フットンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フットンダ
ジャンル バラエティ番組
放送時間 火曜日 23:59 - 24:29(30分)
放送期間 2009年4月1日 - 2014年3月25日(258回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 中京テレビ
演出 笠井知己(CTV)
プロデューサー 深谷浩規(CTV)
森俊和
林敏博
出演者 タカアンドトシ ほか
外部リンク 公式サイト

特記事項:
CTV:中京テレビ
テンプレートを表示

フットンダ』は、2009年4月1日から2014年3月25日まで中京テレビ制作・日本テレビ系列で放送されていた駄洒落を主体にした深夜のバラエティ番組である(タイトルの由来は最も古典的な駄洒落「フトンがフットンダ」から来ている)。中京テレビでの放送日時は、毎週火曜日深夜の23:59 - 24:29(日付上は、23:59 - 翌水曜日午前0:29)(JST、特別編成等で遅延の場合もあり)。

目次

内容[編集]

番組冒頭で、「真夜中の笑点」と称している。 タカアンドトシと5~6人のゲスト回答者(番組内では回答者を「モジリスト」と呼ぶ)が中央に布団の模型が置かれたテーブルを囲み、天の声(ナレーター:阪井あかね)が発表するお題の言葉・フレーズをモジった回答またはテーマに沿ったイラストをイジった回答をテーブルの上に置いてある中型白板を転用したフリップに書いてから大喜利の要領で発表。

まあまあ面白ければ、笑い声と共に布団が盛り上がる。そして最も面白い・くだらない回答が披露された瞬間、布団が飛び上がり「フットンダ」達成となる。「フットンダ」達成、または時間切れ・「フットばず」の場合次のお題に移る。2012年5月30日以降は制限時間内なら面白ければ何回布団をとばしてもOKになった。

全員で協力して発表のお題は話し合いで最後に回答を出す人を決めてから、時計回りに1人ずつ発表。最後の1人が回答を出し終えた所で、フットンダか否かの判定を仰ぐ(ネタを発表した後、間が空いて「フットンダ」の場合は総合判定となる。基本的には最後の回答者がよっぽど大外ししない限りは「フットンダ」達成になることが多いがそれは逆に最後の回答者に大きなプレッシャーがかかることも意味するため、メンバーの協議により厳選する)。

全てのお題が終わったら最後にその回で「フットンダ」を達成させた回答の中から「今日のベストモジり」を1作品、回答者の協議で選出していた。エンディングクレジットの後、タカアンドトシが「ではみなさん、お疲れさまでした」と挨拶して締めくくられる。

2011年3月3日付未明(制作局および同時ネット局)放送分は通算100回記念として、アンケートの質問内容等を全く別の内容にする新企画「イジッテQ」をスタート。また、時間切れ・「フットばず」の場合、ペナルティとして青汁ソーダ割り『吐きソーダ』を番組に出演している回答者全員に1人につきコップ1杯分飲んで貰うことになった。以降のレギュラー回でも、お題の図表を面白く改変させる「イジり」タイプのお題や「吐きソーダ」ルール(一部コーナーのみ、後に廃止)も、継続して行われている。2011年4月の放送分から、番組リニューアル。オープニングとセットが変わり、観客席を導入。また前述の通り「イジり」タイプのお題が本格的に開始され、「今日のベストモジり」改め「今日のベスト回答」を最後に決める形式になったが、現在では「今日のベスト回答」は廃止され、フリートークで締めくくられている。

2013年から東京都渋谷区にある『ヨシモト∞ホール』でワイルドカード決定戦が不定期的に開催され、開催の模様は番組冒頭でダイジェストを流す。

2014年3月25日を以ってレギュラー放送は終了したが、後述の特別番組は毎年元日の明け方にかけて放送され継続している。なお後番組は『まさかのタメ年トークバラエティー!ビックラコイタ箱』であり、司会のタカアンドトシとナレーターの阪井がそのまま続投している。

レギュラー[編集]

常連モジリスト[編集]

  • 桂三度(←世界のナベアツ、元ジャリズム吉本所属の桂一門) ※通称「モジりのエース」。番組限定のギャグ、人差し指両方を合わせたV字で「両手ピース」を披露する。2013年5月15日放送回で100フットンダを達成した。隔週出演だがワイルドカード決定戦ではMCを担当。
  • 川島明麒麟) ※絵のうまさから、通称「鳥山じゃない明」。2013年2月5日放送回で100フットンダを達成した。隔週出演だがワイルドカード決定戦ではMCを担当。
  • レッド吉田TIM) ※通称「フットンダのお兄ちゃん」。
  • 板倉俊之インパルス) ※通称「ミスターフットンダ」。2013年12月28日に『よしもと幕張イオンモール劇場』にて開催したワイルドカード決定戦ではMCを担当。
  • 小杉竜一ブラックマヨネーズ) ※通称「ミスターDVD」。ゲスト出演時の「全体 止まれ 1・2」をモジるコーナーで「延滞してた DVD」というモジりを繰り出し、その回のベストモジりを受賞し以後小杉がゲスト出演の度にタカトシに「伝説のモジり」として触れられる事が恒例となっており後述のDVDにも収録されている。
  • 伊達みきおサンドウィッチマン) ※象を使ったモジりを多用することから、通称「平成の象使い」。
  • ゴリガレッジセール
  • 春日俊彰オードリー) ※通称「正統派」。普段の春日のネタなどで見せるキャラクターと反して、安定したモジリを発表している。
  • 若林正恭(オードリー) ※通称「モジり少年」
  • 村上健志(フルーツポンチ) ※通称「村上ワールド」。
  • 亘健太郎(フルーツポンチ)
  • いとうあさこ ※初出演時のゆるキャラモジりにおいて、番組史上最短時間でのフットンダを達成し、以後ゲスト出演の頻度が増えている。
  • 笑い飯(2010年1月現在でスペシャルを含め5回出演している) 西田幸治は通称「笑い飯の笑い担当」。
  • 博多華丸・大吉 華丸は酒関連のモジリを出すことが多い。
  • 吉田サラダものいい) ※通称「塩使い」。
  • 横山きよしものいい) ※通称「印象(薄い)派」。
  • ウド鈴木キャイ~ン) ※初出演時、すべてのお題でフットンダを達成。通称「レオナウド・ダ・ヴィンチ」。
  • 川ちゃん(ガレッジセール) ※2回目の登場時、ウド鈴木以来のすべてのお題でフットンダを達成。

