アウディ・Q5

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アウディ・Q5
フロント
Audi Q5 2.0 TDI quattro S tronic 30 Jahre quattro Phantomschwarz.JPG
リア
Audi Q5 2.0 TDI quattro S tronic 30 Jahre quattro Phantomschwarz Hinten.JPG
販売期間 2006年 -
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアSUV
エンジン V6 3.2 FSI(270仏馬力、33.7kgf·m)
L4 2.0 TFSI(211仏馬力、35.7kgf·m)
変速機 7速S-tronic
駆動方式 フルタイム4WD
全長 4,635mm
全幅 1,900mm
全高 1,660mm
ホイールベース 2,810mm
車両重量 1,870-1,930kg
-自動車のスペック表-

アウディ・Q5は、ドイツ自動車メーカーアウディが生産、販売するDセグメント[1]クロスオーバーSUVである。駆動方式は「クアトロ」(フルタイム四輪駆動[2])のみで、ドイツインゴルシュタット工場で生産される。

概要[編集]

Q7に継ぐ2番目のSUVとして開発されたもので、同社のA4 B8同様、フォルクスワーゲングループ・MLBプラットフォームMLB platform)を用いている。このプラットフォームは縦置きFF用をベースとしながら、可能な限りフロントオーバーハングの寸法と、フロントへの荷重の偏りを抑えた設計であり、オフロードカーで重要となるアプローチアングルの確保にも寄与している。さらに最低地上高ESP制御も、Q7に比べ、よりオフロードに適したものとなっている。日本向けにはガソリン、ガソリンエンジンと電気のハイブリッド(左ハンドル設定のみ)の2種類となる。欧州向けにはディーゼルエンジン、も設定されている。ガソリンエンジンは3.2LV型6気筒FSI(直噴)と2.0L直列4気筒TFSI 直噴ターボの2種類。最高出力では3.2Lが270仏馬力と上回るものの、最新世代の2.0TFSIエンジンは35.7kgf·mという最大トルクを1,500-4,200rpmにわたって発生しており、3.2Lのそれを上回っている。またハイブリッドモデルは211ps/4300-6000rpm、350Nm/1500-4200rpmを発揮する2.0LのTFSIで、8速ティプトロニックトランスミッションと組み合わせる。54ps/210Nmのモーターを縦置きエンジンの直後に配置するパラレルハイブリッドで、薄型のリチウムイオンバッテリーを荷室下に配置する。 A4 B7同様、全てのエンジンが縦置きである。 また、当代のシャシ(ドライブトレインとサスペンション)とエンジンは、2013年後半に登場予定のポルシェ・マカンMacan[3]。と、2014年発表予定のQ6にも流用される。

グレード[編集]

日本国内向け

  • 3.2 FSIクワトロ(生産中止)

3.0TFSIクワトロに変更

  • 2.0 TFSIクワトロ
  • hybrid クワトロ

脚注[編集]

  1. ^ 北米の区分ではCompact SUV
  2. ^ クアトロは同社のフルタイム四輪駆動の商標
  3. ^ マカンの生産拠点は新たに拡張されたライプツィヒ工場で、カイエンパナメーラとの混流となる。エンジンに関してはQ5のラインナップにある一部と、自社製が加わる予定。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]