小杉竜一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小杉竜一
本名 小杉竜一
ニックネーム ハゲ、こっすー、こすっちょ、コスえもん、ひらパー兄さん、コスモ
生年月日 1973年7月5日(41歳)
出身地 京都市西京区
血液型 O型
身長 170.3cm
方言 京都弁
最終学歴 京都府立桂高等学校
出身 NSC大阪校13期
コンビ名 ブラックマヨネーズ
相方 吉田敬
芸風 漫才
立ち位置
事務所 吉本興業
活動時期 1995年 -
同期 次長課長アンタッチャブル など
配偶者 既婚(2010年より)[1]

小杉 竜一(こすぎ りゅういち、1973年7月5日 - )は、日本お笑い芸人であり、ブラックマヨネーズツッコミ担当である。立ち位置は向かって左。

京都府京都市出身。吉本興業所属。京都府立桂高等学校卒業。相方は吉田敬

来歴[編集]

  • 高校在学中はラグビー部に所属していた。
  • 高校時代からお笑いをやりたいと考えていたが、親に言い出せなったため大学に行きながらこっそり始めようと思っていたが、大学受験に落ちる。1年浪人後も受からなかったため、漸く親に考えを伝え、芸人になる事を決める。既にNSC入学願書の締切が過ぎていたため、1年間フリーター生活を送った後に入学する[2]
    • 願書の締切が過ぎていると気付いた時、何とかならないかという思いでなんばグランド花月の近くで見かけた池乃めだかに話しかけた所、「知らんがな」と一言だけ言われたと話している[2]
  • 「関西キング」というお笑いコンビを組んでいたが解散し、1998年吉田敬と「ブラックマヨネーズ」を結成し、現在に至る。2005年、第5回M-1グランプリで優勝。
    • 関西キングは高校時代の同級生と組んだコンビであり、コンビ仲は良かった。吉田はNSC在学中から小杉と組みたいと思っていたが、「関西キングは仲が良いし解散なんてしないだろうな」と思っていたという。
  • 2010年11月12日、吉田の紹介で知り合い、約2年前から交際を始めた14歳年下の大阪府の元歯科助手の女性と11月7日に婚姻届を出していたことを発表。同時に女性が妊娠4ヶ月であることも発表された[1]
  • 2011年4月25日に、第一子となる男児が誕生した。

プロフィール[編集]

人物[編集]

風貌[編集]

  • 頭髪が薄いのにもかかわらず、苗字が「小杉(濃すぎ)」、イニシャルが「K・R(毛・有る)」、実家が京都の「桂(かつら)」、出身高校は「桂高校」であることがよくネタにされる。相方の吉田からは、KAT-TUN亀梨和也の呼び名をもじって“髪無し君”と言われることがある。有吉弘行からは「愛嬌あるハゲ」と評された。また、M-1グランプリの紹介VTRの時に、自分のハゲていく様子を一気に公開されたことにショックを受けていた。
    • 大阪時代、本人は少しずつ頭髪が薄くなっているのを感じてはいたが、いじられるのが嫌で周りには隠していた。ある日、ロケのVTRをスタジオで観るという番組で、小杉が水中に転落するというロケのオチだったが、水面から上がってきた小杉の髪が明らかに薄かったことで周囲にバレた。
    • 頭髪の薄い有名人の名前には敬称を付けて呼ぶ(ショーン・コネリー師匠、ブルース・ウィリス兄さん、ジダン先輩、歌丸大師匠など)。
    • 芸人育毛企画「K-BO-BO-プロジェクト」に参加したが、『伝統芸能ハゲ踊り』を守り次世代に託すためにプロジェクトメンバーから脱退した。
    • 自分が太ってきたのは、仕事が忙しい時は太り、暇だと痩せてくる経験から、自分は忙しくなると食べることに逃げるからだとしている。

芸風と評価[編集]

  • 「ヘイヘイオーライ!」というギャグを持っていたが、現在はほとんど使用されず、代わりに「ヒーハー!」というギャグが持ちネタになっている。
  • 「ヒーハー」は2009年4月18日放送の『土曜はダメよ!』の中で、藤井隆マイケル・ジャクソンのモノマネを無茶ぶりされた時に、とっさに出たもの。その後、『もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ!』の企画「帰れま10」において、「ヒーハー!」の文字とカウボーイ風男性のイラストがプリントされているTシャツが、1万枚限定で作られた。このギャグを本人はいたく気に入っており、様々な番組で使用、爆笑を誘っている。ちなみに、漫画ONE PIECE』の登場人物、エンポリオ・イワンコフが「ヒーハー!」を口癖にしている。しかし、元々この「ヒーハー!」はカウボーイの掛け声で使われたものであり、どちらがオリジナルというものではない。

その他[編集]

  • 25歳からタバコを吸い始めた。だが喉が痛くなったので、現在は吸っていない。
  • 中古車のE46型BMW・3シリーズを所有している(M-1の前に購入)。それまでは70ccのバイクに乗っていた。
  • B'zのファンであり、特に稲葉浩志の大ファン。
  • 大阪のテーマパークユニバーサル・スタジオ・ジャパン」の常連客。『人志松本の○○な話』に「好きなものの話」で出演した際には、ウッディー・ウッドペッカーのファンだと語っている。その一方で、同じく大阪に存在する遊園地ひらかたパーク」においても、イメージキャラクター「ひらパー兄さん」を担当しCMにも出演している。その後、同番組では吉田によりこの二股疑惑が追及され、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」には50回以上行っているが、「ひらかたパーク」には1回しか行ったことがないことを白状している(CM撮影では3回来園)。この結果、吉田との間で「2代目ひらパー兄さん選挙」を行なうこととなり、来園者によって投票が行なわれた結果、小杉が圧勝し引き続き「ひらパー兄さん」を務めることになった。

出演[編集]

映画
CM

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]