ホンダ・CB1300スーパーフォア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ホンダ・CB1300スーパーフォア (CB1300 SUPER FOUR/CB1300SF)は本田技研工業が製造・販売するオートバイである。なお、本項では派生車種のCB1300スーパーボルドール (CB1300 SUPER BOL D'OR/CB1300SB)・CB1300スーパーツーリング (CB1300 SUPER TOURING/CB1300ST)ならびに各都道府県警察向け白バイ仕様のCB1300Pについても解説を行う。

概要[編集]

CB1000スーパーフォアから引き継がれたPROJECT BIG-1コンセプト[注釈 1]に基づいた同社のリッタークラスネイキッド主力車種ならびにCBシリーズのフラッグシップモデルである。

また欧州向け輸出仕様はCB1300の名称で販売されるほか、派生モデルが存在する(詳細は後述)。

初代(SC40)[編集]

ホンダ・CB1300スーパーフォア
SC40(1998年モデル)[1]
HONDA CB1300.jpg
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー 本田技研工業
車体型式 SC40
エンジン SC38E型 1,284cc 4ストローク
内径x行程 / 圧縮比 78.0mm x 67.2mm / 9.6:1
最高出力 74kW (100PS)/7,500rpm
最大トルク 100Nm (12.2kgf・m)/5,000rpm
乾燥重量 249kg
車両重量 273kg
テンプレートを表示

型式名SC40。CB1000スーパーフォアの後継車種として1997年に開催された第32回東京モーターショーに参考出品され、1998年3月に発売された。CB1000スーパーフォアからは以下の設計変更が行われた。

  • X4からキャリーオーバーとなる排気量1,284ccのSC38E型水冷4ストローク直列4気筒4バルブDOHCエンジンを搭載。ただし、キャブレターをVEPCからVEPBへの変更や排気系ならびに点火時期などの専用チューニングが施された。
  • 前後ホイールを18インチから17インチに小径化。
  • マフラーは左右2本出しの4 into 2 into 1 into 2タイプを採用。
  • リヤサスペンションはホンダの市販車として初めてダブルプロリンク機構を採用。

モデルイヤー別詳細[編集]

1998年モデル

1998年2月10日発表、同年3月2日発売[1]

以下のカラーがラインナップされた。

  • パールフェイドレスホワイト×キャンディブレイジングレッド
  • フォースシルバーメタリック
  • キャンディブレイズオレンジ
1999年モデル

1999年2月25日発表、同月26日発売[2]。以下の仕様変更を実施。

  • 前後サスペンションにプリロードならびにダンピングフォース[注釈 2]調整機構を追加。
  • センタースタンドを装備。
  • 販売価格を10,000円アップし950,000円とする。
  • カラーラインナップを以下の3色に変更。
  • パールフェイドレスホワイト×キャンディブレイジングレッド
  • フォースシルバーメタリック
  • キャンディフェニックスブルー×シルバーストライプ

また4月26日にはフォースシルバーメタリック単色で前後サスペンション調整機構やセンタースタンドを装着しない低価格仕様車が899,000で発売された。

2000年モデル

2000年1月31日発表、2月1日発売[3]。以下の仕様変更を実施。

  • エンジンとラジエーターをシルバーに塗装変更。
  • 前後ブレーキキャリパーをゴールドに塗装変更。
  • リヤブレーキロッドをブラックに塗装変更。
  • カラーラインナップはフォースシルバーメタリックを廃止し以下の新色を追加。
  • イタリアンレッド×ブルーストライプ
2001年モデル

2000年9月27日発表、同月28日発売[4]。以下の仕様変更を実施。

  • これにより型式名がBC-SC40に変更。
  • 燃料消費率を21.6km/L→23.5km/L(60km/h定地走行テスト値)へ8%向上。
  • 全体で5kgの軽量化。
  • リヤホイールの肉薄化。
  • ブレーキキャリパーを従来の6ポットからVTR1000で採用されていた4ポットへ変更。
  • フロントブレーキハブをスチールからアルミへ変更。
  • マフラーの肉薄化。
  • フロントフォークダンパーロッドをスチールからアルミに変更(減衰力特性の見直しを同時に実施しフロントタイヤ接地感を向上)。
  • ハンドル形状を上方に2mm、手前に27.8mm変更。
  • 荷掛けフックを新たにマフラー取り付けステー先端部に追加することで積載時の取り扱いやすさを向上。
  • カラーラインナップはイタリアンレッド×ブルーストライプを廃止し以下の新色を追加。
  • ブラック×オレンジストライプ
CB1300 SUPER FOUR SPECIAL
2001年モデル

