新宿駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新宿駅
東口駅ビル「ルミネエスト新宿」
東口駅ビル「ルミネエスト新宿
しんじゅく - Shinjuku
所在地 東京都新宿区渋谷区
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
京王電鉄
小田急電鉄
東京地下鉄(東京メトロ)
東京都交通局都営地下鉄
乗換 西武新宿駅西武新宿線
新宿西口駅都営地下鉄大江戸線
南口遠景(2005年5月)

新宿駅(しんじゅくえき)は、東京都新宿区渋谷区にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・京王電鉄小田急電鉄東京地下鉄(東京メトロ)・東京都交通局都営地下鉄)のである。

目次

概要[編集]

東京の副都心新宿に位置するターミナル駅である。1885年明治18年)に日本鉄道により現在の山手線が開業したのが当駅の始まりである。4年後の1889年(明治22年)には南豊島郡淀橋町となる。開業時から新宿を副都心にする計画が発表されるまでは当駅周辺はまだ街の外れであり利用客は少ないものだったが、大正期に入り次第に市街地が拡大するにつれ、多くの私鉄が乗り入れるようになる。ターミナルとなって周辺が発展するにつれて利用客は増え続け、1931年には私鉄や国鉄などを合わせた利用者数で日本一になった[1]。そして、1966年昭和41年)には国鉄(現 JR)新宿駅も国鉄池袋駅を抜いて乗車人員数日本一になっている[2]。同年の当駅の乗車人員数は41万69人で、池袋駅の41万67人をわずか2人上回っての日本一だった。 さらに1960年代から当駅西側一帯で進められた新宿副都心計画によって、70年代には多くの超高層ビルが建てられ利用者の増加に拍車がかかった。

現在ではJR・私鉄・地下鉄の多くの路線が周辺地域のベッドタウンとを結んでおり、多くのビジネス客が利用する。また、当駅周辺は日本最大の繁華街・歓楽街となっており、昼夜を問わず人の流れが絶えることはない。JRの駅を中心に東・西・南口、周辺の各地下鉄駅、商業施設などが通路や地下街などで広範囲に連絡している。

一日平均乗降者数は約326万人(2011年)[3]世界一ギネス世界記録認定)多い駅であり、地下道などで接続する西武新宿駅まで含めると約343万人(2011年)ほどになり、この数字は横浜市の人口に匹敵する。

乗り入れ路線[編集]

各社の位置関係

JR東日本、京王電鉄、小田急電鉄、東京メトロ、東京都交通局の5社局が乗り入れるターミナル駅である。以下のうち、京王線と小田急小田原線は当駅を起点としている。

JR東日本
JR東日本の駅に乗り入れている路線は、線路名称上は山手線中央本線であり(詳細は路線記事および「鉄道路線の名称」を参照)、山手線を当駅の所属線としている。一方、当駅に乗り入れている運転系統は以下のように多岐にわたっている。また、特定都区市内制度における「東京都区内」および東京山手線内に属する。
京王電鉄
京王電鉄の路線は、線路名称上は京王線のみであるが、運転系統は当駅を起点とする「京王線」と、都営地下鉄新宿線と直通運転を行っている「京王新線」に分かれており、後者が発着する駅は「新線新宿駅」と呼ばれている。当駅には新宿駅・新線新宿駅共通で「KO 01」の駅番号が与えられている。
小田急電鉄
小田急の路線は、当駅を起点とする各駅停車は小田原線のみである。ただし、快速急行、急行線は江ノ島線に直通する列車も運行され、新百合ヶ丘駅から多摩線に直通する列車も運行されている。「OH 01」の駅番号が与えられている。
東京地下鉄(東京メトロ)・東京都交通局(都営地下鉄)
地下鉄は次の2社局3路線が乗り入れており、各路線ごとに駅番号が与えられている。

その他の鉄道路線[編集]

以下の駅とは地下通路などでつながっているが、各鉄道会社によっては公式な接続駅となっている駅もある。

歴史[編集]

新宿駅という駅名は、江戸時代に甲州道中(甲州街道)の日本橋高井戸の間に新しく作られた宿駅である「内藤新宿」が由来となっている。

新宿に鉄道の駅ができたのは、1885年明治18年)に日本鉄道により赤羽 - 品川間の路線(現在の山手線)が開設された時である。しかし、この時は新宿と言っても町外れに駅が設けられたためにほとんど利用がないこともあったと伝えられている。

