新宿駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新宿駅
東口駅ビル「ルミネエスト新宿」
東口駅ビル「ルミネエスト新宿
しんじゅく - Shinjuku
所在地 東京都新宿区渋谷区
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
京王電鉄
小田急電鉄
東京地下鉄(東京メトロ)
東京都交通局都営地下鉄
乗換 西武新宿駅西武新宿線
新宿西口駅都営地下鉄大江戸線
南口遠景(2005年5月)

新宿駅(しんじゅくえき)は、東京都新宿区渋谷区にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・京王電鉄小田急電鉄東京地下鉄(東京メトロ)・東京都交通局都営地下鉄)のである。

目次

概要[編集]

東京の副都心新宿に位置するターミナル駅である。1885年明治18年)に日本鉄道により現在の山手線が開業したのが当駅の始まりである。4年後の1889年(明治22年)には南豊島郡淀橋町となる。開業時から新宿を副都心にする計画が発表されるまでは当駅周辺はまだ街の外れであり利用客は少ないものだったが、大正期に入り次第に市街地が拡大するにつれ、多くの私鉄が乗り入れるようになる。ターミナルとなって周辺が発展するにつれて利用客は増え続け、1931年には私鉄や国鉄などを合わせた利用者数で日本一になった[1]。そして、1966年昭和41年)の乗車人数では、国鉄池袋駅の41万67人を抜いて、当駅が41万69人と日本一になっている[2]。さらに1960年代から当駅西側一帯で進められた新宿副都心計画によって、70年代には多くの超高層ビルが建てられ利用者の増加に拍車がかかった。

現在ではJR・私鉄・地下鉄の多くの路線が周辺地域のベッドタウンとを結んでおり、多くのビジネス客が利用する。また、当駅周辺は日本最大の繁華街・歓楽街となっており、昼夜を問わず人の流れが絶えることはない。JRの駅を中心に東・西・南口、周辺の各地下鉄駅、商業施設などが通路や地下街などで広範囲に連絡している。

一日平均乗降者数は約326万人(2011年)[3]世界一ギネス世界記録認定)多い駅であり、地下道などで接続する西武新宿駅まで含めると約343万人(2011年)となり、この数字は横浜市の人口に匹敵する。

乗り入れ路線[編集]

各社の位置関係

JR東日本、京王電鉄、小田急電鉄、東京メトロ、東京都交通局の5社局が乗り入れるターミナル駅である。以下のうち、京王線と小田急小田原線は当駅を起点としている。

JR東日本
JR東日本の駅に乗り入れている路線は、線路名称上は山手線中央本線であり(詳細は路線記事および「鉄道路線の名称」を参照)、山手線を当駅の所属線としている。一方、当駅に乗り入れている運転系統は以下のように多岐にわたっている。また、特定都区市内制度における「東京都区内」および東京山手線内に属する。
京王電鉄
京王電鉄の路線は、線路名称上は京王線のみであるが、運転系統は当駅を起点とする「京王線」と、都営地下鉄新宿線と直通運転を行っている「京王新線」に分かれており、後者が発着する駅は「新線新宿駅」と呼ばれている。当駅には新宿駅・新線新宿駅共通で「KO 01」の駅番号が与えられている。
小田急電鉄
小田急の路線は、当駅を起点とする各駅停車は小田原線のみである。ただし、快速急行、急行線は江ノ島線に直通する列車も運行され、新百合ヶ丘駅から多摩線に直通する列車も運行されている。「OH 01」の駅番号が与えられている。
東京地下鉄(東京メトロ)・東京都交通局(都営地下鉄)
地下鉄は次の2社局3路線が乗り入れており、各路線ごとに駅番号が与えられている。

その他の鉄道路線[編集]

以下の駅とは地下通路などでつながっているが、各鉄道会社によっては公式な接続駅となっている駅もある。

歴史[編集]

新宿駅という駅名は、江戸時代に甲州道中(甲州街道)の日本橋高井戸の間に新しく作られた宿駅である「内藤新宿」が由来となっている。

新宿に鉄道の駅ができたのは、1885年明治18年)に日本鉄道により赤羽 - 品川間の路線(現在の山手線)が開設された時である。しかし、この時は新宿と言っても町外れに駅が設けられたためにほとんど利用がないこともあったと伝えられている。

次いで、1889年(明治22年)に甲武鉄道によって立川までの路線(現・中央本線)が開設され、同年8月には八王子まで延長された。また、この頃に電車線用のプラットホームとして、本来の新宿駅のプラットホームのほかに、構内の大久保寄りの青梅街道付近にもプラットホームが設けられていた。

その後も私鉄の乗り入れは相次ぎ、1915年大正4年)に京王電気軌道(現・京王電鉄)が南口の甲州街道上に、1923年(大正12年)には帝国電灯西武軌道線(後の都電杉並線)が東口に、1927年昭和2年)には小田原急行鉄道(現・小田急電鉄)が西口にそれぞれ新宿駅を開業させている。

京王線の新宿起点は、新宿駅ではなく新宿追分交差点であり、現在の新宿三丁目駅の位置付近(伊勢丹の交差点南側路上)にあった。後に隣接する路面外の土地に移設され京王新宿駅を名乗るが、1945年(昭和20年)に空襲で初台の変電所が被災し京王線の電圧が下降した影響で南口跨線橋の急勾配を電車が走行できなくなり、同年7月に東横線新宿駅予定地だった現在の西口に移転している(京王線の新宿駅付近の廃駅の項を参照のこと)。1952年(昭和27年)には西武鉄道の新宿線が西武新宿駅(歌舞伎町付近)まで延伸した。

京王と小田急のホームが地上にあった一時期に、のりばの番号が国鉄(現・JR)→小田急→京王の順で連番だったこともある。この当時は、各社の駅をつなぐ連絡跨線橋が設置され、乗客の乗り換えに供用されていた。また、軌間が同じ国鉄と小田急の間には連絡線が設置されていた。

戦後の復興と経済成長の中で、新宿駅を出てすぐに甲州街道上を走っていた京王線が路面区間解消のために地下化、小田急小田原線も限られたスペースでの発着番線確保のために駅が二層化され、地下鉄各線の開業、ターミナルビルの建設などが相次いで行われ、現在の姿となった。

年表[編集]

  • 1915年大正4年)5月1日 - 京王電気軌道(京王電鉄の前身)の駅が甲州街道上に開業。
  • 1923年(大正12年)12月1日 - 帝国電灯西武軌道線(後の都電杉並線)の駅が東口に開業。
  • 1927年昭和2年)4月1日 - 小田原急行鉄道(小田急電鉄の前身)の駅が開業。
  • 1942年(昭和17年)5月1日 - 戦時中の合併により小田急電鉄の駅が東京急行電鉄小田原線の駅となる。
  • 1944年(昭和19年)5月31日 - 戦時中の合併により京王電気軌道の駅が東京急行電鉄の駅となる。
  • 1945年(昭和20年)7月24日 - 現在の京王電鉄の駅が西口に移転。
  • 1948年(昭和23年)6月1日 - 東京急行電鉄の分割により東京急行電鉄の駅が京王帝都電鉄(現:京王電鉄)および小田急電鉄の駅になる。
  • 1952年(昭和27年)3月25日 - 西武新宿駅開業。
  • 1959年(昭和34年)3月15日 - 営団地下鉄丸ノ内線の駅が開業。
  • 1961年(昭和36年)2月8日 - 営団地下鉄荻窪線(現在の丸ノ内線新宿 - 荻窪間)が開業。
  • 1963年(昭和38年)
  • 4月1日 - 京王帝都電鉄の新宿駅が地下駅となる。道路との併用軌道から切り替え。
  • 12月1日 - 都電杉並線廃止。
  • 1982年(昭和57年)4月1日 - 小田急電鉄新宿駅第2次大改良工事完成。地上駅・地下駅とも10両編成運転に対応した(10両運転そのものは地上駅のホームを利用して1977年7月に開始していた[5])ほか、乗換えが便利になった。
  • 1984年(昭和59年)2月1日 - 国鉄駅での貨物取扱が廃止。
  • 1986年(昭和61年)3月3日 - 国鉄埼京線運行区間が延伸。第1ホーム(現1・2番線)を使用開始し既存ホームの番線がずれる。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、国鉄の駅は東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅(山手線所属)となる。
  • 1991年平成3年)3月19日 - 「成田エクスプレス」運転開始により第2ホーム(現3・4番線)を使用開始し、既存ホームの番線がずれる。新南口がオープン。
  • 1995年(平成7年)5月5日 - 当駅で青酸ガス事件が発生(新宿駅青酸ガス事件オウム真理教(→アーレフ)の元信者の犯行)。
  • 1997年(平成9年)12月19日 - 都営地下鉄大江戸線の駅が開業。
  • 2000年(平成12年) - 関東の駅百選に選定。
  • 2001年(平成13年)
  • 2003年(平成15年)2月1日 - 甲州街道跨線橋架け替え工事に伴い、中央線特急の発着ホームを現在使用の仮設ホームに移転[6]。それまで使っていた第3ホームの工事開始。
  • 2004年(平成16年)
  • 4月1日 - 営団地下鉄民営化により、丸ノ内線の駅は東京地下鉄(東京メトロ)の駅となる。
  • 9月25日 - 甲州街道跨線橋架け替え工事に伴い、中央線快速上りの発着ホームを工事中だった第3ホームに移転。それまで使っていた第4ホームの工事開始。
  • 3月18日 - 東武線直通特急「(スペーシア)日光・きぬがわ」運転開始。
  • 4月16日 - 甲州街道跨線橋架け替え工事に伴い、サザンテラス口がオープン。中央線快速下りの発着ホームを工事中だった第4ホームに移転。それまで使っていた第5ホームの工事開始。
  • 3月18日 - JR新宿駅で一部番線番号を変更(11 - 14番線→13 - 16番線)。
  • 4月15日 - 甲州街道跨線橋架け替え工事に伴い、中央線快速下りの発着ホームを工事中だった第5ホーム(11・12番線)に移転。それまで使っていた第4ホーム(9・10番線)の工事開始。
  • 11月25日 - 甲州街道跨線橋架け替え工事に伴い、中央線特急の発着ホームを仮設ホームから工事中の第4ホームに移転。
  • 2008年(平成20年)3月15日 - ダイヤ改正で、「成田エクスプレス」や東武線直通特急などの発着ホームを第2ホームから仮設ホームに移転。
  • 2010年(平成22年)11月28日 - 甲州街道跨線橋架け替え工事に伴い、新南口を移設。

駅構造[編集]

JR東日本[編集]

JR 新宿駅
埼京線・湘南新宿ラインホーム(2005年5月)
埼京線・湘南新宿ラインホーム(2005年5月)
しんじゅく - Shinjuku
所在地 東京都新宿区新宿三丁目38-1
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 シク
駅構造 地上駅
ホーム 8面16線
乗車人員
-統計年度-
751,018人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1885年明治18年)3月1日
乗入路線 5 路線
所属路線 山手線
キロ程 10.6km(品川起点)
代々木 (0.7km)
(1.3km) 新大久保
所属路線 埼京線
湘南新宿ライン
(いずれも正式には山手線)
渋谷 (3.4km)
(4.8km) 池袋
所属路線 中央線(快速)*
キロ程 10.3km(東京起点)
四ツ谷 (3.7km)
(4.4km) 中野
所属路線 中央・総武線(各駅停車)*
キロ程 中央本線に同じ
千葉から46.4km
代々木 (0.7km)
(1.4km) 大久保
備考 みどりの窓口
山区 東京山手線内東京都区内
* 正式な路線名称
- 新宿 - 代々木間は山手線
- 新宿以西および代々木以東は中央本線
1・2番線埼京線・湘南新宿ラインホーム(2005年5月)
5・6番線ホーム(2007年11月4日、当時の中央本線特急ホーム)
9・10番線ホーム(2008年4月10日、中央本線特急ホーム)

2008年平成20年)3月15日現在、8面16線の島式ホームと線路を使用している。ホームと線路は南北に伸び、東から1 - 16番線となっている。連絡通路は「北通路」「中央通路」と呼ばれる地下道、南口の跨線橋、新南口・サザンテラス口の跨線橋の4つである。

