オールナイトニッポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オールナイトニッポン
愛称 オールナイト、ANN
ジャンル バラエティ番組
放送方式 生放送(録音の場合もあり)
放送期間 1967年10月2日 -
(1999年3月29日 - 2003年3月29日の間は、@llnightnippon.comに値する。)
放送時間 月-土曜 25:00 - 27:00
(120分)
放送局 ニッポン放送
ネットワーク NRN他、NOTTV(水曜のみ)(詳細は下記へ
パーソナリティ 【月】鬼龍院翔
ゴールデンボンバー
【火】back number
【水】AKB48
【木】ナインティナイン
【金】アルコ&ピース
【土】オードリー
テーマ曲 BITTERSWEET SAMBA
ハーブ・アルパート
ティファナ・ブラス
公式サイト 公式サイト
特記事項:
かつては25:00 - 27:00を「1部」、27:00 - 29:00を「2部」(現:『オールナイトニッポン0(ZERO)』『オールナイトニッポンR』)として放送。
各曜日の番組内容については各記事を参照。
テンプレートを表示

オールナイトニッポン』(英称:All Night-NIPPON)は、日本のラジオ放送局ニッポン放送をキー局として日本全国で放送されているラジオの深夜放送。通称「オールナイト」、「ANN」。なお、ここでは現在の放送枠である25:00 - 27:00の内容のほか、「オールナイトニッポン」をタイトル内に含む番組全体の歴史などについても記述する。詳細については枠・番組の記事をそれぞれ参照のこと。

概要[編集]

1967年(昭和42年)10月2日の番組開始以来のラジオ放送長寿番組である。放送開始当初から今日に至るまで全国的な人気を誇り、深夜放送の代名詞的存在となっている。この番組から数多くの人気ラジオパーソナリティが生まれ、「若手芸能人の登竜門」とも呼ばれる。 さらに、ニッポン放送といえば「オールナイトニッポン」といわれるほどのニッポン放送を代表する看板番組であり、現在ニッポン放送制作番組の中で、放送期間は『テレフォン人生相談』に次ぐ第2位となっている。(すでに放送を終了した番組を含めると、『新日鉄コンサート』・『テレフォン人生相談』に次いで第3位となる[1]。)

また、1999年より「LF+R」時代の『SUPER!』・『com』・『r』や、「LF+R」後の『いいネ!』・『エバーグリーン』、『GOLD』、『0(ZERO)』などオールナイトニッポンブランドで多くの番組が放送されてあり、本来の25-29時枠の他、「LF+R」導入後は22-24時枠でも断続的に「オールナイトニッポン」の名を冠す番組が放送されている。詳しくは「ニッポン放送の夜ワイドの変遷」を参照。

現在は、旧1部(25:00 - 27:00)を『オールナイトニッポン』、旧2部(27:00 - 29:00)を『オールナイトニッポン0(ZERO)』、『オールナイトニッポンR(土曜日のみ)』と称している。

放送時間[編集]

ネット詳細は下記参照

オールナイトニッポン
  • 月-土曜 25:00 - 27:00(36局ネット)
オールナイトニッポン0(ZERO)
  • 月-金曜 27:00 - 29:00(12局ネット、月-木曜3局、金曜2局は28:00で飛び降り
オールナイトニッポンR
  • 土曜 27:00 - 29:00(23局ネット、11局は28:00、ニッポン放送は28:30で飛び降り)
オールナイトニッポンGOLD
  • 月-木曜 22:00 - 24:00(月曜は18局ネット、火-木曜は19局ネット、東北放送は23:50で飛び降り)
  • 金曜 22:00 - 23:30(18局ネット、IBC岩手放送は23:00飛び乗り)
オールナイトニッポンサタデースペシャル
  • 土曜 23:30 - 25:00(34局ネット)
オールナイトニッポン月イチ
  • 日曜 27:00 - 29:00(月1回放送、9局ネット)

現在のパーソナリティ[編集]

放送曜日 名称 パーソナリティ 番組開始日
オールナイトニッポンGOLD (月曜-木曜:22:00 - 24:00/金曜:22:00 - 23:30)
月曜日 バカリズムのオールナイトニッポンGOLD バカリズム 2013年10月7日
火曜日 宮藤官九郎のオールナイトニッポンGOLD 宮藤官九郎 2013年10月10日[2]
水曜日 小島慶子とミッツ・マングローブのオールナイトニッポンGOLD 小島慶子ミッツ・マングローブ 2013年10月9日
木曜日 ゆずのオールナイトニッポンGOLD ゆず 2009年12月1日[3]
金曜日 オールナイトニッポンGOLD スペシャルナイト (週替わり) 2013年10月11日
オールナイトニッポン(25:00 - 27:00)
月曜日 ゴールデンボンバー鬼龍院翔のオールナイトニッポン 鬼龍院翔ゴールデンボンバー 2011年1月5日[4]
火曜日 back numberのオールナイトニッポン back number 2014年4月1日
水曜日 AKB48のオールナイトニッポン AKB48[5] 2010年4月9日[6]
木曜日 ナインティナインのオールナイトニッポン ナインティナイン 1994年4月4日[7]
金曜日 アルコ&ピースのオールナイトニッポン アルコ&ピース 2013年4月4日[8]
土曜日 オードリーのオールナイトニッポン オードリー 2009年10月10日
オールナイトニッポン0(ZERO)(27:00 - 29:00)
月曜日 高松豪とたかまつななのオールナイトニッポン0(ZERO) 高松豪たかまつなな 2014年7月7日
火曜日 Czecho No Republicのオールナイトニッポン0(ZERO) Czecho No Republic 2014年4月1日
水曜日 USAGIのオールナイトニッポン0(ZERO) USAGI 2014年4月2日
木曜日 ウーマンラッシュアワーのオールナイトニッポン0(ZERO) ウーマンラッシュアワー 2014年4月3日
金曜日 ラブレターズのオールナイトニッポン0(ZERO) ラブレターズ 2014年4月4日
オールナイトニッポンR(27:00 - 29:00)
土曜日
(第3以外)
オールナイトニッポンR (週替わり)
第3土曜日 スフィアのオールナイトニッポンR スフィア 2011年4月16日
オールナイトニッポンサタデースペシャル (23:30 - 25:00)
土曜日 福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル・魂のラジオ 福山雅治
アシスタント:荘口彰久
2000年3月25日
オールナイトニッポン月イチ (27:00 - 29:00)
日曜日
(月一回放送)
中島みゆきのオールナイトニッポン月イチ 中島みゆき 2013年4月14日

パーソナリティの記録[編集]

(2014年8月現在 アナウンサーは含まない)

  • 最長レギュラーパーソナリティ: ナインティナイン(放送中/20年4ヶ月~)[9]
  • 番組初昇格: イルカ (1975年1月)
    • -R初昇格 ゆず (1998年10月)/-ZERO初昇格 久保ミツロウ&能町みね子 (2013年4月)
  • 最短期間での昇格 ナインティナイン(3ヶ月)/最長期間での昇格 ロンドンブーツ1号2号(2年)

パーソナリティの変遷[編集]

歴史[編集]

番組黎明期・第1次黄金期(1967年 - 1972年)[編集]

前身となる番組はニッポン放送にて1959年10月10日から放送していた『オールナイトジョッキー』(DJ:糸居五郎)が当てはまる。子会社の「株式会社深夜放送」[10]が制作していたこの番組は、糸居が選曲・ターンテーブルの操作といった通常はスタッフが行う作業を一人でこなすというディスクジョッキースタイルであり、それが局の省力化した番組を作れないかという思惑と合致していたことから、番組を発展させる形で『オールナイトニッポン』は放送を開始した。

また、背景として1960年代半ばの不況と、1964年の東京オリンピックによるテレビの躍進により広告収入が激減し、ラジオ業界にとっては新しいリスナーの層と広告主(スポンサー)の開拓を迫られていた(ラジオ離れ#1960年代も参照)事がある。その状況に対し、ニッポン放送は1964年4月より「オーディエンス・セグメンテーション」編成を導入し編成方針を抜本的に見直していたが、その動きが深夜に波及したことも影響している。
『オールナイトニッポン』が放送開始した1960年代後半というのは、いわゆる団塊の世代が大学生生活を送っていた時代であり、『オールナイトニッポン』はそのような大学生や受験勉強に明け暮れている高校生・中学生にターゲットを絞り、それまでテレビやラジオで流れることはほとんどなかったビートルズレッド・ツェッペリンジミ・ヘンドリックスなど海外のロックミュージックからザ・フォーク・クルセダーズなど日本のフォークソングまで、若者世代の最先端を走る音楽をふんだんに流す編成とした。

スタート当時、ニッポン放送の新入社員で広報部員だった中川公夫は、「それまでもそれなりにスポンサーはいたわけですからね。それを全部すっ飛ばして新しいスポンサーを探すとか、かなり大胆なことでエネルギーもいる仕事だったんですよ。その作業が大変だったんじゃないかな。」と話し、後に自らもDJを務める亀渕昭信も「当時の編成や営業が偉かったと思うのは、今のままじゃいけない、もっと若い人を開拓しないといけないと決断したこと。しかも、始まったばかりでそんなに知られていない番組もスポンサーに安売りをしなかった。我慢した。1年たったら、本当に有名な番組になりましたもん」と話している。

1967年10月1日深夜から放送開始。放送時間は月曜日~土曜日25:00 - 29:00(翌日未明1:00 - 5:00)。当初のDJ(「パーソナリティ」と呼ぶようになったのは1969年頃から)はニッポン放送アナウンサーの糸居五郎(月曜日)、斉藤安弘(火曜日)、高岡尞一郎(水曜日)、今仁哲夫(木曜日)、常木建男(金曜日)、高崎一郎(土曜日。高崎はアナウンサーではなかったが、プロデューサー兼DJとしてニッポン放送の番組に出演していた)。初回放送のDJは、前身番組「オールナイトジョッキー」のDJだった糸居が務めた。

