オーバーハング (自動車用語)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Aの部分をフロントオーバーハング、Bの部分をリヤオーバーハングという

元々は登山用語で「ひさしのように突き出た岩壁」を指すことばであり、自動車の支えであるタイヤから外側にかぶさるようにはみ出した車体を、この突き出しに見立たものである。

概要[編集]

自動車におけるオーバーハングとは、車両を真下(あるいは真上)から見たとき、前後左右の車輪の接地中心点から外側にはみ出した車体の部位を指す。前・後・左・右の4部位がそれにあたるが、特に注釈がなければ前後(フロント~・リア~)のみを指すことが一般的で、その場合、それぞれの車軸中心線(側面視では中心点)から車体の前後端までの範囲を指す。また、車軸中心線から車体端までの距離に対して使われることもある(フロントオーバーハング ○○○ mm など)。

市販車の場合、商品性にかかわるエクステリアスタイルに大きく影響を与えることはもちろん、重心から離れたこの部分の重量は、運動性(ピッチ方向ヨー方向の動き)にもかかわる重要な要件ともなる。

オーバーハングが大きいと、鈍重ではあるが高級や安楽、小さいと踏ん張りがきき、機敏な印象が強まる傾向にある。またセダンの場合、リアのオーバーハングは、そのままトランクルームの広さにも繋がるので、外見やドライブフィーリングなどをあまり気にしないユーザーから見ても重要な要素となる。但し、オーバーハングが大きすぎると、狭い場所での取り回しに苦慮するなどといったデメリットも生ずる。

モータースポーツの観点では、オーバーハングの長さはダウンフォースの発生量とも密接に関係しており、一般的にオーバーハングが長いほど、抵抗となる前面投影面積を増やさずに、大きなダウンフォースを稼ぐことが可能となる。この関係で、レース出場に必要なホモロゲーション取得のため、ダウンフォースを稼ぐ目的でフロントのオーバーハングを延長した特別仕様車を限定販売する例(SUPER GTにおける日産・フェアレディZホンダ・NSXが代表例)も過去に見られた。

上記の運動性にもあてはまるが、てこの原理で、距離が大きくなればその影響(害や効果)も大きくなる。特に競技車両での過大なオーバーハングは、タイヤの荷重負担が極端に大きくなることや、スピンバンプの際、下面に空気が入り込み、舞い上がる危険性が増すため、リスクを減らす目的でレギュレーションに寸法や割合の最大値が規定されている。