地井武男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ちい たけお
地井 武男
地井 武男
本名 地井 武男(ちい たけお)
生年月日 1942年5月5日
没年月日 2012年6月29日(満70歳没)
出生地 日本千葉県八日市場市(現:匝瑳市
死没地 日本東京都港区
身長 170 cm
血液型 B型
職業 俳優タレント
ジャンル 映画テレビドラマCMバラエティ番組紀行番組ラジオパーソナリティ
活動期間 1967年 - 2012年
活動内容 俳優・タレント
配偶者 既婚
主な作品
北の国から
太陽にほえろ!
時間ですよ
刑事貴族
ちい散歩
受賞
その他参照

地井 武男(ちい たけお、1942年5月5日 - 2012年6月29日)は、日本俳優タレント。本名同じ。千葉県八日市場市(現:匝瑳市)出身。株式会社サイプロダクション所属。身長170cm。体重63kg。

来歴・人物[編集]

所属事務所[編集]

俳優座[1]どりいみい7[2]沢井プロダクションサイプロダクション

生涯[編集]

千葉県匝瑳郡八日市場町(現:匝瑳市)に8人きょうだいの末っ子として生まれる。なお、きょうだいは長兄以外は全員女性[3]千葉県立匝瑳高等学校卒業後、石原裕次郎赤木圭一郎に憧れ[3][4]1963年俳優座養成所へ第15期生として入所。同期には原田芳雄林隆三太地喜和子赤座美代子前田吟夏八木勲高橋長英竜崎勝秋野太作栗原小巻小野武彦村井国夫三田和代など錚々たるメンバーがいる[1]

1966年に養成所卒業。その後は串田和美吉田日出子らと創立メンバーとしてオンシアター自由劇場でも活躍した。

その後は主にテレビ・映画で活躍。岡本喜八監督『斬る』で映画デビューし、1970年には武田敦監督『沖縄』で映画初主演。以降、主演から脇役悪役からマイホームパパまで、幅広い役柄を演じ演技派の総合俳優として活躍。特に活動歴の前半には岡本喜八、山本薩夫今井正らの巨匠による社会派・戦争大作と、日活ニューアクション系の流れを汲む不良性感度の高い作品群が並行しており、その役柄の幅広さを反映している。やがてテレビにも進出しタレントとしても活躍、バラエティ番組CMにも出演するようになり、広い世代から認知されていた。

元女優の真木沙織(本名:地井佐和子)と1974年に結婚、その後1女を儲ける。真木は2001年6月乳癌で他界。3年後の2004年2月に元モデルの女性と再婚[5]。再婚に関しては、生前の真木が助言をしていたことによる[6]

1995年末には狭心症を患い、札幌市中央区の市立札幌病院に1か月ほど入院していた。それ以来、後述する闘病生活まで大病はなかった[7]が、これがきっかけとなり、健康に気を遣うようになり、また再婚を機にタバコもやめた[7]

地井は日本の四季自然植物を愛することでも知られた。それを象徴するかのように、2006年4月3日より、自身のライフワークともいうべき番組となった『ちい散歩』(テレビ朝日)が放送開始。後述の通り2012年に自身が病に倒れて終了するまで、放送1518回、訪問地833ヵ所、総歩数3,227,000歩、総距離数2581.6kmを記録し約6年続く人気番組となった。同番組は昨今の散歩ブームの火付け役となり[8]、地井本人も「散歩の達人」として知られるようになった。

最期[編集]

2012年1月30日、地井は視野が狭くなったため緊急入院し、精密検査を受けた[5][9]。その後、の具合はよくなったものの、検査で心臓疾患が判明し、医師から「無理をすれば心不全を引き起こす可能性がある」と診断された。地井は大事を取って芸能活動を休止、治療・療養に専念し、体調を見て復帰時期を決めると発表した[10]2月15日、当面休養するにあたり、関係者らに以下のコメントを寄せた[11]

