横置きエンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

横置きエンジン(よこおきエンジン)とは、エンジンクランクシャフトが進行方向に対して横方向に搭載されているエンジンのことをいう。英語では「transverse engine」(トランスバース・エンジン)がフォーマルな言い方だが、自動車前方を地図に見立てて「east-west engine」(イースト=ウェスト・エンジン)という言い方も広く用いられる。

概要[編集]

大多数の前輪駆動車、一部のMR、RR車はこの方式を採用するのに対し、ほとんどのFR車は縦置きエンジンを用いている。ランボルギーニ・ミウラのようにV型12気筒エンジンをミッドシップに横置きした例もある。

横置きエンジンの前輪駆動車でジアコーサ式トランスミッションを配置すると、デフが片側に寄り、ドライブシャフトが左右不等長となり、トルクステアが発生するという欠点がある。また、ミッドシップの場合、トランスミッション(実際にはデフまで含めたトランスアクスル)がエンジンと一体となった横置きレイアウトでは、駆動輪付近に重量物が集中して適性な前後重量配分が取れなくなる[1]ため、スーパーカーを含む一部のスポーツカーでは、モンディアルT348以降のスモールフェラーリのように、エンジンを縦置き、トランスアクスルを横置きとする、またはチゼータ・V16Tのように、エンジンを横置き、トランスアクスルを縦置きとすることで、これを改善している[2]

近代的なリアエンジンバスでの横置き搭載は、1930年代末にGMが発表して一世を風靡した、「アングルドライブ」を採用した「トランジット」(GM・オールドルック・バス)に端を発する。これは車体後端に横置きされたエンジンと、車体中心線に対して約45°偏向させたトランスミッションとプロペラシャフトを、クラッチの直後に置かれた「傘歯車」でつなぐもので、同じ長さのボンネットバスに比べて客室長を大きく取れ、かつ、客室後部に貼り出すエンジンルームによるデッドスペース[3]も限りなく小さく抑えることができるパッケージングで、一気に普及することとなった。しかし、搭載できるエンジンの寸法に制約があること、傘歯車はコスト高と騒音の原因となること、他の方式に比べ、トラックのと部品共有の面で不利となることなどの短所もあった。

第二次世界大戦欧州では、国によって差はあるものの、大型バスでもキャブオーバー型の占める割合が高く、横置きエンジンの登場はノンステップバスの普及と軌を一にする。

これらとは別に、空港ランプバスなどに導入例があるネオプラン・N912 サンライナーは、大型バスながら横置きエンジンの前輪駆動方式を採用しており、前輪付近のエンジンカバー部を除き、車体後端までノンステップの超低床を実現している。このため、車体背面(後面)にもドアを設けることができ、一度にすべての客が乗り降りするランプバスでネックとなる、乗降時間の短縮に効果を上げている。

日本のバスでは、マイクロバスを除く中型から大型までのリアエンジン路線バスのみに見られる。

ノンステップバスにおける横置きエンジン(いすゞ・エルガLV834系)

民生デイゼルがリアに横置きされた2ストロークエンジンと、アングルドライブのレイアウトを組み合わせた「コンドル号」を1950年に発表する。1955年には、GMとのライセンス契約によるユニフロー掃気式UDエンジンに置き換えられ、GM方式を忠実に再現するに至った。また、民生指定のコーチビルダーであった富士重工の車体デザインも、GMバスのスタイルに強く影響を受けていた。しかし、民生は1960年に発表した4R系以降、全てのリアエンジンバスのエンジンを縦置きに変更した。

三菱ふそうも、1955年にリアエンジンバスを横置きと縦置きの両方でスタートしたが、2ストロークの利点を生かした直列34気筒エンジンを主体とした民生に対し、ふそうは大型バス用に直列6気筒エンジンしか持たなかったことから、整備性が悪く、縦置きに比べてエンジンの振動とギアの騒音も大きかったことから、横置きエンジンはすぐに廃止されている。

一方、日野センターアンダーフロアエンジンで水平シリンダーの縦置きエンジンに先鞭をつけ、その後いすゞがリア水平縦置きを発表、日野と4ストロークエンジン(PDエンジン)移行後の日産ディーゼル(旧:民生、現:UDトラックス)も続いた。ふそうのみは水平シリンダー式を投入しなかったが、直6シリーズの他にコンパクトなV6エンジン搭載車を併売し、1社のみ過大なデッドスペースを放置していたことに対する、顧客の長年の不満に答えた。

この結果、日本の路線バスはすべての車種が一旦は縦置きエンジンとなっていたが、近年のノンステップバスの普及拡大に伴い、キャブオーバー型のマイクロバスを除いた、中型から大型の路線車に再び横置きエンジンが見られるようになった。

脚注[編集]

  1. ^ ホイールベースを伸ばすと重心も後ろへ移動する
  2. ^ 一方、市販車改造ではないレーシングカーは、ほぼすべてが縦置きエンジンであるが、フェラーリ・312Tのように、トランスアクスルのみを横置きとしたものもある。
  3. ^ 俗に「ひな壇」と呼ばれる。