また上述の年式とは別にPRO'S 店専売の限定車として以下の2車種が製造・販売された。

  • 2001年8月27日:ホンダWGP500勝記念車[5](CB1300 SUPER FOUR SPECIAL )500台限定
  • 2002年6月26日:PROJECT BIG-1コンセプト誕生10周年記念車[6](CB1300 SUPER FOUR SPECIAL )450台限定

これらの記念モデルはモリワキエンジニアリング製マフラーを装備し、2001年モデルではチタンサイレンサー、2002年モデルではカーボンサイレンサーが採用された。なお、マフラーは出荷時ではなく車両登録後にPRO'S 店で装着される措置が採られた[5][6]

二代目(SC54)[編集]

ホンダ・CB1300スーパーフォア
SC54(2003年モデル)[7]
HONDA CB1300 RB.JPG
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー 本田技研工業
車体型式 BC-SC54
エンジン SC54E型 1,284cc 4ストローク
内径x行程 / 圧縮比 78.0mm x 67.2mm / 9.6:1
最高出力 74kW (100PS)/7,000rpm
最大トルク 117Nm (11.9kgf・m)/5,500rpm
乾燥重量 226kg
車両重量 254kg
テンプレートを表示

型式名BC-SC54。2003年2月7日にシリーズ初のフルモデルチェンジが行われ発売されたモデルである[7]。本モデルより海外への輸出が開始されたが、輸出モデルは製造開始当初存在していた日本国内の最高出力自主規制が適用されないため出力が異なる[注釈 3]

初代モデル(SC40)からは以下の設計変更が実施された[7]

  • エンジン単体で8kg、全体で20kgの軽量化。
  • エンジンは排気量・内径x行程の変化はないものの以下の設計変更により型式がSC54Eへ変更。
  • 環境性能への配慮から燃料供給装置をPGM-FI(電子制御式燃料噴射装置)へ変更。
  • 放熱用フィンの廃止。
  • シリンダーブロックの肉薄化
  • 三次元点火時期制御システムを採用。
  • ロッカーアームをカムがリフターを介して直接バルブを押す直押しタイプに変更。
  • マフラーを1本出しの集合タイプに変更。ならびにサイレンサー後部に可変排気バルブを装着。
  • 駆動音の発生を抑えるためローラー間に樹脂製ワッシャーを装備するドライブチェーンを採用。
  • ホイールは17インチのままタイヤサイズを前120/70・後180/55に変更。
  • ダブルクレードルフレームをコンパクト化し7kgの軽量化とホイールベースを30mm短縮。
  • リヤサスペンションのプロリンク機構を廃止。
  • 盗難予防の見地からHISS(イモビライザー)を採用。
  • シート下に容量12Lの収納スペースを設置。

なお、本モデルは数度のマイナーチェンジを実施しながら2014年現在も製造・販売が継続されている。

派生車種[編集]

本型式には以下の派生モデルが存在する。

CB1300スーパーボルドール[編集]

CB1300 SUPER BOL D'OR
2005年仕様
Honda CB1300 Super Bold'or ABS 2007TMS.jpg
2007年東京モーターショー
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー 本田技研工業
車体型式 BC-SC54
エンジン SC54E型 1,284cc 4ストローク
水冷DOHC4バルブ直列4気筒
内径x行程 / 圧縮比 78.0mm x 67.2mm / 9.6:1
最高出力 74kW(100PS)/7,000rpm
最大トルク 117Nm(11.9kgf・m)/5,500rpm
乾燥重量 (ABS 238kg)232kg
車両重量 (ABS 266kg)260kg
テンプレートを表示

2005年のマイナーチェンジで追加されたハーフカウルを装備するモデル[8]。高速走行時の風圧軽減と走行安定性を向上させるほか、角型マルチリフレクターヘッドライトやスモークスクリーンを採用し、カウル内側には左右約1Lの収納スペースを確保する。

CB1300スーパーツーリング[編集]

2009年12月18日に追加発売されたツアラーモデル[9]。スーパーボルドールをベースにするが以下の変更点がある。

  • 後部サイド両側に容量29リットル取外し可能なパニアケースを標準装備。
  • フレームはパニアケース用ステーを装備するほか、スイングアームピボット部やシートレール部の剛性見直しを実施し、ヘッドパイプ下部にはクロスパイプを追加。
  • ハンドル位置をスーパーボルドール比で40mm手前12mmアップに変更。
  • 前後輪連動のコンバインドABSを標準装備。
  • フロントスクリーンを大型化しエアスリットを装備。
  • マフラー形状がパニア装着時を考慮し、低位置マウントとなり跳ね上げ角度も小さい専用品を装備。
  • このため最高出力・最大トルクの発生回転数はスーパーフォア・スーパーボルドールと同じだが、100ps・11.5kg-mと若干異なる。
  • ACジェネレーターの出力を大幅に増加させカバーを黒塗装化。
  • 車両重量が284kgまで増加。