関係者の皆様へ
このたびは、皆様にご心配をおかけいたしております。
本日、心不全精査および治療を要すとの診断が下り、
しばらくの間治療に専念したく、お休みさせて頂くことに致しました。
ご迷惑をおかけし、心からお詫び申し上げます。

地井武男

地井は療養に専念するため『ちい散歩』のほか『地井武男の音楽旅行』(文化放送)『和風総本家』(テレビ大阪テレビ東京系)といった各レギュラー番組を降板[12]。うち『ちい散歩』は同年2月29日放送分以降、これまでの放送分から厳選・再編集した名場面集を中心に放送した[13]が、療養長期化のため70歳の誕生日の前日である5月4日を最後に放送終了[12][14]、最終回では地井本人直筆によるお礼のメッセージが読み上げられた。また『音楽旅行』では3月以降、布施博(俳優)ら役者仲間や共演者らが月替わりでピンチヒッターを務め継続[15][16]していたが、結局9月30日をもって番組終了となった[17]

2012年6月29日午前7時5分、東京都港区の病院にて心不全のため死去。70歳没[18][19]。地井は入退院を繰り返していたが[18]、6月の入院中も病室でストレッチをしたり、死去前日まで家族や事務所関係者らと談笑するなど、元気そうな様子であった[6]。また1月から2ヵ月間の入院時は「闘病日記」をノート3冊分に書き留めていた[20]

地井の訃報に際し、俳優座の同期でありどりいみい7の盟友である前田吟・林隆三・小野武彦[21]のほか、田中邦衛左とん平萬田久子らも続々とその死を悼んだ[22][23][24]。また、地井から番組を引き継いだ加山雄三は「彼とは5年も一緒に時代劇をやっていたので、彼が体調を崩して散歩を続けられないと聞いた時、いずれ彼が戻ってくるまで、僕に出来ることなら頑張ってみようと、番組をお引き受けしました。ゆっくり静養してもらおうと思っていたのに、まさかこんなことになるとは…大変ショックです」[24]とコメントした。

地井の生涯最後の仕事となったのは『ちい散歩』で調布市布田日活撮影所が所在)を散歩した回(2012年2月21日放送)の撮影だった[25]

また、テレビ朝日『土曜ワイド劇場』で2012年秋に放映予定だったスペシャルドラマ『大崎郁三の事件散歩』が俳優としての遺作となり、死去翌日の6月30日に地井の追悼番組として繰り上げて放送された[26][27][28]

2013年9月17日、スタジオジブリ製作アニメーション映画かぐや姫の物語』(2013年11月23日公開、高畑勲監督)の製作記者会見にて、2011年夏に“竹取の翁”役の声優としてアテレコに参加(収録済み)[29]していたことが、製作者サイドより明らかにされた[30]。従ってこの作品が、声優としての出演ではあるが、地井の遺作となった。尚、地井の死後、作品完成間近にセリフの変更や息づかいの調整が行われた計6シーンの再収録(アフレコ)にあたっては、三宅裕司が代役を務めた[31]

通夜葬儀告別式は近親者のみで行われた[32]。同年8月6日には東京青山葬儀所にてお別れの会(発起人:田中邦衛・早河洋渡哲也)が開かれ、地井と親交のあった著名人ら800人[33]、一般も含め約2300人が訪れ、地井に最後の別れをした。地井と『北の国から』(フジテレビ系)で共演し、発起人も務めた田中は、

ちい兄ぃ、俺ら、何度言われてもまだ信じられない。
昨年秋には我が家に来てくれたり、暮れには贈り物をたくさんもらったり…。あれは別れに来たのか…。
3カ月前の4月には電話もくれた。手紙もくれた。ちい兄ぃ…ごめんな。 …会いたいよ…。ちい兄ぃ、会いたいよ!

