三村マサカズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三村 マサカズ
本名 三村 勝和(みむら まさかず)
ニックネーム みむ、三村っち、玉職人
生年月日 1967年6月8日(47歳)
出身地 日本の旗 日本東京都墨田区
血液型 A型
身長 166cm
方言 なし(共通語
最終学歴 東海大学付属高輪台高等学校
出身 ホリプロ
グループ名 さまぁ〜ず
相方 大竹一樹
芸風 漫才コントツッコミ
立ち位置
事務所 ホリプロ
活動時期 1988年 -
同期 月亭方正東貴博テンション
現在の代表番組 モヤモヤさまぁ〜ず2
さまぁ〜ず×さまぁ〜ず
トゥルルさまぁ〜ず
内村さまぁ〜ず
過去の代表番組 金のA様×銀のA様
サンクチュアリ/大人の聖域
サカスさん
配偶者 既婚
弟子 なし
受賞歴
2003年 ゴールデン・アロー賞芸能賞

三村 マサカズ(みむら まさかず、1967年6月8日 - )は、日本お笑い芸人であり、お笑いコンビさまぁ〜ずツッコミ担当。本名、三村 勝和

東京都墨田区出身。ホリプロ所属。東海大学付属高輪台高等学校卒業。趣味・特技は、水泳野球サーフィン読書暗算

来歴[編集]

1988年7月、高校の同級生である大竹一樹とコンビ結成。翌年の1989年コンビ名「バカルディ」として本名「三村勝和」名義で活動を始める。ホリプロのお笑いライブに出演し、デビュー後ほどなくして関東お笑い界期待のホープとして脚光を浴びるもその後低迷、しばらく不遇の時期を過ごす。

1997年、本名から「三村マサカズ」に改名。理由は「ただなんとなく」(「漢字が読みにくかったため」とも述べている)。この頃、ナインティナイン岡村隆史に「関東一のツッコミ」と評され、一部で注目を集めるようになる。

2000年、バラエティ番組『新ウンナンの気分は上々。』(TBS系)の企画で海砂利水魚(現・くりぃむしちゅー)と対決し敗北。罰ゲームとしてコンビ名を「さまぁ〜ず」に改名させられる。改名後、三村の「〜かよ!」という独特のツッコミが各方面で注目されブレイクする。

2003年、第41回ゴールデン・アロー賞芸能賞を受賞。

2004年3月、『内村プロデュース』(以下『内P』)収録中に、無茶なボケが原因で左膝前十字靭帯を断裂、全治3か月のケガを負う。6月には同じく『内P』におけるドッジボールの試合で右膝前十字靭帯を断裂。

2005年1月、放送された特別番組『笑いの祭典!! ザ・ドリームマッチ'05』(TBS系)では、田中直樹ココリコ)とのコンビで優勝し賞金500万円を獲得。

2006年1月、内村光良ウッチャンナンチャン)監督の映画『ピーナッツ』に出演。

2007年1月、特別番組『史上空前!! 笑いの祭典 ザ・ドリームマッチ'07』(TBS系)に出演、志村けんザ・ドリフターズ)とのコンビで優勝。3回目の放送で、三村は2度目の優勝となった。

2010年12月、『ウンナン極限ネタバトル! ザ・イロモネア 笑わせたら100万円SP』に内村光良とのコンビ「三内芸」として出場し、100万円を獲得。

人物[編集]

良き兄貴分として後輩に慕われる面がある(『さまぁ~ず』の項を参照)一方で、時として後輩に対して大人気ない対応をすることもあり、ブラックマヨネーズからは「番組[1]の企画で吉田が強制的にパンチパーマになった」「小杉ルイ・ヴィトンのバッグに落書きをした」というエピソードが語られた[2]

映画「ピーナッツ」の監督であった内村光良は、「三村はテイクの度に演技がオーバーになっていき、最初は『野球やりてーなー』としんみり語る台詞だったのが、最終的にはいつものツッコミのテンションで『野球やりてっ!』と叫んでいた」というエピソードを語り「一本の映画の中で演技が成長していく珍しいタイプ」と話している[3]。一方で、ドラマ『和田アキ子殺人事件』ではドラマでは異例となるカンペでのセリフ提示が行われたなど、セリフ覚えが悪い面もある[4]

ヒロミが嫌いだったが、仲直りした[5]

学生時代[編集]

  • バレーボールの授業で大活躍したため、小・中学校時代のあだ名は「エース」であった。東京都目黒区水泳競技会で優勝したこともある。スポーツ万能で明るく、クラスの人気者で、当時から周囲を笑わせることに全身全霊を傾けていた。
  • 小学校の卒業文集に書いた将来の夢はプロ野球選手で、それを対外的な志望にしていたが、内心では漫画家になることを更に強く志向していた。その理由から自ら4コマ漫画を手掛けた「RUN!DOG!RUN!」が出版された際には夢がかなったと後書きで発言している。
  • 野球選手と漫画家の夢に向けて、中学時代には、野球部とイラスト部に所属していた。野球部ではエースナンバー(背番号「1」)を付けており、そのユニフォームで多摩川の河川敷を歩いていた際、多摩川練習場を訪れていた当時ジャイアンツ王貞治に遭遇し、「(背番号)1番か。すごいな」と声をかけられ、お尻を叩いて励まされた経験がある。
  • 中学校2年までは成績優秀で、常にクラスで1、2番の成績であったが、3年生になり周囲が高校受験勉強に本腰を入れ始めると成績が急降下し、全校約300名中200位前後に低迷した。三村本人は、成績悪化の原因は不明で「頭のネジが外れたとしか思えない」と言及している。
  • 石野真子のファンで、初めて自費で購入したレコードも石野真子のものであった。
  • その後には松田聖子のファンになり、芸能界に入ったきっかけを松田聖子に逢う為だったが、「いまだ会って話すは実現していません(2014年4月現在)」ともツイートしている。
  • 高校進学後には漫画家ないしイラストレーター志向が強まり、授業中でさえ細字の水性マジックペンでイラストを描いていた。
  • 中学まではほぼ無遅刻・無欠席だったが、高校に入り、遅刻癖のある大竹と出会ってからはよく遅刻するようになる。