2014年のモデルチェンジでスーパーボルドールに発展的吸収される形で生産終了。

CB1300P[編集]

CB1300P 専用メーター
CB1300P
専用メーター

2009年から納入開始された白バイ仕様。スーパーボルドール2008年モデルをベースにするが、以下に示す主な相違点がある。

  • 型式名:EBL-SC62
  • 部品類別番号:MFV
  • ミラーをハンドルマウント化
  • 前ウィンカーの位置変更
  • 専用デジタルメーター
  • アップハンドル化ならびにステップ位置の変更
  • サイドボックス装着のためマフラーが低位置マウントとなり跳ね上げ角度も小さい専用品を装備
  • ショーワ製リヤショックアブソーバ減衰力
  • ABSは装備するが前後連動機構は未装備
  • ACジェネレーターの出力を大幅に増加

モデルイヤー別詳細[編集]

2003年モデル

2003年1月30日発表、2月7日発売[7]

以下のカラーがラインナップされた。

  • パールフェイドレスホワイト×キャンディブレイジングレッド
  • ブラック×フォースシルバーメタリック
  • フォースシルバーメタリック

7月22日にカラーバリエーションとしてパールヘロンブルー×フォースシルバーメタリックが追加された[10]

2004年モデル

2004年2月26日発表、同月27日発売でカラーラインナップを以下に変更[11]

  • パールフェイドレスホワイト×キャンディアラモアナレッド ホイール色ゴールド
  • デジタルシルバーメタリック×ブラックメタリック ホイール色グレーメタリック
  • パールヘロンブルー×フォースシルバーメタリック ホイール色グレーメタリック
  • ダークネスブラックメタリック ホイール色ゴールド

また、これらとは別に2003年に参戦した鈴鹿8耐仕様の限定車CB1300 SUPER FOURドリ-ムスペシャルがDREAM店のみで100台限定発売された。

2005年モデル

2005年2月18日発表、同月28日発売[8]。スーパーボルドール追加に伴うマイナーチェンジで以下の変更を実施。

  • 2004年に開催されたドイツモーターサイクルショーで発表されたABS搭載モデルを追加。
  • ホイール色をゴールドに変更。
  • 点火時期やPGM-FIの設定を変更し低速時のスロットルレスポンスを向上。
  • サイドカバーを左右10mmずつスリム化し足付性を向上。
  • シート前後の表皮パターンを変更。
  • メーターイルミ色をグリーンからブルーに変更。
  • カラーラインナップを以下の2種類に整理。
  • パールフェイドレスホワイト×キャンディアルカディアンレッド
  • キャンディタヒチアンブルー(ABSレス車のみ)
2006年モデル

2006年1月20日発表、同月31日発売[12]。以下の変更を実施。

  • ウインカーレンズをオレンジからスモークに変更。
  • リヤサスペンションのスプリング塗装をシルバーからレッドに変更。
  • カラーラインナップはABS装備車を含み以下の3種に変更。
  • パールフェイドレスホワイト×キャンディーアルカディアンレッド ホイール色:スーパーゴールドメタリック
  • アイアンネイルシルバーメタリック ホイール色:マットアクシスグレイメタリック(スーパーフォアのみ)
  • デジタルシルバーメタリック ホイール色:マットアクシスグレイメタリック(スーパーボルドールのみ)
CB1300スーパーボルドールABSスペシャル

フレームやシートを赤色に塗装したスーパーボルドールABSスペシャルを最大1,000台までの受注限定で3月10日発表、同月31日発売[13]

2007年モデル

2007年1月25日発表、同月26日発売[14]。以下の仕様変更を実施。

  • シートを部位によって異なる表面加工を施したステッチパターンに変更。
  • カラーラインナップは以下の2色が標準とされた。
  • パールサンビームホワイト×キャンディーアルカディアンレッド ホイール色:マットアクシスグレーメタリック
  • グリントウェーブブルーメタリック ホイール色:マットアクシスグレーメタリック
  • ただしカラーオーダープランシステムを導入したため以下の選択が受注生産で可能となった。
  • グリントウェーブブルーメタリック ホイール色:スーパーゴールドメタリック
  • パールサンビームホワイト ホイール色:マットアクシスグレーメタリック
  • パールサンビームホワイト ホイール色:スーパーゴールドメタリック
  • グラファイトブラック ホイール色:マットアクシスグレーメタリック
  • グラファイトブラック ホイール色:スーパーゴールドメタリック
  • さらに4月20日発表、同月25日発売でスーパーボルドールのみに次の新色が追加された[15]
  • アイアンネイルシルバーメタリック×ヘビーグレーメタリック ホイール色:マットアクシスグレーメタリック

