アウディ・A1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

A1(エイワン)は、ドイツの自動車会社アウディが製造・販売する小型乗用車である。

アウディ・A1
Audi A1 1.4 TFSI Ambition S-line – Frontansicht, 15. Mai 2011, Wuppertal.jpg
スポーツバック
Audi A1 Sportback 1.4 TFSI Attraction – Frontansicht, 26. Oktober 2012, Düsseldorf.jpg
インテリア(日本仕様車)
Audi-A1-Japan.JPG
販売期間 2010年 -
ボディタイプ 3ドアハッチバック、5ドアハッチバック
変速機 5速MT/6速MT
7速DSG
駆動方式 FF
サスペンション フロント:ストラット
リア:トーションビーム
全長 3,950mm-3,970mm
全幅 1,740mm-1,745mm
全高 1,420mm-1,440mm
ホイールベース 2,470mm
-自動車のスペック表-

概要[編集]

2007年東京モーターショーに出品された「メトロプロジェクトクワトロ」2008年パリサロンに出品された「A1スポーツバック・コンセプト」をルーツとしている。市販型は2010年3月のジュネーブモーターショーで披露され(同時にA1ベースの電気自動車「A1 e-tronプロトタイプ」も披露されている)、同年5月12日より発売を開始した。

プラットフォームには、アウディの親会社であるフォルクスワーゲンの小型乗用車・ポロと共通のフォルクスワーゲンA05を使用。アウディのラインナップ中で最もコンパクトなモデルかつエントリーモデルである。
ボディは3ドアと5ドア版「スポーツバック」の2種とし、従来のアウディでは取り込めなかった若い顧客にアピールする。

エクステリアはアウディのアイデンティティである「シングルフレームグリル」などファミリーのデザインアイコンを色濃く受け継いでいる。Aピラ~ルーフ~Cピラーと一続きに描かれるラインが特徴である。 インテリアは航空機をモチーフとしてデザインされた。インパネは翼を、そしてエアコン吹出口はタービンを模したデザインを採用。 さらに、内外装のデザインについてもルーフアーチのカラーリング、インテリアの発光ダイオード照明色、エアコン吹き出し口のカラーリング、シートカバーなどオーナーの趣味に合わせて多彩なカスタマイズが可能となっている。

メカニズム[編集]

エンジンは1.6Lディーゼル直4・TDI(2種)と、1.2Lもしくは1.4Lの直4・TFSI(ガソリン直噴ターボ)の計4種をラインナップ。1.4Lターボは最高出力122仏馬力を発生。なお、すべてのユニットにアイドリングストップ機構が備わる。 トランスミッションは5MTに加え、1.4Lターボにのみ2ペダルMTとなる7速「Sトロニック」も用意される。 ボディについてはコスト面の制約上、オールアルミ構造「ASF」の導入こそ見送られたものの、高張力鋼を多用することでボディ本体の重量を221kgとした。これにより、車両重量も1,045kg以下にまで抑えられ、クラストップレベルの軽さを実現している。

日本での販売[編集]

日本においては2011年1月11日に発表・発売開始。エンジンは1.4Lの直4・TFSIのみで、7速Sトロニックとの組み合わせのみとなる。羽田空港第2ターミナルにおいては同施設2Fにある「Audi A1 Shop」において実車が1月1日より3月下旬まで展示された。

また、2011年11月の東京モーターショーにおいてはサッカー日本代表のトレードカラーであるサムライブルーに仕立てられた「A1 SAMURAI BLUE」を展示。後に展示車両を511万円にて発売することを発表したうえで、全国キャラバンを実施した。購入者は抽選にて選ばれ、2012年5月13日、当選した男性にサッカー日本代表監督のアルベルト・ザッケローニより直接キーが手渡された。なお、売り上げの一部は日本サッカー協会と合同でサッカーファミリー復興支援金として寄付される[1][2]。 また、同日には「SAMURAI BLUE」のエッセンスを散りばめた特別仕様車「A1 SAMURAI BLUE Limited Edition」を発売。エクステリアとインテリアにはサムライブルーのアクセントが入る。111台の限定モデルとし、ザッケローニの認定書が付く。価格は345万円。

