スバル・FA型エンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スバル・FA20(写真はBRZのもの)

FA型エンジンとは、富士重工業水平対向4気筒ガソリンエンジン系列

NAトヨタ・86/サイオン・FR-Sおよびスバル・BRZに、直噴ターボ(DIT=Direct Injection TURBO)は2012年にマイナーチェンジしたレガシィに採用された。

メカニズム[編集]

ロングストロークタイプのFB型エンジンをベースにスクエアストローク化し、バルブの駆動方式はカムシャフト配置の自由度を持たせる目的とフリクション低減の観点からローラーロッカーアーム式を採用している。カムシャフト駆動もチェーン式で、補機はベルト1本で駆動するサーペンタイン式を採用する点もFB型と同じである。但し、軽量化を主目的に開発したFB型とは対照的に高出力・高負荷にも耐えられる設計としている。

通常、高出力・高負荷にも耐えられるような設計とする場合、同寸のままだとピストンやシリンダーはやや重くなるのだが、FA型においてはFB型よりも吸気マニホールドを65mm、エンジン下部の排気ブランチを19mmほど高さを抑えることでその問題点を克服した結果、FB型よりも軽量に仕上がっている。

尚、NAと直噴ターボは型式こそ同じ「FA20」だが、同じなのはシリンダーボア(内径)・ピストンストローク(行程)の数値や縦置きであることとクランクシャフトが共通部品を採用している程度で、エンジンブロックピストンをはじめとした多くのパーツが別物であり、直噴ターボの方が高出力に耐えられる設計となっている。

また、前者がトヨタとの共同開発(富士重工の水平対向4気筒にトヨタのD-4Sを組み合わせている)なのに対し、後者は富士重工の完全自社開発である。

組み合わせられるトランスミッションも前者と後者で異なり、前者にはアイシン・エーアイ製の6速MTもしくはアイシン・エィ・ダブリュ製6速ATが、後者には自社製の無段変速機「リニアトロニック」[1]が組み合わされている。

型式[編集]

FA20[編集]

FA20 NAエンジン
トヨタ・86
  • 種類:水平対向4気筒DOHC 16バルブ D4-SデュアルAVCS
  • 排気量:1,998cc
  • ボア: 86.0mm
  • ストローク: 86.0mm
  • 圧縮比: 12.5
出力・トルク
搭載車種(車両型式)

※ 参照元:SUBARU:車種紹介 > BRZ > スペック > 諸元表”. 2012年2月4日閲覧。

FA20直噴ターボ (DIT)[編集]

FA20直噴ターボ (DIT) エンジン
スバル・レヴォーグ
  • 種類:水平対向4気筒DOHC 16バルブ デュアルAVCS ツインスクロールターボ
  • 排気量:1,998cc
  • ボア: 86.0mm
  • ストローク: 86.0mm
  • 圧縮比: 10.6
出力・トルク
  1. 221kW(300PS)/5,600rpm ・400N·m(40.8kgf·m)/2,000 - 4,800rpm
  2. 206kW(280PS)/5,700rpm ・350N·m(35.7kgf·m)/2,000 - 5,600rpm
搭載車種(車両型式)

生産拠点[編集]

  • 富士重工業群馬製作所大泉工場

受賞[編集]

  • 2012年、米国の自動車専門メディア「ワーズ オートワールド誌」が選ぶ「2013ワーズ 10ベストエンジン」にBRZが搭載するFA20型エンジン選出された。この選考にはBRZのコストパフォーマンスも考慮された[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 従来型をベースに、ミッションケース・トルクコンバータ・チェーン等を高出力・高トルクに対応させている。
  2. ^ スバル BRZ のエンジンが米10ベストエンジン賞を受賞、Response. 2012年12月14日

関連項目[編集]