お題(コーナー)の種類[編集]

名作映画モジり(イジり列伝対応)
  • 邦画・洋画のタイトルをモジった作品を、煽り文句を付け加えて発表する。
  • 最近では、このお題だけは連続2度飛ばしを達成している。また、番組ナレーターの阪井がナレーションを手掛ける映画宣伝からの出題がなぜか多い。
ものまねモジり(イジり列伝対応)
  • 有名なものまねのフレーズを、何か一言付け加えてモジる。
名曲モジり
  • ヒット曲のサビ1フレーズをモジる。
  • このお題は、全員で協力して音楽に合わせて歌いながら発表。
    • 2012年6月6日放送から、このお題の時は、布団が「重く」なる。布団も銀色の重いものに交換される。
  • 年明けの生特番では必ず一回はお題として出題され、よく持ち歌ゲストが登場する。
注文モジり
  • 料理の品名をモジった作品を、「ご注文を繰り返します!」と言ってから発表。
雰囲気韓国語モジり
  • 韓国語で質問する天の声に対して、あたかも韓国語に聞こえる様な日本語の文章で答える。
  • このお題は、全員で協力して発表。
ゆるキャラモジり(イジり列伝対応)
  • 毎回お題を1つ指定(例:警察、郵便局、サッカー、千葉県etc.)される。都道府県ならその名産・地理・出身有名人等、スポーツや組織であればそれに関連するものをモジったキャラクターをイラスト付きで発表する。
  • このお題でタカは、なぜかマッチョなイラストを付けたキャラクターを発表することが多い。なおこの筋肉ゆるキャラ集をS-1バトルに出したところ見事2010年1月のチャンピオンとなり、1000万円を獲得したが、イジり列伝で採用した方に筋肉ゆるキャラ消しゴムを贈呈している。
  • イジり列伝では携帯電話のカメラで撮影した手描きのカラーイラストをアップロードで回答する。
イメチェンモジり(イジり列伝対応)
  • 有名人の名前自体をモジって、その人がどんな風にイメチェンしたかを答える。
  • このお題は、全員で協力して発表したり、自由に何度でも発表できたり、回によって違う。
リクエストモジり
  • 視聴者から寄せられたお題に答える。
  • このお題で紹介される視聴者のペンネームは、有名人のモジりになっている事が多い。
  • このお題は、当初は全員で協力して発表していたが、現在では自由に何度でも発表できる方式に変更されている。
英語をモジらナイト
  • 英語でしゃべらナイト』のもじり。「What time is it now?→掘った芋いじるな」の要領(実際の英語的発音を空耳っぽくモジる)で英会話講座の典型的なフレーズをモジり、「(Hi,○○.)Repeat after me.」のナレーションを合図に披露する。
イジッテQ(イジり列伝対応)
  • アンケートの結果を表した円グラフを用いて、空欄になっている質問部分をイジる。
イメージ翻訳→ムービー翻訳
  • 動物の鳴き声を聞いて、この動物は何を言いたいのかを想像で答える。
おみくじプラス
  • 小吉及び中吉が書かれているおみくじの大吉の部分をイジる。
ワケありイジリ
  • 物件の間取り図に書き足して、どの様な理由がある物件かを答える。
これも禁止されています(イジり列伝対応)
  • 公共施設などの禁止事項3項目に、更に1項目を付け加える。
  • イジり列伝では携帯電話のカメラで撮影した手描きのカラーイラストをアップロードで回答する。
特集イジリ
  • 日本で刊行・発売されている専門誌の特集記事の部分をイジる。
  • このお題では、しょっちゅうシリーズ化(あるいはパターン化)されるネタが多い。
ハリウッドリメイクイジり(イジり列伝対応)
  • 日本の有名な童話やドラマがハリウッドで大ヒットするように、莫大な費用を使って大げさにリメイクする。
  • イジり列伝では携帯電話のカメラ機能で撮影した手描きのカラーイラストをアップロードで回答。
イジッ手順
  • 3コマのイラスト付きの手順に、イラストを付け加えて全く別の手順に変える。
  • 逆様にしたり挿絵に手を加えたりしても良い。但し稀に出る本来の(お題の)内容から逸脱するものに関しては、あまり評価されない場合がある。
  • 「文字を入れてはいけない」とはルールには明記されていない(※努力目標の扱い)ので、吹き出しのようなものを入れても良い。
  • 2012年6月6日放送の「重量挙げの手順」で、タカが挿絵をガチャガチャの商品に見立てたモジりをしてから以降、このお題でタカがガチャガチャネタをやるのがお約束になった。
このあと!テロップ
プラス説明
  • 広告の下側についている補足説明をイジって余計な説明をつけ加える。
擬音コミック
  • 大人気漫画の擬音を使って新しいコミックを作る。「イジッ手順」と同じ3コマ構成。
くらべるボード
ミラクルインタビュー
  • 実際のインタビュー映像を流し、回答に対して奇跡的なインタビューの質問をイジる。
オプションプラス
  • 基本的なオプション4項目の内1項目を選び、追加金額である1万円を支払うとどうなるかをイジる。選んだ1項目は必ず赤ペンで丸付けをしなければいけない。
こんな特典映像がついてます
  • 実際に販売しているDVDをもっと販売枚数増やしそうなと思う特典映像を追加でイジる。
クイズ! 正解はB!
  • とある動物園の映像を流し、そこに映っている動物の習性をABの二択クイズにする。本当の正解をAに書いて、Bにいじった正解を書く。