かつては、新南口は1 - 6番線のホームからのみ利用できたが、2006年(平成18年)4月16日に跨線橋が延伸されるとともに仮駅舎としてサザンテラス口が開設され、すべてのホームから直接アクセスできるようになった。

1 - 6番線は他のホームに比べると南に位置している。特に5・6番線のホームの一番北側は7・8番線の一番南側と南北でほぼ同じ位置にあり、ホームのほぼ全域が甲州街道国道20号)より南側の渋谷区に属する。さらにすぐ南隣の代々木駅との距離は5・6番線だと約200mほど(これは同ホームの長さより短い)で、発車メロディが聞こえる程である(同駅東側に中央線特急用の引き上げ線がある)。

現在、JR東日本の駅では改良工事が行われている。主な理由は以下の4つが挙げられる。

  1. 当駅を東西に跨いでいる甲州街道の跨線橋(新宿跨線橋)の老朽化が進んでいることや、慢性的な交通渋滞の解消を目的として、跨線橋の架替工事が行われている。その際に新設する橋脚・架設構台の設置スペースや、人工地盤の柱設置スペースを確保するため、配線変更をする必要がある。
  2. 配線変更をするにあたり、構内に分散していた保守基地や中線・渡り線を集約化して新5・6番線を設置するスペースの捻出や、構内に多数存在するダブル・スリップ・スイッチやシングル・スリップ・スイッチなど特殊分岐器の廃止を図る必要がある。そのうち、中央線快速に関連する特殊分岐器は2007年(平成19年)4月15日の工事で廃止された。また1 - 4番線の池袋寄り線路についても配線変更する計画があり、中央線特急ホーム移設までに実施される予定であったが、工事スケジュールの都合から後回しになっている[7]
  3. これまで1 - 6番線ホームと7 - 16番線ホームは乗り換えに時間が掛かっていたが、2006年(平成18年)4月15日の工事によって大きく改善された(詳細は下記または埼京線・湘南新宿ラインの項を参照のこと)。
  4. 5・6番線からの中央線下り特急の線路が7・8番線に発着する上り快速列車の線路と平面交差しており、これがダイヤ上のネックになっていたが、2007年(平成19年)11月25日より特急ホームが9・10番線に移転して上下快速線ホームに挟まれる形となり、問題が解消された。

改良工事完成後は、新南口とサザンテラス口を覆うようにタクシー高速バスの乗り場を併設した駅ビルと人工緑地が整備される(「鉄道のデザイン展」で完成予想模型を公開)。これら南口一帯の整備は、2015年(平成27年)度の完成を予定している。

当駅の所管は東京支社で、電報略号は『シク』である。

山手線と中央・総武線各駅停車の発車標は、埼京線の開業前から設置されており、外装は現在でも古いままである。

2007年(平成19年)5月より、各改札前などに東京近郊の系統路線における運行状況マップを掲載したプラズマディスプレイが設置された。

のりば[編集]

番線 路線 行先 備考
1 埼京線 渋谷大崎新木場方面 りんかい線直通
池袋大宮川越方面 当駅始発のみ
湘南新宿ライン 横浜大船小田原逗子方面 東海道線横須賀線直通
2 埼京線 渋谷・大崎・新木場方面 りんかい線直通
池袋・大宮・川越方面 当駅始発のみ
3 埼京線 池袋・大宮・川越方面  
4 埼京線 池袋・大宮・川越方面  
湘南新宿ライン 大宮・宇都宮高崎方面 宇都宮線高崎線直通
5・6 成田エクスプレス 成田空港方面  
東武線直通(特急) 東武日光鬼怒川温泉方面 (スペーシア)日光・きぬがわ
7・8 中央線(快速) 御茶ノ水東京方面  
9・10 中央本線(特急) 甲府松本方面 (スーパー)あずさ」「かいじ
11・12 中央線(快速) 中野立川高尾方面  
13 中央・総武線(各駅停車) 水道橋秋葉原千葉方面 早朝深夜は御茶ノ水駅乗換
14 山手線(内回り) 原宿・渋谷・品川方面  
15 山手線(外回り) 池袋・田端上野方面  
16 中央・総武線(各駅停車) 東中野・中野・三鷹方面  
備考[編集]

各線とも北向きの列車が下り、南向きの列車が上りである(一部異なるホームから発着するものもある)。路線では内回りや南行などの言い回しをするものもある(山手線や中央緩行線、湘南新宿ライン)が、線路名称としては上り・下りの方向が揃っている。

かつて、湘南新宿ライン南行の横須賀線方面は横須賀線の路線色(青)で表記されていた(赤羽・池袋・渋谷・恵比寿・大崎の各駅でも同様)。以前は当駅発着の列車のみ横須賀線の車両(215系・E217系)の運用があったが、それが2004年(平成16年)10月16日のダイヤ改正でなくなり、2008年(平成20年)3月15日現在は、南行(1番線)と北行(4番線)どちらもオレンジ色と青色を縦に並べた表記になっている。なお、現在でもダイヤ乱れ時に発生する当駅始発の湘南新宿ラインは2・3番線から発車することが多い。

5・6番線には北側にエスカレーターが設置されている。また、7・8番線にも南口跨線橋の下にエスカレーターやエレベーターが設置されているので、5・6番線への連絡がスムーズになっている。

7・8番線(中央線快速上り)は、東京行は基本的にはほぼ終日8番線を使用しており、平日朝ラッシュ時(7 - 9時台)は東京行が7番線と8番線で交互発着し、当駅での大量の乗降客による各列車の長時間停車に対応している。なお、当ホームを発着する東京行の列車に対しては、当駅以降は特急・ライナーを除く全列車が四ツ谷・御茶ノ水・神田・東京の順に停車するので、到着列車はすべて「快速 東京」行と音声、電光表示案内している。7番線は、東京・千葉行の「あずさ」「かいじ」、終着の「スーパーあずさ」「あずさ」号および東京行の橙色の列車が使用している。当駅止まりの「スーパーあずさ」「あずさ」「かいじ」で7番線に到着する列車は東京駅まで回送され、東京始発の「かいじ」「中央ライナー」「青梅ライナー」として運転される。

9・10番線の特急ホームにある駅名標には、上り方面は矢印にはなっているが、隣の駅名が表記されていない(但し、東京方面からの中距離列車がない訳ではない。)。下りの隣の駅としては、特急「かいじ」の次の停車駅である三鷹が表記されている。

7番線側と11番線(旧9番線)側の方面案内サインは以前背景が青色(中電色)で「中央本線(普通) 大月・甲府方面」と表記(後に無表記)だったが、湘南新宿ライン登場に伴う更新で快速と同じオレンジ色のものに変更された。現在も7番線の方面案内は無表記だが、11番線の方面案内には12番線と同様の表記になっている。以前は、9・10番線の特急ホームと同様に下りの隣の駅が三鷹と表記されている。三鷹は、特急および(現在は臨時のみ運転の)中距離列車(中電)の駅としては下り側の隣の駅である。ちなみに上り側は快速と同様に四ツ谷と表記されていた。現在は上下とも快速と同様に下り側は中野、上りは四ツ谷と表記されている。但し、現在でも階段付近の帯には、中距離カラーのブルーと快速カラーのオレンジを併用したものがある。

現在でも、新宿駅に発着する中距離列車(特急ホーム発着除く)は原則として上りは7番線、下りは7・11番線発着であり、8・12番線は使用しない(但し、高尾以西を中距離列車として運行する快速を除く。)。

11・12番線(中央線快速下り)ホームは、下り電車は基本的には12番線を使用している。平日朝8 - 9時台後半と夕方18 - 19時は11番線と交互発着している。他のホームに比べて幅が狭い。そのため、ダイヤが乱れた際や金曜日など休日前の夜の帰宅ラッシュ時間帯は列車を待つ旅客でホーム上が混雑し、12番線に到着した列車からも大量の旅客が降車するため、大変危険な状況に陥ることがある。また、平日深夜の当駅始発の中央特快(23:29発・0:11発)は11番線から発車し、中野駅は通過となる(同じ当駅始発であるホリデー快速「おくたま」「あきがわ」は同駅に停車する)。

13・14番線と15・16番線はそれぞれ方向別配線で、同一方向の列車の乗り換えが便利になっているが、接続がとられていない場合もある。

その他[編集]

方面案内にない列車はそれぞれ以下のホームより発着する。

番線 路線 方向 備考
2 湘南新宿ライン横須賀線直通 横浜・大船・逗子方面 一部列車
5・6 特急「あかぎ」「スワローあかぎ」 高崎・前橋方面  
快速「ムーンライトえちご 新潟方面  
快速「フェアーウェイ 黒磯方面  
ホームライナー小田原 小田原方面  
特急「(スーパービュー)踊り子 熱海伊東伊豆急下田方面  
7 特急「新宿わかしお
特急「新宿さざなみ
千葉・安房鴨川館山方面  
ホームライナー千葉 千葉方面  
青梅ライナー 東京方面  
特急「あずさ」「かいじ 東京・千葉方面  
9・10 中央ライナー・青梅ライナー 高尾・青梅方面  
特急「スーパーあずさ」 東京方面 特急「スーパーあずさ6号」東京行き
13 中央線(各駅停車) 御茶ノ水・東京方面 東京駅へ直通の各駅停車
16 中央線(各駅停車) 立川・高尾方面 三鷹駅以西へ直通の各駅停車

2008年(平成20年)3月15日のダイヤ改正で、1番線発の埼京線下り列車の設定がなくなった。直後の線路切り替え工事において、1番線から池袋方面へ折り返すために必要な出発信号機やポイントも撤去された。しかし、2009年(平成21年)11月7日の工事により1・2番線がシーサスクロッシングに戻り、出発信号機も再設置されたため、再び1番線から大宮方面へ折り返せるようになった。そして、2010年(平成22年)3月13日のダイヤ改正により、1番線発の埼京線下り列車の設定が復活した。

配線[編集]


ホーム使用状況の変遷[編集]

国鉄(現・JR東日本)の駅は1960年代中に1 - 10番線まで供用されるようになった。以下に以降の各ホームの使用状況変遷を挙げる。

  第1ホーム
(現1・2番線)
第2ホーム
(現3・4番線)
仮設ホーム
(現5・6番線)
第3ホーム
(現7・8番線)
第4ホーム
(現9・10番線)
第5ホーム
(現11・12番線)
第6ホーム
(現13・14番線)
第7ホーム
(現15・16番線)
- 1986年昭和61年)
3月2日
未設置 未設置 未設置 1・2番線
中央線特急
3・4番線
中央線快速(上)
5・6番線
中央線快速(下)
7・8番線
中央・総武線各停(東)
山手線(内)
9・10番線
山手線(外)
中央・総武線各停(西)
1986年(昭和61年)
3月3日 -
1・2番線
埼京線
3・4番線
中央線特急
5・6番線
中央線快速(上)
7・8番線
中央線快速(下)
9・10番線
中央・総武線各停(東)
山手線(内)
11・12番線
山手線(外)
中央・総武線各停(西)
1991年平成3年)
3月19日 -
3・4番線
成田エクスプレス
5・6番線
中央線特急
7・8番線
中央線快速(上)
9・10番線
中央線快速(下)
11・12番線
中央・総武線各停(東)
山手線(内)
13・14番線
山手線(外)
中央・総武線各停(西)
1995年(平成7年)
12月1日 -
3・4番線
埼京線
宇都宮線・高崎線
成田エクスプレス
2001年(平成13年)
12月1日 -
1・2番線
埼京線
湘南新宿ライン
3・4番線
埼京線
湘南新宿ライン
成田エクスプレス
2003年(平成15年)
2月1日 -
5・6番線
中央線特急
■工事
2004年(平成16年)
9月25日 -
7・8番線
中央線快速(上)
■工事
2006年(平成18年)
3月18日 -
3・4番線
埼京線
湘南新宿ライン
東武線直通特急
成田エクスプレス
2006年(平成18年)
4月16日 -
9・10番線
中央線快速(下)
■工事
2007年(平成19年)
3月18日 -
13・14番線
中央・総武線各停(東)
山手線(内)
15・16番線
山手線(外)
中央・総武線各停(西)
2007年(平成19年)
4月15日 -
■工事 11・12番線
中央線快速(下)
2007年(平成19年)
11月25日 -
5・6番線
一部の列車
9・10番線
中央線特急
2008年(平成20年)
3月15日 -
3・4番線
埼京線
湘南新宿ライン
5・6番線
東武線直通特急
成田エクスプレス