当時編成部長だった羽佐間重彰は、番組を立ち上げるに当たって、次のような大原則を立てている。

  • 外部のタレントではなく、アナウンサーやディレクターといったニッポン放送内部の人間を起用する
  • スポンサーを付けない
    • 提供スポンサーから番組内容に口出しされることを嫌ったため、番組開始後半年間はスポンサーを付けなかった。のちにスポンサーを付ける際にも、「協賛スポンサー」という形で、番組内容にはタッチしないことを条件としており、パーソナリティがスポンサー名を読み上げる際、「以上各社の協賛で」と付け加えるのはこの原則に由来する。ほかの原則は現在では崩れているなかで、「協賛スポンサー」の原則は現在も守られている。
  • 狭いスタジオを使う、ゲストは呼ばない
    • 狭いスタジオに閉じこめ孤独感を味わわせることで、聴取者と一対一で喋っているような感覚にさせる。同様にゲストを呼ぶことも禁止した。
  • 下ネタはやらない
    • 『オールナイトニッポン』開始前は、深夜帯はお色気番組全盛だった。高崎も懇意にしていた盛田昭夫から「これではソニートランジスタラジオが売りにくい」と苦言を呈されていたという。
    • 40周年となった2007年10月1日、『BEAT CRUSADERS ヒダカトオルのオールナイトニッポン』に特別出演した斉藤安弘は、「ニッポン放送の品位に関わることであって、それで他局に負けてはならないということで、下ネタはやらなかった。そのため、相手を置かずに一人でやった」と語った。その一方、「下ネタはやらない代わりに、自分は26時になると、トイレの話を専門にしていた」とも言った。
その時の放送中のスタジオの様子について、1968年に入社し、後にディレクターとして名をはせる鈴木隆は「(有楽町の旧社屋の)第5スタジオというのが4階にあって、そこで『オールナイト』をやっていたんだけど、とにかく静かでしたよ。なぜかというと、ディレクターが一人しかいない。ミキサーも兼ねているわけですから。構成作家もいないし、しゃべり手が自分でハガキを選んで曲を決める。基本的にそれだけだし、ちょっと、仕掛けを考えるのも本人ですし。それが第一次黄金時代のパターンですよ。だから、ディレクターにも責任があるし、緊張感ありますよね。僕らが夜中に通ってもスタジオには入れなかったんですもん。外から覗いて『やってるな』という印象は強烈にありましたね」と語っている。

番組のコンセプトとして中川は、「基本は音楽番組の発想、何をしゃべるかについては自分で考える。リスナーからのハガキを使ってもいいし、自分の身辺で起こったことでもいい。困ったら曲をかければいいというイージーな部分をありましたね。」と話している。 番組としてもこれといったコーナーも設けられず、聴取者からのお便り紹介とパーソナリティ自ら選曲した音楽をひたすら流すというシンプルな番組であった。

そのような初期の番組におけるアイデンティティとして、番組の冒頭の「君が踊り僕が歌うとき、新しい時代の夜が生まれる。太陽の代わりに音楽を、青空の代わりに夢を、フレッシュな夜[11]をリードする オールナイトニッポン」というフレーズがあげられる。このフレーズは80年代まで笑福亭鶴光が大きくアレンジして使っていたほか、初代DJの斉藤安弘がパーソナリティを務める2003年 - 2009年にかけて放送された『オールナイトニッポンエバーグリーン』、全日空国際線の機内で流れている、SKY AUDIOの『オールナイトニッポンClassics』の中で聞くことができた。(2010年8月1日現在)。 この口上は、当時の番組構成作家、山之井慎によるものである[12]

先述の若者をターゲットとした番組は好評を博す。それを表すエピソードとして、1967年9月に解散コンサートを行ったアマチュアグループ・フォーク・クルセダーズが卒業記念に自主制作したアルバムの楽曲『帰ってきたヨッパライ』を、高崎一郎が関西のラジオで評判になったのを聞きつけオールナイトニッポンでオンエアした所リスナーからの反響が大きく、一晩のうちに同じ曲を複数回にわたって掛けるほどとなり、それを切っ掛けに全国圏のブームとなり2か月で180万枚の売り上げを記録したことが挙げられる。こういった昼間のラジオ番組では決してかけられないようなマイナーな曲や、海外からの新しい音楽を含む深夜番組ならではの選曲が若者を刺激した。

さらに「年上のお兄さん」的存在だった気取らないアナウンサーパーソナリティ達の人柄に惹かれて、各パーソナリティ宛に毎週2万枚ものリクエストやお便りが届き、開始当初は人知れずひっそりと始まった『オールナイトニッポン』は、1年もしないうちに当時の若者層(大学生・高校生)に絶大的な支持を受けるニッポン放送の看板番組に成長、TBS『パックインミュージック』・文化放送『セイ!ヤング』と並んで深夜放送そのものが『深夜の解放区』として一種の社会現象となるに至った。

競合番組が乱立する中『オールナイトニッポン』は何よりもリスナーとの対話を重視し、サブタイトルに「ビバヤング」(=若者バンザイ!)を採用。
前述のオープニングのスタイルもサブタイトルを強調し「“ビバヤング”オールナイトニッポン、この番組は…」となる。
また、放送開始1年後の1968年9月には会報「Viva young」も発行し、発行部数が5万部と常に完売。(印刷物という、別のメディアを持ち込んだのも、オールナイトニッポンが最初である。)
こうして、「ビバヤング」(=若者バンザイ!)は60年代から70年代にかけての『オールナイトニッポン』の合言葉となる。

オールナイトニッポンが以前にも増して脚光を浴びたのは、1969年。この年の1月に木曜日担当に高嶋秀武が、10月に土曜日担当に亀渕昭信が参入する。
亀渕はアナウンサー出身ではなかったが、ディレクター出身のパーソナリティとしてマイクの前に座って、それを逆手にスタジオの中を跳んだり走り回ったりと奇抜かつ斬新なDJスタイルをすることで聴取者から注目が集まり、一気に『オールナイトニッポン』の看板パーソナリティとなると共に、深夜放送に新しい息吹を送り込んだ。亀渕は当時について、「僕は、女の子3人組、モコ・ビーバー・オリーブの『パンチ・パンチ・パンチ』とか、前田武彦さんの『ヤング・ヤング・ヤング』といった番組を作っていたんですけど、よくしゃべるし、面白いからお前がしゃべれよと。自由にさせてもらったし、いい時代だったと思いますね」「僕は“制作上がり”でしたから、“てをには”とか早口言葉とかがうまくないわけ。その分、ほかでカバーしないと追いつかない。立ってしゃべったらとか、走り回ったらとか、ハガキを放り投げたら(当時リスナーから届いた2万枚のはがきをスタジオに放り投げ、一番遠くに飛んだハガキ(リスナー)に1万円をプレゼントしていた。)とか、一生懸命いろんなことをやりましたね。演出感覚ですね、それがちょっと違ってたんじゃないでしょうか」と語っている。

また、1969年7月には、同じパーソナリティ仲間の斉藤安弘とともに「カメ&アンコー」としてCBS・ソニーレコード(現:ソニー・ミュージックエンタテインメント)からザ・フォーク・クルセダーズが別の名義で使っていたザ・ズートルビーの同名の曲である「水虫の唄」という曲のレコードを出し、 20万枚を売り上げるスマッシュヒットとなった。この歌は、ベートーベンや、メンデルスゾーンまで取り込んでしまう自在な遊び心と反骨精神が「帰ってきたヨッパライ」に通じており、オリジナルには入っていなかった曲中の台詞ではDJならではのセンスが光っていた。

更に、1970年には今仁哲夫と天井邦夫(その後ニッポン放送副社長や顧問を歴任し、2009年12月3日逝去[13])が日本全国を縦断してリスナーと交流するという画期的な企画「ビバくりげ」も行われる。この企画は、もともと学生時代から車好きが高じた天井が、今仁と共に当時発売されたばかりのホンダクーペ9に乗って全国各地でリスナーと握手をするというもので、いわば天井の公私混同である深夜放送ならではの企画だった。斎藤安弘の記憶では、3ヶ月で64万1780人のリスナーが2人と出会ったという。
なお、このクーペ9は、ホンダから提供されたもので、あっという間にリスナーからの書き込みによって、真っ黒になっていったとされる。

1971年には、50歳を迎えた糸居五郎が1月17日13時30分-19日15時30分にかけて放送を続けると言った過酷な企画『50時間マラソンDJ』も行われ、見事完走している。

こうして、最初は関東ローカルであり、協賛スポンサーもニッポン放送サービス(現:ポニーキャニオン)一社だけだった番組も、夜間はラジオの電波が広範囲に届くことから関東のローカル番組であったにもかかわらず日本全国からはがきが届き、それを受け1970年6月九州朝日放送ラジオ大阪、7月にSTVラジオ(ラジオ部門分離前の当時・札幌テレビ放送)が、その後は東北放送長崎放送などが番組受けを開始する様になるなど、ネット局数が順次増加していき、複数の協賛スポンサーが付くようになった。この時代が『オールナイトニッポン』の第1次黄金期である。

タレントパーソナリティ/2部制導入・迷走期から第2次黄金期へ(1972年 - 1985年)[編集]