スタジオ[編集]

スタジオは密教世界を表現している。セットの奥に掲げられた図柄は胎蔵曼荼羅をモチーフにしており、中央の布団を出演者が囲む黒い壇上は護摩壇(もしくは須弥壇)を表現している。ただし、駄洒落と密教の関係は不明である。制作にテレビ東京系のテクノマックスが関わっており、かつては東京タワースタジオで収録が行われたが、同スタジオが閉鎖により現在は東京メディアシティで収録が行われている(毎年年始の生放送も同様)。

スタッフ[編集]

  • ナレーター:阪井あかね
  • 構成:中野俊成、大塚博信、たちばなひとなり、塩野智章、今村クニト、ほりA
  • シミュレーション:水野圭祐、竹村武司、河野有、さとう香奈(全員2010年12月までは、構成)
  • SW:石毛雄己、酒井博、遠山康之、中島浩司
  • CAM:荒木哲志
  • AUD:玉城善彦
  • VE:加藤信之、岩橋信禎、宮前早智
  • 照明:榊原亮太
  • 編集:馬場革、藤井竜也
  • MA:川原崎智史
  • 音効:磯川浩己
  • TK:梅澤和世
  • 美術:松沢由之
  • デザイン:野口陽介
  • 美術進行:山口武治
  • メイク:熊谷弥永子
  • オープニングタイトル:ウィジプレックス
  • 技術協力:テクノマックスIMAGICAスウィッシュ・ジャパンプログレッソglowフジアールNextry(2011年1月まではサウンドエフェクトと表記)
  • 音楽協力:日本テレビ音楽
  • キャスティング協力:ビーオネスト
  • 広報:畑中美香(CTV)
  • デスク:松丸智美
  • AP:福岡雅秀
  • AD:古巣亮大、木下流維
  • ディレクター:竹内千尋(CTV)、片岡功裕、中田三浩、赤堀哲也、近藤創、古川雄一
  • 演出:笠井知己(CTV)[1]
  • 演出監修:岡田秀行
  • プロデューサー:深谷浩規(CTV)、森俊和、林敏博
  • 制作協力:吉本興業ビーダッシュ
  • 製作著作:中京テレビ

(以下は生放送時に付加される主なスタッフ)

  • 中継車VE:小泉岳史
  • 技術協力:CTV MID ENJIN
  • 中京テレビ本社スタッフ
    • ディレクター:平田明久
    • TD:浅井信雄
    • AUD:深谷貴司
    • CG:石山智一
    • TK:堀詩織
    • 投票システム:浅野覚、坂井伸子

過去のスタッフ[編集]

  • 美術:中村能久
  • 美術進行:横守剛
  • タイトル:エノコウジ
  • タイトルバック:本郷伸明
  • 技術協力:東京タワースタジオ
  • 広報:飯田勝人、田村寿彦、内藤庸介、山田有吉(CTV)
  • AP:永田浩子
  • ディレクター:小澤博之、伊豆原聡
  • 演出:市健治(CTV)
  • プロデューサー:野中雅弘
  • チーフプロデューサー:安部田公彦(CTV)

放送局および放送日時[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考
中京広域圏 中京テレビ(CTV) 日本テレビ系列 火曜 23:59 - 24:29[2] 制作局
秋田県 秋田放送(ABS) 水曜 24:54 - 25:24 1日遅れ
徳島県 四国放送(JRT) 水曜 25:24 - 25:54
関東広域圏 日本テレビ(NTV) 木曜 25:44 - 26:14[3][4] 2日遅れ
山梨県 山梨放送(YBS) 月曜 24:54 - 25:24 6日遅れ
香川県・岡山県 西日本放送(RNC)
新潟県 テレビ新潟(TeNY) 月曜 24:59 - 25:29
長野県 テレビ信州(TSB)
熊本県 くまもと県民テレビ(KKT)
鳥取県島根県 日本海テレビ(NKT) 月曜 24:59 - 25:34
青森県 青森放送(RAB) 月曜 25:24 - 25:54
福岡県 福岡放送(FBS) 月曜 25:29 - 25:59
山形県 山形放送(YBC) 火曜 24:54 - 25:24 7日遅れ
山口県 山口放送(KRY)
福島県 福島中央テレビ(FCT) 火曜 24:59 - 25:29
宮城県 ミヤギテレビ(MMT)
福井県 福井放送(FBC) 日本テレビ系列/テレビ朝日系列
広島県 広島テレビ(HTV) 日本テレビ系列
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT)
北海道 札幌テレビ(STV) 火曜 25:34 - 26:04
愛媛県 南海放送(RNB) 水曜 24:54 - 25:24 8日遅れ
高知県 高知放送(RKC) 火曜 24:54 - 25:24 14日遅れ
富山県 北日本放送(KNB) 火曜 24:59 - 25:29
石川県 テレビ金沢(KTK) 火曜 24:59 - 25:34
近畿広域圏 読売テレビ(ytv) 火曜 25:29 - 25:59
岩手県 テレビ岩手(TVI) 水曜 24:54 - 25:24 15日遅れ
大分県 テレビ大分(TOS) 日本テレビ系列/フジテレビ系列
長崎県 長崎国際テレビ(NIB) 日本テレビ系列 水曜 25:29 - 25:59
静岡県 静岡第一テレビ(SDT) 水曜 25:34 - 26:04 36日遅れ

備考[編集]

