中孝介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中 孝介
あたり こうすけ
2009年東アジア競技大会の閉会式}
基本情報
出生名 中 孝介
出生 1980年7月13日(34歳)
出身地 日本の旗 鹿児島県奄美大島
学歴 琉球大学
ジャンル シマ唄J-POP
職業 歌手唄者
担当楽器 三味線ピアノ
活動期間 1999年 - 現在
レーベル エピックレコードジャパン
公式サイト http://atarikousuke.jp/

中 孝介(あたり こうすけ、1980年7月13日 - )は、日本男性歌手唄者鹿児島県奄美大島名瀬市(現・奄美市名瀬)出身[1]琉球大学法文学部人間科学科地理人類学専攻社会人類学コース卒業。エピックレコードジャパン所属。

経歴[編集]

1997年シマ唄を独学で始める。翌1998年5月に開催された第19回奄美民謡大賞に初出場し、努力賞を受賞。2000年には同大賞で新人賞、日本民謡協会奄美連合大会で総合優勝。

その後、インディーズから4枚のシマ唄のアルバムと1枚のポップスのミニアルバムを出した後、その歌唱力が認められ、琉球大学卒業後の2006年エピックレコードジャパンより、シングル『それぞれに』でメジャーデビュー。23ものラジオ局でパワープレイを獲得した。同年11月、中華圏台湾香港中国大陸)でアルバムを先行リリースし、台湾のYahoo!ミュージックチャート(日本・韓国)で初登場1位を獲得[2]。本国で実績のない日本人アーティストが海外でデビュー1位を飾るのは極めて異例なことであり、その評価の高さは香港芸能界の重鎮・アンディ・ラウが中の楽曲をカバーしたこと等からも見て取れる。

2007年、『アイホン』TV-CFのイメージソングに未発表曲「夜明け前」が採用された。4月に発売した森山直太朗御徒町凧コンビの書き下ろしによる『』がロングヒットを記録し、7月に「花」を収録したファーストアルバム『ユライ花』を発売。オリコン初登場7位を記録し、男性ソロアーティストのファーストアルバムの初登場トップ10入りは、日本人アーティストとしては森山直太朗以来、約3年ぶりの記録となった。また、アジアでの2枚目のアルバムとなったアジア版『花間道』は台湾チャートで初登場5位を獲得。8月には、日中国交正常化35周年を記念した日中文化・スポーツ交流年の公式テーマ曲で、過去に自身のアルバムで共演している中国人女性歌手・韓雪とのデュエット曲「言葉はいらない」を会見の席で初披露。また、10月スタートのNHK土曜ドラマジャッジ 〜島の裁判官奮闘記〜』の主題歌歌手に抜擢され、デビュー前から長い間暖めていたバラード「路の途中」の起用が決定。9・10月には、故郷の鹿児島を皮切りに台湾公演を含む全国ツアー「ユライ花」を開催。11月にはアニメ『BLEACH』のエンディングテーマに起用された『種をまく日々』を発売(「路の途中」「言葉はいらない」も収録)。また、「花間道」に収録されたシンガポールのシンガーソングライター・黄義達の書き下ろしによる「夜想曲 ~nocturne」が、映画『ラスト、コーション』の日本版オフィシャル・イメージソングに選ばれ、新たに「夜想曲 ~nocturne (LUST, CAUTION version)」として録り直しをした(オムニバス『image7』に収録)。

2008年、世界的カジュアルブランド・GAPの春のキャンペーンモデルに起用。2・3月に全国アコースティックライブツアー2008「種をまく日々」を開催し、小栗旬が出演する『味の素』のCMソングにツアーで披露した新曲「ラララ」が起用された。また、ファイザーの日本法人設立55周年を記念したCMソングに未発表曲「風よ」が起用。4月には5枚目のシングル『』を発売し、全国インストアライブツアーを開催。5月には世界遺産での第2弾コンサートを白川郷で開催し、初披露した新曲『絆』を7月末から着うたで先行配信後、9月に発売。10・11月にはコンサートツアー2008 ~絆~を開催。

2013年7月31日に、中孝介カバーアルバム"『ベストカバーズ~もっと日本。~』が発売され、またこの中に収録されている「雨の降らない星では愛せないだろう? (モーニング娘。の曲)」を、元モーニング娘。高橋愛デュエットしている。

人物[編集]

中がシマ唄を初めて聞いたのは高校1年の時、当時古仁屋高校3年だった元ちとせのライブだった[3]。その後、中は名瀬の唄者西和美の経営する居酒屋「かずみ」に通ってシマ唄を身に付ける。

シマ唄の本質を学ぶことにより、故郷奄美大島の文化や風土に対し、更なる誇りと愛着の気持ちを抱くようになり、現在も奄美大島に在住しながら朝崎郁恵らとともにシマ唄の唄者としての活動も続けている。その独特な声と歌唱法は「地上で、最も優しい歌声」とも称される。