と霊前に語りかけ嗚咽した[34]。また、地井と長く親交があり『刑事貴族』(日本テレビ系)でも共演した水谷豊は、

地井先輩、最後に入院する前、僕の事を抱きしめながら
『ありがとう、豊ちゃん』とかすれた声で言いましたね。その時の温もりは僕の宝物です。

と語りかけた[35]

お別れの会から6日後の8月11日にはテレビ朝日系にて追悼特別番組『追悼・地井武男さん…「想い出をありがとう 今夜、最後のお別れ」』が放送された。

2013年7月25日、実家近くの空き店舗を改修し、地井ゆかりの品を集めた『地井武男ふれあい記念館 ちいちい茶屋』が匝瑳市に開館。

逸話[編集]

  • 生家は青果業を営んでいたため、武男も手伝いで秋葉原駅前の神田青果市場へ買い付けへ行くことがあった。地元の名士と言われた存在の父親[3]がソフトテニスプレイヤーで自宅にテニスコートがあったことから練習に励み、中学・高校時代はソフトテニス部で活躍し、インターハイにも出場経験がある[36]
  • 趣味はゴルフ絵画。特に絵画は美術展に出展するほどの腕前[7]で、絵画に凝りだしたきっかけは、小学5・6年生の頃に余りの腕白振りだったことから、情操教育として父に絵画を習いに行かされたことで、それ以来クレヨン水彩絵具はいつも持ち歩くようになったという[37]。『ちい散歩』(テレビ朝日)では毎回、散歩の終わりに絵手紙を綴っていた(『ちい散歩地井さんの絵手紙』シリーズ(新日本出版社)にここで紹介された作品を掲載)。また、クルマ好きであり、特に先輩にフォード・コーティナを譲ってもらって以来の英国車好きで、トライアンフ・スタッグを所有していた時期があった[38]
  • 蕎麦好きで、「芸能界きっての蕎麦通」として『地井武男そば三昧ひとり旅』という旅番組が放送されたことがある[39]
  • ビートたけしのつくり方』(フジテレビ系)などでコントにも出演していたが、オチの後にアドリブで続けようとし、たけしにダメだしされることが何度かあった。
  • 太陽にほえろ!』で、刑事役と犯人役[40]を演じた俳優であり、刑事役でレギュラー出演が決まった際の記者会見でボスの石原裕次郎から過去に犯人役で出演していた(その際、裕次郎からカツカレーを奢ってもらった)ことを明らかにされた[41]。ちなみに地井が犯人役を務めたエピソードは現在作品リストからは完全に除外され欠番扱いとなっている[42]
  • 青木宏之の元で空手の猛稽古をしていた。
  • プロ野球・元巨人軍投手の城之内邦雄と親戚関係(地井の姉が城之内の兄の妻)にあり[43]、かつて城之内邦雄邸に居候していたことがある[3]。地井が城之内邸に居候していた理由は、城之内邸が空き巣に入られる事件があったためである[43]。しかし、地井本人は晩年に東北楽天ゴールデンイーグルスのファンになった[44]
  • 「チイチイ」という愛称は、ダウンタウン司会の新春特番『ダウンタウンのハッピーニューイヤーンバカーン』(日本テレビ系)での罰ゲームにてパンダの着ぐるみを着て喫茶店に入店し、その際店内の呼び出し放送で「パンダのチイチイ様」と呼ばれたことがきっかけ[45]
  • 北の国から2002・遺言』で、地井演じる「中畑和夫」が田中演じる「黒板五郎」に対し、妻がガンにより余命宣告を受けたことを打ち明けるシーンがある。このシーンの撮影の2か月前、地井は実際に妻をガンで亡くしている。撮影中の地井は、亡くなった妻のことが脳裏から離れず、涙が止まらなくなりNGを出してしまったという。放送されたシーンでも、大量の涙と鼻水を垂れ流しながらの演じており、ファンの間でも語り草[46]で「迫真の演技」と評される[47]。田中邦衛も、「『遺言』のシーンが思い出されて…」と追悼コメントとして触れた[46][47]
  • 大のブランコ好きで『ちい散歩』収録中でも見つけると必ず試し乗りし、同様に油揚げはんぺん豆腐にも目がなく豆腐屋を見掛けると必ず立ち寄るほどであった[48]
  • 地元匝瑳市観光大使2006年11月から務めていた[49][50]。また、毎年8月の八重垣神社祇園祭が行われる際には必ず帰省し、祭りに参加することでも有名で、その模様は『ちい散歩』でも見る事が出来た。2010年9月25日ゆめ半島千葉国体開会式(千葉マリンスタジアム(現・QVCマリンフィールド))にも参加した。なお、国体では地元から有志930人が参加し、地井が拍子木で合図を出し、お囃子を披露した[51]
  • 晩年は植物の植樹活動にも尽力し、2011年、匝瑳市の天神山公園ドングリなどの苗木を市民らと植樹し、植樹した部分を地井自ら「ちいちいの森」と命名した[52]。この模様は『ちい散歩』や追悼特番でも放送された。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台公演[編集]

