電動歯ブラシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
回転式電動歯ブラシ
ブラウン社の製品

電動歯ブラシ(でんどうはブラシ)とは電気の動力により自動でヘッドが動く歯ブラシの事。

概要[編集]

ヘッドの動きはスライド式と回転式、両者を組み合わせたものに大別され、稼働速度により音波ブラシ、超音波ブラシと呼ばれる製品もある。また、イオン効果をうたった製品や舌苔除去効果のある舌ブラシを搭載する製品など多機能化も進んでいる。

価格帯も広く、100円ショップで購入できるものから数万円するものまである。

手動歯ブラシに比べて歯垢除去の効果は高いが、手動歯ブラシ同様、歯の汚れている部分、汚れやすい部分にしっかりと毛先をあてることが大切である。

歴史[編集]

1961年、障害者の器具としてアメリカで開発され、その後一般を対象に製品化された。

日本では1990年代より普及が始まり、2000年以降口腔ケア意識の高まりを受けて普及率が急進した[1]。出荷台数は2009年までは220万台前後で推移していたが、2010年はパナソニックの「ポケットドルツ」が150万台売れるヒットとなった事もあり、350万台に、2011年は400万台の予想になるなど市場規模は近年急拡大している[2][3]

方式の違いによる優位性の有無[編集]

どの方式であってもメーカーや製品のグレードによって違いがあるので一概には言えない。

ヘルスケアの情報を提供する国際プロジェクト「コクラン共同計画」は、2010年(最終改訂2011年3月25日)のレビューにおいて、「更なる試験が必要」としつつも、「回転式電動歯ブラシは横方向の振動式電動歯ブラシよりも歯垢と歯肉炎を減少するといういくつかのエビデンスがあるが、その差は小さく、臨床的重要性は不明である」としている[4]

最終改訂が2005年2月17日のレビューにおいては、回転式以外の電動歯ブラシの場合、手用歯ブラシに対して一貫した優位性が認められなかったとしていた[5]

主な電動歯ブラシメーカー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]