富士重工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
富士重工業株式会社
Fuji Heavy Industries Ltd.
Fuji Heavy Industries headquarters.jpg
富士重工業本社(エビススバルビル)
種類 株式会社
市場情報
東証1部 7270 1960年3月上場
略称 富士重工、富士重、FHI
本社所在地 日本の旗 日本
150-8554
東京都渋谷区恵比寿1丁目20番8号(エビススバルビル)
設立 1945年昭和20年)12月27日
(東邦化学株式会社)
業種 輸送用機器
事業内容 自動車航空機の製造・整備(自動車はスバルを参照)
産業用機器の製造・整備
代表者 吉永泰之(代表取締役社長)
資本金 1,537億9,500万円
発行済株式総数 7億8,286万5,873株
売上高 連結:1兆5,171億500万円
(2012年3月期)
営業利益 連結:439億5,900万円
(2012年3月期)
純利益 連結:384億5,300万円
(2012年3月期)
純資産 連結:7,642億7,200万円
(2013年3月31日現在)
総資産 連結1兆7,859億2,600万円
(2013年3月31日現在)
従業員数 連結:2万7,296人
(2011年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 トヨタ自動車:16.48%
(2012年3月31日現在)
主要子会社 スバル・オブ・アメリカ
イチタン
外部リンク http://www.fhi.co.jp/
特記事項:事実上の存続会社である富士重工業(旧社)の設立は1953年7月17日[1]
テンプレートを表示

富士重工業株式会社(ふじじゅうこうぎょう、英語Fuji Heavy Industries Ltd.、略称:FHI)は、日本重工業メーカーである。通称「富士重工」、「富士重」で、自動車ブランドの「スバル」(SUBARU)と呼ばれるケースも多々ある。

歴史[編集]

富士重工業旧本社(新宿スバルビル)

1917年(大正6年)5月、中島知久平(元海軍機関大尉)によって群馬県新田郡尾島町(現: 群馬県太田市)に設立された民営の飛行機研究所を前身とし、太平洋戦争第二次世界大戦)終戦後、GHQにより財閥解体の対象となった中島飛行機1945年(昭和20年)に富士産業と改称)が、富士重工業のルーツである。

軍需から平和産業への転換、スクーターやバスなどの輸送用機器開発、企業分割などを経て、旧中島系の主要企業の共同により1953年(昭和28年)に富士重工業を設立、1955年(昭和30年)に参画各社が富士重工業に合併されることで企業としての再合同を果たした。

1958年(昭和33年)発売の軽乗用車スバル・360」と、その派生型である1961年(昭和36年)発売の軽商用車「スバル・サンバー」が技術的・商業的に大きな成功を収めたことで、以後「スバル」ブランドの自動車メーカーとしての地位を確立し、その他の分野にも多角的に進出しながら現在に至っている。

富士重工業の誕生まで[編集]

中島飛行機[編集]

四式戦「疾風」

中島飛行機は、主として太平洋戦争時までの陸海軍の需要に応え、軍用機および航空用エンジン開発に取り組んだメーカーである。三菱重工業川崎航空機と共に大手航空機メーカーとして、日本最大規模の存在であった。

特に技師長小山悌を設計主務者に開発され、陸軍陸軍航空部隊)の歴代主力戦闘機となった九七式戦闘機一式戦闘機「隼」二式戦闘機「鍾馗」四式戦闘機「疾風」[2]など、多数の著名な軍用機を送り出した。

エンジンメーカーとしては、一式戦「隼」や零式艦上戦闘機(零戦)に搭載された「榮(ハ25)」、四式戦「疾風」や「紫電改」に搭載された「誉(ハ45)」などを開発している。

企業解体と平和産業への転進[編集]

日本の敗戦とともに、GHQより航空機の研究・製造の一切が禁止され、中島飛行機は新たに富士産業[3]と改称された。戦時中、最先端の航空機開発に取り組んだ優秀な技術者たちの生活は、各工場毎に、自転車、リヤカー、自動車修理、果ては鍋や釜、衣類箱、乳母車などを作って糊口を凌ぐ日々へと一変した。