深夜放送ブームは1970年代に入っても続いていたが、若者層の嗜好の変化(それまでの学生運動世代からシラケ世代への移行など)や時代の変化にあわせ、ニッポン放送は新たな放送スタイルを追求し始めることになる。そのため、1972年6月末を持って、亀淵昭信、今仁哲夫、糸居五郎を除くパーソナリティが降板する。

1972年7月からの1年間は亀渕昭信が『ビバカメショー』と称して、毎日25:00 - 27:00を担当した(9月までは月曜日担当の糸居五郎が継続していたため、月曜を除く毎日25:00 - 27:00。10月から月曜を含む毎日25:00 - 27:00となった)。次いで毎日27:00 - 29:00までは最初は今仁哲夫が担当した『ビバテツショー』が、1973年1月からは池田健が担当する『ビバケンショー』が放送された。この時に初めて27時で番組を分割する2部制の概念が生まれる。

この時代はオールナイトニッポンにとっての最初の停滞期となっており、亀渕は「僕一人で週6日番組を担当するのはとてもつらかった。番組は“敗戦処理”みたいな感じで始まったと思います。『オールナイトニッポン』だけじゃなくて、深夜放送全体が駄目になってきていたのね。露出過多っていうか、“晴れの舞台”に出てきてしまった。それじゃ深夜放送になってないんだよね。もう一度変えなきゃいけないと、作り手もしゃべり手も思ってはいたんだが、一度出来上がったものはなかなか変えにくい。ネット局も増えて全員がニッポン放送のアナウンサーというわけにもいかなくなって。でも局アナが基本でしたから、じゃあお前がやれって。形を変えるまでの踊り場みたいな感じかな。それまでは音楽担当の糸居さん、今仁さんみたいな面白いことをやる人の中間みたいな放送をやってたんだけど、『ビバカメショー』になってからはもっと音楽に徹しました。サイモン&ガーファンクルの詞を訳して特集したり、ビートルズの海賊版を流したり、僕自身は楽しかった。テーマの『ビタースイートサンバ』も代えたんだよ。デニス・コフィーというモータウンのファンクギタリストがいて、頼んで作ってもらったり。残念ながらレーティング(聴取率)はあんまりよくなかった。でもそれで“よし”としました。とにかく次に大きくジャンプするためには一度縮こまって昔のイメージを壊し、まっさらにするのが僕のやること。今度は制作者としてまったく新しい『オールナイトニッポン』を作ろうと思ったんです。」と、当時の苦悩を語っている。

一方で1973年にディレクターになった中川も「転機といえば『ビバカメショー』『ビバテツショー』が始まった段階でステーションのアナウンサーがすっかりやめてしまったときでしょうね。」と、転機だったことを明かす。さらに「その後にタレントが入るようになるわけで、番組自体が大きくなって、もっとビックな人でも入ってもらえるようなフィールドができたんです」と1973年のタレントパーソナリティ起用の本音を明かす。

こうして、1973年7月からはタレントや芸人・歌手が従来通り4時間にわたってパーソナリティを担当するという決定的な転機を迎える。このタレントパーソナリティ第1期の布陣は小林克也泉谷しげるあのねのね・覆面パーソナリティであるカルメン岸部シローである(木曜は斉藤安弘が一旦復活した。また、カルメンはオールナイト史上初の女性パーソナリティである)。いわば、第二次『オールナイトニッポン』の始まりでもあり、現在のオールナイトニッポンの原型が完成した。

しかし、土曜担当の岸部シローがわずか3ヶ月で降板したのをはじめ、あのねのねを除く各パーソナリティは翌1974年夏までに全て降板し、その後約3年間はパーソナリティが根付かずに短期間で入れ替わる不安定な時代が続く。その原因として、体力的にも話力的にも4時間のロングラン放送に耐えられないという点があった事から、1974年7月からは27:00を境にパーソナリティを入れ換える2部制が本格的に導入される。

2部制の導入でパーソナリティの数が足りなくなったことから、1970年代半ばにはタレントや歌手だけでなく一般オーディションの形(オールナイトニッポン主催・「全国DJコンテスト」)でも無名の新人発掘に力を注いでいる。また、番組をネットしていた地方ローカル局のアナウンサーなどにも一時期番組を持たせたこともあった(『飛び出せ!全国DJ諸君』グランプリの柏村武昭など)。一方、タレントパーソナリティ選考に当たっては基本的に番組スタッフが前もってオーディションをした上で採用の合否を決定していったのだが、あくまでラジオ番組をやっていけるだけの話力や実力があるのなら職種や音楽知識の有無に囚われることなくパーソナリティに採用するようになったため、野坂昭如稲川淳二など本来の『オールナイトニッポン』の流れとは明らかに外れた異色のパーソナリティも登場している。この時点で番組本来のコンセプト(ニッポン放送アナウンサーによる音楽主体の若者向け4時間番組)は失われたが、それでも「若者向け」というコンセプトと、主に歌手が番組を持ったことで「音楽番組」としての機能はかろうじて引き継がれた格好となっている。
一方、一旦降板していたDJ・糸居五郎は1975年に金曜2部、さらに水曜を経て1977年10月に古巣である月曜(2部)で復活しており、音楽主体からトーク主体に変わった『オールナイトニッポン』において、唯一開始当初の雰囲気とスピリッツを醸し出していた。糸居五郎の月曜2部は糸居が1981年に定年退職するまで続いた。

迷走状態が続いていた1970年代中盤から1980年にかけて最初に頭角を現したのがあのねのね笑福亭鶴光タモリ所ジョージつボイノリオなどの色物系・コミックソング歌手の担当番組であった。

特に笑福亭鶴光は全て大阪弁で番組を通すという特異性から当初は抗議のはがきが多数寄せられたが、「ミッドナイトストーリー」などのネタはがきコーナーを増設し、下ネタを含めた話術の高さもあいまって次第に人気を集めるようになり、70年代末には番組に送られてくるはがきは毎週2万枚、ラジオ聴取占有率80%〜90%というオールナイトの看板パーソナリティに成長、他の曜日が2部制になった後も鶴光担当の土曜日だけは4時間の放送を継続した(一時期金曜も4時間放送にするが、1年半で元の2部制になる)。
当時大人気のあのねのねは番組中、原田伸郎が当時せんだみつおが担当していた『セイ!ヤング』の生放送中に文化放送のスタジオに電話をかけ、清水國明も『セイ!ヤング』の生放送中のスタジオに乗り込んで電話を通して「あのねのねのオールナイトニッポン」と番組宣伝し、番組のジャックを敢行しファンの人気をさらに広めた。番組後半に一般のファンにスタジオを公開して「七不思議のコーナー」などいろんな企画を進行していく「あのねのね・ハッピースタジオ」も人気を博した。
タモリは鶴光が同じ話題として取り上げる「なんちゃっておじさん論争」や「NHKつぎはぎニュース」などタモリのアングラなキャラクターを発揮した番組内容で話題となる。

さらに当時全盛であったフォークソングニューミュージック系シンガーの番組に火がつき、武田鉄矢南こうせつイルカ山田パンダ加藤和彦・自切俳人〔ジキルハイド〕(北山修)・桑田佳祐長渕剛松山千春吉田拓郎などそうそうたる顔ぶれが入れ替わりながらパーソナリティを務めていった。これに加え、従来からの流れであるくり万太郎なすえりこなどのLFアナウンサーも番組を支え続けた。そして、中島みゆき1979年- 月曜1部)やビートたけし1981年- 木曜1部)が登場した1980年代初頭には第2期の黄金時代を迎えることになる。

また1977年以降には『HOUSE ハウス』、『宇宙戦艦ヤマト』、『銀河鉄道999』、『幻魔大戦』などの映画劇場公開にあわせて、ラジオドラマと出演者やスタッフのトークによる4時間のスペシャルが放送された。のちに文化放送が注力するようになる、アニラジのはしりと言える。

現在のオールナイトニッポンの柱となっている「トーク主体」・「コーナー主体」・「ネタはがき主体」の番組構成はこの時代に確立したシステムであり、ハガキ職人が幅を利かせるようになったのもこの頃である。このようにオールナイトニッポンが番組内容やDJを大きく変えたことで番組全体に見切りをつけた聴取者もかなり多かったが、逆にそれまでとは違う「パーソナリティそのものの魅力」に惹かれた新規のリスナーを大量に獲得することになり、結果として番組名と放送時間帯、テーマソングだけはそのままに、番組を「作る人」も「聴く人」も、番組の「コンセプト」でさえも時代とともに移り変わっていくという流動的なスタイルが形成されていくことになる。

このスタイルゆえに時代の変化に対応できなかった『パックインミュージック』『セイ!ヤング』のオリジナル放送が1980年代初めに打ち切られる中で『オールナイトニッポン』だけが時代の波にうまく乗りながら、深夜放送の代名詞として唯一生き残り続ける。第1期黄金期の人気パーソナリティから番組製作・編成部門に戻り、裏方として新時代の『オールナイトニッポン』を模索し続けた亀渕昭信の努力が実を結んだ格好となった。

安定期間から深夜放送長期低落傾向へ(1986年 - 1999年)[編集]

1986年10月1日には20年目突入を記念して『ALL DOGETHER NOW(オール・ドゲザー・ナウ)』という特別番組が放送され、中島みゆきとんねるず小泉今日子ビートたけしサンプラザ中野ABブラザーズの当時の1部パーソナリティ6組が一堂に会した(公式には1985年6月15日開催の国立霞ヶ丘陸上競技場での「国際青年年記念 ALL TOGETHER NOW」のスピンオフ企画とされ、DOGETHERは「TOGETHER」と「土下座」の掛け言葉とされる)。