  • 2012年4月からは『プラチナイト』開始に伴い、24時台に放送していた局は、30分程度繰り下げられた。
  • 読売テレビでは、番組開始から2009年9月までは水曜 26:14 - 26:44、2009年10月から2010年3月までは金曜 24:59 - 25:29(『キン★ドン』前半枠)、2010年4月から2011年3月までは金曜 25:28 - 25:58(『キン★ドン』後半枠)、2011年4月から2012年1月20日までは金曜 24:58 - 25:28(『キン★ドン』第1部)、2012年1月31日から4月17日までは『ミッドナイトパラダイス』第1部、2013年3月までは火曜 25:23 - 25:53で放送されていた。
  • 中京テレビの編成上『スーパーチャンプル』の後番組であるが一部のネット局では『ニッポン縦断おかず発見!ルート88』の後枠に放送しており、そちらの番組の後番組として扱っている(そのような局では、逆に『カウントダウン・ドキュメント 秒ヨミ!』を『スーパーチャンプル』の後番組として扱っていることが多い)。
  • 山形放送では、番組開始当初から2009年10月までは放送されなかった。
  • 静岡第一テレビでは、開始時は日曜 13:00 - 13:00に放送されていたが、『石川遼スペシャル RESPECT 〜ゴルフを愛する人々へ〜』と交換する形で土曜深夜に移動。その後、2012年6月30日から『つながりファンタジー いつも!ガリゲル』との交換で日曜13:00からの放送を再開したが、2013年6月からは水曜25:33〜26:03に移動。
  • 福井放送では、2010年4月から放送を開始した。これに伴い、すべての日本テレビ系列(NNS加盟局)で放送されることになった。
  • 山口放送では、開始から2009年9月までは日曜 13:00 - 13:30に放送されていた。同じ中京テレビ制作の番組『カウントダウン・ドキュメント 秒ヨミ!』(2010年3月をもって終了)と枠を交換する形で現在の放送日時に移動。
  • 日本テレビでは開始当初から木曜深夜だが、2009年前期までと2010年4月の間と10月14日から11月25日までは25:08 - 25:38、2009年後期から2010年3月までと同年10月7日と12月2日からは25:38 - 26:08、2010年5月6日より24:38 - 25:08、2010年8月7日からは土曜 25:20 - 25:50、2010年10月7日からは再び木曜深夜に放送時間が戻るなど、放送時間の変えきが激しい。
  • 日本海テレビでは、開始から2010年3月まで土曜 25:50 - 26:20に、2010年4月から2010年9月までは、水曜 24:34 - 25:04に、2010年10月から2011年6月までは水曜 25:14 - 25:44に、2012年2月24日まで金曜 26:23 - 26:53に放送されていたが、2月27日からは『ゴッドタン』(テレビ東京)の放送枠と交換し、現在の日時。
  • タカアンドトシ出身地の北海道・札幌テレビでは、放送開始から2010年3月までは火曜 24:49 - 25:19、2010年4月から2010年9月26日まで日曜11:55 - 12:25に放送されていた。
  • 四国放送では2010年9月29日まで同時ネットで放送されていた(日本テレビ制作『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の放送枠が移動したため)。
  • 青森放送と山梨放送は2011年8月までは同時ネットだった。
  • 系列外の沖縄テレビ(フジテレビ系列)では、数回単発扱いで放送した後、2012年4月7日からレギュラー放送を開始したが、2012年10月6日で打ち切られ、現在は不定期放送になっている。

特別番組[編集]

2010年初モジり初笑い「大フットンダ祭!」3時間生放送スペシャル[編集]

2010年1月1日の2:30 - 5:30に中京テレビの制作により全国ネット(NNS29局)で放送された。

出演者[編集]

総勢79名の芸人が出演した。出演モジリストは以下の通り。

順番 お題 モジリスト
1組目 紅白歌合戦モジリ・A・RA・SHI」をモジる レッド吉田、板倉俊之、田村亮(ロンドンブーツ1号2号)、いとうあさこヒデペナルティ)、有吉弘行笑い飯西田幸治哲夫
2組目 紅白歌合戦モジリ・EXILESomeday」をモジる レッド吉田、板倉俊之、サバンナ高橋茂雄八木真澄)、ほっしゃん。ブラックマヨネーズ小杉竜一吉田敬)、世界のナベアツ
3組目 映画「THIS IS IT」をモジる しずる村上純池田一真)、サバンナ(高橋茂雄・八木真澄)、ガレッジセールゴリ川田広樹)、なだぎ武ザ・プラン9
4組目 「ハッピー・ニュー・イヤー」をモジる サンドウィッチマン富澤たけし伊達みきお)、パンクブーブー(黒瀬純・佐藤哲夫)、ガレッジセール・ゴリ、ブラックマヨネーズ(小杉竜一・吉田敬)、大村朋宏トータルテンボス
5組目 ゆるキャラモジリ・サッカー日本代表をモジる 田村亮(ロンドンブーツ1号2号)、川島明麒麟)、又吉直樹ピース)、いとうあさこ、ジャリズム(世界のナベアツ・山下しげのり)、横山きよしものいい)、なだぎ武(ザ・プラン9)
6組目 前回はすみませんでしたSP 加藤歩ザブングル)、綾部祐二(ピース)、田村裕(麒麟)、堤下敦(インパルス)、ワッキー(ペナルティ)、狩野英孝、吉村崇(平成ノブシコブシ)、藤田憲右(トータルテンボス)
7組目 2009年ヒットCMモジリ・「まねきねこダック」をモジる 田村亮、板倉俊之、いとうあさこ、川島明、ヒデ、天津木村卓寛向清太朗)、吉田サラダ(ものいい
8組目 紅白歌合戦モジリ・福山雅治はつ恋」をモジる レッド吉田、ライセンス藤原一裕井本貴史)、大山英雄、ほっしゃん。、大村朋宏トータルテンボス)、TKO木本武宏木下隆行
9組目 イメチェンモジり・亀田興毅をモジる 川島明、ロッチ中岡創一コカドケンタロウ)、野久保直樹浅越ゴエ(ザ・プラン9)、U字工事福田薫益子卓郎
10組目 ヒットCMモジリ・ビックカメラのCM(『ビックカメラの歌』)をモジる 玉袋筋太郎浅草キッド)、(小林優介・長友光弘)、綾部祐二、ヒデ、有吉弘行、大村朋宏トータルテンボス)、吉田サラダ
11組目 紅白歌合戦モジり・絢香みんな空の下」をモジる いとうあさこ、榎本加奈子エドはるみ鳥居みゆきしずちゃん南海キャンディーズ)、だいたひかるハリセンボン近藤春菜箕輪はるか
12組目 紅白歌合戦モジリ・レミオロメン粉雪」をモジる パンクブーブー、サンドウィッチマン、チュートリアル徳井義実福田充徳)、笑い飯
13組目 ヒットCMモジリ・ムシューダのCMをモジる ライセンス、ロッチ、チュートリアル、ハリセンボン
14組目 2009年ヒットソングモジり・ゆず」をモジる レッド吉田、板倉俊之、田村亮、柳原可奈子、ほっしゃん。、有吉弘行、哲夫、鳥居みゆき