また、これらとは別に3月には車体に黒・赤の特別塗装を施すほか専用装備品を装着したスーパーボルドール無限エディションが500台までの受注限定で無限テクニカルショップ指定店のみで発売された[16]

2008年モデル

2008年3月17日発表、同月18日発売[17]。以下の大幅なマイナーチェンジが実施された。

  • 平成19年二輪車排出ガス規制適合車となり型式名をEBL-SC54に変更。
  • エキゾーストパイプ内部に三元触媒を内蔵し取り回しを変更[注釈 4]
  • スロットルバルブにIACVを装着。これによりチョーク弁を廃止しオートチョーク化。
  • エンジン塗装をマットアクシスグレーメタリックに変更。
  • ECUセッティング変更により最高出力が100ps→101ps/7000rpm、最大トルクが11.9kg-m→11.6kg-m/5500rpmに変更[注釈 5]
  • サイドカバーをボディと同色化。
  • シートのタンデム部形状とステッチを変更。
  • ハンドルグリップをより握りやすくグリップ性の高い材質とデザインに変更。
  • メーターパネル文字盤の書体とデザインを変更。
  • カラーラインナップは以下の5色が設定された。
  • パールサンビームホワイト×キャンディーアルカディアンレッド
  • ダークネスブラックメタリック×キャンディータヒチアンブルー
  • パールコロナドブルー×サハラブルーメタリック(スーパーボルドールのみ)
  • アイアンネイルシルバーメタリック×ヘビーグレーメタリック(スーパーフォアのみ)
  • ダークネスブラックメタリック×キャンディーグローリーレッド
  • ホイール色はマットアクシスグレーメタリックであるが、スーパーフォアのみに設定された2種の車体色に限りオーダーシステムでスパークリングシルバーメタリックの選択が可能。

また4月18日から5月31日まで期間かつ500台受注限定でCB1300スーパーフォア<ABS>スペシャルエディションが発売された[18]

  • 同限定モデルは、パールサンビームホワイトの車体色を基調に燃料タンクとリヤカウル両サイドにレッドとブルーのストライプを施したほか、フレーム・フロントフェンダー・フロントフォークボトムケースをレッド、クランクケースカバー・前後ホイールをゴールドに塗装する。
2009年モデル

2008年12月18日発表、同月24日発売。カラーラインナップに以下の新色を追加[19]

スーパーフォア
  • ダークネスブラックメタリック×デジタルシルバーメタリック
  • パールサンビームホワイト×デジタルシルバーメタリック
スーパーボルドール
  • パールサンビームホワイト×チェッカーブラックメタリック
2010年モデル

2009年11月26日発表、12月10日発売[9]。上述のスーパーツーリング追加に伴うマイナーチェンジでスーパフォア・スーパーボルドールでは以下の変更を実施。

  • ABSを前後連動機構を追加したコンパインドABSに変更。
  • ハンドルのグリップポイントが14mm手前、23mm上方に移動。
  • サイドカバーをより薄いタイプに変更。
  • オプション設定のGPSナビゲーションシステムやグリップヒーターなどの電装アクセサリーの同時装着にへの対応を考慮しACジェネレーターの出力を大幅に増加。
  • シートならびにシートレールの形状を見直しを実施しシート高を従来の790mmから780mmに低下[注釈 6]
  • リヤカウル周辺のデザインを変更し、テールランプはLEDを採用。
  • 車体色は以下の3種を設定。
  • グラファイトブラック
  • パールサンビームホワイト×キャンディーアルカディアンレッド×サイクロンブルーメタリック
  • パールサンビームホワイト×キャンディーアルカディアンレッド(受注生産)
2011年モデル

2010年11月4日発表、同月11日発売[20]。以下の変更を実施。

  • グラファイトブラック塗装にゴールドのストライプを施工。
  • リヤサスペンションリザーバータンクをゴールド塗装に変更。

またスーパーボルドールABSとスーパーツーリングに2011年5月8日まで受注期間限定のSpecial Editionを追加発売、以下の専用装備が施された。

  • 車体・ホイール共にパールサンビームホワイト塗装。
  • フューエルタンクの立体ウイングエンブレム。
  • 左右クランクケースカバー・チェーン・前後ブレーキキャリパーにゴールドカラーを採用。
2012年モデル

