渡辺捷昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
わたなべ かつあき
渡辺 捷昭
生誕 1942年2月13日(72歳)
日本の旗 愛知県
出身校 慶應義塾大学経済学部卒業
職業 トヨタ自動車相談役
道路新産業開発機構会長

渡辺 捷昭(わたなべ かつあき、1942年2月13日 - )は、日本実業家トヨタ自動車株式会社相談役豊田自動織機監査役首都高速道路株式会社取締役会長一般社団法人次世代放送推進フォーラム名誉会長、一般財団法人道路新産業開発機構会長、一般財団法人道路システム高度化推進機構理事長、公益財団法人長寿科学振興財団会長[1]慶應義塾評議員

トヨタ自動車株式会社代表取締役社長(第5代、工販分離前から数えると第10代[2])、同社代表取締役副会長、一般社団法人日本経済団体連合会副会長、トヨタファイナンシャルサービス監査役などを歴任した。

概要[編集]

1942年(昭和17年)三重県四日市市生まれ。愛知県立岡崎高等学校慶應義塾大学経済学部卒業後、1964年(昭和39年)にトヨタ自動車工業株式会社(現在のトヨタ自動車)に入社した。1992年(平成4年)に取締役1997年(平成9年)に常務1999年(平成11年)に専務2001年(平成13年)に副社長を経て、2005年(平成17年)に社長2009年(平成21年)に副会長に昇格し、2011年(平成23年)に相談役に退いた。

現在、グループ企業の監査役などを兼任する。また、財団法人道路新産業開発機構の会長など、自動車や道路整備等に関連する諸団体の役員等にも多数就任している。

来歴・人物[編集]

慶應義塾大学在学中は慶應義塾ワグネル・ソサィエティー男声合唱団に所属した。1964年(昭和39年)4月にトヨタ自動車工業株式会社(現在のトヨタ自動車)に入社した。部品購入を担当する調達部門、経営企画の分野を担当後、1992年(平成4年)に取締役に就任した。その後、主力工場の一つである元町工場の工場長、米国、および欧州の現地事業体の取締役などを担当して、2001年(平成13年)に副社長に就任した。2000年(平成12年)から強力な原価低減活動を推進して、3年間で主要部品のコストを約30%削減したと言われている(CCC21)。

2005年(平成17年)6月に社長に就任し、2009年(平成21年)6月より副会長に就任した。社長の任期中は奥田碩社長時代以降の海外販路拡大路線を継承し、2007年 (平成19年) のトヨタグループ累計の年間販売台数は過去最高の936万6,418台を達成し (僅差で世界2位)、2008年3月期の連結営業利益を2兆2703億円として史上最高益を達成した。翌2008年 (平成20年) の世界販売台数はリーマン・ショックにより落ち込むもののGMを抜き、初めて世界一を達成した。しかし、行き過ぎたコスト削減と、利益追求で品質低下を招いた。こうした2009年から2010年 (平成22年) にかけて発生した大規模リコール問題の責任を取り、会長に就任することなく2011年(平成23年)に相談役に退くことになった。この人事には、創業一族で実子の豊田章男新社長への権力移譲を急ぎたい豊田章一郎名誉会長の意向が働いたと報道されている。

また2009年より日本経済団体連合会副会長、2012年より首都高速株式会社取締役会長も務めている。

「明るく、楽しく、元気よく」「愚直に、地道に、徹底的に」が信条。趣味音楽鑑賞(すべてのジャンル)やラグビー野球サッカーゴルフなどの観戦

その他[編集]

出典[編集]

  1. ^ 公益財団法人 長寿科学振興財団 役員名簿”. 公益財団法人 長寿科学振興財団. 2014年7月1日閲覧。
  2. ^ トヨタ自動車75年史 歴代の会長・副会長・社長(含 受章歴) トヨタ公式サイト
ビジネス
先代:
張富士夫
トヨタ自動車社長
第5代 : 2005年 - 2009年
次代:
豊田章男