V型16気筒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

V型16気筒(ブイがたじゅうろくきとう)とは、レシプロエンジン等のシリンダー配列形式のひとつ。16のシリンダーがV型に開かれ配置される。V16と略されることもある。

歴史[編集]

1936年式アウトウニオン・タイプCのV16エンジン

もともとはディーゼルエンジン向けに開発されたもので、船舶航空機鉄道車両などに採用されていた。

初めて乗用車向けのV型16気筒エンジンを開発したのはキャデラックである。7.4リッターの排気量で、最大出力は160馬力という性能だった。1930年に発表され、翌年に発売された「シリーズ452A」に搭載されている。 1934年にはフェルディナント・ポルシェアウトウニオンのレース車にバンク角が45度の過給器付きエンジンを設計している。 かつては、F1のエンジンにも採用されていたこともあった。

ただ、どうしても大型になってしまうなど、実用性に欠けるため、市販車にV16を搭載している例はほとんど無い。

V16搭載車種[編集]

など

航空機用[編集]

鉄道車両[編集]

関連項目[編集]