チゼータ・V16T

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チゼータ モロダー・V16T
Cizeta-Moroder V16T.jpg
製造国 イタリアの旗 イタリア / アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
デザイン マルチェロ・ガンディーニ
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドア クーペ
エンジン 6L V16 DOHC
最高出力 568仏馬力/8,000rpm
最大トルク 75.00kgf·m/6,000rpm
変速機 5速MT
駆動方式 MR
サスペンション 独立 ダブルウィッシュボーン コイル
全長 4,443mm
全幅 2,060mm
全高 1,242mm
ホイールベース 2,690mm
車両重量 1,612kg
-自動車のスペック表-

チゼータ・V16Tとは、かつてイタリアの自動車メーカーであったチゼータが生産しているスーパーカー。正式名称は「チゼータ モロダー・V16T」である。現在は「チゼータ・オートモービル・USA」で受注生産が行われている。

概要[編集]

名前の由来にもなっている6LV型16気筒DOHCエンジンをミッドシップ横置きでレイアウトしている。このエンジンと縦置きのトランスミッションを組み合わせると「T」字型になることが「V16T」の「T」の由来にもなっている。100km/hへの加速時間が4.4秒、さらに最高速度328km/hと、驚異的なポテンシャルを発揮する。

V型16気筒という例を見ないほど巨大なエンジンを横置きしているためリアセクションが大きく張り出しており、デザインというよりはこの幅がそのままエンジンの大きさである。

エンジンは、ランボルギーニ出身のスタッフが含まれ、スペックも酷似していることからランボルギーニ・ウラッコに搭載されていた3.0LV型8気筒エンジン2基を改良し合体させたものと噂されたが、直接の関係はない。

車体はチューブラーフレームにオールアルミニウム製ボディで、マルチェロ・ガンディーニがデザインした。このデザインはディアブロのプロトタイプ第2案(第1案がクライスラーに拒絶され修正した案。クライスラーはこの案を不採用としたものの、内部コンペでは凌駕する案が出せず、この案をベースに改良を加えて量産版デザインを仕上げた。)で、ディアブロの本来の姿なのではないかと噂された。そのデザインは秀逸であり、特に上下二段式で左右二つずつ競り上がるリトラクタブルヘッドライトはこのチゼータの特徴でもある。

内装は高級オーディオレザーインテリア、足周りはブレンボブレーキピレリの当時最高のタイヤというように装備も豪華だった。

1989年にショーデビューを果たして多くの人の関心と注目を集め、一台60万ドルで1992年から月1台のペースで生産が始められたが、諸事情により生産が難航し、チゼータの倒産に伴いわずか8台(最終的には15台)で生産終了となった。当時日本には2台のV16Tが輸入されており、うち1台は河口湖自動車博物館に保存・展示されている。

こうして一度は生産を終えたものの、現在ではアメリカに再び設立された「チゼータ・オートモービル・USA」で受注生産されている。

2004年発売のレースゲームグランツーリスモ4』、また2010年発売の後継作品『グランツーリスモ5』にも「4」のモデリングを手直しして、さらには2013年発売の5の後継作品『グランツーリスモ6』では、内装を含めて一から精密なモデリングがなされ収録されている。

関連項目[編集]