アウディ・A7

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アウディ・A7
フロント
Audi A7 Sportback 3.0 TDI quattro S-line – Frontansicht, 15. Mai 2011, Wuppertal.jpg
リア
Audi A7 Sportback 3.0 TDI quattro S-line – Heckansicht, 2. April 2011, Erkrath.jpg
製造国 ドイツの旗 ドイツ
販売期間 2010年-
乗車定員 4人
ボディタイプ 4ドアクーペ
エンジン 3.0L V6 TFSI
2.8L V6 FSI
3.0L V6 TDI
最高出力 3.0TFSI
220kW (300仏馬力)
/5,250-6,500rpm
2.8FSI
150kW (204仏馬力)
/5,250-6,250rpm
3.0TDI
180kW (245仏馬力)
/4,000-4,500rpm
150kW (204仏馬力)
/3,250-4,500rpm
最大トルク 3.0TFSI
440N·m (44.9kgf·m)
/2,900-4,500rpm
2.8FSI
280N·m (28.6kgf·m)
/3,000-5,000rpm
3.0TDI
500N·m (51.0kgf·m)
/1,400-3,250rpm
400N·m (40.8kgf·m)
/1,250-3,500rpm
変速機 7速DCT/CVT
駆動方式 FF/4WD
サスペンション 前: 5リンク式
後: トラペゾイダル式
全長 4,990mm
全幅 1,910mm
全高 1,430mm
ホイールベース 2,915mm
車両重量 1,735-1,900kg
-自動車のスペック表-

A7(エーセブン)は、ドイツの自動車メーカーアウディ2010年より製造している5ドアハッチバック型高級乗用車である。

概要[編集]

スポーツバックコンセプト

2009年北米国際オートショーコンセプトカー、「スポーツバックコンセプト」が出品され、その市販版として2010年モンディアル・ド・ロトモビルにA7スポーツバックとして出品、同年秋に欧州での販売が開始された。また日本国内では2011年5月に3Lスーパーチャージャー付ガソリンエンジン車が発売された。

同社のA6A8の中間に属するモデルであり、車型は5ドアハッチバック。アウディは4ドアクーペと呼称しており、デザイナー曰く、後部のデザインはアウディのグループ企業であるランボルギーニミウラが意識されているという[1]。ドアはサッシュレスドアである。

製造はドイツ ネッカーズルム工場においてA6シリーズやA8セダンとともに行われる。

メカニズム[編集]

エンジンはガソリン2種、ディーゼル1種の計3種類が用意される。ガソリンエンジンにはV型6気筒 3.0L スーパーチャージャーのTFSIエンジンと同2.8L NAのFSIエンジンの2種類が用意され、ディールエンジンにはV6 3LのTDIエンジンのみが用意されるが、ディーゼルエンジンについては最高出力245P仏馬力と204仏馬力の2仕様が設定されている。トランスミッションは四輪駆動車に7速Sトロニックが、FF車にはCVTが組み合わせられる。

駆動方式はクワトロシステムが採用された四輪駆動車のほか、2.8Lガソリンエンジン車および204仏馬力仕様のディーゼルエンジン車にはFF車も用意される。

プラットフォームにはMLBプラットフォームが採用され[2]、C7系A6と共通のスチールモノコック構造が採用されるが、外板の多くはアルミ製となっている[1]

タイヤにはアウディと横浜ゴムが共同開発した「ADVAN Sport」が採用された。ADVAN Sportの採用はアウディとしてはS6S8Q7に次いで4車種目となる[3]

日本でのグレードおよびスペック
グレード エンジン 排気量 最高出力・最大トルク 変速機 駆動方式 発売時期
A7 スポーツバック 3.0 TFSI クワトロ V型6気筒 スーパーチャージャー DOHC 2,994cc 300仏馬力/44.9kg・m 7速DCT クワトロ 2011年5月-


出典[編集]

外部リンク[編集]