テルモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テルモ株式会社
TERUMO CORPORATION
Thermo.jpg
本社
種類 株式会社
市場情報
東証1部 4543
本社所在地 151-0072
東京都渋谷区幡ヶ谷二丁目44番1号
設立 1921年(大正10年)9月
業種 精密機器
事業内容 注射器注射針・導尿チューブ・カテーテル人工心肺体温計・腹膜透析システム・血糖測定ステム・診断薬臨床検査用品・血圧計心電計などの医療機器、医薬品栄養食品、プレフィルドシリンジ(医薬品装填済み注射器)等の製造・販売
代表者 中尾 浩治(代表取締役会長
新宅 祐太郎(代表取締役社長
資本金 387億16百万円
(2009年3月31日現在)
発行済株式総数 2億1,087万6,260株
(2009年3月31日現在)
売上高 連結:3,027億46百万円
単体:2,129億33百万円
(2009年3月期)
営業利益 連結:669億42百万円
単体:389億35百万円
(2009年3月期)
純利益 連結:368億78百万円
単体:291億87百万円
(2009年3月期)
純資産 連結:2781億66百万円
単体:2857億92百万円
(2009年3月31日現在)
総資産 連結:3790億64百万円
単体:3699億79百万円
(2009年3月31日現在)
従業員数 連結:13,439名
単体:4,517名
(2009年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 7.1%
主要子会社 テルモメディカルCORP
テルモヨーロッパN.V.
など国内外43社
外部リンク http://www.terumo.co.jp/
テンプレートを表示

テルモ株式会社TERUMO CORPORATION)は、東京都渋谷区幡ヶ谷に本社を置く、大手の医療機器の製造・販売会社で、医薬品製造企業でもある。現社名に変更するまで森下グループであった。

概要[編集]

医療用機器の製造を広く行っており、カテーテル人工心肺装置などの心臓・血管領域商品群では世界で高いシェアを持つ。注射器に予め薬品が充填されている「プレフィルドシリンジ」シリーズは、日本国内での同系統製品の中でトップシェアである。一般向け商品では、体温計・血圧計尿検査試験紙などが有名。体温計を作る目的で作られた同社の、国内体温計シェアは二位であるが、売り上げの占める比率は1%程度であり、現在利益の殆どを占めているのは医療機器、医薬品、心臓・血管領域商品群の製品である。


新聞連載広告を書籍化したブックレットを、読者に頒布していた(現在は「テルモライブラリ」となっている)。

沿革[編集]

  • 1921年9月 - 北里柴三郎ら医学者が発起人となり、赤線検温器株式会社を設立。
  • 1922年2月 - 「仁丹体温計」を赤線検温器が製造、森下(仁丹)から発売された。
  • 1923年 - オリンパスの体温計製造分野(渋谷区幡ヶ谷)を買収。
  • 1936年11月 - 仁丹体温計株式会社に社名変更。この時期から体温計シェアの一角となる。
  • 1963年12月 - 株式会社仁丹テルモに社名変更し、森下仁丹の医療機器製造部門会社となる。
  • 1964年1月 - 日本初のディスポーザブル(使い捨て)タイプの注射器を発売開始。
  • 1969年7月 - 日本初の血液バッグを発売。
  • 1973年7月 - 日本初の輸液バッグを発売する。
  • 1974年10月 - 森下グループから離脱し、現社名のテルモ株式会社に変更。
  • 1982年6月 - 東京証券取引所市場第2部に株式上場。
  • 1983年12月 - 予測式デジタル体温計を開発・発売。
  • 1984年11月 - 水銀体温計の生産中止。
  • 1985年5月 - 東京証券取引所市場第1部に指定換え。
  • 1998年 - アドレナリンなどの薬剤が予め充填された注射器「プレフィルドシリンジ」の販売開始。
  • 1999年7月 - 3M社から人工心肺事業を買収して、テルモ・カーディオバスキュラー・システムズCORPを設立。
  • 2001年9月 - 住友ベークライト株式会社から在宅酸素事業について事業譲受をし、テルモメディカルケア株式会社を設立。
  • 2002年 - 高カロリー輸液剤「フルカリック」を販売開始。
  • 2005年 - 世界一細いインスリン用注射針「ナノパス33」を販売開始。
  • 2007年8月 - 欧州にて、世界初の磁気浮上型左心補助人工心臓「DuraHeart」を販売開始。
  • 2011年3月 - 米医療機器メーカー、カリディアンBCT買収。輸血事業世界一となる。

歴史[編集]

1921年9月、それまでドイツ製に頼っていた体温計の国産化を目的として、北里柴三郎をはじめとする医学者発起人となって、赤線検温器株式会社として設立。そのため、社名「テルモ」の由来は、ドイツ語体温計の意味であるThermometer (テルモメーター)から。 2005年には世界一細い注射針ナノパス33グッドデザイン大賞に選ばれた。

主な一社提供番組[編集]

TBS

現在放送中
過去放送

子会社等[編集]

連結子会社39社、持分法適用関連会社2社、持分法非適用関連会社2社。

国内会社[編集]

  • 株式会社医器研(連結子会社)
  • テルモ・クリニカルサプライ株式会社(連結子会社)
  • テルモメディカルケア株式会社(連結子会社)
  • テルモ・ビーエヌエス株式会社(持分法適用関連会社)
  • オリンパス テルモ バイオマテリアル株式会社(持分法適用関連会社)

外部リンク[編集]