1980年代中盤以降、約10年間はライバルであるTBSラジオの深夜番組が定着せず迷走し、また文化放送も『ミスDJリクエストパレード』以降長らく深夜放送に力を入れなかったことから、「若者向け深夜放送=オールナイトニッポン」という図式が一番確立していた時代でもある。

1985年に足掛け12年にわたった鶴光のオールナイトが終了し、その後もABブラザーズや圭修が土曜のお笑い枠を引き継いだが(ABブラザーズ時代の1986年4月より土曜も2部制に移行)、1988年からはニューミュージックの大御所・松任谷由実が土曜1部を担当し1999年までの長期にわたる活躍をすることになる。

1980年代半ばから90年代初頭にかけてはバンドブームが沸き起こり、オールナイトのパーソナリティ人選にもその影響が次第に現れてくる。1部ではサンプラザ中野デーモン小暮大槻ケンヂ木根尚登などが、2部では渡瀬マキLINDBERG)・寺田恵子SHOW-YA)・AYAKOPINK SAPPHIRE)・川村かおりTHE東南西北などが活躍し、ブームの一端を担うことになる。続く1990年代前半も電気グルーヴYUKIJUDY AND MARY)、吉井和哉THE YELLOW MONKEY)、大江千里小沢健二スチャダラパーEAST END×YURIなどの有名どころから、コアなファンが多い加藤いづみ石川よしひろまで幅広い層のパーソナリティを輩出した。

お笑い系パーソナリティは1985年に火曜1部でとんねるずが登場、さらに1989年には金曜1部でウッチャンナンチャンが登場する。落語家の弟子であった伊集院光が水曜や金曜の2部で活躍し一気にラジオスターとしての頭角を見せたのもこの頃である。80年代を駆け抜けたビートたけしは途中代役を立てながら1990年まで番組を継続したが、その後はたけし軍団浅草キッドなども担当。1993年松村邦洋が、そして1994年には、2013年現在もパーソナリティを続けているナインティナインが登場する。

また、この時代には70年代の迷走期とは違った意味で、別業種パーソナリティを投入した時代でもある。トップアイドルだった小泉今日子が水曜1部に登場したのは1986年。その後も、女性アイドル担当番組は裕木奈江穴井夕子など散発的に見受けられる様になった。他に、劇団『第三舞台』を主宰していた鴻上尚史、雑誌『週刊プレイボーイ』編集者の小峯隆生、漫画家さくらももこなど。極め付きは1992年に素人であった浪人生松永並子&北原ゆきを水曜2部に起用したことである(前述の穴井夕子は、この2人が受験勉強のために休んだ間の6週間限定での登板であった)。後に芥川賞作家となった辻仁成も、この時代にECHOESのボーカル・「辻 仁成(つじ じんせい)」としてパーソナリティを務めている。福山雅治(1992年より担当を開始)が、当時若手イケメン俳優・歌手というポジションで認知されていた彼の「素」を本番組で公に広く知らしめた事も記憶に新しい。ただ、この頃になると、オーディションでパーソナリティを探し、番組が育てていくことよりも、知名度ありきでパーソナリティに採用することが増えてきた。

1991年10月には、25年目突入を記念して、中島みゆき、タモリ、ビートたけし、笑福亭鶴光の各オールナイトニッポンが、一夜限りの復活放送を行った。また、1997年10月から1998年3月まで、番組放送開始30周年を記念して、過去のパーソナリティが担当する『オールナイトニッポンDX』が、19:00 - 21:00に放送されている。

しかし、1990年代中頃になると、テレビの深夜番組の充実化やビデオデッキゲーム機パソコン携帯電話の普及等によって、若年層を中心としたラジオ離れが顕著になり、深夜ラジオ全体の長期低落傾向が目に見えて現れて来る。さらに同じラジオ業界内でも80年代末以降民放FM局が急増した事や、『スーパーFMマガジン』(TOKYO FM)『FMナイトストリート』(JFN)など、民放FM局が深夜帯にAMラジオ的なネタ・トークを中心に据えた番組を制作する様になったことから聴取者全体のパイが分散し、一部の地方局でのCM収入の減少による制作費減少等、AMラジオの深夜放送に対する逆風は強くなっていった。番組に寄せられるはがきやFAXの数も激減し(1997年当時、ナインティナインのオールナイトニッポン宛てに送られてくるはがき・FAXの数はトータルで週3000枚程度であり、60 - 70年代の人気番組の7分の1程度にまで落ち込んでいた)、オールナイトニッポンだけでなく、AMラジオの若者向け深夜放送自体の将来に暗雲が立ち込めていた。その様な中で、ニッポン放送はパソコンや携帯電話、メールなど新しいツールに目をつけ、それらのIT機器とAMラジオの関係を融合させるべく『オールナイトニッポン』を含めた夜帯の大改編を行うことになる。

1998年春の改編では、2部枠(27:00 - 29:00)がR(リラックスの略)がついた『オールナイトニッポンR』に改称。金曜深夜と土曜深夜を除き28:30終了と30分短縮された。この時期にはインターネット放送でのスタジオ同時生中継が試験的に行われ、この試みは後に「LFX488」に生かされた。

LF+R(1999年 - 2003年)[編集]

1999年春の改編では、開始時間帯を大幅に前倒ししたうえで2部制から3部制になり、夜帯を「LF+R(Love & Friends + Radio)」と称した上で、22:00 - 24:00に今までの旧1部に近い形の『allnightnippon SUPER!』を開始、25:00 - 27:00をインターネットと連動させた『@llnightnippon.com』、27:00 - 29:00、ないし27:00 - 28:30を『allnightnippon-r』と改題したが、「LF+R」開始当初から様々な問題が発生した(LF+Rの項を参考のこと)。

2000年に土曜深夜の23:30 - 25:00の90分枠に『福山雅治のallnightnippon saturday special・魂のラジオ』(『ドリアン助川の正義のラジオ!ジャンベルジャン!』の後継番組、2012年現在も放送中)を立ち上げ、1998年に降板していた福山雅治を再起用した。

2003年春の改編をもって「LF+R」ブランドは終了し、22:00 - 24:00のSUPER枠は『オールナイトニッポンいいネ!』に改題されパーソナリティを一新。com枠である25:00 - 27:00は4年ぶりにタイトルが『オールナイトニッポン』に、『allnightnippon-r』も『オールナイトニッポンR』と1998年から1年間使用していたタイトルに戻った。

LF+R終了後(2003年 - 2012年)[編集]

若者層を中心としたラジオ離れやテレビの終夜放送が進むなかで、ラジオ業界はかつて1960年代 - 70年代にラジオを聴いていた団塊の世代など高年齢者を対象とした番組を多数制作するようになる。オールナイトニッポンもTBSラジオJUNK』との競争が激化し若者層聴取が先細りする中で、2003年秋の改編では深夜放送に参入したNHKの『ラジオ深夜便』の好調に影響を受け、若者向けであった『オールナイトニッポンR』の月曜から木曜を打ち切り、代わって中高年層を強く意識した『オールナイトニッポンエバーグリーン』を放送開始、パーソナリティは初代DJの1人である斉藤安弘を再起用した。番組は6年続き、斉藤が2009年春改編にて定年退職で降板した後も、1970年代後半にオールナイトを担当したくり万太郎を起用し『くり万太郎のオールナイトニッポンR』が放送された。 また、2009年11月30日からは22時台で『オールナイトニッポンGOLD』を開始。こちらは本来のオールナイトニッポンよりはやや上の年齢層をターゲットとしたパーソナリティが起用されている。

2006年7月には『オールナイトニッポン』の一部番組でポッドキャストを開始。詳細は「ニッポン放送 ポッドキャスティングステーション」を参照

2007年10月1日、40周年を記念して週6日放送の生番組では最長であることから、ギネス・ワールド・レコーズに申請した。同日から、『オールナイトニッポンエバーグリーン』は、ニッポン放送では28:30(翌日早朝4:30)で打ち切られるようになった。

一方、2008年1月29日に放送した特別番組『倖田來未のオールナイトニッポン』での倖田の発言が問題となる。番組は事前収録であり、チェック体制が機能しなかったとして、担当プロデューサーの謝罪(『ナインティナインのオールナイトニッポン』・2月8日放送)や制作担当社員のほぼ半数を入れ替える社内処分が行われた。

タイトルを変えての14年ぶりの2部制復活へ(2012年 - )[編集]

2012年4月より携帯端末向けマルチメディア放送として新たにスタートする「NOTTV」のサービスの目玉の一つとして「オールナイトニッポン0(ZERO)(月-金曜 27:00 - 29:00)の開始、並びにNOTTVによるサイマル放送」が開始された[14]。オールナイトニッポン0(ZERO)は1998年春の“オールナイトニッポン2部”が終了して以来14年ぶりの復活と共に第2部の復活版となる。なお、同枠のパーソナリティオーディションが2012年1月よりYoutubeを利用した一般公募の形式で実施され、19年ぶりに一般人パーソナリティ、本村康祐・西岡隼基が起用されている。

2013年2月22日 22:00 - 2月24日 22:00は「たけし みゆき 千春も登場! 伝説のパーソナリティが今を語る オールナイトニッポン45時間スペシャル」を放送。同番組は24日 9:00 - 12:00「東京マラソン2013」の生中継などを挟みながら45時間の大放送となる。

2013年4月の改編期には、NOTTVが2012年から始まったオールナイトニッポン0(ZERO)の映像配信に続いて、火曜日(久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポン)と水曜日(ダイノジ 大谷ノブ彦のオールナイトニッポン)のオールナイトニッポン1部でも映像付きの同時生放送が1年間にわたって行われた[15]