本人いわく、外国のファンから言われた印象的な言葉は「楽器のような声」であるという。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

タイトル 発売日 収録曲
1 それぞれに 2006年3月1日 01. それぞれに
02. 白と黒の間に
03. 道
04. - くるりの同曲のカバー
05. それぞれに (instrumental)
2 思い出のすぐそばで/真昼の花火 2006年6月28日 01. 思い出のすぐそばで - 秋元康作詞
02. 真昼の花火
03. 花束
04. 思い出のすぐそばで (instrumental)
05. 真昼の花火 (insturmental)
3 2007年4月11日 01. 花 - 森山直太朗御徒町凧が楽曲提供
02. My Life
03. 心の陽
04. 花 (piano ver.)
4 種をまく日々 2007年11月14日 01. 種をまく日々
02. 路の途中
03. 言葉はいらない (中孝介 & 韓雪)
04. 地球兄弟
5 2008年4月9日 01. 春 - あさのますみ(浅野真澄)が作詞
02. なごり雪 - イルカの同曲のカバー
03. 旅立ちの日に - 同卒業ソングのカバー
04. 花 (厳島神社Live Version)
6 絆/夏夕空 2008年9月3日 01. 絆
02. 夏夕空
03. サンサーラ
04. わたしの空
7 2009年3月25日 01. 恋
02. 童話
03. 人魚
04. 恋 (instrumental)
8 空が空 2009年9月9日 01. 空が空
02. 愛燦燦
03. うたかた
04. 夏の夢
05. 空が空(「火天の城」movie version)
9 君ノカケラ feat 宮本笑里 2011年8月10日 01. 君ノカケラ feat 宮本笑里
02. 夏夕空 feat AUN J-クラシック・オーケストラ
03. Borderless sky
04. 君ノカケラ feat 宮本笑里(Instrumental)

アルバム[編集]

ミニアルバム[編集]

タイトル 発売日 収録曲
1 なつかしゃのシマ 2006年10月11日 01. 家路
02. 波の果てに
03. 手紙 - Mr.Childrenのカバー
04. 記憶 -Last Forever- feat. 韓雪
05. ホノホシの風
06. なつかしゃ
2 うがみうた〜絆、その手に〜 2010年4月21日 01. 絆、その手に
02. 空が空
03. 愛しき人へ
04. 支え合う関係
05. 愛燦燦 - 美空ひばりのカバー
06. 野ばら
07. 明日の空 with ji ma ma (合唱バージョン)

オリジナルアルバム[編集]

タイトル 発売日 収録曲
1 ユライ花 2007年7月11日 01. 花
02. サヨナラのない恋 - 河口恭吾が楽曲提供
03. それぞれに
04. 波の物語
05. Goin'on
06. Ave Maria - アヴェ・マリアのカバー
07. ひとさし指のメロディ
08. 真昼の花火
09. 恋の栞
10. 思い出のすぐそばで
11. 星空の下で
12. 家路 (Acoustic Version.)
2 絆歌 2008年10月1日 01. 絆
02. 春
03. 風よ feat.宝美
04. 夜明け前
05. 種をまく日々
06. 夏夕空
07. ラララ
08. この窓の向こう
09. 夜想曲~nocturne(Album version)
10. 手紙
11. ありがとうという名の少年
12. 路の途中
13. あいのうた
3 キセキノカケラ 2011年10月19日 01. 君ノカケラ feat 宮本笑里
02. 恋
03. 今ならここに - 前川真吾(かりゆし58)が楽曲提供
04. 遺書の書き方 - 中村中が楽曲提供
05. 空が空 - 川村結花が楽曲提供
06. イニシアチブ★
07. Flying so high
08. 愛の形 - 清水悠(Dew)が楽曲提供
09. おてもやん - NOKKOが作詞
10. サンサーラ
11. 小さな手 - 河口恭吾が楽曲提供
12. 青蔵高原
13. 春の行人 お中元(中孝介+元ちとせ

アジア版アルバム[編集]

タイトル 発売日 収録曲
1 触動心弦 (アジア限定版) Flag of the Republic of China.svg 2006年11月3日
Flag of Hong Kong.svg 2006年11月3日
Flag of the People's Republic of China.svg 2006年11月3日
01. 各自启程(それぞれに)
02. 心中的日月(心の陽) - ワン・リーホンのカバー
03. 记忆 -Last Forever- feat. 韓雪(記憶 -Last Forever- feat. 韓雪) - 韓雪とのデュエット
04. 回家的路(家路)
05. 紧靠回忆的地方(思い出のすぐそばで)
06. 白与黑之间(白と黒の間に)
07. 正午的焰火(真昼の花火)
08. 花束(花束)
09. 波浪的尽头(波の果てに)
10. 海岸的风(ホノホシの風)
11. 怀念(なつかしゃ)

読み:チュ・ドン・シン・シェン(Chu Dong Xin Xian)
台湾、香港、中国限定発売
2 花間道 (ユライ花アジア版) Flag of the Republic of China.svg 2007年7月13日
Flag of the People's Republic of China.svg 2007年7月18日
01. 童話(童話) - 光良のカバー
02. 夜想曲 〜nocturne(夜想曲 〜nocturne) - 黄義達が楽曲提供
03. 花(花)
04. 沒有再見的戀愛(サヨナラのない恋)
05. 浪濤物語(波の物語)
06. Goin'on(Goin'on)
07. Ave Maria(Ave Maria)
08. 食指的旋律(ひとさし指のメロディ)
09. My Life(My Life)
10. 戀愛栞(恋の栞)
11. 星空下(星空の下で)
12. 回家的路 (Acoustic Version)(家路 (Acoustic Version.))