大フットンダスペシャル[編集]

2010年6月28日 22:00 - 23:24に中京テレビの制作により全国ネット(NNS29局)で放送された。番組初のプライムタイム進出となる。正式なタイトルは『祝!ゴールデン進出!!爆笑モジりでフトンをふっ飛ばせ!!大フットンダSP』である(厳密にはゴールデンタイムの放送ではない)。視聴率は11.0%。 不定期に放送している沖縄テレビフジテレビ系列)では2010年7月18日 16:00 - 17:25に放送された。(字幕放送未対応。)

出演者[編集]

観覧ゲスト[編集]
ご本人ゲスト[編集]

2011年初モジり初笑い「大フットンダ祭!」3時間生放送スペシャル[編集]

2011年1月1日の2:30 - 5:30に中京テレビの制作により全国ネット(NNN30局)で放送された。但し、福岡放送のみ全国高等学校サッカー選手権大会佐賀県代表試合放送(録画中継)のため、5組目の途中(3:30迄)で飛び降り。

出演者[編集]

出演モジリストは以下の通り。

順番 お題 モジリスト
1組目 紅白歌合戦モジリ・EXILEI Wish For You レッド吉田、笑い飯(西田幸治・哲夫)、春日俊彰、遠藤章造、有吉弘行、板倉俊之、川島明
2組目 紅白歌合戦モジり・Troublemaker ウド鈴木、ブラックマヨネーズ(吉田敬・小杉竜一)、春日俊彰、JOY、山田親太郎、遠藤章造、しずる(池田一真・村上純)
3組目 イメチェンモジり・「マツコデラックス ブラックマヨネーズ(吉田敬・小杉竜一)、博多華丸・大吉(博多大吉・博多華丸)、伊集院光、陣内智則、東京ダイナマイト(松田大輔・ハチミツ二郎)
4組目 紅白歌合戦モジり・AKB48ヘビーローテーション パンクブーブー(黒瀬純・佐藤哲夫)、サンドウィッチマン(富澤たけし・伊達みきお)、笑い飯(西田幸治・哲夫)、NON STYLE(石田明・井上裕介)
5組目 紅白歌合戦モジり・FUNKY MONKEY BABYSあとひとつ 有吉弘行、ダチョウ倶楽部(上島竜兵・肥後克広)、出川哲朗、川島明、西田幸治、ヤナギブソン、中山功太
6組目 ものまねモジり・楽しんご「ラブ注入」 レッド吉田、ウド鈴木、ほっしゃん。、ヒデ、具志堅用高、田村亮、サバンナ(高橋茂雄・八木真澄)
7組目 紅白歌合戦モジり・福山雅治道標 田村亮、サンドウィッチマン(富澤たけし・伊達みきお)、大山英雄、サバンナ(高橋茂雄・八木真澄)、ライセンス(藤原一裕・井本貴史)
8組目 80年代ヒット曲モジり・C-C-BRomanticが止まらない 博多華丸・大吉(博多大吉・博多華丸)、なだぎ武、遠藤章造、木村祐一、ほっしゃん。、長原成樹、いとうあさこ
9組目 2010年流行語モジり・ねづっち「ととのいました」 田村裕、伊藤さおり、堤下敦、大地洋輔、木村祐一、藤田憲右、ワッキー
10組目 イメチェンモジり・「アリスター・オーフレイム ウド鈴木、なだぎ武、ヒデ、西田幸治、いとうあさこ、川島明、ネゴシックス、高森敬太
11組目 紅白歌合戦モジり・坂本冬美また君に恋してる 北陽(伊藤さおり・虻川美穂子)、ヒデ、大村朋宏、ほっしゃん。、鳥居みゆき、板倉俊之、有吉弘行、三又又三
12組目 2010年大ヒットドラマモジり・「ゲゲゲの女房 ダイノジ(大谷ノブ彦・大地洋輔)、チーモンチョーチュウ(菊地浩輔・白井鉄也)、ラフ・コントロール(重岡謙作・森木俊介)、銀シャリ(鰻和弘・橋本直)
13組目 2010年流行語モジり・「K-POPガールズ」 博多華丸・大吉(博多大吉・博多華丸)、サンドウィッチマン(富澤たけし・伊達みきお)、東京ダイナマイト(松田大輔・ハチミツ二郎)、大村朋宏、鳥居みゆき
14組目 紅白歌合戦モジり・いきものがかりありがとう レッド吉田、なだぎ武、春日俊彰、佐藤満春、東京ダイナマイト(松田大輔・ハチミツ二郎)、板倉俊之、哲夫

2012年一番早いお笑いバトル!フットンダ王決定戦[編集]

2012年1月1日の2:30 - 5:25に中京テレビの制作により全国ネット(NNS29局)で放送された。

出演者[編集]

