スバル・デックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダイハツ・クー > スバル・デックス
トヨタ・bB > スバル・デックス

デックス (DEX) は、スバルブランドを展開する富士重工業がかつて販売していた小型トールワゴンである。トヨタ・bB(2代目)やダイハツ・クー姉妹車 (OEM) で、生産は先出の2台同様、ダイハツ工業池田工場にて行われていた。

概要[編集]

スバル・デックス
M401F型
フロント
Subaru Dex.JPG
リヤ
Subaru Dex Rear.jpg
販売期間 2008年11月 - 2013年10月
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアトールワゴン
エンジン K3-VE型 1.3L 直4 DOHC
変速機 4AT
駆動方式 FF/4WD
サスペンション 前:ストラット式独立懸架
後 (FF):トーションビーム式
後 (4WD):3リンク式
全長 3,800mm
全幅 1,690mm
全高 1,635mm
ホイールベース 2,540mm
車両重量 1,060-1,120kg
姉妹車 トヨタ・bB
ダイハツ・クー
製造事業(委託)者 ダイハツ工業
-自動車のスペック表-

2008年4月10日トヨタ自動車ダイハツ工業・富士重工業の3社による業務提携強化が発表され、その一環として、ダイハツ・クーをベースにOEM供給を受け、2008年11月13日に発表・発売された。スバルにおけるダイハツからのOEM車の第1号である。搭載されるエンジンは、ダイハツ製K3-VE直列4気筒DOHC16バルブ1300ccのみで、bBやクーに用意される3SZ-VE型4気筒DOHC16バルブ1500ccの設定は無い。トランスミッションは4速ATのみ。

以前、オペルからOEM供給されていたトラヴィックの足回りはスバルの手によってチューニングが施されたが、同じOEMでもデックスの足回りに関しては富士重工業の社内における走行実験(実験車両はベースのクー)の段階で「操安性や乗り心地等、必要十分な性能ゆえに手を加える必要がない」と判断されたため、クーと同じセッティングである[1]

フロント周りに関してはヘッドライトフェンダーなどの基幹部品は基本的にクーと同一であるが、バンパー(ちなみにターンランプとフォグランプはL150S/152S/160S型ムーヴカスタム(後期型)に採用されているものと同一パーツ)やフロントグリルはデックス専用品を採用し、初代ステラの「カスタム」や「リベスタ」を彷彿とさせるものとなっている。各部にクローム処理が施してあり、スポーティーな趣きがある。グレードはベーシックグレードの「1.3i」、オートエアコンアルミホイールを採用した上級グレード「1.3i-L」、エアロパーツやMOMO製本革巻ステアリングなどを採用し、スポーティ色を高めた「1.3i-S」の3グレードが設定されている。全車に4WD(スバル呼称はAWD)車も設定される。なお、ボディーカラーは全5色で、「クー」では設定できるホワイトとグレイッシュパープルメタリックオパールが設定できない。

車名の由来[編集]

器用さや機敏さを意味する「Dexterity」からの造語。スピーディーさやスマートさをイメージしている。また、宣材等においては"DE"sign bo"X"の略であるという、姉妹車であるbBのそれとよく似た説明も用いられている。

歴史[編集]

  • 2008年11月13日 - 発表・発売。
  • 2010年7月 - 仕様変更。JC08コールドモードに対応。このため、低排出ガス認定レベルが「平成17年基準排出ガス50%低減レベル(☆☆☆)」に変更となった。
  • 2011年10月 - 生産終了。以後は在庫のみの対応となる。
  • 2013年10月中旬 - 販売終了。これと同時にホームページ上の掲載も終了。

脚注[編集]

  1. ^ ベストカー2008年12/26号 P30-31


関連項目[編集]