2012年6月4日 「スポーツバック」を追加発売。「1.4TSFI」と「1.4TSFIスポーツパッケージ」の2グレードを展開。メカニズムは3ドアと同様である。

2014年11月5日 「S1」「S1スポーツバック」の発売開始。同車には6速マニュアルトランスミッションと2L TFSIがクワトロシステムとともに組み合わされる。

エンジン[編集]

ガソリンエンジン
車種 エンジン 排気量 最大出力 最大トルク 0–100km/h 最高速度 変速機 二酸化炭素排出量 製造期間
1.2 TFSI 直列4気筒 1,197cc 86仏馬力(63kW)
/4,800rpm
160Nm(118lbft)
/1,500-3,500rpm
11.7秒 180km/h 5速MT 118(g/km) 2010年-
1.4 TFSI 直列4気筒 1,390cc 122仏馬力(90kW)
/5,000rpm
200Nm(148lbft)
/1,500-4,000rpm
8.9秒 203km/h 6速MT
7速Sトロニック (オプション)
124(g/km)
122(g/km)
2010年-
1.4 TFSI
cylinder on demand
直列4気筒 1,390cc 185仏馬力(136kW)
/6,200rpm
250Nm(184lbft)
/2,000-4,500rpm
6.9秒 227km/h 7速Sトロニック 139(g/km) 2011年-[3]
ディーゼルエンジン
車種 エンジン 排気量 最大出力 最大トルク 0–100km/h 最高速度 変速機 二酸化炭素排出量 製造期間
1.6
TDI
直列4気筒 1,598cc 105仏馬力(77kW)
/4,400rpm
250Nm(184lbft)
/1,500-2,500rpm
10.5秒 190km/h 5速MT 99(g/km) 2010年-

全てのエンジンはアイドリングストップとエネルギー回復システムを装備する[4][5]

コンセプトカー[編集]

アウディは複数のA1のコンセプトカーを発表した。それらの大半はハイブリッドカープラグインハイブリッドカー(PHEV)である。

メトロプロジェクト・クワトロ[編集]

メトロプロジェクト・クワトロ

2007年に東京モーターショーでメトロプロジェクト・クワトロコンセプトカーが発表された[6]。 これは4座席で新しいハイブリッドのパワートレインを特徴としていた。このパワートレインにより排気量が1.4L、出力が148英馬力(110.4kW)のターボFSIエンジンで6速Sトロニックを介して前輪を駆動し、40英馬力(29.8kW)148lbft(201Nm)の電気モーターで後輪を駆動する。

メトロプロジェクト・クワトロは1回リチウムイオン電池に充電した場合、62mph(100km/h)で走行した時の走行距離が最大62マイル(100km)で燃料消費を最大15%低減できる。両方の動力源は個別に使用可能で、前輪がマクファーソン・ストラットで4リンク式後部サスペンションの仕様、低消費エネルギーの電気機械式速度感応方パワーステアリング、磁力式緩衝装置や0–100km/h(0-62mph)が7.8秒という恩恵を運転者は享受できる[7]

2008年のライプツィヒ国際自動車ショーではアウディは名前をA1 プロジェクト・クワトロに変えて、再びメトロプロジェクト・クワトロを展示した[8]。この車両はAudi AG プロジェクト設計者のDany Garandが外装を担当し、彼は同様に香港でもデザインの発表をした[9]

A1 スポーツバックコンセプト[編集]

スポーツバックコンセプト

アウディは2番目のA1コンセプトカーを2008年10月のパリモーターショーで発表した。A1 スポーツバックコンセプトはメトロプロジェクトクワトロを5ドアの仕様に再度変更して開発された。初期の概念と同様にA1スポーツバックはハイブリッドで同じ1.4LエンジンとSトロニックに加えて20kW(27英馬力)、150Nmの電気モーターを備える。しかし電気モーターは後輪ではなく、前輪を駆動する。0–100km/h(0-62mph)の加速は7.9秒で平均二酸化炭素排出量は92g/kmである。A1 スポーツバックは全長が3.99mと少し長くなることを除けばメトロプロジェクトクワトロの寸法と同じである[10][11]