次いで、1889年(明治22年)に甲武鉄道によって立川までの路線(現・中央本線)が開設され、同年8月には八王子まで延長された。また、この頃に電車線用のプラットホームとして、本来の新宿駅のプラットホームのほかに、構内の大久保寄りの青梅街道付近にもプラットホームが設けられていた。

その後も私鉄の乗り入れは相次ぎ、1915年大正4年)に京王電気軌道(現・京王電鉄)が南口の甲州街道上に、1923年(大正12年)には帝国電灯西武軌道線(後の都電杉並線)が東口に、1927年昭和2年)には小田原急行鉄道(現・小田急電鉄)が西口にそれぞれ新宿駅を開業させている。

京王線の新宿起点は、新宿駅ではなく新宿追分交差点であり、現在の新宿三丁目駅の位置付近(伊勢丹の交差点南側路上)にあった。後に隣接する路面外の土地に移設され京王新宿駅を名乗るが、1945年(昭和20年)に空襲で初台の変電所が被災し京王線の電圧が下降した影響で南口跨線橋の急勾配を電車が走行できなくなり、同年7月に東横線新宿駅予定地だった現在の西口に移転している(京王線の新宿駅付近の廃駅の項を参照のこと)。1952年(昭和27年)には西武鉄道の新宿線が西武新宿駅(歌舞伎町付近)まで延伸した。

小田急と京王のホームが地上にあった一時期に、のりばの番号が国鉄(現・JR)→小田急→京王の順で連番だったこともある。この当時は、各社の駅をつなぐ連絡跨線橋が設置され、乗客の乗り換えに供用されていた。また、軌間が同じ国鉄と小田急の間には連絡線が設置されていた。

戦後の復興と経済成長の中で、新宿駅を出てすぐに甲州街道上を走っていた京王線が路面区間解消のために地下化、小田急小田原線も限られたスペースでの発着番線確保のために駅が二層化され、地下鉄各線の開業、ターミナルビルの建設などが相次いで行われ、現在の姿となった。

年表[編集]

  • 1915年大正4年)5月1日 - 京王電気軌道(京王電鉄の前身)の駅が甲州街道上に開業。
  • 1923年(大正12年)12月1日 - 帝国電灯西武軌道線(後の都電杉並線)の駅が東口に開業。
  • 1927年昭和2年)4月1日 - 小田原急行鉄道(小田急電鉄の前身)の駅が開業。
  • 1942年(昭和17年)5月1日 - 戦時中の合併により小田急電鉄の駅が東京急行電鉄小田原線の駅となる。
  • 1944年(昭和19年)5月31日 - 戦時中の合併により京王電気軌道の駅が東京急行電鉄の駅となる。
  • 1945年(昭和20年)7月24日 - 現在の京王電鉄の駅が西口に移転。
  • 1948年(昭和23年)6月1日 - 東京急行電鉄の分割により東京急行電鉄の駅が小田急電鉄および京王帝都電鉄(現:京王電鉄)の駅になる。
  • 1952年(昭和27年)3月25日 - 西武新宿駅開業。
  • 1959年(昭和34年)3月15日 - 営団地下鉄丸ノ内線の駅が開業。
  • 1961年(昭和36年)2月8日 - 営団地下鉄荻窪線(現在の丸ノ内線新宿 - 荻窪間)が開業。
  • 1963年(昭和38年)
  • 4月1日 - 京王帝都電鉄の新宿駅が地下駅となる。道路との併用軌道から切り替え。
  • 12月1日 - 都電杉並線廃止。
  • 1982年(昭和57年)4月1日 - 小田急電鉄新宿駅第2次大改良工事完成。地上駅・地下駅とも10両編成運転に対応した(10両運転そのものは地上駅のホームを利用して1977年7月に開始していた[5])ほか、乗換えが便利になった。
  • 1984年(昭和59年)2月1日 - 国鉄駅での貨物取扱が廃止。
  • 1986年(昭和61年)3月3日 - 国鉄埼京線運行区間が延伸。第1ホーム(現1・2番線)を使用開始し既存ホームの番線がずれる。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、国鉄の駅は東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅(山手線所属)となる。
  • 1991年平成3年)3月19日 - 「成田エクスプレス」運転開始により第2ホーム(現3・4番線)を使用開始し、既存ホームの番線がずれる。新南口がオープン。
  • 1995年(平成7年)5月5日 - 当駅で青酸ガス事件が発生(新宿駅青酸ガス事件オウム真理教(→アーレフ)の元信者の犯行)。
  • 1997年(平成9年)12月19日 - 都営地下鉄大江戸線の駅が開業。
  • 2000年(平成12年) - 関東の駅百選に選定。
  • 2001年(平成13年)
  • 2003年(平成15年)2月1日 - 甲州街道跨線橋架け替え工事に伴い、中央線特急の発着ホームを現在使用の仮設ホームに移転[6]。それまで使っていた第3ホームの工事開始。
  • 2004年(平成16年)
  • 4月1日 - 営団地下鉄民営化により、丸ノ内線の駅は東京地下鉄(東京メトロ)の駅となる。
  • 9月25日 - 甲州街道跨線橋架け替え工事に伴い、中央線快速上りの発着ホームを工事中だった第3ホームに移転。それまで使っていた第4ホームの工事開始。
  • 3月18日 - 東武線直通特急「(スペーシア)日光・きぬがわ」運転開始。
  • 4月16日 - 甲州街道跨線橋架け替え工事に伴い、サザンテラス口がオープン。中央線快速下りの発着ホームを工事中だった第4ホームに移転。それまで使っていた第5ホームの工事開始。
  • 3月18日 - JR新宿駅で一部番線番号を変更(11 - 14番線→13 - 16番線)。
  • 4月15日 - 甲州街道跨線橋架け替え工事に伴い、中央線快速下りの発着ホームを工事中だった第5ホーム(11・12番線)に移転。それまで使っていた第4ホーム(9・10番線)の工事開始。
  • 11月25日 - 甲州街道跨線橋架け替え工事に伴い、中央線特急の発着ホームを仮設ホームから工事中の第4ホームに移転。
  • 2008年(平成20年)3月15日 - ダイヤ改正で、「成田エクスプレス」や東武線直通特急などの発着ホームを第2ホームから仮設ホームに移転。
  • 2010年(平成22年)11月28日 - 甲州街道跨線橋架け替え工事に伴い、新南口を移設。

