボ・V70XCなどがある。

歴史[編集]

オールロードクワトロ[編集]

初代C5系(1999-2005年)[編集]

アウディ・オールロードクワトロ
C5
1st-Audi-Allroad.jpg
販売期間 1999年 - 2005年
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアSUV
エンジン 2.7L V6ツインターボ
変速機 5速AT(ティプトロニック)
6速MT(日本に正規輸入なし)
駆動方式 フルタイム4WD
全長 4,815mm
全幅 1,850mm
全高 1,590mm
ホイールベース 2,760mm
車両重量 1,860kg
ハンドルの位置
-自動車のスペック表-

初代オールロードクワトロは、2代目A6アバント(C5系)をベースに開発された、1999年から生産された。

A6アバントとの主な違いは、大径タイヤとサスペンションにある。フロントマルチリンク/リアダブルウィッシュボーンのオールロードクワトロのサスペンションには、アウディ初の試みでもある、自動もしくはドライバーの選択によって、142mmから208mmまで4段階で車高(最低地上高)を変えられる4レベルエアサスペンションが装備されていた。

日本での販売[編集]

デビュー翌々年の2001年2月から導入され、全て右ハンドルであった。販売名はオールロードクワトロ。

搭載されるエンジンは2.7L V6 DOHCインタークーラー付き30バルブバイ(ツイン)ターボ(250仏馬力/35.7kgm)と、4.2L V8 DOHC40バルブ(300仏馬力/38.8kgm)の2種類。トランスミッションは全グレードマニュアル操作可能な5速ATティプトロニックであった。 グレードは、外装のアルミ・クロームパーツをブラックアウトし内装を簡素化した2.7T SV(2002年4月追加)と豪華なウッドパネルとツートン本革仕様を備えた上級の2.7T、最上級にはエンジン排気量をアップし、タイヤサイズとホイールアーチをさらに大型化、バンパーなどの一部もボディ同色化した4.2(2003年10月追加)の3種類であった。標準タイヤサイズは2.7T/2.7T SVが225/55R17、4.2は245/45R18であった。

国内登録台数は2471台であった。

A6オールロードクワトロ[編集]

初代C6系(2005年-2011年)[編集]

アウディ・A6オールロードクワトロ
C6
Audi A6 allroad quattro 3.0 TFSI (C6, Facelift) – Frontansicht, 13. März 2011, Wülfrath.jpg
販売期間 -2005年 - 2011年
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアSUV
エンジン 3.2L V6
4.2L V8
変速機 6速AT(ティプトロニック)
駆動方式 フルタイム4WD
全長 4,934mm
全幅 1,862mm
全高 1,519mm
ホイールベース 2,833mm
ハンドルの位置
-自動車のスペック表-

ベースであるA6のC5系からC6系へのモデルチェンジに合わせてモデルチェンジされた。同時に名前も「A6オールロードクワトロ」に変わった。北米では2008年12月、日本では2009年2月に販売終了となったが、欧州市場等での販売はマイナーチェンジを経て継続された。

日本での販売[編集]

日本ではガソリン車のみ導入されたが、A6が2009年2月にマイナーチェンジを行なったと同時に販売が終了した。

2代目C7系(2012年-)[編集]

アウディ・A6オールロードクワトロ
C7
2012-03-07 Motorshow Geneva 4620.JPG
販売期間 2012年 -
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアSUV
エンジン 3.0L V6 TFSI
3.0L V6 TDI(日本に正規輸入なし)
変速機 7速AT(Sトロニック)
駆動方式 フルタイム4WD
全長 4,940mm
全幅 1,900mm
全高 1,500mm
ハンドルの位置
-自動車のスペック表-

ベースであるA6のC6系からC7系へのモデルチェンジに合わせてモデルチェンジされた。エンジンはガソリン車はV8が廃止され、V6も3.2Lからスーパーチャージャー付きの3.0L TFSIに変更された。ドイツ本国にはディーゼル車があり、3つのチューニングが異なるV6 3.0L TDIが用意されている。

日本での販売[編集]

2012年8月21日にマイナーチェンジされたA4オールロードクワトロと同時販売された。エンジンはガソリン仕様のみでシリーズとして初めて「スタートストップシステム」が初めて採用され、ボディカラーはA4オールロードクワトロと同様にメタリック系のホワイトとブラックの2色。シートカラーは本革のブラックのみである。また「平成17年排出ガス基準75%低減レベル(☆☆☆☆)」と「平成27年度燃費基準」を達成しているのと同時にシリーズとしては初めて「エコカー減税」(自動車重量税50%減税・自動車取得税50%減税・自動車税25%減税)と「エコカー補助金」の対象車となった。先代では通常モデル扱いであったが、Q7の販売に悪影響を及ぼす配慮から今モデルから300台の限定販売となった。

A4オールロードクワトロ[編集]

B8系(2009年-)[編集]

アウディ・A4オールロードクワトロ
B8
Audi A4 allroad quattro 2.0 TFSI.JPG
販売期間 -2009年 -
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアSUV
エンジン 2.0L 直4ターボ
変速機 7速DCT(Sトロニック)
駆動方式 フルタイム4WD
全長 4,720mm
全幅 1,840mm
全高 1,495mm
ハンドルの位置
-自動車のスペック表-

2009年のジュネーブショウにて発表、同年デリバリーが開始された。搭載エンジンはガソリン車は2.0L 直4 TFSIとディーゼル車は3.0L V6 TDIが用意されている。

日本での販売[編集]

日本には2010年11月に250台限定で導入された。エンジンはガソリン車でハンドル位置は右のみである。ボディカラーはグリーンでインテリアのカラーはブラウンに統一されている。

その後、2011年8月に50台増えて300台限定で販売される事となり、ボディカラーホワイトとグレーの2色で前回設定されていたグリーンは廃止された。インテリアカラーはホワイトがブラックをグレーはベージュが採用された。エンジンやハンドル位置の変更はない。2012年8月21日にベースモデルであるA4アバントがマイナーチェンジに伴い、新デザインのフロントグリルとこれまで要望が多かった「リアビューカメラ」と「スタートストップシステム」を搭載された。ボディカラーホワイトがメタリック系に変更された以外は変更はないものの、シートカラーはブラックのみとなり、台数も前回より100台少ない200台の限定販売となった。同日発売となったC7系A6オールロードクワトロと比べて「エコカー減税」ならびに「エコカー補助金」の対象外である。

関連項目[編集]