排気量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
排気量

排気量 (はいきりょう)とは、内燃機関の燃焼行程に関わる容積の大きさを示す数値で、エンジンの性能指標のひとつである。単位は立方センチメートル(cm³)であるが、慣習的にリットルを用いたり、日本国外では立方インチを使用するケースもある。

一般には排気量が大きくなるにしたがって、単位時間あたりの燃焼する燃料が多くなるため、エンジンのトルクおよび出力は増加する傾向にある。反対に燃費は悪化する傾向があるが、機械損失(主に摩擦)やパワーバンド、エンジン設計の関係上、小排気量エンジンが必ずしも低燃費であるわけではない。

エンジンのシリンダー内でピストンが上下する範囲の体積を行程容積といい、この値と気筒数との積が総排気量となる。内径をd(mm)、行程をS(mm)、気筒数をNとした場合、エンジンの総排気量D(cc)は次式で表される。

D=\frac{\pi d^2SN}{4000}

排気量による車両の区分[編集]

エンジンの排気量が、それを積んだ車両を区分する際に使われる例がある。例えば、日本では、道路交通法オートバイ大型自動二輪車普通自動二輪車小型自動二輪車原動機付自転車という区分があるが、これらの区分は寸法や重量ではなく、排気量によってなされている。

また、法的規制と直接関係しない面でも、ナナハン(750cc)やリッターカー(1000cc)のように、同じ排気量の車両が1つのカテゴリーを形成する例や、スバル・360のように排気量がそのまま車名となる例がある。

関連項目[編集]