読み:ファー・ジェン・ダオ(Hua Jian Dao)
台湾、中国で発売

インディーズ[編集]

オリジナルアルバム[編集]

  • アタリ(1999年4月4日) - ジャバラ・レコードからリリース
  • くるだんど(2000年7月30日)
  • 諸鈍(2002年6月9日)
  • ノトス(2004年9月3日)

ミニアルバム[編集]

  • マテリヤ(2005年9月7日) - ミニアルバム、ディ! レコーズからリリース

参加作品[編集]

タイアップ[編集]

曲名 タイアップ
それぞれに
J-WAVEJam the WORLD』エンディングテーマ
思い出のすぐそばで 映画『着信アリFinal』主題歌
家路 日本郵政公社CFソング
J-WAVE『Jam the WORLD』エンディングテーマ
毎日放送MBS PUSH OUT
記憶 -Last Forever- feat. 韓雪 映画『上海の伯爵夫人』イメージソング
夜明け前 アイホン』TV-CFイメージソング
薩摩酒造『さつま白波』CFソング
種をまく日々 テレビ東京系列アニメ『BLEACH』エンディングテーマ
路の途中 NHK総合テレビ土曜ドラマジャッジ 〜島の裁判官奮闘記〜』主題歌
言葉はいらない (中孝介 & 韓雪) 日中文化・スポーツ交流年公式テーマソング
夜想曲 〜nocturne (LUST, CAUTION version) 映画『ラスト、コーション』日本版オフィシャル・イメージソング
ラララ 味の素』CMソング
サンサーラ フジテレビ系列『ザ・ノンフィクション』オープニングテーマ
日本テレビ系列『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』4月度オープニングテーマ
風よ ファイザー企業CMソング
夏夕空 テレビ東京系列アニメ『夏目友人帳』エンディングテーマ
フジテレビアニメ『源氏物語千年紀 Genji』エンディングテーマ
愛しき人へ NTT東日本『DENPO』CMソング
映画『信さん・炭坑町のセレナーデ』主題歌
空が空 映画『火天の城』主題歌
君ノカケラ feat 宮本笑里 テレビ東京系列アニメ『夏目友人帳 参』エンディングテーマ

ライブツアー[編集]

  • 中孝介 全国ツアー「ユライ花」(2007年9・10月、台湾含む6公演)
  • 中孝介 全国アコースティックライブツアー2008「種をまく日々」(2008年2・3月、18公演)
  • 中孝介 全国インストアライブツアー(2008年4・5月、10公演)
  • 中孝介 コンサートツアー2008 〜絆〜(2008年10・11月、12公演)

世界遺産公演[編集]

  • 「厳島夜想」中孝介スペシャルワンマンコンサート in 厳島神社(2007年9月30日)
  • 楽天世界遺産劇場 〜白川郷〜 中孝介コンサート(2008年5月17日)

出演[編集]

主な番組[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

CM[編集]

  • MUSIC ON! TV・エコロジーキャンペーン「Harmony ID」(2007年)

ラジオ[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大学時代を除き、奄美大島に住み続けている。 - 音楽シーンを象徴するキーワードは "地方"!? その傾向にせまる(Yahoo!ミュージック、2008年4月14日)
  2. ^ 台湾チャート1位獲得の日本人アーティストとは!?(オリコン、2007年3月14日)
  3. ^ 元もシマ唄の唄者出身である
  4. ^ 明日の空」の作詞を担当したPENGINをはじめ、植村花菜かりゆし58城南海しおりji ma maまきちゃんぐも参加。
  5. ^ 「未来の花束」の作詞を担当したカサリンチュをはじめ、PENGINまきちゃんぐ和紗かりゆし58ひいらぎしおりDewも参加。作詞:村山辰浩(カサリンチュ)、作曲:末光篤
  6. ^ 当番組内にミニコーナーが設けられている。
  7. ^ 2007年10月からの放送分をインターネット上で聴取可能 - Sony Music Online Japan : 中 孝介 : スペシャル
  8. ^ サンシャインシティ内(池袋)のコニカミノルタプラネタリウム“満天”のプラネタリウム番組。中の楽曲をBGMにしたスペシャルプログラムで、コメント出演と「春」「夜明け前」など4曲を提供。

外部リンク[編集]