V型18気筒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

V型18気筒(ブイがたじゅうはちきとう)はレシプロエンジン等のシリンダー配列形式の一つで、18個のシリンダーがV字型に配置されている形式である。当記事では専らピストン内燃機関のそれについて述べる。V18と略される。

この気筒数のエンジンは一般的ではないが、大規模なディーゼルエンジンに採用例がある。自動車に採用されている例としては、400トン積みの超大型ダンプトラックde:Liebherr_T282に78L/3,500馬力(2,610 kW)のカミンズ製「QSK 78」エンジンが採用されている。