NSU

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

NSU (エヌエスウー、Neckarsulmer Strickmaschinenfabrik) はドイツ自動車メーカーである。

概要[編集]

1873年ニット編み機製造企業として設立、1884年ネッカー川ズルム川の合流する街ネッカーズルム (Neckarsulm) に移る。NSUのブランド名はネッカーズルムから。

すぐにオートバイの製造を開始し、1892年には完全にオートバイ製造企業になっていた。1905年に自動車製造に進出するが、1932年に自動車部門はフィアットに買収された。第二次世界大戦中に開発製造した著名なものに無限軌道オートバイともいえるケッテンクラートがある。

1957年、小型車の「プリンツ」を発表して自動車製造を再開。社名もNSU Automobil AG (後に NSU Motorenwerke AG) になった。

1964年に世界初のロータリーエンジン搭載車である「ヴァンケルスパイダー」(1ローター)を発売。1967年セダン初のロータリー車「Ro80」を世に送り出した。ロータリーエンジンの技術はのち日本マツダ(当時は東洋工業)に供与された。

しかしヴァンケルスパイダーやRo80は、チャターマーク(ローターハウジング内壁に波状磨耗を起こす致命的なトラブル)をはじめとするエンジンの問題を克服できず、特にRo80では多くのクレームがNSUに寄せられた。これが経営に影響し、Ro80のレシプロエンジン版である「K70」発表直前の1969年にNSUはフォルクスワーゲン(VW)傘下に入り、ほぼ同時期にVW系列に入ったアウトウニオンに吸収合併され、AUDI NSU AUTOUNION AG(現在のアウディ)となった。K70は「ビートル」のイメージからの脱却を図るVWの経営判断からVWブランドで発売され、Ro80は1977年に製造を中止し、NSUブランドの自動車は消滅した。これより先、オートバイ製造は1964年の4サイクル車「マキシ」と2サイクル車「プリマ」の製造中止をもって撤退している。

なお、1985年にアウディの子会社としてNSU GmbH'が設立されている。

外部リンク[編集]