2013年9月16日より21日までの6日間は、「『オールナイトニッポン』×YouTube エンタメウィーク[16][17]連動企画」と題して、史上初めて月曜から土曜日まで旧1部、2部の枠全て(土曜2部を除く)が動画配信された[18][17]

2014年4月の改編期には、同じ時期に金曜日から水曜日に枠が移動する「AKB48のオールナイトニッポン」をNOTTVで映像付きの同時生放送を行うことになった[19]

日曜日[編集]

日曜深夜にも1985年以前に『オールナイトニッポン電話リクエスト』という、糸居五郎や木藤隆雄、はたえ金次郎(波多江孝文)などが担当した電話リクエスト番組があった。また、

  • 赤坂泰彦のオールナイトニッポン電話リクエスト (1997年10月 - 1999年3月、23:00 - 25:30)
  • @llnightnippon.com HYPER REQUEST SUNDAY! (→Sunday Request Night) (荘口彰久桃乃未琴)(1999年4月 - 2000年3月、23:00 - 25:00)
  • SILVAのallnightnippon Sunday Special “Luv mode” (2000年4月 - 2001年3月、23:30 - 25:00)
  • 中澤裕子のallnightnippon Sunday Special (2001年4月 - 2001年9月、23:30 - 25:00)
  • 中澤裕子のallnightnippon Sunday SUPER! (2001年10月 - 2003年3月、23:00 - 24:30)
  • 飯島愛の@llnightnippon Sunday.com (2001年10月 - 2003年3月、24:30 - 25:30)

などの番組を行っていた時期があった。

他にオールナイトニッポンを冠した番組として、2008年4月 - 2009年3月には、『上原隆のオールナイトニッポン サポーターズ』(25:00 - 25:30)が、2009年10月11日 - 2010年9月12日には、『オールナイトニッポンサンデー』が放送されている。

その後、単発で放送された ROLLY谷山浩子のオールナイトニッポンR(2012年10月14日、27:00 - 29:00)以外は日曜日のオールナイトニッポンは放送されていなかったが、2013年4月改編に「中島みゆきのオールナイトニッポン月イチ」が放送開始。日曜のオールナイトニッポンレギュラー枠では2003年3月に中澤裕子のallnightnippon Sunday SUPER!と飯島愛の@llnightnippon Sunday.comが終わって以来、10年ぶりとなる。
また、「中島みゆきの月イチ」は一部の局ではあるがネットされており、サンデースペシャルが放送される時間帯ほとんどの局ではネット受けやプロダクション制作の番組の放送やメンテナンスに充てることがほとんどのため、日曜日の枠がネットされるのは初のことである。

テーマ曲[編集]

  • BITTERSWEET SAMBA(ビタースウィート・サンバ)』
  • テーマ曲として採用された経緯については諸説ある。
    • 実際はA面だった曲(ティファナ・タクシー)を使用していたが、高崎一郎の番組のスタッフが間違えてB面の曲(BITTERSWEET SAMBA)をかけてしまったところ、高崎が「この曲のほうがよいのでは」と言ってこの曲に変更された。ただし「ビタースウィート・サンバ」はアルバム『Whipped Cream & Other Delights』のA面4曲目。ティファナ・タクシーは別のアルバム『Going Places!!』のA面1曲目であり、間違えるはずはないという指摘もある[20]。編集盤やシングル盤という可能性もあるが詳細は不明。
    • 違う曲(レモン・ツリーまたはティファナ・タクシー)がテーマ曲候補に上げられていたが、この曲の収録されたレコードをかけようとしてたまたま同じ面に収録されていた BITTERSWEET SAMBA が誤ってかかってしまい、曲を聴いた高崎がテーマ曲として決定した[21]
    • 斉藤安弘は「もともとこの曲をテーマにする予定だったと聞いていた」と、自身の番組『オールナイトニッポンエバーグリーン』で発言している。
    • オールナイトニッポン40周年記念!笑福亭鶴光と松本ひでおの深夜放送ヒット電話リクエスト』(2007年2月19日放送分)の中で、松本ひでおがスタッフの間違いではなく高崎一郎が初めから決めていたことだと明らかにし、同時に「スタッフ間違え説」を否定した。
    • 栃木放送開局50周年特別番組『真夜中のビタースイートサンバ』(2014年3月23日放送)にて朝妻一郎がインタビューでこのことに触れており、高崎からテーマ曲の候補を探すよう依頼され朝妻の会社が著作権を持っている曲のなかで一番良いと選んで高崎に視聴させたところ「演奏はよいがリズム感が…これじゃないだろう」と同じ盤に入っていた他の曲を聞きだした。そのなかでビタースイートサンバを高崎自身が選んだという。その後、高崎が逸話として話を面白くするため「盤を裏返しに…」と話したそうである。
  • タモリのオールナイトニッポン』においてハーブ・アルパートが特別ゲストとして招かれたとき、その当時のテーマ曲のバージョンをトーク無しのフル演奏で流したことがある。
  • 1974年頃のオープニングには、前述のデニス・コフィー(正確には「Dennis Coffey & The Detroit Guitar Band」)による演奏(1973年にキングレコードより国内向けにリリース。原曲は演奏時間2分40秒。[1]TRACK LIST で1分43秒間試聴できるが、テーマ曲として使われた時のイントロは原曲を多少アレンジしてある。)でアレンジされた「ビタースイート・サンバ」を採用。ロック調ヴァージョン? 特に出だしのイントロは、エレクトリックギターで演奏され現在使用されているテーマ曲とはリズムが全く違い、他の楽器としてボンゴを使用。なおこの曲は海外向けにもA&Mレコードより1973年にリリースされておりB面に収録されている[2][22]。しかし、リスナーの間では評判が悪かったため、後にオリジナル(ハーブ・アルパート)版に戻されている(一部ではCBCラジオのように番組放送後の提供クレジットで流されていた局も存在した)。最後に使用されたのは、1974年末頃の土曜深夜『笑福亭鶴光のオールナイトニッポン』のみで、他曜日のオープニングは随時オリジナル版に戻された。
  • 以前はネット局により午前3時(第1部終了)までの局(全ての局ではないがCBCラジオやラジオ大阪など)はそれぞれの局において、第2部のオープニング(午前3時の時報)までにかかる繋ぎの曲の途中からフェードインしエンディングとして流し、各局のアナウンサーが番組協賛スポンサー及び番組終了のアナウンスを入れていたが、現在は行われておらず、次番組が始まるまでに繋ぎの曲(つまり、第1部のエンディング曲)をフェードアウトしてからコマーシャルなどが入るようになった。
    • ニッポン放送の場合、第1部のエンディング曲を3時の時報前まで流し、時報に入る直前に「○○のオールナイトニッポン」というジングルを入れて時報に入り、第2部(現在のZERO/R枠)に突入する。
  • また、現在は、木曜日の『ナインティナインのオールナイトニッポン』、土曜日の『オードリーのオールナイトニッポン』などで一節が繰り返されている物のフル演奏を聴くことができる。また、一部の番組では、先のものとは別の部分を延々繰り返している物を曲紹介・スポンサー読み・コーナー呼び込みまで掛ける事もある。
  • 第2部では番組設置の経緯上、オープニングでは流さず、エンディングに後半部分から流し始め、曲の終了と共に番組も終了するというスタイルが長らく続いていた[23]-Rでは別枠としてオープニングにもかけられた他、エンディングも単なるフェードアウトであったが、-ZEROになってからは2部の復活という位置づけから、旧2部と同じ構成で曲が使われている。
  • 1988年10月から1989年1月にかけて昭和天皇の体調の悪化で日本国内が自粛ムードに包まれ、その間全く異なるBGMに差し替えた。

ウィークリーソング[編集]

  • 週替わりで各曜日にかかわらずヘビーローテーションで新譜が流される。これはかつて月間(月間時のヘビロテの名称は「オールナイトニッポン・スーパーディスク」)であった。
  • 2012年4月から当番組の推薦曲がエンディングで流されるようになった。

番組ジングル[編集]

  • オールナイトニッポンでは、CM前とCM明けのジングルを数々のアーティストが手がけている。放送開始から40周年・45周年を記念した特別番組・特別企画においてはこれらのジングルが様々使用された(90年代後半のものなど、使用されなかったジングルも多い)。現在の通常放送でも、ディレクターの意向により現在使用されていないジングルを放送する場合もある。

1960年代 - 1980年代の担当アーティスト[編集]

  • スリー・グレイセス ※放送開始から70年代は「♪オールナーイトニーッポーン♪」や「♪ビバーヤング! パヤパヤ ビバヤーング♪」のジングルが主流であった。このジングルは、他の担当者では使われなくなっても、笑福亭鶴光担当回では1982年まで使用され続けた。一旦全ての番組で使用されなくなったが、サンプラザ中野担当回では当時唯一「ビバ!ヤング」をタイトルに付けていたため、全国一斉放送のCMの時のみ(毎時00~30分台)使用されていた。その後、糸居五郎死去の際の追悼番組で流された。

2012年3月までくり万太郎が担当する『くり万太郎のオールナイトニッポンR』で流れていた。過去には斉藤安弘が担当する『オールナイトニッポンエバーグリーン』でも流れていた。70年代、亀渕昭信が担当していた『ビバ・カメショー』にも「カメ、カメー」や、斉藤安弘が担当していた頃の「オールナイートニーッポン、アンコー」(「アンコー」の部分が「アンコーさーん」のヴァージョンもある)など担当DJ専用ジングルもあった。

1990年代の担当アーティスト[編集]

2000年代の担当アーティスト[編集]