このような状況の中、太田と三鷹工場の技術者たちは、当時進駐軍の兵士たちが移動に利用していたアメリカ製の簡易なスクーターパウエル」に着目する。軽便な移動手段としての販路を見込めると考えられたことからスクーターの国産化が計画され、早速、敗戦後も残っていた陸上爆撃機「銀河」の尾輪をタイヤに利用して試作、1947年(昭和22年)に「ラビットスクーター」として発売した。「ラビット」は運転が簡易で扱いやすかったことから、戦後日本の混乱期において市場の人気を博し、メーカーの屋台骨を支える重要な商品となった。「ラビット」シリーズのスクーターは、モデルチェンジを繰り返しつつ富士重工業成立後の1968年(昭和43年)まで生産された。

また航空機製造で培った板金・木工技術を活用し、1946年(昭和21年)からバスボディ架装にも進出、特に従前の「ボンネットバス」より床面積を大きく取れるキャブオーバー型ボディの架装で、輸送力不足に悩むバス会社から人気を得た。さらに1949年(昭和24年)にはアメリカ製リアエンジンバスにならい、得意の航空機製造技術を生かした、日本初のモノコックボディ・リアエンジンバス「ふじ号」が完成。フロントエンジン型キャブオーバーバスよりさらにスペース効率に優れることから成功を収め、以降、日本のバスボディ・シャーシの主流は続々とリアエンジンへ移行していく。

このようにして平和産業へ転進した富士産業であったが、1950年(昭和25年)8月、当時の政策によって財閥解体の対象となり、工場毎に15社以上に分割されてしまった。

富士重工業成立[編集]

1950年(昭和25年)6月に勃発した朝鮮戦争は、戦後不況にあえぐ日本に「朝鮮特需」をもたらしただけでなく、GHQの日本の占領政策を一変させた。1952年(昭和27年)4月、サンフランシスコ講和条約が発効すると、旧・財閥から民間賠償用としてGHQに接収されていた土地・建物の所有者に返還がはじまり、富士工業(太田三鷹工場)、富士自動車工業(伊勢崎工場)を中心とした旧・中島飛行機グループ内での再合同の動きがにわかに活発化、1952年(昭和27年)12月、大宮富士工業(大宮工場)、東京富士産業(旧・中島飛行機・本社)を加えた4社が合併同意文書に調印した。

同じ頃、1953年(昭和28年)の保安庁(現:防衛省)予算に練習機調達予算が計上され、航空機生産再開に向けて、ビーチ・エアクラフトT-34 メンターの製造ライセンス獲得に国内航空機メーカー各社は一斉に動き出した。当時、再合同の途上にあった旧・中島飛行機グループも再合同の動きを加速。1953年(昭和28年)5月には、鉄道車両メーカーとなっていた宇都宮車輛(宇都宮工場)が新たに再合同に参加することが決まり、1953年(昭和28年)7月15日、5社出資による航空機生産を事業目的とする新会社富士重工業株式会社が発足[4]

1954年(昭和29年)9月、6社が合併契約書に調印。1955年(昭和30年)4月1日、富士重工業は、富士工業、富士自動車工業、大宮富士工業、宇都宮車輛、東京富士産業の5社を吸収し、正式に富士重工業株式会社としてスタートした(当時の資本金:8億3,050万円、従業員:5,643名)。ロゴは「富士重工」で、「重」の1画目がない形になっており、長らく使用された。

旧・中島飛行機の発動機開発の拠点で、荻窪工場と浜松工場を引き継いだ富士精密工業は、中島飛行機再合同の動きが本格化した1952年(昭和27年)には、事実上、すでにタイヤメーカーのブリヂストンの資本下に入っており[5]、再合同には参加しなかった[6]。また、この時再合同に加わらなかった、富士機械工業[7]など3社は、のちに富士重工業の関連会社として加わっている。