1986年昭和61年)に埼京線を当駅に延伸するため、現在の1・2番線の場所に1面2線のホームを設置したが、当時の国鉄では「番線は駅長室に近い方(当駅は東側)から番号を振る」という方針だったため、上記5つのホームすべての番線をずらすことになった。約20年ぶりの番線変更でもあり、のりばを番線で覚えていた利用者は混乱した。

さらに、1991年平成3年)の成田エクスプレスの運転開始で当駅が始発駅となったために、第2ホーム(現3・4番線)が新設された。その後の中央線特急ホームの改良工事により、2003年(平成15年)にその機能は代々木寄りに新設された仮設ホーム(現5・6番線)へと移行され、改良工事中だった第3ホームは2004年(平成16年)に中央線快速上り用(現7・8番線)となり、同時にそれまで中央線快速上り用だった第4ホームの工事を行った。このホームは2006年(平成18年)4月16日から中央線快速下り用(新9・10番線)となり、元の中央快速下り用であった第5ホーム(旧9・10番線)の工事を行い、2007年(平成19年)4月15日の工事で再び中央線快速下りは同ホームを新11・12番線として使用するようになった。第4ホームは再び工事された後、同年11月25日に中央線特急ホームとして使用されるようになった。また、5・6番線は従来は中央線特急ホームとして使われてきたが、同日より9・10番線に移転したため、5・6番線ホームは「ホームライナー小田原」やごく一部の「あずさ」の終着、高崎線・宇都宮線方面の特急やライナーなどに使われていた。2008年(平成20年)3月15日のダイヤ改正以降は、「成田エクスプレス」の全列車と、東海道・高崎・宇都宮線方面のライナー・特急の多くの列車が発着するようになっている。なお、駅名標の両隣の駅は池袋と渋谷であり、湘南新宿ラインにおける隣の駅に準拠している。なお、帯中央の色は青色とオレンジ色で、成田エクスプレスと東武線直通特急の案内色と重なる。

湘南新宿ラインが登場した当初は、1・2番線が15両編成に対応していなかったのに対し、3・4番線は湘南新宿ラインの開業前から成田エクスプレスや東海道線・宇都宮線・高崎線に直通する特急列車および宇都宮線・高崎線に直通する普通列車の発着に使われており、15両編成に対応していた。そのため、1・2番線は埼京線の専用ホームとして使用され、湘南新宿ラインは進行方向にかかわらず3・4番線から発車していた。しかし、3・4番線は前述の各種列車や恵比寿方面からの埼京線にも使われていたため、増発が困難となっていた。さらに南行の列車でも4番線から発車するものもあったため、同じホームから北行の列車と南行の列車が発着するため利用客が混乱した。このため、1・2番線も15両編成対応とし湘南新宿ラインも発着できるようにした。2008年(平成20年)3月15日現在は、南行の湘南新宿ラインと南行の埼京線が1番線、新宿折り返しの埼京線が2・3番線、北行の湘南新宿ラインと北行の埼京線が4番線を使用している。但し、1 - 4番線は運転系統が複雑なため、より多くの情報を表示できるような横幅の広い発車標が設置されている(1・2番線は新設当初反転フラップ式案内表示機を設置し、後に中型のLED式発車標を新設、その後反転フラップ式の発車標も中型のLED式のものに置き換えた)。

コンコース[編集]

北通路(青梅地下通路)[編集]

7 - 16番線の北端を東西に連絡する地下通路である。東端は東口でルミネエスト新宿の地下1番街に出る。西端は西口で小田急百貨店新宿店の階下であり、西口地下広場に出てバスターミナルに連絡している。共に地下改札であるが、地上にもみどりの窓口がある。東口手前から後述の中央通路に通じる地下通路があり、「アルプス広場」と呼んでいる。そのアルプス広場には7・8番線用の上下のエスカレーターやトイレのほか、BECK'S COFFEE SHOPがある。

15・16番線から北通路へのエスカレーターは下り方向のみであり、大久保・新大久保方に設置されている。

SuiPoSuica連動型広告、後述)が東口付近に設置されている。

2016年(平成28年)度の予定として、東口・西口の両改札口を撤去し、東西を行き来できる自由通路に転換するとともに、通路の途中に新改札を設置する計画が発表された[8]

メトロプロムナード新宿西口駅も参照

中央通路[編集]

1 - 6番線の北側と7 - 16番線の中央を東西に(やや東が北寄りになる)連絡する地下通路である。東端は中央東口でルミネエスト新宿の地下1番街の南端に出る。改札内で東口とつながっており、自動券売機も北通路と共通である。なお、5・6番線ホームはここから大きく離れているため、地下通路が設置されている。

中央東口改札口は京王線と小田急線の改札口(出札・集札)を兼ねており、京王と小田急にとって唯一の駅東側の改札口で、JR東日本に改札業務を委託している。中央東口改札口に隣接して、JR東日本線の他に京王線と小田急線の運賃表と自動券売機がある。JR改札内(中央通路)を経由して連絡改札口を通ることで、京王や小田急の改札内へ入れる。なお、中央通路からSuica・PASMOで京王線や小田急線を利用する場合は中央東口改札口から入場しなければならない(その逆も同様)。Suica・PASMOのチャージは京王線・小田急線用の券売機ではできないが、JR線用の券売機でできる。なお、京王線・小田急線用の券売機はSuica・PASMOには対応していない。また、京王線用の券売機は通常の私鉄共通の地紋の券を発行するが、小田急線用の券売機はJR東日本の地紋の券を発行する。ここで購入した券は中央東口でしか使えない旨の告知があるが、それは他のJRの改札口で使えないことを意味しており、実際はここで購入した券を各社の改札口で用いたり、各社の改札口の券売機(都営大江戸線改札Cで発売する都営地紋の京王線乗車券を含む)を中央東口で用いることができる。ちなみに、京王線及び小田急線の入場券で入場することもできるが、他のJRの改札口や各社への連絡改札は通ることができず、中央東口からしか出場できない。また、京王線については京王線新宿に準じているため、前述の通り都営地紋の京王線乗車券での入場は可能(逆にJR中央西口で京王線に乗り継ぎ精算したJR地紋の京王線乗車券でJR中央西口を出場し都営大江戸線改札Cから入場することも可能)なものの、自動改札機においては都営線乗車券では入出場共に不可。出場については京王線及び小田急線の精算券の取り扱いは可能なので都営線の切符を京王の精算機で精算したものは中央東口から出ることができる(京王線のものについては後述)。ちなみに、Suica・PASMOでの入出場であればJR中央東口から京王線ホームを経由しての都営線の利用も可能である。

西端の中央西口改札口は5つある。地下道から見て左端および右から2番目が小田急線連絡口、右端が出口専用改札(中央通路から西口へ出るためにある。改札内で中央通路から西口に行くにはホームかアルプス広場を経由する必要がある。)である。出口専用改札を出ると小田急百貨店新宿店の地下から西口地下広場に出る。2つの小田急線連絡口の間には京王線連絡口へと通じる通路が続いている。その通路を歩くと右が京王線連絡口、左が出入口兼用のJR中央西口(通称京王口)改札口であり、出ると京王百貨店の地下入口から小田急エース南コーナー、京王モール、新宿西口高速バスターミナル方面に連絡する。京王口は京王に改札業務を委託しており、京王線と同じ係員が京王線と同じ機器で対応する。

トイレはJR中央東口の外に向かって右側と前述の北通路に通じるアルプス広場にある。車椅子オストメイトなどの利用に対応した多機能トイレも設置されているが、普段は施錠されており、利用時はドア横のインターホンから駅員に連絡する。

エスカレーターは7 - 14番線の各ホームと中央通路を結び、エレベーターは7・8番線と中央通路を結んでいる。なお、9・10番線のホームには、7・8番線ホームと同じ位置にエレベーターを設置するスペースが確保されている。

中央東口に近いコンコースにある発車標は、通常よりも小さいものが設置されている。

南口跨線橋[編集]
南口(2007年8月7日)

1・2番線の中央、3・4番線の北側、7 - 16番線の南側を東西に連絡する跨線橋である。階上には新宿ルミネ2がある。南に出ると南口改札で甲州街道の跨線橋に直結する。西端には小田急線連絡口がある。また3・4番線と7・8番線の間に新宿ルミネ2直結のルミネ口改札が、東端に東南口がある。東南口改札の営業時間は6 - 24時である。跨線橋には構内にドトールがある。改札を出て右に向かうと小田急線改札、小田急百貨店新宿店、ミロード新宿店がある。

トイレはルミネ口の近くにある。車いすやオストメイトなどの利用に対応した多機能トイレも設置されているが、普段は施錠されており、利用時はドア横のインターホンから駅員に連絡する。

すべてのホームからエスカレーターやエレベーター(5・6番線を除く。7・8番線へはさらに5・6番線への地下通路とも直結。)が直結している。但し、13 - 16番線へのエスカレーターはホームから上り方向までのみだが、エレベーターが設置されているので、車いすなどの移動に支障はない。

13 - 16番線は、2006年(平成18年)4月16日から新南口跨線橋の延伸に伴い新南口とサザンテラス口とのアクセスが可能になりホームが南側に延伸されたため、従来ホーム南端にあった階段の幅が狭くなっている(端のため、通路の幅ほぼ全てを利用して階段にしていたため、通路確保のために階段を削った)。

新南口・サザンテラス口跨線橋[編集]
旧・サザンテラス口(2007年8月7日)
旧・サザンテラス口(2008年1月27日)
旧・新南口(2007年8月7日、2010年11月27日営業終了)

1 - 6番線の中央と7 - 16番線の南端を連絡する、東西に伸びる2本と南北に伸びる1本を組み合わせた変形的(暫定形)な跨線橋で甲州街道南側の渋谷区にある。

北側の東西通路の西端にトイレがあり(こちらの向かいに旧・サザンテラス口改札があった)、東端にサザンテラス口改札がある(7・8番線へのエスカレータの位置)。サザンテラス口から南へ折れ曲がっており(以前は更に東にも通路が延びており、閉鎖された旧・新南口改札に至っていた)、南北通路の途中に直角に東方向への通路が交差し、こちらは1 - 6番線への通路となっている。南北通路の南端に新南口改札がある。

北側の東西通路には、7 - 16番線への階段・エスカレータが設置されており、7 - 16番線からは列車の停車位置(列車の最端)から南側にホームを延伸した先にエスカレーター(階段は無い)があり、跨線橋の北端と辛うじて接続している状態のため、ホーム上をやや歩かなければならない(なお、列車の停車しない延伸箇所には柵が設置されている)。

南側の東西通路は、以前は南北通路を貫通しており、西側の突き当たりにトイレがあった。

工事のため随時位置は変更されており、利用の際は注意が必要である。

サザンテラス口は甲州街道を挟んで南口の斜め向かいに位置しており、新宿サザンテラスへは直結していない(旧・サザンテラス口は直結していた)。新南口はタカシマヤタイムズスクエアが近い。また、改札外の通路で旧・サザンテラス口改札跡地前を経て、新宿サザンテラスと新南口が繋がっている。

1991年(平成3年)3月19日に開設されたこの跨線橋は、当時1 - 4番線のみ利用可能で、東端に移設前の旧・新南口が設置されていた。トイレは同改札外に設置された。

2003年(平成15年)2月1日より、現在の位置に5・6番線が設置されたことに伴い、西側の突き当たりからL字型に延伸と5・6番線への階段・エスカレータ(移設前)の新設が実施された。

2006年(平成18年)4月16日より、2003年(平成15年)の延伸部から西側への更なる延伸(このため、クランク状になっている)と「サザンテラス口」新設が実施され、同日より7 - 14番線(現 7 - 16番線)との直接アクセスが可能になった。