駅構造[編集]

JR東日本[編集]

JR 新宿駅
埼京線・湘南新宿ラインホーム(2005年5月)
埼京線・湘南新宿ラインホーム(2005年5月)
しんじゅく - Shinjuku
所在地 東京都新宿区新宿三丁目38-1
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 シク
駅構造 地上駅
ホーム 8面16線
乗車人員
-統計年度-
751,018人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1885年明治18年)3月1日
乗入路線 5 路線
所属路線 山手線
キロ程 10.6km(品川起点)
代々木 (0.7km)
(1.3km) 新大久保
所属路線 埼京線
湘南新宿ライン
(いずれも正式には山手線)
渋谷 (3.4km)
(4.8km) 池袋
所属路線 中央線(快速)*
キロ程 10.3km(東京起点)
四ツ谷 (3.7km)
(4.4km) 中野
所属路線 中央・総武線(各駅停車)*
キロ程 中央本線に同じ
千葉から46.4km
代々木 (0.7km)
(1.4km) 大久保
備考 みどりの窓口
山区 東京山手線内東京都区内
* 正式な路線名称
- 新宿 - 代々木間は山手線
- 新宿以西および代々木以東は中央本線
1・2番線埼京線・湘南新宿ラインホーム(2005年5月)
5・6番線ホーム(2007年11月4日、当時の中央本線特急ホーム)
9・10番線ホーム(2008年4月10日、中央本線特急ホーム)

2008年平成20年)3月15日現在、8面16線の島式ホームと線路を使用している。ホームと線路は南北に伸び、東から1 - 16番線となっている。連絡通路は「北通路」「中央通路」と呼ばれる地下道、南口の跨線橋、新南口・サザンテラス口の跨線橋の4つである。

かつては、新南口は1 - 6番線のホームからのみ利用できたが、2006年(平成18年)4月16日に跨線橋が延伸されるとともに仮駅舎としてサザンテラス口が開設され、すべてのホームから直接アクセスできるようになった。

1 - 6番線は他のホームに比べると南に位置している。特に5・6番線のホームの一番北側は7・8番線の一番南側と南北でほぼ同じ位置にあり、ホームのほぼ全域が甲州街道国道20号)より南側の渋谷区に属する。さらにすぐ南隣の代々木駅との距離は5・6番線だと約200mほど(これは同ホームの長さより短い)で、発車メロディが聞こえる程である(同駅東側に中央線特急用の引き上げ線がある)。