富士重工業は、1966年(昭和41年)に東邦化学株式会社と合併し、存続会社を東邦化学株式会社とした。この存続会社の東邦化学株式会社は1965年(昭和40年)に商号を富士重工業株式会社と改めた上で合併しているため、一貫して継続した同一名称ではあるが、法律的には従来の富士重工業は1965年(昭和40年)に一旦消滅している。これは株式額面金額変更が目的の事務的なものである[8]

その後の推移と業務提携[編集]

レオーネを発売した1970年代初頭から、本格的なアメリカ市場への進出を開始。オイルショック排気ガス規制などの消費者の自動車に対する要求の変化や、当時の円安を背景とした廉価性を武器に、国産他メーカーと同じくアメリカ市場での販売台数を飛躍的に伸ばすことに成功した。

1968年(昭和43年)から1999年(平成11年)まではメインバンク(日本興業銀行/現: みずほ銀行)が同じ日産自動車と提携、日産・チェリーパルサーサニーなどの委託生産を請負い、工場稼働率のアップを図っていたが、設計の共同化や部品の共用化などが本格的に行われることはなかった。

1970年代中盤からは、南米オーストラリアを中心としたアジアオセアニア地方、中東ヨーロッパなどにも進出。1970年代以前には年産10万台にはるかに満たなかった生産台数を、1970年代後半には20万台規模にまで増やし順調に企業規模を拡大した。

しかし、1985年(昭和60年)9月プラザ合意以降の急激な円高とアメリカ市場との「共生」が求められるようになった時代背景の中で、北米市場での深刻な販売不振に直面。1987年(昭和62年)、いすゞ自動車との共同出資で、スバル・イスズ・オートモーティブ (SIA)を設立して現地生産も開始した[9]が、主に魅力的な車種展開が図れなかったことや、企業規模から他国産メーカーと比べ製造コストを劇的に下げることができなかったことなどから、1989年には300億円もの営業赤字を抱え、深刻な経営危機が報じられるまでになった。

しかし、折からの「バブル景気」によって資金調達のめどが順調に立ったことや、1989年1月レガシィの発売以来、順調に国内市場、北米市場での販売を回復することに成功。1990年(平成2年)にはUDトラックス(旧: 日産ディーゼル)の経営再建に手腕を発揮した川合勇のもとで地道なコスト削減努力が続けられ、WRCへの出場など、CI(コーポレーテッド・イメージ)の積極的な訴求効果とあわせ、年産30万台規模の世界的に見て比較的小規模なマスプロダクツ・メーカーとして現在に至っている。

バブル崩壊後、日産自動車が経営不振に陥り、経営再建の一環として日産自動車保有の富士重工業株の売却を決め、2000年(平成12年)に放出株全てがゼネラルモータース(GM)に売却された[10]

しかし、GMの業績悪化に伴い2005年(平成17年)10月5日には、GMが保有する富士重工株20%をすべて放出。放出株のうち8.7%をトヨタ自動車が買い取って筆頭株主となり、富士重工業とトヨタ自動車が提携することで合意した。GMグループのスズキと、軽自動車の部品の共通化などをすすめてきていたが、今後、トヨタ自動車およびトヨタグループ(トヨタ傘下)のダイハツ工業との開発部門の交流や部品共通化によるコスト削減効果が期待される。

2008年(平成20年)4月10日、軽自動車の自社開発・生産を行わない方針を発表。2012年(平成24年)2月を以って軽自動車の生産を終了した。以降、登場する新型の軽自動車は全てダイハツからの供給によるOEM車となっている。

2010年(平成22年)8月、東京都新宿区の本社ビル(新宿スバルビル)が老朽化したことなどに伴い、建物を小田急電鉄に売却した上で本社機能を東京都渋谷区恵比寿に東京スバルの本社が入っていた「(旧)エビススバルビル」の跡地に新たに建て替える「(新)エビススバルビル」へ移転させることを発表。2014年(平成26年)8月18日、本社移転が完了した。尚、(新)エビススバルビルの一角はスバル恵比寿ショールームおよび東京スバル恵比寿店として機能する。

2013年(平成23年)1月、ロボット開発で国からの補助金を不正受給していたことが判明し、経済産業省新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から計8億250万円の返還処分及び補助金交付停止処分を受ける[11]

