ブラザー工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラザー工業株式会社
Brother Industries, Ltd.
Brother logo.svg
Brother Main Office 20140517.JPG
本社ビル
種類 株式会社
市場情報
東証1部 6448
名証1部 6448
略称 ブラザー、brother
本社所在地 郵便番号:467-8561
愛知県名古屋市瑞穂区苗代町15-1
北緯35度7分6.1秒
東経136度55分19.1秒
座標: 北緯35度7分6.1秒 東経136度55分19.1秒
設立 1934年昭和9年)1月15日
(日本ミシン製造株式会社)
業種 電気機器
事業内容 ファクスプリンター、デジタル複合機等の通信・プリンティング機器等の製造・販売等
電子文具及び家庭用ミシン等の製造・販売等
工業用ミシン及び産業機器等の製造・販売等
代表者 小池利和(代表取締役社長)
資本金 192億09百万円
発行済株式総数 2億7753万5866株
売上高 連結 4973億90百万円
単独 3060億56百万円
(2012年3月期)
純資産 連結 2314億25百万円
単独 1600億24百万円
(2012年3月31日現在)
総資産 連結 3709億06百万円
単独 2461億51百万円
(2012年3月31日現在)
従業員数 連結 31314名
単独 3779名
(2012年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 日本生命保険相互会社 5.00%
(株)三井住友銀行 3.03%
京セラ(株) 1.80
(2010年3月31日現在)
主要子会社 関連会社参照
関係する人物 安井正義(創業者)
安井義博(元会長、現相談役)
平田誠一(元代表取締役社長)
石黒不二代ネットイヤーグループ代表取締役社長兼CEO、元社員。)
外部リンク http://www.brother.co.jp/
テンプレートを表示

ブラザー工業株式会社(ブラザーこうぎょう、: Brother Industries, Ltd.)は、愛知県名古屋市瑞穂区苗代町15-1にある電機メーカー。主にプリンター複合機)、ファクシミリミシンなどを製造している。

東京名古屋証券取引所第一部上場

概説[編集]

売上の90%近く(連結では75%)が日本国外であり、日本国内よりも北米ヨーロッパブランド力が高い。特にSOHO向けの複合機、ファックスにおいては北米でトップシェアを誇る。

1971年に、セントロニクス社と高速ドットプリンターを開発。国内の現金自動預け払い機の3割のシェアを持つ。また、ラベルプリンターの創始者で、1988年に開発し、世界シェア1位である。印刷面にラミネートが施される特許を持っている。当時、ブラザー工業の社員だった酒井隆司と結城英治が中心に開発し、かつてキングジムテプラを製造し供給していた。他には、モバイルプリンターなど、個性のあるプリンターを製造している。タイプライターも世界シェア1位を誇り、1977年からのキーボード開発は高い評価を持ち、ブラザー製のIBM社のキーボードはプレミアも付いている。1991年のキーボード「コアラ」は世界初のノートPCに採用され、現在は世界標準仕様となった。

1987年、NTTとファクスを共同開発。日本国内ではNTTブランドで、日本以外ではブラザーファクスとして展開され、7年連続全米第一位のファクスシェアを獲得していた(1994年2000年)。ちなみに開発メーカーなのでブラザーのファクスの型番はFAX-××となっている。ファクス付複合機では、日本国内、全米でも第1のシェアを誇っていたが、近年ではキヤノンヒューレット・パッカードなどにシェアを奪われつつある。家庭用の留守番電話付きファックスを良品計画(無印良品)にOEM供給している。

また、独自の技術でレーザープリンターインクジェットプリンターを製造できる企業ではあるが、特にレーザープリンターは各社とOEM契約を結び、各社とエンジンや本体を供給したり、されたりしている。カラーレーザーエンジンも以前は他社からの供給品であったが、2007年より自社開発したタンデム方式のカラーエンジンを使用している。レーザープリンターは1987年開発。2000年に、ユーロでのシェアが第2位となる。小売りで全第1位シェアも持っている。 2003年に、インクジェット式の複合機、マイミーオを発売。ファクス付き複合機では2010年現在国内シェア第1位となっている。なお初代のマイミーオに関しては、「ソウチカクニン41」というヘッドに起因する不良が多発したため、修理対応を行った[1]

2008年に発表された新中期戦略「CS B2012」[1]ではブラザーが取り組む二つの新規事業としてネットワークイメージングデバイス事業とネットワーク&コンテンツ事業を挙げており、ネットワークイメージングデバイス事業では2009年6月、電子ペーパー「ブラザー ドキュメントビューワ」を発売したほか、2005年に開催された愛・地球博で初めて披露した網膜走査ディスプレイの小型化を成功させ2010年にも実用化する予定である。また、ネットワーク&コンテンツ事業では次世代コンテンツ配信システム「Einy(アイニー)」を開発、2009年10月に子会社のエクシングが発売した通信カラオケ「CROSSO」の楽曲配信などに採用されている。

国内でブランドイメージの強いミシンについては、家庭用、工業用ともに世界トップクラスのシェアである。

また、自動車部品やHDD製造用の工作機械であるタッピングセンターシリーズ、金型製作や部品加工用の工作機械であるワイヤ放電加工機(HS-70A)も製造している。

子会社エクシングで、通信カラオケJOYSOUND、HyperJOYを製造・販売している。(なお、同社ではかつて、コンシューマー家庭用ゲーム機)向けゲームソフト(←『ドキドキプリティリーグ』シリーズやプロレスゲームなどスポーツ関係)を制作していたこともあったが、数年前に同事業からの撤退を発表した)さらに2009年9月には、同じく通信カラオケ大手のUGAを運営するBMBを買収することで、BMBの親会社であるUSENと合意したことを発表した[2]