  • 鹿内美沙(中京テレビアナウンサー)- チャレンジコーナーと視聴者予想の司会。
  • 神谷明 - Aブロック「名作アニメモジり・ケンシロウ(北斗の拳)」
  • 日高のり子 - Aブロック「名作アニメモジリ・浅倉南(タッチ)」
  • 堀北真希 - Cブロック「芸能人リクエストモジリ・三丁目の夕日'64」(VTR出演)
  • 板尾創路 - 布団100枚重ねの邪魔をしに来た。実際は自身が監督した映画『月光ノ仮面』の宣伝が中心。
  • 浅野忠信 - Dブロック「芸能人リクエストモジリ・自身の名前をモジってイメージチェンジ」
解答者[編集]

なお司会を担当するタカアンドトシは、タカのみフットンダ王決定戦に出場。◆は決勝戦進出、●は敗者復活進出を示す。

Aブロック[編集]
  • 桂三度●
  • 塚地武雅(ドランクドラゴン)◆
  • 真栄田賢(スリムクラブ)
  • 中田敦彦(オリエンタルラジオ)●
  • コカドケンタロウ(ロッチ)
  • 藤森慎吾(オリエンタルラジオ)
  • 小杉竜一(ブラックマヨネーズ)
  • 吉田敬(ブラックマヨネーズ)
Bブロック[編集]
  • 川島明(麒麟)◆
  • 田中卓志(アンガールズ)●
  • 岩尾望(フットボールアワー)
  • 村上健志
  • 内間政成
  • 後藤輝基(フットボールアワー)
  • 哲夫
  • 佐藤哲夫
Cブロック[編集]
  • 博多華丸(博多華丸・大吉)◆
  • なだぎ武●(ザ・プラン9・敗者復活勝抜き
  • タカ(タカアンドトシ)
  • 大久保佳代子(オアシズ)
  • レッド吉田(TIM)
  • 伊達みきお(サンドウィッチマン)
  • 村上純
  • 黒瀬純
Dブロック[編集]
  • 木村祐一●
  • 西田幸治
  • 板倉俊之(インパルス)◆
  • 近藤春菜(ハリセンボン)
  • 博多大吉(博多華丸・大吉)
  • 大地洋輔
  • 富澤たけし(サンドウィッチマン)●
  • 鳥居みゆき
Eブロック =[編集]
  • しずちゃん●
  • 伊集院光●
  • 八木真澄
  • ケンドーコバヤシ◆(初代フットンダ王
  • 高橋茂雄
  • 大谷ノブ彦
  • 箕輪はるか
  • 川島大輔
名曲モジリ出題者ゲスト[編集]
  • サンプラザ中野(Bブロック・Runner)
  • 平松愛理(Cブロック・部屋とYシャツと私)
チャレンジ企画[編集]

放送時間中に布団を100枚重ね、ある人が寝るという企画。寝る人はトシ(番組内では三浦敏和と本名で表示。)。成功すれば企画のリーダーである堤下と田村には、布団に関係した中京テレビ制作の特番の出場権利が与えられる。ただし、崩落が何度も発生し、100枚重ねられず失敗に終わった。

参加者[編集]
  • 堤下敦
  • 中岡創一
  • 田村裕
  • 池田一真
  • 亘健太郎
  • 宮川英二
  • 黒沼誠
敗者復活戦[編集]

敷かれた布団に完全に潜り込み、トシに見付けられた1名が決勝進出となる。結果、なだぎ武が決勝に進出となった。

日本で一番早いお笑いバトル! フットンダ王決定戦 2013[編集]

2013年1月1日の2:30 - 5:30に中京テレビの制作により全国ネット(NNS29局)で放送された。

出演者[編集]

  • 市野瀬瞳(中京テレビアナウンサー)- チャレンジコーナーと視聴者予想の司会。
  • スギちゃん - Aブロック「2012年流行語モジリ」
  • ラモス瑠偉(現・FC岐阜監督) - Aブロック「ミラクルインタビュー」 (VTR出演)
  • 石井明美 - Bブロック「名曲モジリ・CHA CHA CHA」
  • ティム・バートン - Bブロック 「有名人リクエストお題」監督を務める映画「フランケンウィニー」の宣伝を兼ね、自ら描いたスパーキーの行動を手順をイジる。(VTR出演)
  • 平野文 - Cブロック「名作アニメモジり・うる星やつら(ラム)」
  • 宮崎あおい・向井理・濱田龍臣 - Cブロック「有名人リクエストお題」出演する映画「きいろいゾウ」の宣伝を兼ね、映像の中でCM後も続きが見たくなるようなこの後テロップを付ける。(VTR出演)
  • 田崎真也 - Dブロック「ミラクルインタビュー」(VTR出演)
解答者[編集]

◆は決勝戦進出者を示す。今年の敗者復活は、決勝進出の5名以外で視聴者の勝ち抜け予想の得票数が多かった1名が選出された。

Aブロック[編集]
  • しずちゃん(南海キャンディーズ)
  • 桂三度◆(視聴者勝ち抜け予想の投票数が最多により決勝戦進出)
  • 井上裕介(NON STYLE)
  • 浜口優(よゐこ)
  • 吉田敬(ブラックマヨネーズ)
  • 小杉竜一
  • 神田伸一郎(ハマカーン)◆
  • 浜谷健司(ハマカーン)
Bブロック[編集]
  • 河本準一(次長課長)
  • 川島明(麒麟)◆
  • 石田明(NON STYLE)
  • 品川祐(品川庄司)
  • 伊達みきお(サンドウィッチマン)
  • 山田與志(COWCOW)
  • スギちゃん
  • 多田健二(COWCOW)
Cブロック[編集]
  • 井上聡(次長課長)◆二代目フットンダ王
  • 上田浩二郎(Hi-Hi)
  • 川ちゃん(ガレッジセール)
  • 博多大吉
  • タカ(タカアンドトシ)
  • 哲夫(笑い飯)
  • 富澤たけし(サンドウィッチマン)
  • 真栄田賢(スリムクラブ)
Dブロック[編集]
  • 板倉俊之(インパルス)◆
  • 博多華丸
  • 西田幸治(笑い飯)
  • 岩崎一則(Hi-Hi)
  • 庄司智春(品川庄司)
  • 村上健志(フルーツポンチ)
  • 鳥居みゆき
  • 佐藤哲夫(パンクブーブー)
Eブロック[編集]
  • ケンドーコバヤシ◆
  • なだぎ武
  • 伊集院光
  • ヒデ(ペナルティ)
  • ボン溝黒(カナリア)
  • 内間政成(スリムクラブ)
  • 村上純(しずる)
  • 黒瀬純(パンクブーブー)
チャレンジ企画[編集]