航空機再生産[編集]

T-34 メンター
富士 T-1

1953年(昭和28年)9月、富士重工業は「ビーチ・エアクラフト」と「T-34 メンター」製造ライセンス契約に調印。1955年(昭和30年)10月、国産1号機を完成させ、防衛庁への納入が始まった。 さらに1957年(昭和32年)11月、戦後初の国産ジェット機「T-1 (練習機)(初鷹)」の開発に成功。中等練習機として1963年(昭和38年)までに66機を防衛庁(現: 防衛省)に納入した。

1965年(昭和40年)8月、民間向け軽飛行機FA-200「エアロスバル」の初飛行に成功。翌1966年(昭和41年)10月から販売を開始。低翼式の機体を採用したFA-200は低速時の安定性に優れ、アクロバット飛行なども可能な万能機として好評を博し、298機を生産した。

戦後初の国産旅客機「YS-11」の開発にも参加。主翼桁と尾翼を担当。この経験はのちに、1973年(昭和48年)12月、アメリカボーイング社ボーイング747の生産分担契約に実を結び、1974年(昭和49年)には新世代旅客機ボーイング767の国際共同開発プロジェクトに参加。国際分業に大きな役割を果たした。

1974年(昭和49年)、富士重工業はアメリカロックウェル・インターナショナル社と双発ビジネス機、FA-300の共同開発を開始。1975年(昭和50年)11月に初飛行に成功、1977年(昭和52年)から販売を開始した。しかし、その後、ロックウェル社が軽飛行機部門からの撤退したため、計画が頓挫。42機の生産実績に留まった。

生産部門[編集]

スバル自動車部門[編集]

航空宇宙部門[編集]

産業機器部門[編集]

環境技術部門[編集]

  • エコ宇都宮工場(栃木県宇都宮市)
    • かつて鉄道車両や塵芥収集車・フジマイティーを生産していた。業界ではトップシェアを誇っていた。

住宅事業部門[編集]

航空宇宙部門[編集]

日本航空業界の草分けである中島飛行機の後身で、現在も日本の航空宇宙業界で第三位であり、小型練習機やボーイング社向け分担生産を中心としているが、日本興業銀行が株主となり、役員を派遣して経営陣を占めるようになると、冒険的な航空宇宙事業への理解は低くなり、T-1の後継機であるT-4の受注競争に敗れると決定的になった。三菱重工業川崎重工業IHIなどと違い、現在の自社ウェブサイトには航空事業の詳しい項目が無い。US-1A改開発の際、防衛庁関連で汚職事件を起こしたことも、社名に傷を残すこととなった。一方、主翼など翼部製造の優秀さについては、ボーイングからも表彰されているほか、国内開発でも貢献している。複合材製品については世界屈指の技術力を持つ。

YS-11開発参加やFA-200販売で国産機の実績を積んだものの、日米共同で開発したFA-300が大失敗した為、民間機の自主制作からは手を引いていたが、21世紀に入ってから三菱や川崎が独自の旅客機計画を進め、また、経営陣も富士重工業の生え抜き社員が多くなってきたことから航空機事業に前向きになったこともあり、10~15席程度の小型民間旅客機の開発計画を発表し、実現が期待されている。また、日本国外の企業とも共同開発を行っている。

沿革[編集]

納入実績[編集]

防衛省(自衛隊)向[編集]

ライセンス生産[編集]
分担生産[編集]

民間向[編集]

自社開発[編集]
分担生産[編集]
ライセンス生産[編集]
  • 204B 中型物輸ヘリコプタ(ベルエアクラフト
  • 205B 中型物輸ヘリコプタ(ライセンスを受けて独自改良)

宇宙関連機器[編集]

産業機器[編集]