  • savage genius(サヴィッジ・ジーニアス)(2002年-2003年)ボーカル&歌詞を担当する"ああ"とギター&作曲のtakumiのユニット。「SUPER!」で使用。
  • チェンジング・マイ・ライフ(2002年-2003年)ボーカル・作詞のmyco、キーボードの辺見鑑孝、作曲・ギターの田辺晋太郎。「.com」で使用。
  • サム41(2003年3月31日-2008年9月18日)※海外のアーティストがこの番組のジングルを手がけるのはこれが初。毎日使用していたのは2005年7月1日までである。毎日の使用中止後も、木曜日のナイナイのANNで1パターンのみ使用していたが、2008年9月18日をもって使用を中止した。
  • Tommy february6(2003年7月7日-2007年4月12日)※毎日使用していたのは2005年7月1日までである。毎日の使用中止後も、木・金のみ使用していたが、木曜日のナイナイは2007年4月12日・金曜日は4月6日をもって使用を中止した。
  • B-DASH(2003年10月3日 - 2009年10月3日「R」)※金・土曜日の「R」専用ジングル。「オールナイトニッポンRだよ〜」と歌っているもの。「ANN」は全て2009年10月9日より25時台と同じものへ統一されたため、「R」専用のジングルは消滅した。
  • 奥華子(2005年7月4日-2007年4月10日)
  • 倭製ジェロニモ&ラブゲリラエクスペリエンス(2006年5月19日-2007年4月11日)
  • Remark Spirits(2007年4月13日-2008年9月30日)※40周年記念バージョンのジングル。『40th』もしくは『40th Anniversary』のフレーズが入っている。
  • GIRL NEXT DOOR(2008年10月1日-2009年10月3日)
  • さかいゆう(2009年10月5日-2011年12月31日) ※ピアノを基調にしたジングルで、「Allnight-long」「Allnight-nippon」が織り込まれているものが多かった。

2010年代の担当アーティスト[編集]

  • MAN WITH A MISSION(2012年1月2日-2013年3月30日)※45周年記念バージョンのジングル。『45th Anniversary』が織り込まれている。
  • kz(livetune) × 八王子P(ボーカル:初音ミク)(2013年4月1日-)

CD・レコード[編集]

シングル[編集]

  • 今、僕たちにできる事(ポニーキャニオン)- 歌:オールナイトニッポン・パーソナリティーズ(1992年10月期当時のパーソナリティ全員が参加 対後天性免疫不全症候群運動のために制作された)
  • ビタースウィート・サンバ(ポリドール) - 演奏:ハーブ・アルパートとティファナ・ブラス(1994年10月26日発売。当初テーマ曲の予定だったティファナ・タクシーも収録。廃盤)

アルバム[編集]

  • オールナイトニッポン(LP盤)(キャニオン・レコード : 1970年12月)- 最初のオールナイトニッポンのアルバム、当時のパーソナリティ全員参加
  • 海賊放送局(LP盤)(キャニオン・レコード : 1971年11月)- 今仁哲夫と天井邦夫によるビバ栗毛の珍道中記、パーソナリティ全員参加のラジオドラマ、カメカメ合唱団の歌
  • 深夜放送グラフティ オールナイト・ニッポン(エピック・ソニーレコード : 1991年11月)- 糸居五郎、カメカメショー(ゲスト:あのねのね)、斉藤安弘(最終回)のそれぞれの抜粋を収録
  • オールナイトニッポン Radio Days Bitter Hits(東芝EMI(現EMIミュージック・ジャパン))
  • オールナイトニッポン Radio Days Sweet Hits(UM3/USM Japan
  • オールナイトニッポン パーソナリティーズヒッツ〜青春 ON AIR〜(ポニーキャニオン)
以上の3作品は、2003年に発売した35周年記念のコンピレーションアルバム
  • オールナイトニッポン EVERGREEN (EMIミュージック・ジャパン、ビクターエンタテインメントほか) - 2008年1月23日に6枚同時発売した40周年記念のコンピレーションアルバム

商品[編集]

  • 青春のオールナイトニッポン(タカラ
    BCLラジオのフィギュア。つまみを模したボタンを押すとジングルや糸居五郎や笑福亭鶴光らの番組の一部音声が流れる。ビタースウィートサンバはオリジナル。2004年発売。
  • 懐かしのオールナイトニッポンキャンデー(ブルボン
    番組内容の一部とパーソナリティの持ち歌で構成した8cmCD付きのコーヒーキャンデー(食玩)。2004年発売。
  • オールナイトニッポン スーパーマリオブラザーズ(ファミリーコンピュータ ディスクシステム)
    有名なゲーム『スーパーマリオブラザーズ』の一部キャラクターの絵をパーソナリティの顔にしたもの。
    1987年、番組放送開始20周年を記念して任天堂と共同製作。
  • オールナイトニッポン40周年記念カップ麺が日清食品、明星食品の制作でサークルK/サンクスにて2007年10月31日発売[3]
  • オールナイトニッポンを作ろう!(mobage
    自分で番組運営のほか多彩なゲストと魅力的なスポンサー集めのほか他のユーザーとの交流や名刺の奪い合い、携帯電話のGPS機能を利用した位置でエリア拡大などを詰め込んだ番組運営シミュレーションソーシャルゲーム

事件・エピソード・逸話など[編集]

※ この項目では、既に前述されている記事に記載されているもの以外のものを取り上げる。

  • 笑福亭鶴光のオールナイトニッポンで、放送時に「ニッポン放送に爆弾を仕掛けた」という脅迫電話が掛かってきたことがあり、厳戒態勢の下で放送が行われたが、鶴光本人は至って平然を装い「爆弾魔がなんぼのもんや!」と放送を続けたが、放送終了後あまりの緊張から、トイレに駆け込み嘔吐していたという。
  • 番組から生まれるムーブメントも数多く、鴻上尚史のオールナイトニッポンからは、書籍化された「究極の選択」、「10回クイズ」などがブームとなった。
  • 80年代後半から90年代前半の一時期、25:00の時報コマーシャル枠を川鉄商事(現・JFE商事)が買い取っており、25:00の時報だけニッポン放送正規の時報音ではなく、そのメロディを楽曲化したものが用いられていた。
  • 1985年8月12日、日本航空123便墜落事故が発生し、『中島みゆきのオールナイトニッポン』は休止し、同日2部担当の同局上柳昌彦アナウンサーが午前5時までの4時間、全国ネットで詳報した。また、翌日の桑田佳祐白井貴子も休止した。
  • 2001年9月11日、『西川貴教のallnightnippon SUPER!』放送時番組放送開始前後に米国同時多発テロが起こり、番組進行をしながらその様子が刻々と伝えられた。これは異例のことであり、通常は別のスタジオにいるアナウンサーが「報道特別番組」として放送中の番組を中止させて放送されるが、西川のパーソナリティーとしての能力を買い、そのまま『西川貴教のallnightnippon SUPER!』として放送させた。
    • このあとの『加藤晴彦の@llnightnippon.com』は内容を大幅に変更しての放送、allnightnippon-rは休止・-comを29:00まで拡大し「報道特別番組」として放送。
  • 2004年10月26日、3日前に発生した新潟県中越地震の影響で放送予定だった特別番組『矢井田瞳のオールナイトニッポン』が延期(2005年9月2日に改めて放送)。代わりに鈴木芳彦(当時ニッポン放送アナウンサー、現在はフジテレビに在籍)が担当した。
  • 2009年4月20日から5月25日まで『城田優のオールナイトニッポン』において「ROOKIESスペシャル」と題して、城田優が出演する映画『ROOKIES -卒業-』のタイアップとして、城田と共演する市原隼人小出恵介佐藤健五十嵐隼士といった「ニコガク野球部」のメンバーが週代わりで、6週連続で登場。ちなみに、同作品を制作するのはTBSであり他局制作の作品のこれほどまでの宣伝は異例中の異例と言えよう[24]
  • 2011年3月11日に発生した東日本大震災の影響で同日[25]と翌12日の『オールナイトニッポン』『オールナイトニッポンR』『魂のラジオ』、14日の『オールナイトニッポンGOLD』は放送を休止しニッポン放送アナウンサーによる災害報道特別番組へと切り替えられた。3月14日からの1週間は通常通り放送、ただし3月18日は自身も気仙沼市にて被災したサンドウィッチマンが担当した。

ネット局[編集]

現在、『オールナイトニッポン(1部)』は全国36局ネットであり、AMラジオ番組の中でもネット局数が多い番組の中の1つである。地方でのネット局は主にニッポン放送も加盟しているNRN系列局が多いが、3部制となった1999年のLF+R時代以降、時間帯によってネット局が変わるなど状況が複雑化しつつある。

東海地方[編集]

東海3県ではJRN単独系列のCBCラジオ[26]でネットしており、CBCラジオはニッポン放送から東京都千代田区九段のCBC東京支社経由で番組をネットしている。伝送にはNTTコミュニケーションズの帯域保証のIP回線を使用[27]。これはニッポン放送が番組開始当初、全国ネット拡大を試み、この地区はまずNRN系列の東海ラジオにネットの依頼をしたが、東海ラジオは自社制作の人気番組『ミッドナイト東海』(現:『東海ラジオミッドナイトスペシャル』及び『ミッドナイト東海21』)を放送中でネットを断られてしまった。このため、CBCラジオに依頼したところ、反対に『ミッドナイト東海』に劣勢であったこともあり、ネットを了承したという経緯があったためである。後に東海ラジオは22時枠(『allnightnippon Super!』、『魂のラジオ』、『オールナイトニッポンGOLD』)のネットを開始したため、東海地方ではオールナイトニッポンシリーズが2局でまたがって放送されることになった。

