ワークス・チーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ワークス・チームとは、2輪及び4輪の自動車等製造会社が、自己資金でレース参戦する場合に、そのチームを指す名称。ワークス・チームの対義語はプライベート・チーム(あるいはプライベーター・チーム)。

この語は英語では企業の参画するスポーツチーム全般(いわゆる「実業団」)を指し、モータースポーツにおける語としては factory-backedファクトリー・バックド が用いられる。ワークス・チームと同義の言葉として「ファクトリー・チーム」という言葉が使用される場合もある。

解説[編集]

ワークス・チームは自社が開発製造したマシン(ワークス・マシン)を使用してレース活動を行うが、それだけそのマシンについて熟知しているため、性能アップのための改造(チューニング)などに関し有利な場合が多い。プライベート・チームは、メーカーが製造したマシンを購入してレース活動を行う場合が多く、メーカー(ワークス・チーム)に比べてマシンの素性などについての情報量が劣っている場合が多い。そのため一般的に、ワークス・チームはプライベート・チームよりも好成績を収めることが多い。

広義では、タイヤメーカーや自動車用の部品メーカー(主にブレーキパッド、オイルなど)などが自社製品の技術開発並びにプロモーションを目的に、自社で資金を負担しレーシングチームを運営したり自社製品を無償でチームに供給したりする場合も「ワークス・チーム」と称することが多い。

ワークス・チームと密接な関係にあるプライベーター・チームには、ワークスマシンが貸与される場合もあり、そういった場合は『セミワークス』あるいは『サテライトチーム』などと呼ばれる。ワークスマシンの貸与は、無償の場合もあれば、高額な料金が発生している場合もある。

フェラーリスクーデリア・フェラーリの関係のように「レース参戦が主目的の会社が市販車も製造・販売している」あるいは「レーシングチームの方が母体となる企業より規模が大きい」ような場合も、通常ワークス・チームには含めないことが多い。

一方でワークスカーの開発・製造に深く関与しているものの、自社によるレーシングチームの運営は行っていない企業もあり、これらをワークス・チームに含めるかどうかについては意見が分かれるなど、ある企業やチームを「ワークス」と称するかどうかの線引きには曖昧な部分がある。

全日本プロドリフト選手権(D1グランプリ)においては、大手チューニングパーツメーカーが主体的に参戦を行っているものをワークス・チームと呼称することが多い。

主なワークスチーム[編集]

四輪[編集]

現存するチーム[編集]

以下の企業については、現在自社でのチーム運営を行っていないため、ワークス・チームに含めるかどうか議論がある。

以下は自動車メーカーではないがワークス・チームと呼称されることが多い。

かつてのワークスチーム[編集]

既に消滅したチーム、あるいはチームとしては現存するが資本関係の変化によりワークスから外れたチーム。

二輪[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 過去にF1・WRC等のチームを運営。現在はF1用エンジンのサプライヤー。
  2. ^ 日本国内のモータースポーツ担当。
  3. ^ よく間違えられるが、ホンダとM-TECの創業者は双方本田家の親子ではあるものの、資本関係が一切無いチューニングメーカーである。
  4. ^ 企業としては存続している。
  5. ^ 企業としては存続している。
  6. ^ 自社でのチーム運営は行っていない。
  7. ^ 一時株式の40%を保有していた。
  8. ^ 社名をアイアールディーと改め、スズキ傘下を離れた独立系チームとなった。