「ロビン」ブランドの小型汎用エンジンを開発・生産し、汎用エンジン業界ではシェア世界第4位。富士重工業内では唯一、米国と中国に生産拠点を持っている。

これらのエンジンは取り扱いの容易さと抜群の耐久性などで、主に土木工事現場で使われるランマー発電機、コンクリートカッター、灌漑用のポンプ、構内作業車(モートラック)などに動力源として搭載される。また、ゴルフカートスノーモービルATV(バギー車)などに搭載されるエンジンも開発、生産している。これらのエンジンのほとんどはOEM供給されているため、一般人の目に触れる機会はほとんど無い。

環境技術[編集]

現在は各種環境用プラント設備のみを生産している。それ以外の製品については後述。

住宅事業[編集]

富士重工では、小型のプレハブ住宅を製造しており、以前は通信販売で名高いセシールでも扱っていたことがある。

過去の商品[編集]

軽三輪[編集]

  • 「ダイナスター」

二輪車(スクーター)[編集]

二輪車(オートバイ)[編集]

  • 「ハリケーン」

バス車体架装事業[編集]

「ふじ号」(富士TR014X-2)
バス車体のメーカーズプレート

1946年(昭和21年)に小泉ボデー製作所(当初別会社)でスタートし、日本で初めてのフレームレスモノコック構造によるリヤエンジンバス「ふじ号」(1949年(昭和24年))の開発に成功。のちに富士自動車工業となり、スバル360等の開発を行ない、現在の主力であるスバルブランドの乗用車にも発展した事業である。

一時期はUDトラックス(旧: 日産ディーゼル)を中心に大型自動車メーカー4社のバス車体を架装し、バス車体シェア1位を誇っていたが、シャーシメーカーのバス車体内製化(子会社での生産)で生産台数が減少した。1998年(平成10年)に三菱ふそう日野自動車の架装から撤退、2002年(平成14年)1月に日産ディーゼルがバス車体の架装を西日本車体工業(西工、福岡県北九州市小倉北区)に集約することを決定したため、同年5月に事業存続は困難と判断し、伊勢崎製作所で行なっていたバス車体架装事業を終了する決定をした。このため、バス車体架装事業は日産ディーゼルとごく少数のいすゞ自動車を最後に2003年(平成15年)3月で終えた[12]。またボルボ社のシャシーを輸入し、アステローペシリーズと連節バスを製造していたが、これらも2000年(平成12年)に生産が終了している。

なお、伊勢崎製作所はその後スバルカスタマイズ工房(現:桐生工業伊勢崎工場)となり、販売済みの車両に対するアフターサービスを行なっている。


鉄道車両事業[編集]

東武9000系電車の車内銘板

1950年(昭和25年)頃から主に客車気動車を旧国鉄JR私鉄第三セクター向けに、また、群馬・栃木に路線を持つ東武鉄道向けには電車を生産していたが、生産両数の低下により2002年(平成14年)5月に事業存続は困難と判断し、宇都宮車両工場(現在のエコ宇都宮工場)で行っていた鉄道車両事業を終える決定をした。2003年(平成15年)2月新潟トランシス新潟事業所(新潟県北蒲原郡聖籠町)へ事業譲渡。JR四国2000系気動車などの振り子式気動車はすべて富士重工製。

最後に製造された電車は東武30000系電車(31406Fの4両)。最終製造車両は地元を走る真岡鐵道モオカ14形一般型気動車(2両)となった。

なお、先述の伊勢崎事業所でも、東京都電2500形(軌間1,067mmの杉並線専用車で、足回りは戦前の車両のものを利用。杉並線廃止後は車体のみ荒川線で再利用された)を製造していた。

生産された鉄道車両[編集]

気動車[編集]

他、第三セクターの特急・普通型気動車

電車[編集]
客車[編集]
貨車[編集]
  • 私有貨車の一部の車両等
    • タキ2800形(苛性ソーダ専用タンク車)
    • タキ5450形(液化塩素専用タンク車)
    • タキ7750形(苛性ソーダ専用タンク車)
    • タキ9800形(石油類専用タンク車)
    • タキ12200形(セメント類専用タンク車)
    • タキ18600形(液化アンモニア専用タンク車)
    • タキ45000形(石油類専用タンク車)
    • ホキ10000形(石炭専用ホッパ車)
  • 国鉄所有コンテナ(5000形(試作・量産)・6000形)
軌道モーターカー[編集]
  • TMC300