CBCラジオでは平日は1部のみのネットである。(土曜日はRを28時までネット(2003年3月までは29時までネット)。2009年4月-2010年3月までは平日もRを28時までネットしていた。)AMラジオ局が複数存在する地域の多くが『オールナイトニッポン』を29:00までネットしているにもかかわらず、東海地区は27時までという状況となっている(これは東海ラジオが平日27・28時台に『日野ミッドナイトグラフィティ 走れ!歌謡曲』を文化放送から受けていることも一因である)。そのような経緯から、平日25・26時台はJRN系の番組が流れないという事態が起こっている。また、東海ラジオが平日25・26時台に『リッスン? 〜Live 4 Life〜』(文化放送、月-木曜)のネット受けを2012年10月から開始したため、月-木曜の25・26時台はNRN系の番組が表裏になっている。

京阪神地区[編集]

京阪神地区(関西地区であるが、NRN・JRN双方加盟の和歌山放送は除外する。)で『オールナイトニッポン』をネットしていたのは長らくラジオ大阪(OBC)とKBS京都であったが、2001年4月から3年にわたり独立局のAM KOBE(AMK、現在のCRK・ラジオ関西)でも『SUPER!』→『いいネ!』がネットされた。それまでは自社製作の深夜ワイド番組『神戸アコースティックストーリー』を放送していたが、AMK側の都合で打ち切り、後番組を自社制作にはせず、ニッポン放送からの番販購入の形でこの番組を同時ネット受けすることになった。また、2007年4月からは変則的に『エバーグリーン』の飛び乗りネットを開始し、10月以降は27時からのフルネットに枠拡大した。

2009年7月、京阪神地区で長年22時台に独自の深夜番組を製作していた朝日放送(ABCラジオ)は、月曜から木曜までの自社製作を打ち切り、ニッポン放送の『銀河に吠えろ!宇宙GメンTAKUYA』をネットすることになった。この枠は2009年11月に『オールナイトニッポンGOLD』に移行したため、在阪局ではOBCに次いでABCでも『オールナイトニッポン』シリーズがネットされることになった。ただし、当該時間帯におけるABCのニッポン放送からのネット受け開始を受けて、CRKとKBSは『TAKUYA』の途中の2009年10月改編で当該時間帯のネット受けを撤退し、KBSは金曜を除いて文化放送の裏番組『レコメン!』を全編ネット、CRKは当該時間帯の自社制作を再開している。また、2010年4月からは『魂のラジオ』についてもABCラジオでネット開始される。

また、2013年10月からは『中島みゆきのオールナイトニッポン月イチ』を大阪のFM局FM COCOLO[28]がネットするが[29]、オールナイトニッポンの歴史上FM局でネットが行われるのは史上初となる。さらに2014年4月改編からは『オールナイトニッポンGOLD』のABCのネット終了を受ける形で、FM COCOLOでネットする事となった(金曜を除く)[30]

この結果、2014年4月改編以降京阪神地区においては、GOLDと月イチはFM COCOLO(金曜GOLDを除く)、1部はOBCとKBS、27・28時台はCRK(土曜Rを除く)とKBS、魂のラジオはABCとKBSと言うように、番組ごとにネット局が変わる事態となった。

KBS京都は1978年4月に開始しているが、ネット開始する以前(1976年7月当時)は『日本列島ズバリリクエスト』(23:00 - 26:00)と『ミュージック・オン・ステージ』(26:00 - 29:00 木-土曜は別番組の関係で時差開始)を放送していた。

魂のラジオ[編集]

もともとは『ドリアン助川の正義のラジオ!ジャンベルジャン!』が放送されていた土曜日23:30 - 25:00枠『福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル・魂のラジオ』については、さらにネット局が複雑化している。北海道に関しては以前は25時-29時枠と同様STVラジオがネットしていたが2002年3月に打ち切ったため、1年半のブランクを置いて2003年10月より競合局のHBC(北海道放送)でネットしている。福岡県でも同様に25時から29時枠は全てKBC(九州朝日放送)で流れているにもかかわらず、『魂のラジオ』枠だけはRKB毎日放送がネットしているといった腸捻転現象がおきている。特にRKBラジオはNRNには加盟していないため、CBCラジオ同様特殊なケースとなっている。また、東海地区では『ジャンベルジャン』枠を引き継いだ東海ラジオが『魂のラジオ』放送開始からネットを行っている。2010年4月からは上記の通りABCラジオでもネットを開始した。

その他[編集]

NRN・JRN回線を使用する際にそれを表示している局の番組表からも分かるとおり、NRN回線は使用していない(単に「LF」と表示されている)。

ネット局での番組割愛時の対応[編集]

12月25日AM1:00(新聞上は12月24日の放送欄)からのオールナイトニッポンはオールナイトニッポン ラジオ・チャリティー・ミュージックソンとして放送される(ラジオ・チャリティー・ミュージックソンの一環)。以前はニッポン放送は関東ローカル独自の放送のため放送されず、裏送りのみされたが、2007年度以降は、ニッポン放送発の番組をミュージックソン非参加局を含む各ネット局がネットしている。一方独自でラジオ・チャリティー・ミュージックソンの企画番組を放送する局はネットは割愛される。

ワールド・ベースボール・クラシックFIFAワールドカップなど日本時間の深夜に日本あるいは海外で行なわれる野球・サッカー中継をニッポン放送が中継・ネットする当日にオールナイトニッポンの放送とかぶる場合は、オールナイトニッポンを放送せず、裏送りのみを行なう。その際、放送される試合によっては放送権の関係でradikoでの放送はできないため、フィラー音楽とその間にニッポン放送のアナウンサーによる「放送権の都合によりradikoでの放送は行ないません。地上波でお聴きください」という説明が放送される。また、NRN系の多くの局も試合の中継を優先するため、オールナイトニッポンは放送されない(場合によっては飛び乗り)。そのため、場合によってはネット受けがラジオ大阪およびCBCラジオ二局のみの時もある(中京広域圏では東海ラジオ、関西広域圏はABCラジオでサッカー中継をネットすることが多いため)。

各番組ネット局一覧[編集]

  • 一覧の数字は以下の番組を意味する。
  1. オールナイトニッポンGOLD (月-木曜22:00 - 24:00:月18局・火-木19局、金曜22:00 - 23:30:18局)
  2. オールナイトニッポン (月-土曜25:00 - 27:00:36局)
  3. オールナイトニッポン0(ZERO) (月-金曜27:00 - 29:00:12局)
  4. オールナイトニッポンR (土曜27:00 - 29:00:23局)
  5. 福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル魂のラジオ (土曜23:30 - 25:00:34局)
  6. 中島みゆきのオールナイトニッポン月イチ (月1回日曜27:00 - 29:00:9局)
※ - かつて同時間帯の番組をネットしていたが打ち切りとなった枠[注 1]
放送局名 放送番組 備考 ネット開始年月
STVラジオ 1 2 3 4 6 [注 2] 1970年7月
北海道放送 - - - - 5 - 2003年10月
青森放送 1 2 5 - [注 3] 1973年4月
IBC岩手放送 1 2 - 4 5 - 1は金曜は23時飛び乗り
4は4時まで
1972年4月
東北放送 1 2 3 5 6 1は火-金曜のみ、23時50分まで[注 4] 1970年10月
秋田放送 - 2 - - 5 - 1979年10月
山形放送 1 2 - 4 5 - 4は4時まで 1977年4月
ラジオ福島 2 - - 5 - [注 5] 1982年4月
茨城放送 1 2 3 4 5 - [注 6] 2001年4月
栃木放送 - 2 3 4 - - 1995年7月
山梨放送 1 2 - 4 5 6 4は4時まで 1990年4月[注 7]
静岡放送 2 - - 5 - 1970年6月
CBCラジオ - 2 4 - - 4は4時まで[注 8] 1972年10月
東海ラジオ 1 - - - 5 - [注 9] 1999年10月
新潟放送 - 2 - - 5 - 1976年4月
信越放送 1 2 - 4 5 6 4は4時まで 1970年10月[注 10]
北日本放送 2 - - 5 - 1977年4月
北陸放送 1 2 - 5 - [注 11] 1982年3月
福井放送 1 2 - 4 5 - 4は4時まで 1981年4月
KBS京都
KBS滋賀
2 3 4 5 - [注 12] 1978年4月
朝日放送 - - - 5 - [注 13][注 14] 2009年11月
ラジオ大阪 - 2 - - - - 1970年6月
FM COCOLO 1 - - - - 6 1は月-木曜のみ[注 15] 2013年10月
和歌山放送 1 2 - 4 - 4は4時まで[注 16] 1981年4月
ラジオ関西 - 3 - - - 2001年4月[注 17]
山陰放送 2 - - 5 - [注 18] 1985年4月
山陽放送 - 2 - - 5 - 1997年10月
中国放送 2 5 6 [注 19] 1970年10月
山口放送 1 2 - 4 5 - 1988年4月
南海放送 2 3 4 5 - 3は月-木は4時まで 1979年4月
西日本放送 2 3 4 5 - 3・4は4時まで[注 20] 1971年4月
四国放送 - 2 - 4 5 - 1977年4月
高知放送 2 3 4 5 - [注 21] 1971年4月
九州朝日放送 1 2 3 4 - 6 [注 22] 1970年6月
RKB毎日放送 - - - - 5 - 2000年3月
長崎放送
NBCラジオ佐賀
1 2 - 4 5 - 1970年10月
熊本放送 2 3 4 5 - 3・4は4時まで[注 23] 1971年3月
大分放送 1 2 - 4 5 [注 24] 1979年4月
宮崎放送 1 2 - 4 5 - 4は4時まで[注 25] 1977年4月
南日本放送 2 - 4 5 - 4は4時まで 1979年10月
ラジオ沖縄 - 2 - - 5 - [注 26] 1977年4月
  1. ^ 1・5については『オールナイトニッポン』の冠がついた番組に限る。
  2. ^ 5は2002年3月終了
  3. ^ 2001年3月まではR(古くはオールナイト2部)も朝5時まで放送していた。
  4. ^ 1は2013年4月2日開始。3は2013年4月1日開始。6は2013年5月12日・6月9日・7月14日に放送。2014年1月12日から再開
  5. ^ 1は2011年9月終了
  6. ^ 5は2004年10月開始
  7. ^ ただし、1970年代後半から1983年3月31日までネットしていた事がある。その後1990年にネット再開した。
  8. ^ 27時台の平日ネットは2009年4月開始、2010年3月終了。旧タイトルのオールナイトニッポンR時代
  9. ^ 5は2000年3月の放送開始から。また、ネット開始の時の放送枠は22時枠
  10. ^ 1については一時期月曜のみ未ネットだった時期がある。1974年6月の2部制導入までは放送終了まで放送。以降は平日のみ第1部終了で飛び降り。2012年4月から2014年3月まで土曜日も第1部終了で飛び降り。
  11. ^ 27時台(土曜のみ)は2005年9月終了
  12. ^ 5は2005年10月開始
  13. ^ 1は2014年3月末終了。今後はFM COCOLOでネット
  14. ^ 5は2010年4月開始
  15. ^ 1は2014年4月開始
  16. ^ 5は2009年3月終了、1は2010年4月再開
  17. ^ 3は旧エバーグリーン枠(月-木曜)を2007年4月から、2012年10月からは金曜もネット開始。2001年4月 - 2004年3月に22時台をネット
  18. ^ 1は2010年3月終了
  19. ^ かつては2部も放送していたが、1976年12月6日走れ!歌謡曲のネット局になったため放送打ち切りとなった。6は2013年12月開始
  20. ^ 1は2010年9月終了
  21. ^ 1は2010年9月終了
  22. ^ 1は2010年10月再開
  23. ^ 27時台の平日ネットは2010年4月開始
  24. ^ 4は2013年4月、6は2013年10月開始、2014年3月終了
  25. ^ 2009年10月開始
  26. ^ 5は2009年3月に一旦打ち切り、2012年4月再開。