さらに2010年(平成22年)11月28日、中央部から従来の通路とT字型に繋がる形で跨線橋の延伸と新南口及び5・6番ホームへの階段・エスカレータの移設・トイレの設置が実施され東端の旧・新南口は閉鎖された。旧・新南口は、JR高速バスターミナルへのアクセスが他の改札口よりも最短だった[1](移設後の一時期は南口跨線橋東南口改札からが最短だったが、その後、2011年5月11日に高速バスの乗り場が代々木駅の近くに移転したため、新宿駅から行く場合は再び新南口の方が近くなっている[9])。

また2011年(平成23年)2月27日、3・4番線の階段が移設され、5・6番線の特急ホーム階段と並ぶ形となった。

更に2012年(平成24年)、1・2番線の階段も移転。これに伴い1991年・2003年に設置された旧新南口跨線橋はその役目を終えた。

2013年(平成23年)、サザンテラス口が7・8番線ホーム階段と9・10番線ホーム階段の間の新南口と一直線に結ばれる位置に移転(新宿サザンテラス直結から甲州街道陸橋に面するようになった。南口の斜め前になる)。またトイレは、旧サザンテラス口改札跡地正面の13-16番線階段隣接地に移転している。

発車メロディ[編集]

JR東日本では、音響機器・楽器メーカーとして知られるヤマハに新しい発車メロディ放送システムの開発を依頼し、1989年(平成元年)3月11日に当駅と渋谷駅にJR東日本で初となる発車メロディを試験的に導入した。この目的は、従来より不評であった電子ベルによるイライラ感を解消するためであった。ヤマハが制作した曲には、ピアノハープマリンバなどの音色の後ろに、川のせせらぎ、鳥のさえずりといった人の心を落ち着かせる音が入っている、長さ数秒程度のシンプルで素朴なものだった。

この取り組みは乗客に好評だったため、他の駅にも発車メロディが導入される運びとなったが、以後水戸駅を除きヤマハが制作した発車メロディが他駅に導入されることはなかった。

長年、当駅のオリジナル曲として使用されていたが、放送機器の老朽化により、1997年(平成9年)11月29日の3・4番線を皮切りに順次櫻井音楽工房制作の曲への変更が行われ、2001年(平成13年)12月16日の1・2番線の変更を以て全ホームの発車メロディの変更が終了した。

現在のメロディ

櫻井音楽工房(テイチク)製のものが用いられている。

1 mellow time
2 farewell
3 遠い青空
4 夏色の時間
5 美しき丘
6 see you again
7 海岸通り
8 すすきの高原
9 美しき丘
10 see you again
11 小川のせせらぎ
12 木々の目覚め
13 メロディー
14 新たな季節
15 twilight
16 airy

京王電鉄(京王線)[編集]

京王 新宿駅(京王線)
京王百貨店口
京王百貨店口
しんじゅく - Shinjuku
(3.6km) 笹塚 KO04►
所在地 東京都新宿区西新宿一丁目1-4
駅番号 KO 01
所属事業者 京王電鉄
所属路線 京王線
キロ程 0.0km(新宿起点)
駅構造 地下駅
ホーム 3面3線
乗降人員
-統計年度-
730,849人/日
-2013年-
開業年月日 1915年大正4年)5月1日
備考 京王新線は後述
乗降人員は京王新線との合算

京王 新宿駅
配線図
3 2 1


ENDEa+BSalr ENDEa+BSalr ENDEa+BSar
STR+BSlr STR+BSlr STR+BSr
STR+BSlr STR+BSlr STR+BSr
STR+BSlr STR+BSlr STR+BSr
STR+BSlr STR+BSlr STR+BSr
STR ABZrg STRrf
STRl ABZq+lr STRrf STR
STRr ABZqlr STRq STRrf

笹塚駅

京王線ホーム
発車案内
京王線⇔乗り換え改札
京王線改札口

新線新宿駅と区別するため、旅客案内では京王線新宿駅と表記されることが多い。

小田急電鉄の西隣、京王百貨店新宿店の地下2階相当および新宿ルミネ1の地下3階相当に3面3線の頭端式ホームがある。南北に線路が延びており、駅先端部で西へ折れている。東側から1 - 3番線で、1番線を除き両側にホームがある。3面のホームのうち中央のホームは降車専用である。3番線乗車ホームの北寄りに車椅子などでの利用に対応したトイレがある。

管区長所在駅であり、新宿管区として当駅と新線新宿駅を管理している。

当駅から発車するすべての列車が初台駅幡ヶ谷駅を通過する[10]。この2駅へは、のりばが異なる場所にある京王新線(後述)を利用する。また、当駅の最終列車は0時30分発の各停若葉台行であるが、それ以降に新線新宿駅からつつじヶ丘行と桜上水行の最終列車がある。そのため、終電間際の時間帯には、駅員が「終電は新線です!」と叫ぶ姿もよく見られる。京王の初電2本(高尾山口行)も新線新宿駅から発車する。

1963年(昭和38年)の完成当初は18m車6両編成対応の頭端式ホーム5面4線の構造であったが、西口地下広場下にある西口駐車場などの存在で頭端方向へのホーム延伸が出来なかった為、その後行われたホーム延伸工事の際に一部のホームと線路の閉鎖、移設などが行われている。1968年(昭和43年)の18メートル車7両対応工事の時にホームを京王八王子方面に延伸し、1975年(昭和50年)の20m級車両の8両編成対応工事の際に4番線乗車ホーム・降車ホーム(いずれも当時。現在新線新宿駅にある4番線とは異なる)及び線路の閉鎖を行い4面3線の構造となった後、1982年(昭和57年)の10両編成対応に伴い1番線降車ホーム(当時)の撤去及び線路の移設、及び京王八王子方の両渡り線の移設が行われ現在の3面3線の構造となっている。現在でもホーム下の一部やホームの支柱配置にその名残が見られる。

かつて発売していたパスネットの西口での乗降時の乗車駅表示は「京王新宿(最低金額、2007年(平成19年)現行120円のため12)」、降車駅表示は「KO宿」となっていた。

2011年(平成23年)2月8日、京王電鉄は当駅にホームドアを設置すると発表した。2011年(平成23年)度上期から工事を開始し、2012年(平成24年)度に3番線で、2013年(平成25年)度に1番線と2番線で、それぞれ使用開始した[11]

のりば[編集]

番線 種別 行先
1 各駅停車 明大前調布京王多摩センター橋本京王八王子高尾山口方面
2 特急(相模原線直通)急行・区間急行・快速・各駅停車
  降車ホーム
3 特急・準特急(土休日のみ)・急行・区間急行
  • 日中は1番線から各停京王八王子行または各停高尾山口行、2番線から特急橋本行または快速橋本行、3番線から特急京王八王子行または特急(または準特急)高尾山口行が発車する。特急(または準特急)高尾山口行は明大前駅で京王新線からの区間急行橋本行に乗り換えができる。
  • 複線区間でありながら、2線同時に進路が開通している状態が頻繁に見られる。これは第2出発信号機が当駅から離れた両渡り線の手前にあり、そこまでは進行できるという意味である。しばしばダイヤ乱れ時などに行われるが、1番線または2番線からと3番線からとの同時発車が可能である。また反対に、1番線または2番線へ列車が完全に到着し切る前に3番線から特急や準特急を発車させることができるなど、配線変更によってメリットも生まれている。

コンコース[編集]

京王線の改札口はすべて地下にある。当駅は大手私鉄のターミナル駅にはよくある頭端式ホームであるが、その多くが頭端部の車止め正面にホーム全幅にわたり改札口が並んでいるのと異なり、正面は壁で塞がれている。頭端部から階段を上ると西口地下広場への出口専用の広場口改札である。また別の階段から朝ラッシュ時専用の出口専用臨時口改札がある(階段の手前のシャッターの開閉により7:10 - 9:00のみ利用可能で、C&C新宿本店の前に行く出口である。)。この頭端部から降車専用を含む1 - 3番線各ホーム相互で段差のない移動が可能である。

中央の階段を上がると南北に分かれ、北が京王西口(桃色)、南が京王百貨店口(紺色)であり、両者を区別するために京王のコーポレートカラーの2色で塗り分けられている。この2色は、京王線内の行先イメージカラーとなっており、車止め側に近い西口のイメージカラーの桃色は上り、笹塚駅側の京王百貨店口のイメージカラーである紺色を下りとしている。京王百貨店口はJR中央西口改札口に隣接し、東隣にJR連絡口と中央東口への中間改札口(自動改札機の色が黄色)がある。そこから小田急の地下コンコースを潜るJR連絡通路を通るとJRの中央通路に出る。

南寄りの階段を上がるとルミネ口改札口で、新宿ルミネ1の地下2階に出る。JRのルミネ口(新宿ルミネ2)とは別の建物で、1階以外ではつながっていない。営業時間は7時から22時(以前は20時)まで。階段を上がると建物から出ずにJRと小田急の南口に行ける。なお、ルミネ口とホームを結ぶ階段とエスカレーターは乗車ホームのみにあるが、それぞれ1台ずつしかなく、17時までは上り、17時以降は下りとなる。なお、ルミネ口の発車標はリニューアル工事の時に使われていた液晶型のものが引き続き使われていたが、2012年にLED式の発車標が改札前にない駅と同様の液晶パネル式のものに更新されている。

3番線南端より連絡通路を通ると新線新宿駅に抜ける。この連絡通路には階段があり、下って上る形になっている。

トイレは3番線の乗車ホーム北寄りにあり、「だれでもトイレ」を併設している。男性用と女性用・だれでもトイレの入口は離れた位置に設置されている。

エレベーターは京王西口・京王百貨店口階と3番線の乗車ホームを結ぶ。他のホームからは頭端部を経由して3番線の乗車ホームへ移動して利用する。また、京王百貨店口に近い地下通路と地上を結ぶエレベーターも設置されている。

エスカレーターは各乗車ホームと北側が京王西口・京王百貨店口階、南側がルミネ口を結ぶ。北側は各ホーム片方向1本ずつで2ホーム両方向合計4本(但し、朝ラッシュ時には改札階→3番線乗車ホームを運転せず、3番線乗車ホーム→改札階方向で2本運転する。)、南側は各ホーム1本ずつで時間帯により向きが変わる片方向運転となる。

以前は、ドアの数や両数により乗車位置を黄色の8番や緑の7番などと案内していたが、当駅発着のほとんどの列車が4つドアとなった頃の駅リニューアルで先発などのものに置き換えられた。現在、降車専用ホームには4つドアのドア位置を除き柵が設置されている。

改札階の発車標は、1 - 3番線の列車が先発から5番目までの発車時刻・種別・行先・のりば・備考が表示されている。京王のほとんどの駅で見られるものを使用しているが、種別表示が他の駅と違ってフルカラー標記となっている。以前は1・2番線用と3番線用で別の案内となっており、それぞれの先発から3台の種別・行先などが表示され、その下にそれぞれの先発列車の停車駅が表示されていた。橋本行きの特急(初代)があった頃のその運転時間帯には、停車駅の下に「特急橋本ゆきは2番線から発車します」という案内が表示されていた。

降車専用ホームにあった列車接近装置には、ほかの駅ではあまり見られない「電車にご注意ください」という表示があった。

かつては西側にも中地階通路があったが、駅リニューアル時に閉鎖されている。

京王電鉄(京王新線)・東京都交通局(都営地下鉄新宿線)[編集]

京王新線・都営新宿線
(新線)新宿駅
京王新線口
京王新線口
しんじゅく - Shinjuku
所在地 東京都新宿区西新宿一丁目18
所属事業者 京王電鉄(京王)
PrefSymbol-Tokyo.svg 東京都交通局都営地下鉄
電報略号 宿(東京都交通局、駅名略称)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
266,689人/日
-2013年-
開業年月日 1978年昭和53年)10月31日
乗入路線 2 路線
所属路線 京王新線*
駅番号 KO 01
キロ程 0.0km(新宿起点)
(1.7km) 初台 KO02►
所属路線 S 都営地下鉄新宿線*
駅番号 S 01
キロ程 0.0km(新宿起点)
(0.8km) 新宿三丁目 S 02►
備考 共同使用駅(京王の管轄駅)
* 両線で相互直通運転実施。京王線も参照のこと。また乗降人員は都営新宿線の数値を表示している。

