コーチビルダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コーチビルダー (Coachbuilder) とは馬車モータービークル(いわゆる自動車バストラック)等の車体(ボディ)を製造・架装する業者の事をいう。また、車台(シャシー)に車体を架装することをコーチワーク (Coachwork) と言う。

歴史[編集]

かつては、木製および金属製の車体の製造に使用される技術は非常に特殊であったため、 ほとんどの車両製造会社は既存のコーチビルダーとの間に架装する車体の製造契約を結んでいた。例えばフィッシャーボディ社は1910年代キャディラックのクローズドボディの全てを架装していた。

やがて車両製造会社が車体製造技術を自社で手がけるようになると、オーダーメイドの車体架装の技量が富裕層の間で愛顧を受けるようになった。ブガッティ・タイプ57、キャディラック・V-16、フェラーリ・250、そして第二次世界大戦以前に製造された全てのロールス・ロイス製の車両などはシャシ状態で販売され、ボディを架装するという形態が常習化した。多くのコーチビルダーはピニンファリーナジウジアーロのような著名なデザイナーと連携するようになった。

モノコック構造の出現でオーダーメイドの車体架装が困難になると、多くのコーチビルダーが自動車メーカーに吸収されるなどして消滅していった。現存のコーチビルダーは大手自動車メーカーと契約を交わして、自動車の組立や少量生産車種の製造を行っている。

現在の日本におけるコーチビルダー[編集]

バス車両については富士重工業北村製作所西日本車体工業などのコーチビルダーが存在したが、最後まで残っていた西日本車体工業が2011年に解散したため、現在はバス車体を架装するコーチビルダーは日本には存在しない。既成品を二次架装しファンタスティックバス等に改造している岩戸工業東京特殊車体などはあるがこれらをコーチビルダーと呼ぶのは一般的ではない。

乗用車については光岡自動車トミーカイラオーテックジャパンなどがコーチビルダーとしての業務を行っていた(光岡については、現在は自動車メーカーとなっているためコーチビルダーに分類しない場合も多い)。

特殊車両については、現在も多数のコーチビルダー(車体メーカー)が存在しており、多くの車種が制作されている。(日本フルハーフデザインラインなど)

なお、日本では消防車やクレーンなどについては艤装架装メーカーとして区別するのが一般的である。

関連項目[編集]