現在、JR東日本の駅では改良工事が行われている。主な理由は以下の4つが挙げられる。

  1. 当駅を東西に跨いでいる甲州街道の跨線橋(新宿跨線橋)の老朽化が進んでいることや、慢性的な交通渋滞の解消を目的として、跨線橋の架替工事が行われている。その際に新設する橋脚・架設構台の設置スペースや、人工地盤の柱設置スペースを確保するため、配線変更をする必要がある。
  2. 配線変更をするにあたり、構内に分散していた保守基地や中線・渡り線を集約化して新5・6番線を設置するスペースの捻出や、構内に多数存在するダブル・スリップ・スイッチやシングル・スリップ・スイッチなど特殊分岐器の廃止を図る必要がある。そのうち、中央線快速に関連する特殊分岐器は2007年(平成19年)4月15日の工事で廃止された。また1 - 4番線の池袋寄り線路についても配線変更する計画があり、中央線特急ホーム移設までに実施される予定であったが、工事スケジュールの都合から後回しになっている[7]
  3. これまで1 - 6番線ホームと7 - 16番線ホームは乗り換えに時間が掛かっていたが、2006年(平成18年)4月15日の工事によって大きく改善された(詳細は下記または埼京線・湘南新宿ラインの項を参照のこと)。
  4. 5・6番線からの中央線下り特急の線路が7・8番線に発着する上り快速列車の線路と平面交差しており、これがダイヤ上のネックになっていたが、2007年(平成19年)11月25日より特急ホームが9・10番線に移転して上下快速線ホームに挟まれる形となり、問題が解消された。

改良工事完成後は、新南口とサザンテラス口を覆うようにタクシー高速バスの乗り場を併設した駅ビルと人工緑地が整備される(「鉄道のデザイン展」で完成予想模型を公開)。これら南口一帯の整備は、2015年(平成27年)度の完成を予定している。

当駅の所管は東京支社で、電報略号は『シク』である。

山手線と中央・総武線各駅停車の発車標は、埼京線の開業前から設置されており、外装は現在でも古いままである。

2007年(平成19年)5月より、各改札前などに東京近郊の系統路線における運行状況マップを掲載したプラズマディスプレイが設置された。

のりば[編集]

番線 路線 行先 備考
1 埼京線 渋谷大崎新木場方面 りんかい線直通
池袋大宮川越方面 当駅始発のみ
湘南新宿ライン 横浜大船小田原逗子方面 東海道線横須賀線直通
2 埼京線 渋谷・大崎・新木場方面 りんかい線直通
池袋・大宮・川越方面 当駅始発のみ
3 埼京線 池袋・大宮・川越方面  
4 埼京線 池袋・大宮・川越方面  
湘南新宿ライン 大宮・宇都宮高崎方面 宇都宮線高崎線直通
5・6 成田エクスプレス 成田空港方面  
東武線直通(特急) 東武日光鬼怒川温泉方面 (スペーシア)日光・きぬがわ
7・8 中央線(快速) 御茶ノ水東京方面  
9・10 中央本線(特急) 甲府松本方面 (スーパー)あずさ」「かいじ
11・12 中央線(快速) 中野立川高尾方面  
13 中央・総武線(各駅停車) 水道橋秋葉原千葉方面 早朝深夜は御茶ノ水駅乗換
14 山手線(内回り) 原宿・渋谷・品川方面  
15 山手線(外回り) 池袋・田端上野方面  
16 中央・総武線(各駅停車) 東中野・中野・三鷹方面  
備考[編集]

各線とも北向きの列車が下り、南向きの列車が上りである(一部異なるホームから発着するものもある)。路線では内回りや南行などの言い回しをするものもある(山手線や中央緩行線、湘南新宿ライン)が、線路名称としては上り・下りの方向が揃っている。

かつて、湘南新宿ライン南行の横須賀線方面は横須賀線の路線色(青)で表記されていた(赤羽・池袋・渋谷・恵比寿・大崎の各駅でも同様)。以前は当駅発着の列車のみ横須賀線の車両(215系・E217系)の運用があったが、それが2004年(平成16年)10月16日のダイヤ改正でなくなり、2008年(平成20年)3月15日現在は、南行(1番線)と北行(4番線)どちらもオレンジ色と青色を縦に並べた表記になっている。

5・6番線には北側にエスカレーターが設置されている。また、7・8番線にも南口跨線橋の下にエスカレーターやエレベーターが設置されているので、5・6番線への連絡がスムーズになっている。