当駅は、京王電鉄と東京都交通局の共同使用駅で、駅管轄は京王電鉄が行っている。このため、コンコースの方面案内板や駅名標、掲示物は同社のフォーマットになっている(但し、改札内に東京都交通局系の売店「メルシー」が、改札外に東京都交通局の定期券うりばがある。)が、駅の内装は全体的に他の都営新宿線の駅に類似している。都営地下鉄大江戸線の駅とは違い、都営地下鉄の企画乗車券を購入することはできない。

JRの駅南口の西側、甲州街道の地下5階に位置する。東西に伸びる1面2線の島式ホームを持ち、京王線の駅とは改札内でつながっているが、この2路線と京王線はそれぞれ離れているため、新線新宿駅と案内されている。また、都営線からの切符は中央東口では出場できず、さらに都営線の精算機で精算した切符では出場できない(後述)。なお、都営の駅と東京メトロの駅とは接続していない。

先述の通り、京王の終電2本(桜上水行)と初電からの数本(高尾山口行)はここから発車する。

のりば[編集]

番線 路線 行先 備考
4 京王新線 初台幡ヶ谷明大前調布橋本方面 一部列車は5番線
5 S 都営新宿線 市ヶ谷九段下神保町大島本八幡方面  

備考[編集]

  • 早朝と深夜の京王新線の新線新宿始発(折り返し列車)は5番線から発車する。
  • 初台寄りに引き上げ線があり、主に都営新宿線の当駅折り返し列車が入線する。

コンコース[編集]

東寄りの階段またはエスカレーターを乗り継ぐと地下1階で、ここに京王新線口改札口があり、京王モールの南の地下広場に出る。改札手前の北寄りに京王線の3番線乗車ホームに抜ける通路とトイレがある。また地下4階から大江戸線ホームに抜ける連絡通路がある。そしてホームから西寄りの階段を上がると地下1階に新都心口改札口がある。

トイレは京王新線口北寄りの京王線3番線乗車ホームへの通路の脇にあるが、車椅子などでの利用には対応していない。改札外の京王新線口と新都心口をつなぐ連絡通路(フレンテ新宿)には車椅子などでの利用に対応したトイレが設置され、併設された多機能トイレに温水洗浄便座が設置されている。

エレベーターは改札内と改札外を直結するものとホーム・大江戸線連絡通路(後述)・京王新線口を改札内で結ぶものの2基がある。このうち前者は業務用であるため係員の付き添いがないと利用できない。エスカレーターは新都心口途中地下4階→ホーム(地下5階)がない他は改札とホームの間のみを移動する。

定期券うりばは2006年(平成18年)6月まで京王と都営で共用していたが、翌7月から別々になった。なお、京王側は2009年(平成21年)末に廃止されている。

東京都交通局(都営地下鉄大江戸線)[編集]

東京都交通局 新宿駅(大江戸線)
ホーム(2010年4月30日)
ホーム(2010年4月30日)
しんじゅく - Shinjuku
(京王百貨店前)
E 26 代々木 (0.6km)
(0.8km) 都庁前 E 28
所在地 東京都渋谷区代々木二丁目1-1
駅番号 E 27
所属事業者 PrefSymbol-Tokyo.svg 東京都交通局都営地下鉄
所属路線 E 大江戸線
キロ程 27.8*km(都庁前起点)
電報略号 宿(駅名略称)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
133,075人/日
-2013年-
開業年月日 1997年平成9年)12月19日
備考 * 環状部経由の距離

京王新線と都営新宿線の駅からさらに南側にある、都道の地下7階に島式ホーム1面2線を有する地下駅。ホームは南北に伸びている。駅名併称は「京王百貨店前」。

建設に際し、ホーム階はシールドトンネルで、上層階は開削工法で施工された。

1997年(平成9年)12月19日練馬駅から当駅まで延伸開業した時は、都庁前駅から単線並列運転を行っていたが、2000年(平成12年)4月20日国立競技場駅延伸時に複線運転に移行された。

のりば[編集]
番線 路線 行先
6 E 都営大江戸線 六本木大門門前仲町方面
7 E 都営大江戸線 都庁前光が丘(都庁前のりかえ)飯田橋方面
コンコース[編集]

ホームの北側から階段やエスカレーターで上がると地下1階に改札Bがあり、京王新線口と相対する。そこから南寄りにもエスカレータがあり、地下4階から都営新宿線と京王新線のホームへ連絡している。

ホーム中央から階段、またはホーム端(六本木方面)からエレベーターで上がると地下3階に改札Cがあり、新宿マインズタワーなどへの出口となる。地上へ向かうエレベーターも設置されていて、ホテルサンルートプラザ新宿前に出る。

なお、改札外と大江戸線ホームの間の移動は「大江戸線のりば」と書かれた改札Bを経由する他に、それと相対する「京王新線のりば」を通り改札内地下4階にある「大江戸線連絡通路」を使うこともできる。JR方面からエレベーターを使いたい場合などに便利である。

この連絡通路には中間改札が設置可能な構造になっていて、自動精算機などを置くスペースも用意されているが、都営線同士の乗り換えを考慮して未設置である(このスペースには、1998年(平成10年)末にICカードシステムの実証実験を行った際にICカードの積み増し機を設置した)。
改札内で行き来ができるので、大江戸線の改札口から入って京王線に乗ることもできる。そのため、かつて発売していた乗降時のパスネットの乗車駅表示は「都 新宿12」(都営地下鉄の初乗り運賃ではなく京王の初乗り運賃が引かれる)、降車駅表示は「TO宿」となっていた。
なお、大江戸線単独の改札口の券売機でも京王線の乗車券は発売されているが、すべての券売機が都営仕様であり、京王線(新線も含む)の券売機と異なり、入場券の口座が設定されていない(京王線の初乗り運賃の乗車券で代用可。出場時は有人改札口を利用。)が、都営の全ての改札口では他の京王線の券売機で購入した入場券を用いることができる。だが、精算券は都営で精算した券で京王の改札口を出ることはできない(その逆は可)。

トイレは地下4階にある。エレベーターはホーム(地下7階) - 地下4階 - 改札C階を結ぶ。エスカレーターのみでホーム階と改札Cの間の移動が可能である。

大江戸線ホーム(2005年1月) マインズタワー方面出口(2005年3月)
大江戸線ホーム(2005年1月)
マインズタワー方面出口(2005年3月)


小田急電鉄[編集]

小田急 新宿駅
西口駅ビル(小田急百貨店)
西口駅ビル(小田急百貨店)
しんじゅく - Shinjuku
(0.8km) 南新宿 OH 02►
所在地 東京都新宿区西新宿一丁目1-3
駅番号 OH 01
所属事業者 小田急電鉄
所属路線 小田原線
キロ程 0.0km(新宿起点)
駅構造 地上駅地下駅
ホーム 4面3線(地上)
3面2線(地下)
乗降人員
-統計年度-
494,184人/日
-2013年-
開業年月日 1927年昭和2年)4月1日

JRの新宿駅の西隣に位置し、階上には小田急百貨店新宿店本館と新宿ミロードがある。小田原線の起点であり、小田急電鉄の東京側ターミナル駅である。管区長・駅長所在駅であり、新宿管区として新宿 - 代々木上原駅間、新宿管内として当駅を管理している。

1964年に現在のような地上4面3線と地下3面2線の2層構造の駅になった。南北に線路が延びており、各階とも北端が頭端式ホームで、列車は南側から発着する。地上東側から1 - 6番ホーム(1 - 3号線)、地下東側から7 - 10番ホーム(4・5号線)と呼んでいるが、1・2番ホーム(1号線)、……、9・10番ホーム(5号線)はそれぞれ同じ線路を挟み、両側にホームがあるためホーム名を呼び分けている。2・3番ホームと7番ホーム、4・5番ホームと8・9番ホーム、6番ホームと10番ホームと南口改札の間には連絡階段およびエレベーターがある(2・3番ホームからはエスカレーターもあり)。なお、○号線という言い回しは各線路の列車の接近を示す四角いランプ(および業務放送)のみで用いられている。

3・4番ホームは、後述の通り特急ロマンスカー急行準急などで用いられるが、到着時などの自動アナウンスは、特急ロマンスカーは3番ホーム側、急行・準急などは4番ホーム側のみ放送される。しかし、主に特急列車の発車時に4番ホーム側を歩く人に対して危険防止の観点から「特急列車が発車いたします」という駅員アナウンスをする。

2007年1月頃、地上・地下ホーム、各コンコースにある発車案内表示器がフルカラーLED式に更新された。

2011年(平成23年)度の鉄道事業設備投資計画において、地上4・5番ホームに可動式ホーム柵が2011年7月から設置される工事が予定されており、2012年(平成24年)9月2日に完成、30日から使用開始した。

駅構造[編集]

基本的に地下ホームは6・8両編成(各駅停車・区間準急)が、地上ホームはロマンスカーと10両編成(急行・快速急行・準急)が始発として運転する。当駅に到着する際はすべての列車が両数に関係なく最奥(最も西口地上/地下改札に近いところ)の一定の場所に停車・到着する。

乗車と降車で別のホームを用いるが、朝のラッシュ時間帯は乗車ホーム側にも乗客を降車させる。特急ロマンスカーも乗車と降車で別のホームを用いていたが、現在は甲州街道跨線橋架け替え工事のため降車ホームは使用停止中となっている。そのため、特急ロマンスカーは乗客を降車させた後に車内の清掃と点検を行い、同じホームから乗車させる。回送運転で到着した場合には到着後すぐに乗車できる。

地上ホームの隣の駅は代々木上原が表示されている。ここから出発する列車は特急ロマンスカー・快速急行・急行・準急であり、特急ロマンスカーを除いては次の停車駅が同駅であるからである。また、地下ホームの隣の駅は各駅停車南新宿と区間準急の代々木上原が併記されている。

ホームののりば案内では、のりばの番号と種別(または降車専用)が表記されており、具体的な駅名は記載されていない。

地上線と地下線の分岐点(合流点)は都道四谷角筈線踏切を跨いだ先の隣の南新宿駅すぐ近くにあり、そこまでが新宿駅の構内となる。すなわち、4線が併走する部分を長く取ることによって、終日間断なく発着する列車を捌いている。

のりば[編集]

ホーム 種別 行先
地上ホーム
1 (2番ホーム到着列車の降車ホーム) 小田原箱根湯本藤沢片瀬江ノ島方面
2 特急ロマンスカー
3 特急ロマンスカー
(4番ホーム到着列車の降車ホーム)
4・5 快速急行・急行・準急
6 (5番ホーム到着列車の降車ホーム)
地下ホーム
7 (8番ホーム到着列車の降車ホーム) 本厚木唐木田方面
8・9 区間準急・各駅停車
10 (9番ホーム到着列車の降車ホーム)
配線図[編集]
小田急 新宿駅 鉄道配線略図
小田急 新宿駅 鉄道配線略図
小田原唐木田
片瀬江ノ島
方面
凡例
出典:
* 以下を参考に作成。
** 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』、第60巻第1号 通巻第829号 2010年1月 臨時増刊号、
「【特集】 小田急電鉄」、巻末折込「小田急電鉄線路配線略図」。
** 祖田圭介、「特集 山手線電車100周年」、交友社、『鉄道ファン』 第50巻2号(通巻第586号)
2010年2月号、39ページ、「図18 小田急 新宿駅の配線」、2010年
** 「新宿駅急行ホームに可動式ホーム柵を設置します。-より安全な駅を目指して、
7月より工事に着手します-」、小田急電鉄公式サイト、ニュースリリース第11-16号
(2011年6月30日)。

※ 上が地平・下が地下の配線。白線クロスハッチは降車用、斜線ハッチの1番のりばは2011年(平成23年)
6月現在使用していない。紫色は特急用ホーム(3番のりばは4番のりば入線列車の降車用を
兼ねる)、ホーム上の数字(小)は旅客案内上の乗り場番号、車止め付近の数字(イタリック体)
は運行管理上の配線番号。全てのホームが10両編成に対応している。



コンコース[編集]

各階の頭端部に西口地上改札口と西口地下改札口がある。西口地下改札口の東にはJRへの中央地下連絡口と中央東口への中間改札口(自動改札機の色が黄色)があり、JR改札内である中央通路を経て中央東口から出入りできる西口地下改札口および中央地下連絡口は、地上ホームからは西口地上改札口寄りにある階段(10両編成の8・9号車付近)下あたりとなる。