CM[編集]

テレビCM
ラジオCM
  • 全薬工業

テレビ全般(ドラマ以外)[編集]

NHK

ほか

日本テレビ系
  • 発明将軍ダウンタウン - 審査員。番組では「第3のダウンタウン」とも呼ばれた。
  • ザ!情報ツウ - コメンテーター
  • アジア海道物語 巨鯨伝説と幻の漂海民を追え!(FBS 1999年9月15日)[54]
  • 発見!感動!カリブ海!巨鯨伝説と幻のモンゴロイドを追え!(FBS 2004年8月14日)[54]
  • 演歌にかけた親子鷹(FBS 2005年5月21日)[54]

ほか

テレビ朝日系

ほか

フジテレビ系

ほか

TBS系

ほか

テレビ東京系

ほか

ラジオ[編集]

テレビアニメ[編集]

劇中登場人物が所有するグッズの肖像として登場しており、声は出さない。クレジットでは" 特別出演"と記載されている。

劇場アニメ[編集]

遺作。生前の2011年当時にプレスコ方式により、体調を崩す前に収録が行われた。

CD[編集]

オーディオコメンタリー[編集]

  • 放課後』DVD(2006年5月発売、東宝ビデオ) - 既に芸能界を引退していた、主演の栗田ひろみと共に収録。撮影時のエピソードを語っている。

書籍[編集]

イベント[編集]

その他[編集]