別のスタジオにて布団を積んで富士山を作り上げる。番組終了前に完成し、初日の出役をワッキーが務めた。

参加者[編集]
  • 堤下敦
  • 田村裕
  • 池田一真
  • 初恋タロー(初恋タロー)
  • こうすけ(初恋タロー)
  • ワッキー(ペナルティ)

(応援)

  • ライセンス
  • ハイキングウォーキング

(47都道府県住みます芸人)

  • オコチャ - 宮城県
  • ちぇす - 秋田県
  • ぶんぶんボウル - 石川県

日本で一番早いお笑いバトル!フットンダ王決定戦2014[編集]

2014年1月1日の2:30 - 5:30に中京テレビの制作により全国ネット(NNS27局・生放送だがデータ放送による予選勝ちぬけ者投票を実施)で放送された。福岡放送全国高等学校サッカー選手権大会佐賀県代表試合放送(録画中継)のため2014年1月2日の1:20 - 4:20に放送された(疑似生放送だがデータ放送は非対応・局側によるお断りテロップ挿入有)。

放送の4日前にあたる2013年12月28日千葉県千葉市美浜区イオンモール幕張新都心内にある『よしもと幕張イオンモール劇場』にてワイルドカード決定戦を開催した。

出演者[編集]
  • 市野瀬瞳(中京テレビアナウンサー)- チャレンジコーナーと視聴者予想の司会。
  • 中村あゆみ - Aブロック「名曲モジリ(翼の折れたエンジェル)」
  • 江戸川コナン・夏菜 - Aブロック「有名人リクエストお題」出演する映画「ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE」の宣伝を兼ね、映像の中でCM後も続きが見たくなるようなこの後テロップを付ける。(VTR出演)
  • 長州力 - Bブロック「ミラクルインタビュー」 (VTR出演)
  • サンプラザ中野くん - Cブロック「名曲モジリ(リゾ・ラバー Resort Lovers)」
  • イ・ビョンホン - Cブロック「有名人リクエストお題」出演する映画「REDリターンズ」の宣伝を兼ね、映像の中でCM後も続きが見たくなるようなこの後テロップを付ける。(VTR出演)
  • 3776(みななろ・富士山ご当地アイドル)- Cブロック「アイドルの掟」(VTR終演)
  • 小沢仁志 - Dブロック「ミラクルインタビュー」(VTR出演)
解答者[編集]

◆は決勝戦進出者を示す。各ブロック2013年フトン飛ばし率ランキング順に記載。

Aブロック[編集]
  • 井上聡(次長課長)◆三代目フットンダ王
  • 濱口優(よゐこ)
  • 高橋茂雄(サバンナ)
  • 博多大吉(博多華丸・大吉)
  • 品川祐(品川庄司)
  • 小峠英二(バイきんぐ)
  • 秋山竜次(ロバート)
  • 藤森慎吾(オリエンタルラジオ)
Bブロック[編集]
  • 川島明(麒麟)◆
  • 神田伸一郎(ハマカーン)
  • タカ(タカアンドトシ)
  • 伊達みきお(サンドウィッチマン)
  • 庄司智春(品川庄司)
  • 小杉竜一(ブラックマヨネーズ)
  • 椿鬼奴
  • 中田敦彦(オリエンタルラジオ)
Cブロック[編集]
  • つぶやきシロー
  • 板倉俊之(インパルス)◆
  • 博多華丸(博多華丸・大吉)
  • 林大介(かたつむり)
  • 村上純(しずる)
  • 吉田敬(ブラックマヨネーズ)
  • 槙尾ユースケ(かもめんたる)
  • 岩崎う大(かもめんたる)
Dブロック[編集]
  • 桂三度
  • 又吉直樹(ピース)◆
  • 村本大輔(ウーマンラッシュアワー)
  • ケンドーコバヤシ
  • 八木真澄(サバンナ)
  • コカドケンタロウ(ロッチ)
  • 中川パラダイス(ウーマンラッシュアワー)
  • 月亭八光
Eブロック[編集]
  • ヒデ(ペナルティ)
  • 善し(COWCOW)
  • 五明拓弥(グランジ)◆
  • 富澤たけし(サンドウィッチマン)
  • 伊集院光
  • 友近
  • 斉藤慎二(ジャングルポケット)
  • R藤本 ※ワイルドカード勝ち抜け
チャレンジ企画[編集]

「紅白マットレス積み上げ合戦!!」 別のスタジオにて紅白2組に分かれ布団を積む。白組が勝利した。

参加者[編集]
  • ワッキー(ペナルティ)※現場リポーター

赤組

  • 堤下敦(インパルス)※キャプテン
  • 田村裕(麒麟)
  • 池田一真(しずる)
  • 初恋タロー

白組

  • 浜谷健司(ハマカーン)※キャプテン
  • 中岡創一(ロッチ)
  • 西村瑞樹(バイきんぐ)
  • ボーイフレンド

日本で一番早いお笑いバトル!フットンダ王決定戦2015[編集]

2015年1月1日の2:30 - 5:30に中京テレビの制作により全国ネットで放送される。

脚注[編集]

  1. ^ 2012年7月- 以前はディレクター。
  2. ^ 今夜くらべてみました』(プラチナイト・火曜)は日本テレビより65分遅れでの放送。
  3. ^ 2013年10月3日から通常時はこの時間帯で放送。ただし、特別編成のため、5 - 35分繰り下げて放送する週がほとんどである。
  4. ^ 日本国外で開催されるFIFACWC中継がある年は7日遅れになる場合がある。