ホームの南寄りに跨線橋があり、地上ホームからつながっている。ここを南に出ると南口で、JR南口に隣接している。その東側にJRへの南口連絡口がある。

トイレは西口地下改札内外と南口改札内(共に出口改札に向かって左側、改札内)にある。車椅子などでの利用に対応した多目的トイレは西口地下改札外と南口改札内に設置され、どちらもオストメイトに対応しており、南口側にはオストメイト用の給湯設備を備えている。西口地下改札外のトイレには一般用の洋式便器の設置がない。

改札内のエレベーターは南口改札口と各ホーム(南口改札 - 2・3番ホーム - 7番ホーム、南口改札 - 4・5番ホーム - 8・9番ホーム、南口改札 - 6番ホーム - 10番ホーム)を結んでおり、いずれも2005年(平成17年)に完成した。地上ホームでのVSE以外の10両編成の場合は5 - 6号車付近となる。また、地下ホーム(7 - 10番線)での10両編成の場合は7 - 8号車付近となる。

改札外のエレベーターは、改札を出た右側に小田急百貨店のものがある。これは、西口地上改札口が2006年(平成18年)にリニューアルしたのに伴い、同改札口に隣接する小田急百貨店のエレベーターが1階にも停止するようになり、同時に西口地下改札口のある地下1階からは初電から終電まで利用できるようになったものである。また、西口地上改札口付近と西口地下改札口外側のトイレ付近を結ぶ業務用のエレベーターが設置されているが、駅係員の付添がないと利用できない。

エスカレーターは2・3番ホームから南口改札への上りのみで、幅の狭いタイプである。西口側の線路端からは11両編成のロマンスカーの長さ程度離れており、VSE以外の10両編成の3号車付近となる。

4・5番ホームの後(西口地上改札口寄り)から4・5両目の間(10両編成の6・7号車の間)には分割案内板Aがあり、分割駅と分割後の列車の種別・行先を表示できるようになっている。以前は分割案内板Aから2両程小田原寄り(6両編成が停車する最も小田原寄りの端)に同様の表示ができる分割案内板Bが存在していた。

地上ホームの現在の乗車位置目標は、先発が赤い丸印、次発が青い三角印(発車案内表示器では緑色で表示)で案内されているが、以前は足下に埋め込まれたランプを使って案内していた(先発は点滅、次発は連続点灯)。乗車位置案内がランプの頃は、6両編成などの場合は列車が止まる位置しかランプが点滅・連続点灯しなかったが、現在はシールが貼付されているため区別されていない。また、6両編成の場合の小田原寄りの端の案内は存在しない。

地下ホームには、4・6・8両編成(うち営業運転があるのは6・8両編成のみ)の小田原寄りの端という案内をするランプが天井から吊されている。

当駅を発車する列車は、発車時に発車ベルを鳴らす。

2006年(平成18年)3月31日、西口地上改札口横の1・2番ホーム頭端部に喫茶店「ロマンスカーカフェ」が開店した。西口地下改札口手前の7・8番ホーム先にはジューススタンド「オアシスステーション」(新宿店)が入居しており、営業主体は共に小田急レストランシステムである。また、7番ホーム頭端部にはかって文教堂(カルチャーエージェント文教堂小田急新宿店)が入居していた。

東京メトロ[編集]

東京メトロ 新宿駅
ホーム(2012年4月)
ホーム(2012年4月)
しんじゅく - Shinjuku
M 07 西新宿 (0.8km)
(0.3km) 新宿三丁目 M 09
東京都新宿区西新宿一丁目 西口地下街1号 
駅番号 M 08
所属事業者 東京地下鉄(東京メトロ)
所属路線 M 丸ノ内線
キロ程 16.6km(池袋起点)
電報略号 シク
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
227,366人/日
-2013年-
開業年月日 1959年昭和34年)3月15日
乗換 E 都営地下鉄大江戸線
    新宿西口駅 E 01
西武新宿線
    西武新宿駅
S 都営地下鉄新宿線は連絡運輸の対象外
備考 駅務管区所在駅

JRの北側付近から新宿通りに掛けての地下2階に、東西に伸びる島式ホーム1面2線を有する地下駅。西新宿方に引き上げ線があり、当駅始発・終着で池袋方面の列車が運行されている。

JR・京王・小田急の駅と新宿西口駅(都営地下鉄大江戸線)・西武新宿駅(西武新宿線)と接続しているが、都営地下鉄新宿線・都営地下鉄大江戸線の新宿駅とは接続していない。

駅務管区所在駅。新宿駅務管区として新宿地域、荻窪地域、四ツ谷地域、中野坂上地域を管理する。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 M 丸ノ内線 中野坂上荻窪方南町(中野坂上乗り換え)方面
2 M 丸ノ内線 赤坂見附銀座大手町池袋方面

備考[編集]

1番線の接近放送では「中野富士見町、方南町方面は、中野坂上でお乗り換えです」という放送が流れる。西新宿駅開業以前までは「中野富士見町、方南町方面は、次の中野坂上でお乗り換えです」であったが、同駅開業後に一旦省略し、発車標更新時に現在の放送様式となった。

都営地下鉄大江戸線の新宿西口駅が開業した後は、「新宿西口駅接続都営大江戸線はお乗り換えです」という案内放送を行っている。

2006年(平成18年)10月ホームドアを設置するとともに発車ブザーを線路側に移設した。2008年(平成20年)6月より発車メロディーを採用している。混雑時は発車メロディー採用前から使用している発車ブザーを鳴らし、その際にホームドアも車両の扉とは別に閉めるようになっていたが、丸ノ内線がワンマン運転を開始した後は発車ブザーの使用を停止している。平日朝ラッシュ時は特殊取扱を行っており、ブザーが鳴り終わると同時にドアを閉める。その際、車両側のドアとホームドアは連動せず、最初に車両のドアが閉まると後から駅係員がホームドアを閉める二段階方式を採用している。この方式は、池袋駅でも同様である。

かつては、液晶型の発車標が両方向のみ設置されていた。

コンコース[編集]

ホームの東西の端に地下1階への階段があり、それぞれに改札口がある。改札を出ると自由通路(メトロプロムナード)となっていて、東は新宿三丁目駅までつながっている。東側の改札口はJR東口と新宿サブナードが近く、西側の改札口はJR・京王線・小田急線の西口、西口地下広場とバスターミナルに連絡している。東側の改札付近と西側の改札付近の間は早朝・深夜は通り抜けることができない。

エレベーターとエスカレーターは東側にあり、改札階とホーム階を結ぶが、エスカレーターは改札階方向だけである。

トイレは改札外に2か所ある。

地下鉄各線との連絡[編集]

当駅において京王、小田急、東京メトロ、都営地下鉄の相互間で乗継割引が適用される場合があるが、連絡する事業者によって割引の有無が異なる。尚、東京メトロ丸ノ内線と都営地下鉄新宿線・大江戸線は両駅間の距離が遠いため、乗継割引が適用されない。丸ノ内線と新宿線の乗換は新宿三丁目駅、丸ノ内線と大江戸線の乗換は東京メトロ新宿駅・都営地下鉄新宿西口駅間(同一駅扱い)で行えば乗継割引70円が適用される。


乗継割引適用の有無(○:適用、×:不適用)

京王
小田急
東京メトロ
× 都営新宿駅
× × × 都営新宿西口駅

利用状況[編集]

2012年度の各社局における1日平均乗降人員を合算した値は約329万人となり、日本のみならず世界一の乗降人員を誇る駅である。ただし、この値は京王新線・都営新宿線間の相互直通人員、および都営地下鉄線間の乗換人員を含んだ値である。

2008年に副都心線が開業した影響で、一部の旅客が新宿三丁目駅に分散されたため、2007年度をピークにJR東日本及び東京メトロを中心として利用客数は減少傾向にある。

  • JR東日本 - 2013年度の一日平均乗車人員は751,018人である[利用客数 1]
    JR東日本の駅の中で第1位であり、世界一の乗車人員でもある。
  • 京王電鉄 - 2013年度の一日平均乗降人員は730,849人である[利用客数 2]
    京王電鉄の駅の中で第1位。ただし、京王新線新宿駅の利用者数の他、都営新宿線との直通人員も含む。2008年度までは増加傾向が続いていた。
  • 小田急電鉄 - 2013年度の一日平均乗降人員494,184人である[利用客数 3]
    小田急電鉄の駅の中で第1位。1988年度の最ピーク時は一日平均乗降人員が55万人程度だったが、その後は緩やかな減少傾向が続いている。
  • 東京メトロ - 2013年度の一日平均乗降人員は227,366人である[利用客数 4]
    東京メトロの駅の中で第6位。1972年度と1988年度のピーク時には一日平均乗降人員が30万人を越えていたが、その後は減少傾向が続いている。
  • 東京都交通局[利用客数 5] - 以下の値は都営地下鉄線間の乗換人員を含む。
    • 新宿線 - 2013年度の一日平均乗降人員は266,869人(乗車人員 134,185人、降車人員 132,684人)である。
      都営新宿線全21駅中第1位。ただし、京王線との直通人員を含む。
    • 大江戸線 - 2013年度の一日平均乗降人員は133,075人(乗車人員 64,701人、降車人員 68,374人)である。
      都営大江戸線全38駅中第1位。

年度別一日平均乗降人員[編集]

各年度の一日平均乗降人員は下表のとおり(JRをのぞく)。

年度別一日平均乗降人員[乗降データ 1]
年度 小田急電鉄 京王電鉄 営団/東京メトロ 都営地下鉄
小田原線 京王線・新線 丸ノ内線 新宿線 大江戸線
1日平均
乗降人員
増加率 1日平均
乗降人員
増加率 1日平均
乗降人員
増加率 1日平均
乗降人員
増加率 1日平均
乗降人員
増加率
1999年(平成11年) 270,972
2000年(平成12年) 690,687 266,409 -1.7%
2001年(平成13年) 255,994 -3.9%
2002年(平成14年) 251,209 -1.9% 93,193
2003年(平成15年) 486,474 707,222 246,988 -1.7% 232,412 104,989 12.7%
2004年(平成16年) 486,118 -0.1% 710,903 0.5% 240,808 -2.5% 231,376 -0.4% 107,869 2.7%
2005年(平成17年) 486,765 0.1% 719,946 1.3% 238,421 -1.0% 234,847 1.5% 112,716 4.5%
2006年(平成18年) 490,081 0.7% 726,653 0.9% 238,494 0.0% 242,909 3.4% 117,494 4.2%
2007年(平成19年) 498,918 1.8% 747,407 2.9% 240,984 1.0% 262,688 8.1% 130,800 11.3%
2008年(平成20年) 491,631 -1.5% 748,803 0.2% 232,044 -3.7% 267,477 1.8% 130,128 -0.5%
2009年(平成21年) 482,818 -1.8% 739,138 -1.3% 219,606 -5.4% 266,441 -0.4% 128,637 -1.1%
2010年(平成22年) 476,773 -1.3% 724,012 -2.0% 215,468 -1.9% 263,982 -1.0% 127,690 -0.7%
2011年(平成23年) 474,552 -0.5% 711,892 -1.7% 212,024 -1.6% 257,455 -2.5% 124,413 -2.6%
2012年(平成24年) 483,150 1.8% 714,949 0.4% 220,154 3.8% 260,458 1.2% 129,492 4.1%
2013年(平成25年) 730,849 2.2% 227,366 3.3%

京王電鉄の年度別一日平均乗降人員[編集]

年度 [備考 1]京王電鉄 [備考 2]京王線 - 都営新宿線直通
1948年(昭和23年) [備考 3]85,900
1955年(昭和30年) 146,525
1960年(昭和35年) 219,890
1965年(昭和40年) 328,777
1970年(昭和45年) 421,910
1975年(昭和50年) 469,264
1978年(昭和53年) [備考 4]502,559
1980年(昭和55年) 524,186 51,627
1985年(昭和60年) 583,170 87,275
1990年(平成02年) 660,765 107,101
1995年(平成07年) 684,406 107,666

年度別一日平均乗車人員(1880年代 - 1930年代)[編集]