7・8番線(中央線快速上り)は、東京行は基本的にはほぼ終日8番線を使用しており、平日朝ラッシュ時(7 - 9時台)は東京行が7番線と8番線で交互発着し、当駅での大量の乗降客による各列車の長時間停車に対応している。なお、当ホームを発着する東京行の列車に対しては、当駅以降は特急・ライナーを除く全列車が四ツ谷・御茶ノ水・神田・東京の順に停車するので、到着列車はすべて「快速 東京」行と音声、電光表示案内している。7番線は、東京・千葉行の「あずさ」「かいじ」、終着の「スーパーあずさ」「あずさ」号および東京行の橙色の列車が使用している。当駅止まりの「スーパーあずさ」「あずさ」「かいじ」で7番線に到着する列車は東京駅まで回送され、東京始発の「かいじ」「中央ライナー」「青梅ライナー」として運転される。

9・10番線の特急ホームにある駅名標には、上り方面は矢印にはなっているが、隣の駅名が表記されていない(但し、東京方面からの中距離列車がない訳ではない。)。下りの隣の駅としては、特急「かいじ」の次の停車駅である三鷹が表記されている。

7番線側と11番線(旧9番線)側の方面案内サインは以前背景が青色(中電色)で「中央本線(普通) 大月・甲府方面」と表記(後に無表記)だったが、湘南新宿ライン登場に伴う更新で快速と同じオレンジ色のものに変更された。現在も7番線の方面案内は無表記だが、11番線の方面案内には12番線と同様の表記になっている。以前は、9・10番線の特急ホームと同様に下りの隣の駅が三鷹と表記されている。三鷹は、特急および(現在は臨時のみ運転の)中距離列車(中電)の駅としては下り側の隣の駅である。ちなみに上り側は快速と同様に四ツ谷と表記されていた。現在は上下とも快速と同様に下り側は中野、上りは四ツ谷と表記されている。但し、現在でも階段付近の帯には、中距離カラーのブルーと快速カラーのオレンジを併用したものがある。

現在でも、新宿駅に発着する中距離列車(特急ホーム発着除く)は原則として上りは7番線、下りは7・11番線発着であり、8・12番線は使用しない(但し、高尾以西を中距離列車として運行する快速を除く。)。

11・12番線(中央線快速下り)ホームは、下り電車は基本的には12番線を使用している。平日朝8 - 9時台後半と夕方18 - 19時は11番線と交互発着している。他のホームに比べて幅が狭い。そのため、ダイヤが乱れた際や金曜日など休日前の夜の帰宅ラッシュ時間帯は列車を待つ旅客でホーム上が混雑し、12番線に到着した列車からも大量の旅客が降車するため、大変危険な状況に陥ることがある。また、平日深夜の当駅始発の中央特快(23:29発・0:11発)は11番線から発車し、中野駅は通過となる(同じ当駅始発であるホリデー快速「おくたま」「あきがわ」は同駅に停車する)。

13・14番線と15・16番線はそれぞれ方向別配線で、同一方向の列車の乗り換えが便利になっているが、接続がとられていない場合もある。

その他[編集]

方面案内にない列車はそれぞれ以下のホームより発着する。

番線 路線 方向 備考
2 湘南新宿ライン横須賀線直通 横浜・大船・逗子方面 一部列車
5・6 特急「あかぎ」「スワローあかぎ」 高崎・前橋方面  
快速「ムーンライトえちご 新潟方面  
快速「フェアーウェイ 黒磯方面  
ホームライナー小田原 小田原方面  
特急「(スーパービュー)踊り子 熱海伊東伊豆急下田方面  
7 特急「新宿わかしお
特急「新宿さざなみ
千葉・安房鴨川館山方面  
ホームライナー千葉 千葉方面  
青梅ライナー 東京方面  
特急「あずさ」「かいじ 東京・千葉方面  
9・10 中央ライナー・青梅ライナー 高尾・青梅方面  
特急「スーパーあずさ」 東京方面 特急「スーパーあずさ6号」東京行き
13 中央線(各駅停車) 御茶ノ水・東京方面 東京駅へ直通の各駅停車
16 中央線(各駅停車) 立川・高尾方面 三鷹駅以西へ直通の各駅停車

2008年(平成20年)3月15日のダイヤ改正で、1番線発の埼京線下り列車の設定がなくなった。直後の線路切り替え工事において、1番線から池袋方面へ折り返すために必要な出発信号機やポイントも撤去された。しかし、2009年(平成21年)11月7日の工事により1・2番線がシーサスクロッシングに戻り、出発信号機も再設置されたため、再び1番線から大宮方面へ折り返せるようになった。そして、2010年(平成22年)3月13日のダイヤ改正により、1番線発の埼京線下り列車の設定が復活した。

配線[編集]