2011年12月20日発表、2012年1月13日発売[21]。カラーラインナップを以下の3種に変更。

  • グラファイトブラック
  • パールサンビームホワイト×キャンディーアルカディアンレッド
  • パールサンビームホワイト×キャンディーアルカディアンレッド×サイクロンブルーメタリック

また前後ホイール・前後ブレーキキャリパー・左右クランクケースカバー・フロントディスクインナーハブ・フロントフォークトップキャップがゴールドカラーに変更されるともにグラファイトブラックのみリヤサスペンションリザーバータンクがシルバー塗装に変更となった。

2013年モデル

2012年モデルに追加する形でCB1000 SUPER FOURの誕生20周年を記念した特別仕様車Special Editionをスーパーフォア・スーパーボルドールそれぞれのABS装着車に設定し、2012年9月28日から2013年5月7日までの期間ならびに最大400台までの受注で限定販売された[注釈 7][22]。同車は以下の専用装備を施された。

  • 車体色はパールサンビームホワイト×キャンディープロミネンスレッド。
  • PROJECT BIG-1 20周年記念ステッカーを燃料タンク上部に貼付。
  • 前後ブレーキキャリパー・フロントディスクハブ・ドライブチェーン・車体ロゴをゴールド塗装。
  • 前後ホイールをメタリックシルバーに塗装。
  • 燃料タンクのウイングエンブレムを立体タイプに換装。
  • スパークプラグキャップをレッドタイプに換装。
  • 下記部位にバフ仕上げを施工。
  • クラッチカバー・フロントフォークボトムケース・メインステップ・ピリオンステップ・フロントブレーキマスターシリンダーキャップ・クラッチマスターシリンダーキャップ
2014年モデル

2013年11月の第43回東京モーターショーに参考出品。2014年3月14日発表、同月20日発売[23]。スーパーツーリングの廃止を伴う大幅なマイナーチェンジにより以下の変更を実施。

スーパーフォア・スーパーボルドール共通
  • マニュアルトランスミッションを従来モデルの5速から6速に変更。
  • 電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)のセッティング変更。
  • 平成26年騒音規制の緩和によりマフラー(サイレンサー)を小型化し可変バルブ機構を廃止。
  • 燃料消費率が25.5km/L→26.8km/L(60km/h定地走行テスト値)へ向上。
  • ABSのコンパインドシステム(前後連動機構)を廃し標準装備に変更。
  • リヤキャリア・トップボックス・パニアケースを純正オプションに設定。このためスーパーツーリングを廃止するとともに装着対応の観点からシートレール部の補強に加えフレーム各部の剛性バランスを見直しを実施。
  • アルミキャストホイールを新デザインの10本スポークに変更。
  • サイドカバーのデザインを変更し幅をさらにスリム化。
  • 燃料タンクのウイングバッジを立体エンブレム化。
  • ギアポジションインジケーター・燃費表示機能を新たに採用した新設計二眼メーターを採用。
  • ETC・グリップヒーターならびに専用インジケーターランプを標準装備したE Packageを設定(ただし発売は同年5月23日)。
  • テールランプレンズをクリア化。
スーパーボルドール
  • ハーフカウルのデザインを変更。
  • ハンドル位置を手前かつ上に変更。
  • パニアケース装着を想定してサイレンサー位置を車体下側に変更。
  • ヘッドライトをLED化。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1992年4月に発売されたCB400スーパーフォアならびに同年11月に発売されたCB1000スーパーフォア両モデルの開発にあたり、「新しい時代にふさわしいHondaのネイキッド・ロードスポーツモデルはどうあるべきか?」という次代を見据えた以下のテーマが掲げられたプロジェクトである。
    • 水冷4ストローク直列4気筒4バルブDOHCエンジンを搭載
    • 体躯はあくまでもセクシー&ワイルド
    • 走る者の心を魅了する感動性能を有する
  2. ^ フロント:伸び側無段階/リヤ:伸び側・圧側ともに4段階・
  3. ^ 具体的には国内仕様の最高出力が100psとなるところ輸出仕様115psとなるほか、エアインテーク形状やエンジンコントロールユニットの燃調マップなどに差異がある。
  4. ^ 2007年モデルまでの車体右側に全気筒のエキパイを集中させる形状から、クランクケー下部で1番と4番、2番と3番シリンダーを集合させる形状に変更。
  5. ^ 国内の馬力自主規制も撤廃されたため初めて100psを超える自動二輪車となった。
  6. ^ このため2009年モデルまでのシートとは互換性がない
  7. ^ ただし登録引渡は2012年11月8日以降。

出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]