V型3気筒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

V型3気筒(ブイがたさんきとう)とはレシプロエンジン等のシリンダー配列形式の一つで、3つのシリンダーがV型に開かれている配列をいう。当記事では専らピストン内燃機関のそれについて述べる。V3とも呼ばれる。その特異なレイアウトから、採用例は非常に少ない。

ホンダのV型3気筒[編集]

MVX250FのV型3気筒エンジン

1980年代ヤマハ・RZ250に対抗するためにホンダが開発したエンジンが、2ストロークV型3気筒エンジンで、同社のMVX250Fに初めて搭載された。前傾した直列2気筒エンジンの後ろに90度のバンク角でシリンダーが1つ追加された形をしている。同車種では後側シリンダーのコンロッドの質量を前側シリンダーのものより大きくしてバランスを取り、一次振動を理論上ゼロにした画期的なエンジンであったが、初期の焼きつき問題や販売面で振るわなかったことから、市販車での搭載車種はMVX250FとNS400R(同社のワークスレーサーNS500のレプリカ)の2車種にとどまった。ただしワークスNS500は前1気筒、後2気筒である。また、ワークスレーサーNS500は112度V3であり、点火順序が位相同爆に近く近代におけるビッグバンエンジン(en:Big-bang firing order)の先駆けであったことは意外にも知られていない。

その他[編集]

1953年式DKW・350RM

ホンダ以外のV型3気筒としては、ケニー・ロバーツが率いたWGPチームである「チーム・ロバーツ」がオリジナルマシンとしてマレーシアモデナスと共同開発したModenas KR3が数少ない事例の一つとして知られている。後にロバーツはV型5気筒Proton KR V5も手がけている。

80年代のホンダ以前の採用例としては、DKW1952年から1956年に掛けて、350ccクラスのワークスレーサーであるDKW・350RM[1]で2ストロークV型3気筒を採用している。350RMは45馬力の高出力でドイツ選手権で数多くの勝利を収め、ロードレース世界選手権においても1956年シーズンで総合2位を獲得するなどかなりの善戦を見せたが、この年を最後に突如としてロードレースから撤退した[2]

脚注[編集]

  1. ^ DKW RM 350 Singende Saege, 1955 - audi.com
  2. ^ DKW motor sport - Audi.com