オムロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オムロン株式会社
OMRON Corporation
Omron Kyoto Center Bldg 20110417-001.jpg
オムロン京都センタービル(左、本社)と啓真館(右、展示・研修・保育施設)
種類 株式会社
市場情報
東証1部 6645
大証1部(廃止) 6645 2013年7月12日上場廃止
フランクフルト '
本社所在地 日本の旗 日本
600-8530
京都府京都市下京区塩小路通堀川東入南不動堂町801
設立 1948年5月10日
業種 電気機器
事業内容 制御機器、FAシステム、電子部品の製造
代表者 山田義仁(代表取締役社長)
資本金 641億円
発行済株式総数 239,121千株
売上高 連結 6,195億円
営業利益 連携 401億円
純利益 連携 163億円
総資産 連結 5,373億円
従業員数 連結 35,992名
単体 4,245名
決算期 3月31日
主要子会社 オムロン ヘルスケア
関係する人物

作田久男(会長)

立石義雄
外部リンク [1]
特記事項:各種経営指標は2012年3月期、従業員数は2012年3月現在
テンプレートを表示

オムロン株式会社: OMRON Corporation)は、PLCなどのFA(システム)機器制御(システム)機器電子部品を中心とする大手メーカー。

概要[編集]

一般消費者には健康器具で知られる。本社所在地は京都市下京区塩小路通堀川東入(オムロン京都センタービル)。ADRにも上場している。(証券コード:OMRNY)

社名は、かつて立石電機株式会社時代に本社を置いていた京都市右京区花園(京都市西北部)の通称「御室」(おむろ)から。創業地としても知られる。なお、オムロンの跡地は現在住宅地となっているが、創業記念碑が建立されている。

自動改札機ATM(現金自動支払機)など世の中にない製品を創り出すベンチャー精神がある。前者はプロジェクトXで取り上げられたことがある。近年は液晶テレビのバックライトが知られる。

かつてはプリントシール機の開発の大手でもあり、グループ会社だったオムロンエンターテインメントがOEMだけでなく自社ブランドでの販売も行っていた。同社は現在はグループを離脱している。

世界7極に地域統括本社を設置(日本アメリカオランダ中国シンガポールインドブラジル)。近年、中国を中心とした海外へのビジネス展開に積極的。

沿革[編集]

オムロン三島事業所(静岡県三島市
  • 1930年 - 立石一真が京都市下京区で「彩光社」を設立。
  • 1933年5月 - 大阪市都島区東野田に「立石電機製作所」を創業。レントゲン撮影用タイマの製造開始。(公式にはこの年が創業年)
  • 1936年7月 - 大阪市西淀川区に工場を新設し移転。
  • 1945年6月 - 工場を京都市右京区に移転。
  • 1948年5月 - 株式会社に改組し「立石電機株式会社」に商号変更(公式にはこの年が設立年)
  • 1955年1月 - 販売部門・研究部門を分離・独立し「立石電機販売株式会社」「株式会社立石電機研究所」を設立。同時期に生産子会社「株式会社西京電機製作所」を設立。
  • 1959年1月 - 商標を「OMRON」と制定する。
  • 1959年2月 - 「株式会社立石電機研究所」を吸収合併。
  • 1962年4月 - 京都証券取引所大阪証券取引所第2部に上場。
  • 1964年10月 - 生産子会社を「株式会社西京電機立石製作所」に一本化する。
  • 1965年4月 - 「立石電機販売株式会社」並びに「株式会社西京電機立石製作所」を吸収合併。
  • 1965年8月 - 大阪証券取引所第1部へ指定替え。
  • 1966年9月 - 東京証券取引所名古屋証券取引所各第1部に上場。
  • 1990年1月 - 「オムロン株式会社」に社名変更。
  • 1991年3月 - 本社事務所を京都市下京区に移転。
  • 1999年4月 - 事業部制からカンパニー制へ移行。
  • 2000年8月 - 本店と本社事務所を現在の「オムロン京都センタービル」に移転。
  • 2003年6月 - 作田久男が創業家以外で初めての社長に就任。
  • 2003年7月 - 「ヘルスケアビジネスカンパニー」を分社化し「オムロン ヘルスケア株式会社」を設立。
  • 2004年10月 - 共同新設分割により、ATM等の情報機器事業を「日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社」へ継承。
  • 2005年12月 - 子会社の「オムロン岡山株式会社」を吸収合併。
  • 2006年8月 - パイオニア子会社の「パイオニア精密株式会社」の全株式を取得し、「オムロン プレシジョンテクノロジー株式会社」に商号変更。
  • 2007年4月 - セイコーエプソン子会社の半導体事業の事業用資産を譲り受け「オムロン セミコンダクターズ株式会社」を設立。
  • 2008年7月 - 「オムロン セミコンダクターズ株式会社」を吸収合併。
  • 2009年11月 - 名古屋証券取引所上場廃止。
  • 2010年5月 - 「オートモーティブエレクトロニックコンポーネンツカンパニー」を分社化し「オムロン オートモーティブエレクトロニクス株式会社」を設立。
  • 2010年11月 - 「ソーシアルシステムズ・ソリューション&サービス・ビジネスカンパニー」を分社化し「オムロン ソーシアルソリューションズ株式会社」を設立。(事業開始は2011年4月1日)

主な商品[編集]

受賞[編集]

  • 「誠実な企業」賞 最優秀賞(「誠実な企業」賞審議会)(2012年)

関連会社[編集]

オムロン○○(あ行)(オムロンが企業名の先頭につくもの)

オムロン○○(か行)

オムロン○○(さ行)

オムロン○○(た行)

オムロン○○(な行)

オムロン○○(は行)

オムロン○○(ま行)

オムロン○○(ら行)

その他の名前の企業

現存しない子会社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]