スノーボード・自転車・望遠鏡[編集]

  • 1998年(平成10年)には、宇宙関連機器および航空機部門の技術を使って、中空桁構造オールドライカーボンのスノーボード「VTOL」が少数販売された。尚、販売はインターネットのみ当初は50枚限定で販売された。スバルと名乗らず別ブランドで販売された。現在は販売されておらず、貴重な製品である。
  • 2008年(平成20年)12月には、99台限定で自転車(クロスバイク)「SUBARU XB」が発売された。価格は36万円。マウンテンバイクに軽量大口径ホイールを装着して、オンロードでの走行性能を向上させた自転車で、レガシィなど富士重工の車と同様、オンロードとオフロード双方の走破性を合わせもつ自転車として「クロスバイク」と呼称している。また、2013年(平成25年)1月に、ブリヂストンサイクルとのコラボレーションによるクロスバイクが、SUBARU Online Shopにて販売している(但し、仕様は全く異なる)。
  • 2009年(平成21年)12月には、屈折式天体望遠鏡「SUBARUメローペ80A」を発売した。外部の専門メーカーと富士重内部の開発チームの共作で、スバルブランドをイメージさせるブルーで塗装されているが、車の色とはやや異なり、車のボディに比べて曲率が大きい望遠鏡の鏡筒を仕上げるために専用塗料を採用している。現在このクラスの望遠鏡は、大部分が中国製だが光学系の製作や検査をすべて日本のメーカーが行っているのが特徴となっている。「メローペ」はプレアデス星団の最も下にある星の名称。

環境技術[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 株式額面金額変更のため、東邦化学→富士重工業(新社)を存続会社として旧社は吸収合併されている。
  2. ^ 終戦後、アメリカに接収されて、140オクタンの高品質な燃料を使用しての綿密なテストの結果、アメリカをして「第二次大戦の日本戦闘機のベストワン」と絶賛させた。
  3. ^ 「富士」は「富士山」に由来する。中島飛行機の創立者である中島知久平は、日本を代表する名山である富士山をこよなく愛した。
  4. ^ 本社は東京都新宿区角筈(現:富士重工業本社・スバルビル所在地)である
  5. ^ 当時、ブリヂストン会長でもあった石橋正二郎個人が筆頭株主の会社(つまり、厳密にはブリヂストンの資本系列ではなかったが、銀行は事実上のブリヂストン支配の会社と認定していた)となっていた。
  6. ^ 1954年(昭和29年)、戦前の立川飛行機の転進で、同じくブリヂストン傘下にあったプリンス自動車工業と合併、富士精密工業としてスタートした後、1961年(昭和36年)、プリンス自動車工業と名称を変更、スカイライングロリア皇室御料車プリンスロイヤルなどを開発。1966年(昭和41年)、日産自動車に吸収合併された。
  7. ^ のちの富士ロビン。2007年に富士重工系列を離れマキタ沼津を経てマキタに吸収合併。
  8. ^ [1]企業情報@Wiki 富士重工業
  9. ^ OEMによる完成車の相互供給も行なわれたが、2003年(平成15年)にいすゞのSIAからの撤退をもって関係を解消している。
  10. ^ GM傘下在籍中には、同傘下のSAABにインプレッサ・スポーツワゴンのOEM車種サーブ9-2Xを提供したり、GMのタイ工場からオペル車のOEMであるトラヴィックなどの供給を受けていた。また2003年(平成15年)から開発がスタートした「B9トライベッカ」ではサーブ版を最初からサーブ側と共同開発する計画だった。
  11. ^ 不正受給:富士重に補助金8億円返還処分 毎日新聞 2013年2月1日
  12. ^ 最終生産車は、東濃鉄道に納入された日産ディーゼル大型観光バス
  13. ^ 富士重工業 塵芥収集車フジマイティーの生産を終了 (PDF) - 富士重工業 2012年12月21日
  14. ^ 事業譲り受けに関するお知らせ (PDF) - 新明和工業 2013年1月7日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]