シャシ (自動車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

自動車におけるシャシ (Chassis) は、自動車の車体(ボデー)を除くすべての機構、または 車の足回り機構 を指す。シャーシ、シャシー、シャーシーとも表記される。

概要[編集]

「車の基本構成部分」を指す場合と、「車の足回り部分」を指す場合がある。

車の基本構成部分[編集]

シャシ (chassis) はフランス語で「フレーム」(枠)のことであり、自動車の骨格となるフレーム自体を指す。自動車初期に英語でも使われるようになり、シャシという用語は、フレームにエンジントランスミッションドライブシャフトディファレンシャルステアリングギア、サスペンションなど、一連の走り装置を組み込んだ『車の基本構成部分』となる「ローリングシャーシ」を指すようになった。この意味でのシャシは漢字車台(しゃだい)と表記される。これに対する用語はボデーであり、漢字では車体である。

セパレートフレームマルチチューブラーフレーム方式では、ボデーは構造の点からはまったく必要のないもので、単にシャシ上に乗っている覆いである。トラックなどの商用車を製造するメーカーは、シャシのみ、ダッシュボードから前(ボンネット)とシャシのみ(カウルシャーシ)、運転席とシャシのみ(キャブシャーシ)といった車両を出荷している。これにより、別途特別仕様のボデーが架装できる。この例として、キャンピングカー消防自動車救急車など挙げられる。

構成[編集]

など

車の足回り部分[編集]

モノコック構造の車両では、フレームの役割はボデーが担うようになり、独立したフレームはなくなった。モノコックボデーにおいてのシャシとは、エンジン、パワートレインを除いたフロアパン、サスペンションアクスル)、ステアリングなどの『足回り部分』を指すようになっている。この場合、従来の『車の基本構成部分』を指すためにはプラットフォームという用語が用いられることも多い。

プラットフォーム、シャシ、車台[編集]

自動車開発の基本構成部品の意味でのシャシは、ボデーを乗せ替えることで別の車種を派生させることができる。1970年代フォードが、異なる種類の車種を開発するベースとなる『基本構成部分』をまとめて、「プラットフォーム」と呼び始めた。その後、『基本構成部分』を指すシャシに代わる言葉として「プラットフォーム」を用いる自動車メーカーも増えてきた。プラットフォームはボデー以外の走行にかかわる『基本構成部分』を指す概念的な用語であり、具体的なパーツを指すものではない。概念的といわれる大きな要素がボデーである。モノコック構造のボデーは車を構成する大きな一つの構造体である。従来フレームが担っていた骨格相当の役割はボデーの機能の一つであり、これはプラットフォームの一部で車の基本構造である。しかし、同じボデーだが外見的な見栄えにかかわる部分(スタイル)などは具体的な個別の車種で変更される部分であり、これはプラットフォームには含まれない。

モノコック構造の場合、具体的な『基本構成部分』を意味するシャシはなく、概念的な『基本構成部分』としてのプラットフォームとして、具体的なボデー、エンジン、トランスミッション、パワートレイン、そして『足回り部分』としてのシャシが位置づけられる。また、フレーム構造では、概念的な『基本構成部分』をプラットフォーム、具体的な『基本構成部分』をシャシと表現することがあるがほぼ同義となる。

漢字表記の「車台」は具体的な『基本構成部分』を意味するシャシの日本語訳として作られたが、プラットフォームの説明のために、特に学術系で、概念的な『基本構成部分』を意味するプラットフォームを指して「車台」と紹介される場合がある。通常、具体的なボディを意味する用語である「車体」も、プラットフォームの「車台」と対比される場合には、概念的な意味での「車体」となる。

自動車での使用状況[編集]

現在の乗用車の多くはモノコック構造を使用しており、フレームを使用している乗用車は数少なくなってきている。

ただし、トラックなどの重量物を扱う自動車ではフレーム構造が主流であり、ピックアップトラックやそれをベースとしたSUVでは現在でも使用されている。フレーム構造ではないSUV、つまり、モノコック構造の乗用車をベースに作られたSUVはクロスオーバー車、CUV、XUVなどと呼ばれるようになっている。

関連項目[編集]