ホンダ・NS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホンダNS250R

NS(エヌエス)とは、かつて本田技研工業が製造発売していたオートバイのシリーズ車種である。

概要[編集]

2ストロークエンジンを搭載するロードスポーツモデルで排気量別に数車種が製造されていたが、現在はすべて販売は終了している。

NS50F・NS50R・NS-1[編集]

50cc(原動機付自転車)クラスのモデルである。詳細はホンダ・NS50Fホンダ・NS-1を参照のこと。

NS250R/F[編集]

ホンダNS250R

1984年に発売。NS250RはレーシングマシンRS250R(ND5A)と基本設計を同じくし、数々の新機構を投入したマシンである。この新機構とは、その後のNSR250Rなどに引き継がれるスリーブレスのメッキ処理シリンダー NSシリンダー、NS500やNS400Rに採用された排気管容量の擬似的可変システムの排気デバイス ATAC(オートコントロールド・トルク・アンプリフィケーション・チャンバー)、急ブレーキ時のフロントフォークの減衰力調整機構 TRACなどを装備している。

また空力設計も徹底しており、ナックルガードが一体となった幅広のアッパーカウルを採用、アンダーカウルも標準装備、ガソリンタンクからテールに連なる一体感のあるカウルワークとなっており、カウリング各部に吸排気ダクトが設けられ、ヘルメットホルダーやサイドスタンドに至るまで車体との段差を無くすようにカバーが取り付けられ、それまでのホンダ製スポーツバイクとは一線を画する外観であった。

しかし、この年代の2ストローク車の多くと同じで、オイル飛びが激しい欠点がある。これは前機種にあたるMVX250Fが発売当初、焼き付きが頻発したためか、メーカー出荷時に設定されたオイル吐出量がやや余裕をもって設定されたためといわれる。 短時間の停車でもサイレンサーからオイルがしたたり、地面にオイル跡を残すような現象もままあった。 なお、他社製品や専門メーカーの「高性能オイル」との相性が悪く、メーカー推奨オイルを使用する事でかなり抑制が出来た。


NS250Fは、Rからカウリングなどを省略したネイキッドモデルである。基本設計は共通であるが、Rがオールアルミフレームに対しスチールパイプ製フレーム、RがNSコムスターホイールに対しブーメラン型コムスターホイールなどの差異がある。このため価格は\100,000ほど安く設定された。

主要諸元[編集]

  • エンジン - 水冷2ストローク90度V型2気筒 249cc 45ps/9,500rpm 3.6kg/8,500rpm
  • フレーム - ダブルクレードル
  • サスペンション - フロント・テレスコピック、リア・スイングアーム(プロリンク)
  • ブレーキ - フロント・油圧式ダブルディスク、リア・油圧式ディスク

NS400R[編集]

1985年発売。本モデルの源流はMVX250Fの売れ行き不振により発売見送りとなったMVX400Fであるが、先行発売された250をベースにレーシングマシンのNS500で培われた技術の数々を投入して開発された。

車体も250をベースにしており、同様にアンチダイブ機構を備えたTRACを装備する。エンジンは250同様にNSシリンダーを採用し、前方に水平2気筒、後方に90°位相の1気筒を配置したV型3気筒で、こちらにも250と同様に前方シリンダーのみにATACを装備する。

  • このためカウル形状はNS250Rに酷似するが、外観上の大きな違いはNS250RはV型2気筒でありチャンバーが2本であるのに対し、NS400Rは3気筒であるためチャンバーは車体右側に1本増やされ3本となる。

カラーリングはホンダレーシングカラーのトリコロールと、HRCのメインスポンサーであったロスマンズカラーが採用された。

発売時の広告宣伝には当時ホンダのワークスGPライダーであったフレディ・スペンサーが起用された。

主要諸元[編集]

  • エンジン - 水冷2ストローク・ピストンリードバルブ90度V型3気筒387cc 59ps/8500rpm 5.1kg-m/8000rpm
  • フレーム - ダブルクレードル
  • サスペション - フロント・テレスコピック(円筒空気バネ併用) リア・スイングアーム(プロリンク)
  • ブレーキ - フロント・油圧式ダブルディスク リア・油圧式ディスク


総生産台数 - 11742台

  • 日本国内仕様 - 7361台
  • ドイツ仕様 - 1164台
  • カナダ仕様 - 450台
  • その他10か国(南アフリカ、オーストラリア、南米諸国他) - 2767台

NS125R[編集]

NS125Rイタリアの現地法人が生産を行っていたモデルであるが、日本国内でも1987年に500台限定で正規輸入モデルとして市販された。

車体デザインはNSシリーズを受け継いでいるが、現地生産の部品を多用しており、キャストホイールの使用など細部で異なる部分が見受けられた。

現状[編集]

各車種ともすでに補修部品の製造廃止ならびに在庫なしの状況にある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]