EMD 567系エンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
保存中のEMD 12-567Bエンジン(いくつかの部品は無い)

EMD 567系エンジンはGM-EMD(EMD)社製の大型機関車用2ストロークユニフロー掃気ディーゼルエンジンである。

概要[編集]

567シリーズはWinton201-Aの後継として1938年から645系エンジンによって置き換えられる1966年まで、EMD社のディーゼル機関車のエンジンとして使用された。このエンジンは各気筒あたりの排気量が567立方インチ(9294cc)、ボア812インチ(216mm) x ストローク10インチ(254mm)のロングストロークエンジンであった。また、V型45度バンク角を採用し、Winton201-Aや後継となるEMD 645と同様、2ストロークユニフロー掃気方式であった。12気筒では111,530cc、16気筒では148,706ccとなる。

諸元[編集]

型式 最大回転数 過給 製造年 圧縮比 馬力
6 cyl. 8 cyl. 12 cyl. 16 cyl.
567 800 ルーツブロワ 1938年-1943年 16:1 600 1000 1350
567A 800 ルーツブロワ 1943年-1953年 16:1 600 1000,1200 1350
567AC 800 ルーツブロワ 1953年-1961年 16:1 600 1000
567B 800 ルーツブロワ 1945年-1954年 16:1 600 800 1000,1125,1200 1300,1500
567BC 800 ルーツブロワ 1953年-1963年 16:1 1125,1200 1500
567C 800,835 ルーツブロワ 1953年-1966年 16:1 600 900 1125,1200 1500,1750
567CR 835 ルーツブロワ 1956年-1965年10/56-11/65 16:1 900
567D1 835 ルーツブロワ 1959年-1965年 20:1 1325 1800
567D2 835 ターボチャージャー 1959年-1962年 14.5:1 2000
567D3 835 ターボチャージャー 1959年-1963年 14.5:1 2250,2400
567D3A 900 ターボチャージャー 1963年-1966年 14.5:1 2500
567E 835 ルーツブロワ 1966年 16:1 1200
  • cyl. = シリンダー数

567系エンジンを搭載している機関車[編集]

関連項目[編集]