各年度の一日平均乗車人員は下表のとおり。

年度別一日平均乗車人員[東京府統計 1]
年度 日本鉄道 甲武鉄道
1885年(明治18年) 36 未開業
1886年(明治19年) 36
1888年(明治21年) 118
1895年(明治28年) 393 610
1896年(明治29年) 595 850
1897年(明治30年) 749 992
1898年(明治31年) 847 1,074
1899年(明治32年) 764 1,101
1900年(明治33年) 774 1,154
1901年(明治34年) 804 1,180
1902年(明治35年) 774 1,226
1903年(明治36年) 763 1,238
1904年(明治37年) 829 1,448
1905年(明治38年) 777 2,038
年度別一日平均乗車人員[東京府統計 1]
年度 国鉄 小田原急行鉄道
1907年(明治40年) 3,474 未開業
1908年(明治41年) 3,620
1909年(明治42年) 3,672
1911年(明治44年) 4,435
1912年(大正元年) 4,482
1913年(大正02年) 5,052
1914年(大正03年) 5,017
1915年(大正04年) 4,684
1916年(大正05年) 5,530
1919年(大正08年) 10,984
1920年(大正09年) 14,358
1922年(大正11年) 21,543
1923年(大正12年) 29,507
1924年(大正13年) 35,368
1925年(大正14年) 40,061
1926年(昭和元年) 46,740
1927年(昭和02年) 57,388 7,563
1928年(昭和03年) 67,348 10,701
1929年(昭和04年) 72,677 14,184
1930年(昭和05年) 71,555 15,200
1931年(昭和06年) 72,261 15,785
1932年(昭和07年) 71,494 16,484
1933年(昭和08年) 62,430 16,211
1934年(昭和09年) 65,119 15,142
1935年(昭和10年) 66,230 15,801


年度別一日平均乗車人員(1953年 - 2000年)[編集]

年度別一日平均乗車人員
年度 国鉄 / JR東日本 営団 都営地下鉄 小田急電鉄 京王帝都電鉄 / 京王電鉄 出典・備考
新宿線 大江戸線 [備考 5]
1953年(昭和28年) 133,435 未開業 未開業 未開業 (国鉄のみ) [東京都統計 1]
1954年(昭和29年) 159,193 (国鉄のみ) [東京都統計 2]
1955年(昭和30年) 153,313 (国鉄のみ) [東京都統計 3]
1956年(昭和31年) 236,315 74,728 81,807 [東京都統計 4]
1957年(昭和32年) 248,955 80,827 86,945 [東京都統計 5]
1958年(昭和33年) 264,151 [備考 6] 36,761 88,503 36,364 [東京都統計 6]
1959年(昭和34年) 276,755 55,633 98,444 99,944 [東京都統計 7]
1960年(昭和35年) 296,817 57,741 107,958 110,536 [東京都統計 8]
1961年(昭和36年) 299,467 85,416 120,584 122,503 [東京都統計 9]
1962年(昭和37年) 317,123 117,513 133,555 132,051 [東京都統計 10]
1963年(昭和38年) 332,268 90,760 147,660 139,273 [東京都統計 11]
1964年(昭和39年) 365,196 98,560 163,944 151,058 [東京都統計 12]
1965年(昭和40年) 389,700 109,093 175,854 166,165 [東京都統計 13]
1966年(昭和41年) [注意事項 1] 418,182 112,762 186,226 175,565 [東京都統計 14]
1967年(昭和42年) 437,139 121,926 198,813 189,575 [東京都統計 15]
1968年(昭和43年) 475,599 134,846 210,100 198,100 [東京都統計 16]
1969年(昭和44年) 468,433 148,219 222,566 208,686 [東京都統計 17]
1970年(昭和45年) 472,841 157,466 232,915 214,115 [東京都統計 18]
1971年(昭和46年) 614,421 162,372 241,525 220,242 [東京都統計 19]
1972年(昭和47年) 633,164 166,060 246,230 230,644 [東京都統計 20]
1973年(昭和48年) 642,647 161,512 242,011 231,951 [東京都統計 21]
1974年(昭和49年) 670,438 159,112 250,386 232,203 [東京都統計 22]
1975年(昭和50年) 652,642 161,391 247,508 234,686 [東京都統計 23]
1976年(昭和51年) 669,258 160,416 246,110 236,364 [東京都統計 24]
1977年(昭和52年) 662,926 164,162 249,058 243,729 [東京都統計 25]
1978年(昭和53年) 664,005 151,721 235,293 248,795 [東京都統計 26]
1979年(昭和54年) 657,678 152,721 [備考 7] 21,000 231,907 256,189 [東京都統計 27]
1980年(昭和55年) 625,707 145,627 59,392 234,123 257,112 [東京都統計 28]
1981年(昭和56年) 620,447 147,981 72,079 235,975 262,395 [東京都統計 29]
1982年(昭和57年) 614,562 147,537 78,137 239,148 265,164 [東京都統計 30]
1983年(昭和58年) 628,276 149,847 82,355 242,139 265,653 [東京都統計 31]
1984年(昭和59年) 648,660 151,940 88,408 244,123 273,038 [東京都統計 32]
1985年(昭和60年) 663,855 152,096 89,838 249,660 284,690 [東京都統計 33]
1986年(昭和61年) 698,318 157,173 95,616 259,156 296,359 [東京都統計 34]
1987年(昭和62年) 706,910 157,940 101,158 266,956 304,885 [東京都統計 35]
1988年(昭和63年) 665,030 159,890 104,658 274,192 314,485 [東京都統計 36]
1989年(平成元年) 681,205 158,405 113,241 270,805 315,038 [東京都統計 37]
1990年(平成02年) 709,490 158,332 117,910 272,110 325,795 [東京都統計 38]
1991年(平成03年) 741,421 156,801 123,828 277,257 335,180 [東京都統計 39]
1992年(平成04年) 735,192 153,101 58,208 273,762 336,800 [東京都統計 40]
1993年(平成05年) 741,342 148,608 126,540 270,726 337,868 [東京都統計 41]
1994年(平成06年) 740,063 144,507 126,068 267,526 337,438 [東京都統計 42]
1995年(平成07年) 743,710 141,552 121,970 262,689 336,511 [東京都統計 43]
1996年(平成08年) 767,800 141,263 122,715 264,627 340,553 [東京都統計 44]
1997年(平成09年) 765,518 140,819 119,901 [備考 8] 15,942 260,058 339,471 [東京都統計 45]
1998年(平成10年) 756,551 137,786 115,063 19,364 257,866 344,490 [東京都統計 46]
1999年(平成11年) [JR 1] 756,772 134,030 112,486 20,740 254,842 338,904 [東京都統計 47]
2000年(平成12年) [JR 2] 753,791 131,953 113,178 23,345 254,638 340,216 [東京都統計 48]

注意事項[編集]

  1. ^ 「原武史(2009)探究この世界 2009年 6-7月(NHK知る楽/月)」には、1966年度の1日平均乗車人員は410,069人と記載されているが、ここでは東京都統計年鑑の資料を基に記載した。
参考資料・書籍
  • 1日平均乗車人員 418,182人(1966年度)。出典元:1966年度(昭和41年度)東京都統計年鑑 (PDF) 。掲載場所:6ページ目。資料元:日本国有鉄道関東支社審査統計。年間の乗車人員数 152,636,325を365で割った数値。
  • 1日平均乗車人員 410,069人(1966年度)。出典元:原武史(2009)探究この世界 2009年 6-7月(NHK知る楽/月)。出版元:日本放送出版協会。掲載場所:122ページ目。

年度別一日平均乗車人員(2001年以降)[編集]

2006年度以降、都営地下鉄の値には新宿線・大江戸線間の乗換人員を含む。

年度別一日平均乗車人員
年度 JR東日本 営団 / 東京メトロ 都営地下鉄 小田急電鉄 京王電鉄 出典
新宿線 大江戸線
2001年(平成13年) [JR 3] 745,153 127,529 109,737 36,293 252,781 344,718 [東京都統計 49]
2002年(平成14年) [JR 4] 748,515 124,145 110,375 38,822 249,036 345,173 [東京都統計 50]
2003年(平成15年) [JR 5] 746,293 121,773 110,577 43,809 248,082 347,833 [東京都統計 51]
2004年(平成16年) [JR 6] 742,183 119,904 110,296 45,227 246,134 350,340 [東京都統計 52]
2005年(平成17年) [JR 7] 747,930 118,458 111,896 47,285 246,126 355,000 [東京都統計 53]
2006年(平成18年) [JR 8] 757,013 118,400 124,940 58,830 247,605 358,274 [東京都統計 54]
2007年(平成19年) [JR 9] 785,801 119,287 133,508 64,034 252,787 367,885 [東京都統計 55]
2008年(平成20年) [JR 10] 766,020 114,148 135,366 63,682 249,186 369,778 [東京都統計 56]
2009年(平成21年) [JR 11] 748,522 108,101 134,357 62,633 244,693 365,084 [東京都統計 57]
2010年(平成22年) [JR 12] 736,715 106,213 133,104 62,083 241,652 357,975 [東京都統計 58]
2011年(平成23年) [JR 13] 734,154 104,309 129,676 60,580 240,639 351,306 [東京都統計 59]
2012年(平成24年) [JR 14] 742,833 108,466 130,976 62,933 245,060 353,608 [東京都統計 60]
2013年(平成25年) [利用客数 1] 751,018 134,185 64,701

備考[編集]

  1. ^ 1978年(昭和53年)度以降の数値は、京王線および京王新線の合算値である。
  2. ^ 京王線・都営新宿線の相互直通運転は1979年(昭和54年)度からであるが、1980年(昭和55年)3月16日に開始したため、1979年(昭和54年)度の数値は算出されていない。
  3. ^ 京王帝都電鉄発足年度
  4. ^ 京王新線開業年度
  5. ^ 大江戸線は、1997年(平成9年)12月19日開業し、2000年(平成12年)4月20日に新宿 - 国立競技場間開業、同年12月12日全線開業。
  6. ^ 1959年3月15日開業。開業日から同年3月31日までの計17日間を集計したデータ。
  7. ^ 1980年3月16日開業。開業日から同年3月31日までの計16日間を集計したデータ。
  8. ^ 1997年12月19日開業。開業日から1998年3月31日までの計103日間を集計したデータ。

駅弁[編集]

JR駅で販売している主な駅弁は下記の通り[12]NREの駅弁売店と元々新宿駅の駅弁業者だった「田中屋」を前身とする日食田中屋の駅弁売店が存在し、後者では下記のメニューに加えて「田中屋」の駅弁をNRE大増が復刻調製している「復刻鳥めし」も購入できる。

  • 鳥めし(前述の「復刻鳥めし」とは別商品)
  • 深川めし
  • 30品目バランス弁当
  • 高原野菜とカツの弁当
  • 五目わっぱめし
  • とん漬け弁当
  • 本庄早稲田発~ 古代豚弁当
  • 鯵鯖よくばり寿司
  • こだわりのとんかつ弁当
  • うまい甲斐
  • 新宿弁當
  • 牛と豚の弁当
  • 幸福べんとう
  • 季節の吹き寄せ弁当
  • うなぎ弁当
  • 北海味メッセ
  • 懐石弁当大人の休日

JR以外では、小田急電鉄の新宿駅構内売店でも特急ロマンスカーの乗客向けに駅弁が販売されている。

駅周辺[編集]

周辺はビジネス・ショッピング街など、様々なものが集中し、東京駅周辺などと比べれば華やいだ雰囲気を持つ。乗り入れる路線も東京都多摩地域、神奈川県北西部、埼玉県南部といったベッドタウンとを結んでいるため、終日利用者は絶えない。

甲州街道(国道20号)の跨線橋の架替工事終了後には、新宿駅新南口ビル(仮称)の建設と、現東口のルミネエスト新宿ビルの建て替えのための200m級の超高層ビル建設の2棟の建設計画がある。

西側[編集]

新宿駅西口前(2012年2月)
新宿駅西口小型タクシー乗り場

西口(JR・小田急・京王)、中央西口(JR)、京王百貨店口(京王)、広場口(京王)、A10 - A18・B14 - B18(東京メトロ)