関連項目[編集]

備考[編集]

  • ニッポン放送とBSフジフジテレビBSデジタルテレビ局)共同制作の番組『お笑いネクストブレーカー』の番組内でお笑い芸人が出されたテーマに、オールナイトニッポンをベースにトークをするコーナー「オールナイトニッポンへの道」があった。
  • CBCラジオでは、2009年2月1日から2月28日まで、送信局である長島ラジオ送信所の施設改修工事に伴い、午前0時から午前4時までの間放送が休止されたため、1ヶ月間オールナイトニッポンの放送が休止となった(協賛部分のみ休止直前の番組でCMとして流した)。
  • 信越放送では2009年4月 - 9月の間、経費削減などのため停波を伴う放送休止の時間に充てるのを伴い、祝日に当たる日にのみオールナイトニッポンの放送が休止となった。なお協賛部分のみ休止直前と再開直後でCMとして流す。
  • ラジオ福島では東日本大震災以降の方針で2011年7月26日に放送された特別番組『SKE48のオールナイトニッポン』を放送せず、裏番組の『爆笑問題カーボーイ』に差し替えた。
  • ホームページ・メールアドレスは基本的にニッポン放送の深夜放送の番組(オールナイトニッポンの冠が入っていない番組も含む)で使用される「allnightnippon.com」のドメインが使われているが、一部の派生番組(オールナイトニッポン・サンデーなど)では通常番組のドメイン「1242.com」が使われる番組もある。

参考文献[編集]

  • 夜明けの紙風船(ペップ出版八曜社、1975年刊行)
  • 夜明けの紙風船 パート2(ペップ出版八曜社、1977年刊行)
  • オールナイトニッポン大百科(主婦の友社
    オールナイトニッポン30周年を記念して1997年に刊行。
  • 村野まさよし『深夜放送がボクらの先生だった』(実業之日本社、2008年刊行)
  • 文化放送&ニッポン放送&田家英樹『セイ!ヤング&オールナイトニッポン70年代深夜放送伝説』(扶桑社、2011年刊行)

脚注[編集]

  1. ^ 『プロが教えるラジオの教科書』(花輪如一 著、199ページ - 203ページ)より。
  2. ^ 2013年10月は木曜日に放送。火曜日での放送は11月から。
  3. ^ 2013年10月までは火曜日に放送。木曜日での放送は11月から。
  4. ^ 2011年は水曜日に放送。月曜日での放送は2012年1月2日から。
  5. ^ 原則として、18歳以上の正規メンバーが交代で3人出演。
  6. ^ 2014年3月までは金曜。
  7. ^ 1994年6月までは月曜2部、1999年4月から9月までは木曜allnightnippon SUPER!。
  8. ^ 2014年3月までは木曜0(ZERO)。
  9. ^ 次いで福山雅治(20年~)、笑福亭鶴光(11年9ヶ月)、松任谷由実(11年)、ビートたけし(10年)、西川貴教(8年9ヶ月)。放送時間では4時間放送していた笑福亭鶴光が最長である。またアナウンサーを含めると、斉藤安弘が5年半の期間に4時間、エバーグリーンとして5年半、週4日を2時間放送(更に増刊号放送もある)したのが放送時間最長となるほか、糸居五郎が11年半の期間DJを務めている。
  10. ^ 現・フジサンケイエージェンシー。現在は保険代理店とイベント関連のみで、制作事業からは手を引いている
  11. ^ 糸居五郎は「新しい時代の夜」、また「エバーグリーン」当時の斉藤安弘は「フレッシュな夜明け」と言っていた。このように、パーソナリティによっては部分的にアレンジして使うこともあった。
  12. ^ 『月刊ラジオパラダイス』1989年8月号『ニッポン放送35周年グラフィティ』29ページより。
  13. ^ 天井邦夫氏死去 元ニッポン放送副社長 - 47NEWS
  14. ^ スマホ向け放送「NOTTV」は月額420円で4月1日に開始 - AV Watch・2011年11月29日
  15. ^ NOTTV 2013年4月からの主な番組 (PDF)”. 株式会社mmbi (2013年3月29日). 2013年3月29日閲覧。
  16. ^ 2013年9月14日より9月23日までの10日間、総合プロデューサーに高須光聖を迎えて開催される、『エンターテイメントコンテンツの祭典』
  17. ^ a b “鬼龍院翔、AKB48、ナイナイほか『オールナイトニッポン』をYouTubeで観る1週間”. BARKS. (2013年9月4日). http://www.barks.jp/news/?id=1000094101 2013年9月9日閲覧。 
  18. ^ “オールナイトニッポンが1週間限定でYouTube同時配信”. お笑いナタリー. (2013年9月2日). http://natalie.mu/owarai/news/98553 2013年9月3日閲覧。 
  19. ^ “ニッポン放送「AKB48のオールナイトニッポン」4月からNOTTV同時生放送決定!”. 株式会社mmbi. (2014年4月1日). http://info.nottv.jp/nottv/2014/04/01/0419.html 2014年4月1日閲覧。 
  20. ^ (2005年) "EPISODE1 真相はいまだ不明?『ビタースウィート・サンバ』の謎", p. 6ページ. 『オールナイトニッポン Radio Days Sweet Hits』のアルバム・ノーツ ユニバーサルミュージック.
  21. ^ 「ビタースウィート・サンバ」と「レモン・ツリー」は同一アルバム内、A面の4曲目と5曲目
  22. ^ 1973年12月30日放送の「あのねのねのオールナイトニッポン」のオープニング 参照(冒頭午前1時の時報から1分29秒より当時のテーマ曲。イントロから清水國明と原田伸郎のトーク、女性アナウンサーによるスポンサー及びネット局(当時15局ネット)紹介、再度清水と原田のトークまで約1分50秒間聴くことが出来る。このテーマ曲はのち1978年にアメリカ映画『サタデー・ナイト・フィーバー』(ジョン・トラボルタ主演)が日本で上映され、ディスコが大ブームになった頃の『タモリのオールナイトニッポン』スペシャルで、おすぎをゲストに招いて、ディスコファン中心のリスナー公開で放送されたときのオープニングに使用された。ちなみに海外向けにリリースされたレコードのA面は『Theme From Enter The Dragon(燃えよドラゴンのテーマ)』)。
  23. ^ しかし、この時期でも土曜2部の『川村かおりのオールナイトニッポン』や『電気グルーヴのオールナイトニッポン』では1部と同じくオープニングに「ビタースウィート・サンバ」を流して番組を始めており、例外も存在している。
  24. ^ ただし、テレビ部門がTBS系列局である放送局にもネットしている。
  25. ^ 新保友映のオールナイトニッポンGOLD』は西日本のネット局のみ通常通り放送された。
  26. ^ 2013年3月までは中部日本放送がラジオ放送免許を持っていたが、2013年4月1日をもって、CBCラジオに分割譲渡・免許承継され、ラジオ単営放送局のCBCラジオとして再出発。
  27. ^ 中部日本放送 編「CBC技術報告会」第55回、中部日本放送、2012年3月
  28. ^ 現在の運営会社であるFM802はニッポン放送が筆頭株主という資本的繋がりがある。
  29. ^ MEDIA INFO - NAKAJIMA MIYUKI OFFICIAL SITE
  30. ^ 史上初、『オールナイトニッポンGOLD』がFM COCOLOでもレギュラー放送開始,BARKS,2014年3月18日

外部リンク[編集]

公式サイト

非公式サイト