また、かつては家電製品楽器電子オルガン)を発売していたこともあるが、現在は行っていない(1990年代までに撤退)。なお家電製品のうち洗濯機(ニックネームは「新珠」)、掃除機は自社生産で、テレビ、ビデオデッキは三菱電機からのOEM生産だった。1956年には、70CCオートバイ「ダーリン号」を販売した。しかし、製造ラインが伊勢湾台風で水没したこともあってオートバイ事業からは撤退した。

エンターテイメントロボットイフボットデザインをしたことから、イフボットの意匠権を所有している。そのため、2005年に行われた愛・地球博では、「夢みる山」のブラザーゾーン「モノづくり、ユメづくり Brother Output Fantasy」にて、イフボットを使用したショーを出展した。(なお、イフボットの製造はフタバ産業、販売はビジネスデザイン研究所である。)

2008年冬に開催されたイベント、コミックマーケット(C75)において、マイミーオらき☆すたとのコラボレーションで企業ブースに出展するなど、多方面にプロモーション活動を展開している。

2011年、改築された名古屋市科学館プラネタリウムドームのネーミングライツ(命名権)を取得し、プラネタリウムドームの名称を「Brother Earth (ブラザーアース)」とした。

沿革[編集]

  • 1908年 - 安井兼吉が安井ミシン商会を創業
  • 1925年 - 安井正義が継承し、商号を安井ミシン兄弟商会とする
  • 1928年 - 麦わら帽子製造用ミシン[3]を開発し、商標をBROTHERとする
  • 1934年 - 日本ミシン製造株式会社(現在のブラザー工業株式会社)設立
  • 1941年 - ブラザーミシン販売株式会社設立
  • 1947年 - 家庭用ミシンの輸出が始まる
  • 1962年 - 社名をブラザー工業株式会社とする
  • 1963年 - 東京証券取引所、名古屋証券取引所、大阪証券取引所上場
  • 1971年 - ドットプリンターを開発
  • 1980年 - 電子オフィスタイプライターを開発
  • 1982年 - CIを導入し、新シンボルマークを制定
  • 1986年 - パソコンソフトの自動販売機ソフトベンダーTAKERUを全国に展開
  • 1987年 - レーザープリンター、ファックスを開発
  • 1992年 - 通信カラオケサービスを開始
  • 1999年 - ブラザー販売株式会社を子会社化
  • 2007年 - ブラザー販売の訪問販売部門について、ヤマノホールディングス傘下のヤマノリテーリングスが新たに設立したヤマノ1909プラザに事業譲渡。またパソコンショップ運営子会社のコムロードアプライドに譲渡。
  • 2008年 - 創業100周年を迎える
  • 2008年7月31日 - HOYA株式会社からモバイルプリンター事業を譲受。
  • 2009年9月30日 - USEN傘下で通信カラオケ「UGA」を運営する株式会社BMBの全株式を取得することで基本合意。
  • 2010年5月 - 中国子会社の兄弟ミシン(西安)有限公司を存続会社とし、同じく中国子会社の西安兄弟工業有限公司を吸収合併。兄弟ミシン(西安)有限公司は兄弟機械(西安)有限公司に商号を変更。
  • 2011年2月13日 - 大阪証券取引所上場廃止。
  • 2013年1月30日 - TOB成立により、持分法適用関連会社であった株式会社ニッセイ連結子会社[4]

主要製品[編集]

ミシン[編集]

  • 家庭用ミシン
    • イノヴィスシリーズ(一般用ミシン、刺しゅう用ミシン)
    • 職業用ミシン(直線ぬい専用ミシン、ロックミシン、カバーステッチ専用ミシン)
  • 工業用ミシン

FAX[編集]

  • コミュシェ

プリンター[編集]

スタンプ作成機[編集]

  • Stampcreatorシリーズ

電子ペーパー[編集]

工作機械[編集]

  • CNCタッピングセンター

コンテンツ配信システム[編集]

  • Einy(アイニー)

AR(拡張現実)事業[編集]

  • AiRScouter(エアスカウター)

研究・製造拠点[編集]

  • 瑞穂工場(名古屋市瑞穂区
  • 星崎工場(名古屋市南区
  • 港工場(名古屋市港区
  • 桃園工場(名古屋市瑞穂区)
  • 刈谷工場(愛知県刈谷市
  • 技術開発センター(名古屋市瑞穂区)
  • 物流センター(名古屋市南区)

海外拠点は以下の国にある。

関連会社[編集]

  • ブラザーインターナショナル株式会社
  • ブラザー販売株式会社
  • 株式会社エクシング
  • 株式会社スタンダード
  • ブラザーロジテック株式会社
  • ブラザー不動産株式会社
  • 三重ブラザー精機株式会社
  • ブラザーリビングサービス株式会社
  • 株式会社ブラザーエンタープライズ
  • 株式会社ビートップスタッフ
  • 株式会社ブラザーファイナンスジャパン
  • 株式会社ニッセイ
  • 昭和精機株式会社

提供番組[編集]

2014年4月時点
過去

提供読みは「ミシン編機電化製品タイプライター楽器のブラザーがお送りします(した)」。

CMに起用された有名人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]