出口や改札口の名称に関わりなく、俗に「西口」と呼ばれることが多い。丸ノ内線の駅の地上出入口はJR・小田急・京王の各線の駅の各西口・中央西口改札口の改札外コンコースとつながっているので、事実上それらの駅の地上側出入口でもある(後述を参照のこと)。また、西口の駅前バスターミナルの近くではよく政党・政治団体などによる街頭演説が行われている。また、西口の道路は都道四谷角筈線に属する。

東側[編集]

新宿駅東口前(2011年2月)

東口 (JR) 、中央東口(JR・小田急・京王)、A8 - A9・B12 - B13(東京メトロ)

出口や改札口の名称に関わりなく、俗に「東口」と呼ばれることが多い。新宿サブナード(地下街)を経由していくと西武新宿駅に出られる。東口ターミナル部分は東京都道430号である。

新宿三丁目方面

歌舞伎町方面


東側駅ビルについて[編集]

新宿駅東口の駅ビルは立て替え工事が1962年(昭和37年)暮より始まり1964年(昭和39年)5月20日にオープンした。オープン当初の駅ビルの名称は「新宿民衆駅ビル」。そのあと名称は「新宿ステーションビル」へと改められた。そして名称は「MyCity(マイ・シティ)」を経て、現在では「LUMINE EST (ルミネ・エスト新宿)」になっている。

南側[編集]

代々木も参照

南口(JR・小田急)、ルミネ口(京王)、A1(都営地下鉄大江戸線)

甲州街道新宿陸橋上の小田急とJR東日本の出口で、東西に出られる。京王のルミネ口はルミネ内の階段を通じてJR・小田急の南口に接続している。都営地下鉄大江戸線出口は、南西側のマインズタワー前にある。

東南口 (JR) 、JRルミネ口(南口跨線橋)

JR新南口

JR東日本専用の改札口および出口で、南口とは甲州街道新宿陸橋を挟んで南側、JR線の東側にある。

JRサザンテラス口

こちらもJR東日本専用の改札口および出口で、甲州街道新宿陸橋を挟んで南側、JR線の西側(つまり南西側)にある。都営地下鉄大江戸線のA1出口は南西側のマインズタワー前にある。新宿サザンテラスは新宿陸橋から南へ約200m付近でJR線を東西に跨ぎ、東側のタカシマヤタイムズスクエアとつながる。

東京メトロ丸ノ内線の出入口[編集]

地下鉄丸ノ内線の駅の地上出入口はJR線の北側にある。東西にそれぞれ丸ノ内線の改札口があり、東側の各出口(新宿通り)と西側の各出口(西口広場)に大別できる。東西の各出口間は地下通路「メトロプロムナード」で改札外がつながる。各出入口はJR・小田急・京王の各線の西口と中央東口改札口およびJRの中央西口(出口)と東口改札口の改札外とつながっているため、事実上JR・小田急・京王の各線の駅の地上出入口としても使用できる。

新宿三丁目駅と地下道(メトロプロムナード)でつながっているので、同駅と出口番号が連続している。紀伊國屋書店方面(B9・B8・B7・B6など)は新宿三丁目駅を参照のこと。

また、都営地下鉄大江戸線の新宿西口駅とも改札外でつながっているが、西側の改札口が近く、同駅に属する各地上出入口も共通で利用できる。さらに西武新宿駅と地下街「新宿サブナード」を介してつながってはいるものの、A9、B13出口などから地上に出た方が早い場合がある。

新宿通りにある出入口(JR線東側)

西口広場付近にある出入口(JR線西側)

  • A10 メトロ食堂街、小田急百貨店方面
  • A11 メトロ食堂街
  • A12 JR西口、小田急西口、京王線西口方面
  • A13 新宿駅地下駐車場
  • A14 JR西口、小田急西口、京王線西口方面
  • A15 小田急百貨店
  • A16 新宿駅西口地下広場、小田急百貨店
  • A17 新宿駅西口地下広場
  • A18 新宿エルタワー新生銀行損保ジャパン日本興亜ビル伊予銀行方面
  • B14 メトロ食堂街
  • B15 JR西口、小田急西口、京王線西口方面、新宿パレット
  • B16 小田急百貨店別館ハルク(小田急ハルク)
  • B17 新宿駅西口35(小田急ハルク前小田急系高速バス乗り場)・36番バス乗り場
  • B18 小田急百貨店別館ハルク(小田急ハルク)

京王新線・都営地下鉄の出入口[編集]

地下駅である京王新線と都営地下鉄の地上出入口は、甲州街道のJR線より西側、JRと小田急の駅の南西側にある(但しA1出口は甲州街道西新宿1丁目交差点より約200m南のマインズタワー地下にある)。京王線 - 京王新線・都営新宿線 - 都営大江戸線は改札内移動が可能である。

京王新線と都営地下鉄の2 - 8出口は、小田急・JRの南口改札外と「ルミネ1」を介してつながっている。また、大江戸線C改札口を除く改札外フロアは「京王モール」を介してJR・小田急・京王の各線の西口・中央地下西口、新宿高速バスターミナルとつながっている。

甲州街道のJR線より西側にある出入口

ワンデーストリートは、東京都庁京王プラザホテル方面に連絡する。

マインズタワー方面

  • A1(大江戸線C改札口専用出入口) 新宿マインズタワー、JR東京総合病院、JR東日本本社ビル、ホテルセンチュリーサザンタワー方面

バス路線[編集]

その他[編集]

1991年(平成3年)3月16日から2012年3月17日のダイヤ改正まで、小田急電鉄と東海旅客鉄道(JR東海)が特急列車の相互乗り入れ(「あさぎり」)を行い、「小田急のホームにJRの車両が入線する」という光景が見られた。一方、2002年(平成14年)4月1日のダイヤ改正からJR東日本と東京臨海高速鉄道が相互乗り入れを開始したことで、逆に「JRのホームに他社車両が入線する」光景も見られるようになった。さらに、2006年(平成18年)3月18日のダイヤ改正でJR東日本と東武鉄道が特急列車の相互乗り入れ(日光・きぬがわ・スペーシア日光・スペーシアきぬがわ)を開始している。

2006年(平成18年)7月31日より当駅限定でSuicaポスター(Suipo)のサービスが開始された[14]。なお、利用するには事前に広告の横にある登録機で登録を行う必要がある。

当初の計画では上越新幹線の起点は新宿駅で、ここから大宮駅まで建設される計画があった。また、かつてはリニア中央新幹線の起点駅となるなどの構想などが語られたものの、2000年代に入ってからはそのようには考えられていない[15]

南口コンコースにある「駅弁屋」新宿店では、原則として毎週土曜・休日にミニ駅弁大会を開催している。

気象の乱れなどにより鉄道交通機関に影響が出た際には、テレビ番組が新宿駅南口でレポートを行うことが多い。

隣の駅[編集]

※東日本旅客鉄道の特急列車の停車駅は各列車の記事、ホームライナーの停車駅は路線記事を参照のこと。同様に小田急電鉄の特急ロマンスカーの停車駅は小田急ロマンスカー「スーパーはこね」「はこね」「さがみ」「ホームウェイ」「えのしま」「あさぎり」の各記事を参照されたい。

JR logo (east).svg東日本旅客鉄道
山手線
代々木駅 - 新宿駅 - 新大久保駅
埼京線
通勤快速・快速・各駅停車
渋谷駅 - 新宿駅 - 池袋駅
湘南新宿ライン
特別快速・快速・普通
渋谷駅 - 新宿駅 - 池袋駅
中央線(快速)
通勤特快
四ツ谷駅新宿駅国分寺駅
中央特快(当駅始発)
新宿駅三鷹駅
中央特快・青梅特快・通勤快速・快速
四ツ谷駅 - 新宿駅 - 中野駅
中央・総武線(各駅停車)
代々木駅 - 新宿駅 - 大久保駅
KeioRailway logo.svg 京王電鉄
京王線
特急・準特急
京王線新宿駅 (KO 01) - 明大前駅 (KO 06)
急行・区間急行・快速・各駅停車
京王線新宿駅 (KO 01) - 笹塚駅 (KO 04)
京王新線
急行・区間急行・快速・各駅停車
(都営新宿線) - 新線新宿駅 (KO 01) - 初台駅 (KO 02)
PrefSymbol-Tokyo.svg 都営地下鉄(東京都交通局)
S 都営新宿線
急行
(京王新線) - (新線)新宿駅 (S 01) - 市ヶ谷駅 (S 04)
各駅停車
(京王新線) - (新線)新宿駅 (S 01) - 新宿三丁目駅 (S 02)
E 都営大江戸線
代々木駅 (E 26) - 新宿駅 (E 27) - 都庁前駅 (E 28)
OdakyuGroup logo2.svg 小田急電鉄
小田原線
快速急行・急行・準急・区間準急
新宿駅 (OH 01) - 代々木上原駅 (OH 05)
各駅停車
新宿駅 (OH 01) - 南新宿駅 (OH 02)
Tokyo Metro logo.svg 東京地下鉄
M 丸ノ内線
西新宿駅 (M 07) - 新宿駅 (M 08) - 新宿三丁目駅 (M 09)
  • 京王新線と都営新宿線は新線新宿駅を介して直通運転するが、両事業者の路線に跨って「急行」「各駅停車」として運転される列車を除いて、新線新宿駅に到着した際に直通先事業者の種別に変更する。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

記事本文の出典[編集]

  1. ^ 2012年10月26日 日経新聞電子版「新宿南口、線路上に巨大ターミナル“大新宿駅”が実現」。
  2. ^ 原武史 (2009). 探究この世界 2009年6-7月(NHK知る楽/月). 日本放送出版協会. p. 122. ISBN 978-4141895206. 
  3. ^ エンタテイメントビジネス総研「乗降客数総覧」
  4. ^ 多角化と鉄道の近代化(1961 - 1976)小田急電鉄ホームページ
  5. ^ 躍進する小田急(1977 - 2007)小田急電鉄ホームページ
  6. ^ 外山勝彦「鉄道記録帳2003年2月」、『RAIL FAN』第50巻第5号、鉄道友の会、2003年5月1日、 21頁。
  7. ^ 出典元:鉄道ジャーナル 2007/11
  8. ^ “新宿駅に悲願の新通路 東西つなぐ連絡路 距離半減、28年度完成”. 産経新聞. (2008年2月15日). http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/tokyo/080215/tky0802150412001-n1.htm 2008年2月16日閲覧。 [リンク切れ]
  9. ^ JR高速バス新宿駅きっぷうりば・乗降場の移転について
  10. ^ 新宿 - 笹塚の複々線化による。都営新宿線直通以前から初台は地下駅であり、現在も地下ホームの遺構(京王線の新宿駅付近の廃駅)が残っており、資材置き場として使用されている。当駅を発車した列車はここを通過する際に減速する。幡ヶ谷は当初地上ホームであり、現在この付近の線路跡は甲州街道南側の緑地となっている。
  11. ^ 新宿駅1番線ホームドアの使用開始について(10月末)”. 京王電鉄 (2013年9月13日). 2013年9月15日閲覧。
  12. ^ JR時刻表2010年9月号(交通新聞社刊)567ページ
  13. ^ ssロケーションデータ
  14. ^ 2007年(平成19年)4月2日からは池袋駅・上野駅・東京駅・新橋駅・渋谷駅を加えた計6駅に設置箇所が拡大
  15. ^ 始発は品川か東京 JR東海社長、表明” (日本語). 毎日新聞社 (2008年3月6日). 2008年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年3月20日閲覧。

利用状況の出典[編集]

JR・私鉄・地下鉄の1日平均利用客数
JR東日本の1999年度以降の乗車人員
JRをのぞく私鉄、地下鉄の乗降人員
  1. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
東京府統計書
  1. ^ a b 東京府統計書 - 国立国会図書館(デジタル化資料)
東京都統計年鑑

参考文献[編集]

  • 「国道20号新宿跨線橋架替にともなう新宿駅改修工事」
  • 「国道20号新宿跨線橋架替にともなう新宿駅支障改修工事」
    • 鉄道ジャーナル社『鉄道ジャーナル』2007年11月号 No.493 P.56 - P.63
  • 「JR東日本 国道20号新宿跨線橋架替工事と新宿駅改修工事」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]