関連商品[編集]

  • フットンダ タカアンドトシが選ぶゴールドモジりベスト10(よしもとアール・アンド・シー、2009年12月23日発売):番組初のDVD。
  • フットンダ タカアンドトシが選ぶゴールドモジりベスト10 第2弾(よしもとアール・アンド・シー、2010年9月22日発売):番組DVD第2弾

携帯電話サイト専用コンテンツ[編集]

  • イジり列伝 隔週水曜日21:00頃にお題を3個発表し、翌週火曜18:00頃まで投稿を受け付ける。採用されれば3~5フトンポイントを入手できるが、貯めたフトンポイントの積算量により称号が変化の他デジタルコンテンツをダウンロードできる。

称号一覧[編集]

  1. 足軽(0~14フトン)
  2. 足軽大将(15~29フトン)
  3. 武士(30~49フトン)
  4. 大将(50~99フトン)
  5. 大名(100~149フトン)
  6. 100万石大名(150~199フトン)
  7. 将軍(200~249フトン)
  8. イジり神(250フトン以上)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

中京テレビ 水曜24:29 - 24:59枠
前番組 番組名 次番組
フットンダ
SKE48の世界征服女子
※24:28 - 24:58
ピロロン学園
※24:58 - 25:53
中京テレビ 水曜23:58 - 24:28枠
5MEN旅
※23:58 - 24:29
フットンダ
ナカイの窓
※23:58 - 24:53
【日本テレビと当日時差ネットから同時ネットに移行】
中京テレビ 火曜23:58 - 24:28枠
今夜くらべてみました
※23:58 - 24:53
【日本テレビと同時ネットから当日時差ネットに移行】
フットンダ
NEWS ZERO
※23:00 - 23:59
【6分繰り下げ・5分短縮して継続】
フットンダ
※23:59 - 24:29
【1分繰り下げて継続】
中京テレビ 火曜23:59 - 24:29枠
フットンダ
※23:59 - 24:29
【1分繰り下げて継続】
SKE48の世界征服女子 Season2
※24:29 - 24:59
【1分繰り下げて継続】
フットンダ
日本テレビ 木曜24:38 - 25:08枠
前番組 番組名 次番組
スペシャルギフト
(ここまで日本テレビ制作)
フットンダ
(2010.5.6 - 6.3)
恋するダーウィン〜美人進化論〜
(ここから日本テレビ制作)
日本テレビ 木曜25:08 - 25:38枠
前番組 番組名 次番組
スーパーチャンプル
フットンダ
(2009.4 - 10)
走魂
フットンダ
(2010.4)
ゴシップガール(シーズン1)
フットンダ
(2010.6.10 - 7.29)
主演 さまぁ〜ず 〜設定 美容室〜
フットンダ
(2010.10.28 - 11.25)
人間分類バラエティー
THE カテゴライザー
フットンダ
(2011.2.3 - 5.19)
日本テレビ 木曜25:38 - 26:08枠
前番組 番組名 次番組
プリズン・ブレイク(ファイナルシーズン)
【30分繰り下げて継続】
フットンダ
(2009.11 - 2010.3)
バーン・ノーティス 元スパイの逆襲
【30分繰り上げ】
ゴシップガール(シーズン1)
フットンダ
(2010.10.14 - 10.21)
音の素
【30分繰り上げて継続】
音の素
【30分繰り下げて継続】
フットンダ
(2010.12.2 - 2011.1.27)
音の素
【30分繰り上げて継続】
ザ・狩人
【30分繰り下げて継続】
フットンダ
(2011.5.26 - 9.29)
ゲーマーズTV 夜遊び三姉妹
〜今夜も上上下下左右左右BA〜
※25:13 - 25:48
【5分繰り下げ・5分枠拡大で継続】
アナウンサーのホンヨミ
※25:48 - 25:58
フットンダ
※25:58 -26:28
【20分繰り下げて継続】
ゲーマーズTV 夜遊び三姉妹
〜今夜も上上下下左右左右BA〜
※25:18 - 25:48
【10分繰り上げで継続】
イベコン
※25:48 - 25:58
フットンダ
※25:58 -26:28
【20分繰り上げて継続】
フットンダ
(2012.4.5 - 2013.3.28)
それゆけ!ゲームパンサー!
※25:23 - 25:43
フットンダ
※25:43 - 26:13
【5分繰り下げて継続】
日本テレビ 木曜25:58 - 26:28枠
前番組 番組名 次番組
フットンダ
※25:38 - 26:08
【20分繰り下げて継続】
ザ・狩人
※26:08 - 26:38
【20分繰り下げて継続】
フットンダ
(2011.10.6 - 2012.3.29)
※2011.10.6に限り、30分繰り上げて放送。
フットンダ
※25:38 - 26:08
【20分繰り上げて継続】
ザ・狩人
※26:08 - 26:38
【20分繰り上げて継続】
日本テレビ 木曜25:43 - 26:13枠
前番組 番組名 次番組
フットンダ
※25:38 - 26:08
【5分繰り下げて継続】
ザ・狩人
※26:08 - 26:38
【5分繰り下げて継続】
フットンダ
(2013.4.4 - 9.26)
それゆけ!ゲームパンサー!
※25:24 - 25:44
【1分繰り下げて継続】
フットンダ
※25:44 - 26:14
【1分繰り下げて継続】
日本テレビ 木曜25:44 - 26:14枠
フットンダ
※25:43 - 26:13
【1分繰り下げて継続】
ザ・狩人
※26:13 - 26:43
フットンダ
(2013.10.3 - 2014.3.27)
日本テレビ 土曜25:20 - 25:50枠
前番組 番組名 次番組
単発番組枠
フットンダ
(2010.8.7 - 10.2)