  • 匝瑳市民栄誉賞(2010年2月)[61]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 夕刊フジ (2012年7月9日). “地井さん育んだ俳優座“花の15期生”…多くの名優を輩出した理由”. 夕刊フジ ZAKZAK. http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20120709/enn1207091540007-n1.htm 2014年9月25日閲覧。 
  2. ^ スポーツニッポン (2012年6月30日). “地井武男さん 見られたくなかった「見舞いは家族と“どりいみい7”だけに」”. スポニチ Sponichi Annex. http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/06/30/kiji/K20120630003576400.html 2014年9月25日閲覧。 
  3. ^ a b c d 週刊文春 2012年7月12日号 166ページ「追悼 地井武男 巨人軍スター選手宅に下宿していた下積み時代(ワイド特集 小説より奇なり)」
  4. ^ 『嗜み』(文藝春秋)2014年冬号 21-23ページ
  5. ^ a b “地井武男が緊急入院「目が見えない」”. スポーツ報知. (2012年1月31日). オリジナル2012年1月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120131235818/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120130-OHT1T00313.htm 2014年7月17日閲覧。 
  6. ^ a b “ちいさん70歳急死 前日まで家族と談笑も”. nikkansports.com. (2012年6月30日). オリジナル2012年7月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120701210215/http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120630-975339.html 2014年7月17日閲覧。 
  7. ^ a b c “地井武男さん逝く もう見られない「ちい散歩」…70歳・心不全”. スポーツ報知. (2012年6月30日). オリジナル2012年11月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121130172409/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120629-OHT1T00274.htm?from=related 2014年7月17日閲覧。 
  8. ^ “【復刻】ちい散歩「こういう時代だから」【2008年3月19日付・日刊スポーツ紙面】”. nikkansports.com. (2012年6月29日). オリジナル2013年4月27日時点によるアーカイブ。. https://archive.today/dH2jD 2014年7月17日閲覧。 
  9. ^ “地井武男、病名判明までに数日間”. スポーツ報知. (2012年2月1日). オリジナル2012年11月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121130231238/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/topics/news/20120201-OHT1T00025.htm?from=related 2014年7月17日閲覧。 
  10. ^ “地井武男、心不全の危険で治療に専念”. スポーツ報知. (2012年2月15日). オリジナル2012年2月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120218045023/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120215-OHT1T00023.htm 2014年7月17日閲覧。 
  11. ^ “地井武男は心不全のおそれ、当面休養”. SANSPO.COM. (2012年2月15日). オリジナル2012年2月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120217215159/http://www.sanspo.com/geino/news/120215/gnj1202152137029-n1.htm 2014年7月17日閲覧。 
  12. ^ a b “5月4日の放送で…ちい散歩終了”. nikkansports.com. (2012年4月7日). オリジナル2012年4月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120409025450/http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120407-930140.html 2014年7月17日閲覧。 
  13. ^ ““ちい散歩”地井武男、検査結果まだ出ず…番組は名場面集で”. zakzak. (2012年2月15日). オリジナル2012年2月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120218001853/http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20120215/enn1202151228010-n1.htm 2014年7月17日閲覧。 
  14. ^ “「ちい散歩」5月4日で終了 地井の療養長期化で”. SANSPO.COM. (2012年4月6日). オリジナル2012年4月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120407052250/http://www.sanspo.com/geino/news/20120406/oth12040619330029-n1.html 2014年7月17日閲覧。 
  15. ^ “文化放送社長、地井武男の「回復待つ」”. nikkansports.com. (2012年2月21日). オリジナル2012年2月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120223014954/http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20120221-906930.html 2014年7月17日閲覧。 
