EMD SD7形ディーゼル機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
EMD SD7
SP 1518 20050716 Illinois Railway Museum.JPG
イリノイ鉄道博物館に保存されているSP 1518
動力方式 電気式ディーゼル
製造所 General Motors Electro-Motive Division (GM-EMD)
製造日 1952年2月 - 1953年11月
総製造数 188 両
軸配置(アメリカ式) C-C
軌間 1435 mm
主動力 EMD 567B
気筒 V型16気筒
出力 1,500 PS (1.1 MW) / 800 rpm
配置 現役稼動機あり

EMD SD7は1952年2月から1953年11月にかけてGM-EMD社によってアメリカ国内向けに188両が製造された、6軸駆動のディーゼル機関車である。原動機としては16シリンダー・出力1500HPであるEMD 567Bエンジンを搭載する。

保存車両[編集]

SD7の製造1号機(サザン・パシフィック鉄道所属1518号機)が走行可能な状態でイリノイ鉄道博物館に保存されている。

参照[編集]