下積時代[編集]

  • 高校卒業翌月の1986年4月より、「自立しないと自分がダメになってしまうと思った」ため独り暮らしをはじめる。最初の入居先は、東京都世田谷区の小田急下北沢駅徒歩15分にある賃貸アパート「松風荘」で、入居した部屋は1R(6畳、流し台つき、風呂なし)家賃38,000円、管理費1,000円という環境であった。
  • 独り暮らしを始めてから、生活費を稼ぐため、原宿の洋服店に月収15万円のアルバイトとして勤務し、能力を認められて1年後には月収20万円余の店長に抜擢された。三村は、この勤務経験によりファッションセンスが鍛えられたと語っている。
  • 洋服店店長を退職した後、大竹と一緒にレストラン「ワンオーナイン(109)」のアルバイトに就く。当時の月収は約15万円、あいかわらず「松風荘」で独り暮らしをしていた。
  • デビュー当時は華奢な風貌で、三上博史似(自称)の男前風であったが、中年太りした現在は大竹いわく「ハンプティ・ダンプティのような体型」、本人曰く「ナス爪楊枝を差したような体型」になっている。必然的に身体のキレも悪くなり、番組のスポーツ企画などでさまざまな珍プレーを披露している。
  • 大竹と海の家で泊まり込みのバイトをした際、天井に止まっていたゴキブリを丸めた雑誌で思い切り叩いたところ、潔癖症である大竹の枕の上にその死骸が落ちてしまい、大喧嘩になった。それ以来2人はほとんど喧嘩をしていない。

芸風[編集]

  • 「〜かよ!」に代表される、高いテンションと強い口調でツッコむ「ワンフレーズツッコミ」が特徴的。
  • 以前は番組の司会進行ができないことが悩みだったが、レギュラー番組が増えるにつれて開き直ってきた(本人談)。
  • 以前はツッコミばかりがクローズアップされていたが、実はボケ役志望。
  • 『内P』の司会者内村光良は三村の魅力について聞かれた際、「三村は“関東一のツッコミ”とか言われているけど、実はボケなんじゃないか?と思う」と語っている[6]ウド鈴木は『アメトーーク!』の企画「実はツッコミがしたい芸人」に出演した際、憧れのツッコミ芸人として三村の名前を挙げ、三村のツッコミを「大胆かつ繊細」と評した[7]
  • 大の下ネタ好きで、そのあまりのひどさに奥さんが出演番組のビデオ録画をやめたり、実家から時々クレームが来たりするという。

嗜好・特技[編集]

家族[編集]

  • 夫人(愛称:みゆみゆ)とは、アルバイト先のレストラン「ワンオーナイン(109)」で大竹とともに知り合った。夫人は当初、大竹を慕ってデートをしていたが、三村が割り込んで交際を始めた。バカルディの活動が低迷し、結婚して家庭を築くことにはかなりの勇気が必要だったが、三村は20歳代で結婚したいとの願望が強かったため、1996年8月8日に入籍した。
  • 子どもは1男1女。
  • 三村が鳥のささ身好きであるために、三村家では月に一度”ささ身フライの日”がある。
  • 都内の世田谷に一軒家を構える。

主な出演作品[編集]

以下はすべて三村単独出演のもの。コンビとしての出演番組はさまぁ〜ずの記事を参照。

バラエティ番組[編集]

現在[編集]

過去[編集]

報道・スポーツ[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 神さまぁ〜ず』においての企画。
  2. ^ 2013年1月13日放送『ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!』”. TVでた蔵 (2013年1月13日). 2014年9月20日閲覧。
  3. ^ キネマ旬報 2006年2月2日号 20ページ
  4. ^ キネマ旬報 2006年2月2日号 25ページ
  5. ^ 【いいとも!超特大号】三村マサカズ「ヒロミ嫌いだった」 本人前に突然告白 オリコン 2014年3月31日配信
  6. ^ 2009年4月号『日経エンタテインメント!』インタビュー
  7. ^ 2010年6月24日放送回[出典無効]
  8. ^ 『Quick Japan』Vol.85
  9. ^ 『内村さまぁ~ず』#73
  10. ^ 三村 ヤジ問題に言及 名言が大反響呼ぶ - デイリースポーツ2014年6月25日、さまぁ~ず三村、ツイッターでローラを擁護「親の不祥事を背負うのはきつすぎる」 - ORICON STYLE 2013年6月26日
  11. ^ 内村プロデュース#73にて当時の映像を放送

外部リンク[編集]