  16. ^ “「地井武男の音楽旅行」は東幹久に”. nikkansports.com. (2012年4月18日). オリジナル2012年12月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121209070547/http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20120418-936059.html 2014年7月17日閲覧。 
  17. ^ “地井さんラジオ「-音楽旅行」30日に最終回”. SANSPO.COM. (2012年9月15日). オリジナル2012年9月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120916231207/http://www.sanspo.com/geino/news/20120915/oth12091505010001-n1.html 2014年7月17日閲覧。 
  18. ^ a b “地井武男さん死去…「北の国から」「太陽にほえろ!」などで活躍”. スポーツ報知. (2012年6月29日). オリジナル2012年7月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120705213148/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120629-OHT1T00143.htm 2014年7月17日閲覧。 
  19. ^ “地井武男さん 闘病中も復帰目指し散歩「具合が悪そうには見えなかった」”. Sponichi Annex. (2012年6月30日). オリジナル2012年7月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120701091248/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/06/30/kiji/K20120630003576410.html 2014年7月17日閲覧。 
  20. ^ “地井さん“闘病日記”ノート3冊分”. SANSPO.COM. (2012年8月10日). オリジナル2012年8月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120813225802/http://www.sanspo.com/geino/news/20120810/oth12081005030007-n1.html 2014年7月17日閲覧。 
  21. ^ “俳優座“花の15期”たちもショック隠せず…”. SANSPO.COM. (2012年6月30日). オリジナル2012年7月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120701070936/http://www.sanspo.com/geino/news/20120630/oth12063005040001-n1.html 2014年7月17日閲覧。 
  22. ^ “「北の国から」で共演の田中邦衛「もう一度会いたい」…地井武男さん死去”. スポーツ報知. (2012年6月29日). オリジナル2012年6月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120630110344/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120629-OHT1T00270.htm 2014年7月17日閲覧。 
  23. ^ “左とん平沈痛 小野さん地井さん友亡くし”. nikkansports.com. (2012年6月30日). オリジナル2013年4月27日時点によるアーカイブ。. https://archive.today/svBhn 2014年7月17日閲覧。 
  24. ^ a b “「ちい散歩」天国でも…地井武男さん死去”. SANSPO.COM: pp. 1-2. (2012年6月30日). オリジナル2012年11月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121108133850/http://www.sanspo.com/geino/news/20120630/oth12063005060010-n1.html 2014年7月17日閲覧。 
  25. ^ 『追悼・地井武男さん…「想い出をありがとう 今夜、最後のお別れ」』より。
  26. ^ “エンターテインメントニュース / 新作主演ドラマも…テレビ朝日系などで地井武男さんの追悼番組が決定”. webザテレビジョン. (2012年6月29日). オリジナル2012年10月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121025225037/http://news.thetv.jp/article/31384/ 2014年7月17日閲覧。 
  27. ^ “地井さん遺作「土曜ワイド劇場」急きょ30日放送”. Sponichi Annex. (2012年6月30日). オリジナル2012年7月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120702002101/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/06/30/kiji/K20120630003576430.html 2014年7月17日閲覧。 
  28. ^ なお『大崎郁三の事件散歩』の撮影自体は入院前の2011年12月に済ませていた。
  29. ^ 『かぐや姫の物語』では、実制作前に声のみの収録を行なう「プレスコ方式」が採用されている。
  30. ^ “地井武男さん 高畑勲監督新作「かぐや姫の物語」に出演していた”. Sponichi Annex. (2013年9月17日). オリジナル2013年9月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130920170505/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/09/17/kiji/K20130917006635430.html 2014年7月17日閲覧。 
  31. ^ “三宅裕司、亡き地井武男さんへ恩返し 「かぐや姫の物語」に代役出演していた”. 映画.com. (2013年12月7日). オリジナル2013年12月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131211160634/http://eiga.com/news/20131206/15/ 2014年7月17日閲覧。 
  32. ^ FRIDAY 2012年7月20日号(7月6日発売)98-99頁「名優・地井武男は、なぜ「密葬」にこだわったのか」