A1 e-tron[編集]

e-tron

アウディ A1 e-tronコンセプトカーはA1の電気自動車である。2010年にジュネーブモーターショーで発表された。[12]A1 e-tronは定格出力が45kW(61仏馬力)で瞬間出力は75kW(102仏馬力)である電気モーターを動力とするプラグインハイブリッドカー(PHEV)である。完全に充電された12kWhのリチウムイオン電池により最大走行距離は50kmで、電池切れに備えて254ccのロータリーエンジンと15kW(20仏馬力)の発電機と容量が12Lの燃料タンクを備える[13]。これにより走行距離が124マイル(200km)増えると推定される[12]

2010年末にミュンヘンで20台のA1 e-tronを使用した公道試験が始まった[14]

A1 クラブスポーツクワトロ[編集]

クラブスポーツクワトロ

2011年5月、A1クラブスポーツクワトロコンセプトカーがヴェルター湖のイベントで発表された。RS 3の改良型で5気筒2.5Lのエンジンは503仏馬力(370kW)、660Nm(487lbft)に調整された。0–100km/h(0-62mph)の加速は3.7秒で、“ブリスター”スタイルのアウディクアトロを彷彿とさせるホイールアーチの拡大を含む作り直された外装と最小限の軽量化された内装が特徴である[15]

A1 スポーツバック[編集]

2011年の東京モーターショーにて参考出品として世界初公開され、翌2012年1月より欧州市場で発売が開始された。その名の通り、A3スポーツバックA5スポーツバック同様の5ドアハッチバックである。3ドアとのエクステリア上の違いは3ドア比でBピラーをより230mm前方に移動させてリアドアを設けたことと、後席の頭上空間を確保するためルーフを80mm以上も後方へと延長したことにある。そのため、3ドアと比べるとリアウィンドウの傾斜が緩く、ハッチゲートの切り欠き方も異なる。全幅と全高が6mm増加しているが、全長は3ドアと全く同じである。


脚注[編集]

  1. ^ AUDI JAPAN>トップページ>A1アウディジャパン公式サイト内
  2. ^ 世界に1台のアウディ…“A1サムライブルー”を納車Response.2012年5月14日
  3. ^ Up-tempo Audi A1 ready for Paris show debut”. www.audi.co.uk. Audi (2010年9月23日). 2010年9月30日閲覧。
  4. ^ A1 Engines”. Audi UK. 2010年2月24日閲覧。
  5. ^ German catalog of A1”. 2010年9月9日閲覧。
  6. ^ 2007 Tokyo Auto Show Preview: Audi metroproject Quattro”. Edmunds Inside Line (2007年10月19日). 2007年10月21日閲覧。
  7. ^ Tokyo Motor Show: Audi metroproject quattro concept” (2007年10月23日). 2008年10月10日閲覧。
  8. ^ Audi at the AMI in Leipzig: A Spectacular Array of Premiers”. Fourtitude (2008年4月2日). 2008年4月22日閲覧。
  9. ^ Audi Design Media Workshop Reveals Brand's Design Creativity”. Audi.com.hk (2010年12月23日). 2011年1月1日閲覧。
  10. ^ Paris show: Audi A1”. Autocar (2008年10月2日). 2008年10月2日閲覧。
  11. ^ Audi A1 Sportback concept”. Audi UK. 2008年10月6日閲覧。
  12. ^ a b Audi A1 e-tron detail – it’s a Wankel-Electric”. Cars UK (2010年3月10日). 2011年1月5日閲覧。
  13. ^ Audi A1 e-tron”. www.audi.com. アウディ AG. 2011年1月5日閲覧。
  14. ^ Audi A1 e-tron: Electric testing has begun in Munich”. Germancarblog.com (2010年9月10日). 2011年1月22日閲覧。
  15. ^ 503PS Audi A1 clubsport quattro wows Worthersee 2011”. www.audi.co.uk. Audi (2011年5月31日). 2011年6月1日閲覧。

外部リンク[編集]