  33. ^ “地井武男さんお別れの会 田中邦衛「オイラ何と言われようと信じられない」”. Sponichi Annex. (2012年8月6日). オリジナル2012年8月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120808005244/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/08/06/kiji/K20120806003848180.html 2014年7月17日閲覧。 
  34. ^ “地井武男さん : 田中邦衛悲痛な叫び「ちいにい。会いたいよ-」 お別れの会に800人”. MANTAN WEB 毎日新聞デジタル. (2012年8月6日). オリジナル2012年8月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120807061506/http://mantan-web.jp/2012/08/06/20120806dog00m200008000c.html 2014年7月17日閲覧。 
  35. ^ “田中邦衛が号泣、地井さんに「会いたいよ!」”. SANSPO.COM. (2012年8月7日). オリジナル2012年8月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120812235309/http://www.sanspo.com/geino/news/20120807/oth12080705030005-n1.html 2014年7月17日閲覧。 
  36. ^ “「ちい散歩」も終了…地井武男が病床に伏すまで【3】”. 日刊ゲンダイ. (20012-04-22). http://nikkan-gendai.com/articles/view/geino/136228/3 2014年9月24日閲覧。 
  37. ^ 『人権のひろば』(財団法人人権擁護協力会)No.52(2006年1月)12-16ページでのインタビューより。
  38. ^ ECOSSE CARS CO.,LTD. オフィシャルサイトより。
  39. ^ 【地井武男そば三昧ひとり旅】”. 静岡朝日テレビ. 2014年9月23日閲覧。
  40. ^ 太陽にほえろ!第19回 ライフルが叫ぶとき
  41. ^ 同番組に犯人役で登場後、一係刑事役でレギュラー入りしたのは、地井と奈良岡朋子(第192話「2・8・5・6・3」で犯人役、「PART2」第1話~最終話まで篁朝子係長役)の二人だけである。
  42. ^ 七曲署熱血探偵団・著「毎週金曜夜8時 君は「太陽にほえろ!」を見たか?」(1993年、スターツ出版刊)
  43. ^ a b “元巨人・城之内さん「武男と将来語り合った」”. SANSPO.COM. (2012年6月30日). オリジナル2012年7月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120703221248/http://www.sanspo.com/geino/news/20120630/oth12063005050005-n1.html 2014年7月17日閲覧。 
  44. ^ ちい散歩』2009年11月18日放送「ひと駅散歩・丸の内線茗荷谷駅後楽園駅」より
  45. ^ 愛称「チイチイ」きっかけはダウンタウンの番組”. スポーツニッポン (2012年6月30日). 2014年11月9日閲覧。
  46. ^ a b 東京スポーツ (2012年7月3日). “地井さん〝散歩の見せ方〟にもこだわり”. 東京スポーツ. http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/20264/ 2014年9月25日閲覧。 
  47. ^ a b スポーツニッポン (2012年6月30日). “田中邦衛「言うべき言葉が出てきません…」北の国から共演者 地井さん悼む”. スポニチ Sponichi Annex. http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/06/30/kiji/K20120630003576460.html 2014年9月25日閲覧。 
  48. ^ 地井武男さん 「ブランコで遊ぶ」が「ちい散歩」のお決まりだった”. dot.asahi. 2014年11月9日閲覧。(元記事:週刊朝日 2012年7月13日号)
  49. ^ 広報そうさNo.013 (PDF)”. 匝瑳市. pp. 4-5 (2007年2月1日). 2014年7月18日閲覧。
  50. ^ 匝瑳市観光大使”. 匝瑳市 (2010年5月8日). 2012年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月18日閲覧。
  51. ^ a b ちくの話題一覧 / 平成22年 / 千葉マリンにお囃子響く(9月)”. 匝瑳市 (2010年9月27日). 2012年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月18日閲覧。
  52. ^ ちばとぴ『地井さんの思いここに 生き続ける地元への愛着「ちいちいの森」(匝瑳)【自然たっぷり 夏!癒心地巡り】(2)』”. スポーツニッポン (2014年8月19日). 2014年11月9日閲覧。
  53. ^ 岡田晋吉『青春ドラマ夢伝説~あるプロデューサーのテレビ青春日誌』日本テレビ放送網株式会社、2003年、p141
  54. ^ a b c d e f g 放送ライブラリー公開番組 <地井武男さん出演番組> (PDF)
  55. ^ 前日放送の「ちい散歩スペシャル」に村上信五丸山隆平安田章大が乱入した場面の一部始終が放送された。
  56. ^ 静岡朝日テレビ開局25周年特別番組 地井武男のとれたて駿河湾(アーカイブ)”. 静岡朝日テレビ (2003年8月19日). 2014年7月17日閲覧。
  57. ^ 田園列車| abn キッセイ薬品スペシャル 安曇野わんぱく日和 〜槍ヶ岳に挑む・湧水に遊ぶ・田園列車の旅〜”. abn. 2011年5月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月19日閲覧。
  58. ^ OXmitAKTSAYFTVNSTATV※。(※ATVはJNN系列)
  59. ^ TNCSTSKTNTKUTOSUMKKTSOTV
  60. ^ 放送ライブラリー 番組ID009965
  61. ^ 広報そうさNo.051 (PDF)”. 匝瑳市. pp. 12-13 (2010年4月1日). 2014年7月18日閲覧。

外部リンク[編集]

  • 地井武男”. 株式会社サイプロダクション. 2012年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月19日閲覧。