板尾創路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
板尾創路
本名 板尾創路
ニックネーム イッツジー
生年月日 1963年7月18日(50歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府富田林市
血液型 A型
身長 177cm
方言 大阪弁
最終学歴 東大阪大学柏原高等学校卒業
出身 吉本総合芸能学院(NSC)大阪校4期
コンビ名 130R
相方 ほんこん
芸風 漫才(ボケ)
立ち位置
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 1985年 -
同期 今田耕司など
現在の代表番組 着信御礼!ケータイ大喜利
過去の代表番組 淀川★キャデラック
DIVA
Neo Happy系教育テレビ
板尾ロマン
ほか
作品 板尾創路の脱獄王
他の活動 俳優
配偶者 既婚

板尾 創路(いたお いつじ、1963年7月18日 - )は日本お笑いタレント俳優であり、お笑いコンビ130Rボケ担当である。相方はほんこん。愛称はイッツジー

大阪府富田林市出身。父は川柳家の板尾岳人。よしもとクリエイティブ・エージェンシー吉本興業)所属。吉本総合芸能学院(NSC)4期生。既婚。身長177cm、体重62kg。

経歴[編集]

ケーキ屋「パルナス三国ヶ丘店(堺市北区)に勤める両親の息子として生まれる。中学・高校(柏原高校(現・東大阪大学柏原高等学校)卒業後、551蓬莱に就職するもしばらくして退職、その後は色々な職を経験し、10代の頃にケーキを持って島田紳助の家にいきなり押しかけ、弟子入りを志願したことがある。紳助には当時すでに弟子が1人いたため断られるが、吉本興業のタレント養成所であるNSCへの入学を勧められ、のちに同校の第4期生として入学した。

NSCでは「ホンコン・マカオ」というコンビを組み、「ホンコン」の芸名を名乗ったが程なくコンビ解消。のちに同期の蔵野孝洋(現・ほんこん)に「ホンコン」の名を譲り渡した(ほんこん参照)。

その後ダウンタウンが司会を務めていた『4時ですよーだ』に出演していたが、1991年よりフジテレビ系列ダウンタウンのごっつええ感じ』にレギュラー出演したのを機に、全国にその名を知られるようになる。

1994年に中学3年生の女子にわいせつな行為をしたとして、青少年健全育成条例違反容疑で逮捕され、罰金30万円となる。このことにより、一時期芸能活動を自粛することとなる。

2001年には、木村祐一と漫才コンビ「イタキム」を結成してM-1グランプリに出場、準々決勝まで勝ち進んだ。

2010年3月には、約9年ぶりに木村祐一と2人きりの舞台であるトークライブ「ざっぱ」が開催され、以降も定期的に開催されている。

テレビドラマ映画、舞台など、俳優としても活動している。

私生活では1998年に結婚。2007年9月に長女英美が誕生するが、2009年8月16日午後11時ごろ、1歳11か月で急死(死因は心不全)。2012年6月25日に次女が誕生[1]

2010年10月からは『板尾ロマン』(テレビ東京)がスタートし、自身の番組では在京キー局初の冠番組を持つことになった。

人物[編集]

  • その独特な発想力には定評があり、『虎の門』のコーナー「しりとり竜王戦」で最多優勝数を誇るなど大喜利を得意とする。
  • 雰囲気はミステリアスだが、それに反してかなりの天然ボケで『雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!』や『やりすぎコージー 』では板尾の「伝説」が特集された。
  • ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系列)では、しばしば「板尾の嫁」と称する外国人女性(「娘」と称する外国人の少女がいることも)とともに登場し、番組収録に無理やり乱入しては理不尽な出演料をせびる不気味なキャラを演じている。初代「板尾の嫁」は番組との契約解消後にヌード写真を写真週刊誌に披露した。ちなみに、実際の板尾の妻は日本人である。
  • 俳優としての評価は高く、映画『ナイン・ソウルズ』で共演した原田芳雄からは「板尾は良すぎる」と手放しの賞賛を贈られたほか、松尾スズキは自著[要出典]の中で「(板尾は)お笑い芸人の中で圧倒的に芝居が上手い」という趣旨の記述をしている。
  • 近年記者発表などの公式な場では上下白のタキシードで登場する。これは自身がゲスト出演した「着信御礼!ケータイ大喜利」の審査員で出演する際に用意された衣装で、本人が気に入り以降彼のトレードマークとして定着した[要出典]
  • 好きな歌は軍歌

出演番組[編集]

130Rとしての出演番組は130R#出演を参照。

バラエティ[編集]

現在[編集]

過去[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

インターネット配信[編集]

DVD[編集]

ラジオ[編集]

プロモーションビデオ[編集]

  • 太陽族
    • 旅立ち (2005年2月)
  • MALCO(監督:大宮エリー
    • 男はバカなのか俺がバカなのか (2005年9月)
    • 男だ☆光るぜ (2006年5月)
    • 人らしくないほどに (2006年10月)
  • 板尾創路
    • 砂渡し爺
    • 少年B(2008年3月)

作品[編集]

映像[編集]

映画

音楽[編集]

CDアルバム

  • ミュージック(2008年10月22日)
  1. 陰部第三高等学校校歌(独唱)
  2. 砂渡し爺
    峯田と参加したPVが制作され、HEY!HEY!HEY!にも出演。
  3. ホテル住まいの小学生
  4. 陰部第三高等学校校歌(合唱)
    全作詞:板尾創路、全作曲・プロデュース:峯田和伸(銀杏BOYZ)

CDシングル

  • 少年B(2008年3月5日)
  1. 少年B
  2. 少年A
  3. 少年B’
  4. 少年B (Instrumental)
    全作詞:板尾創路、全作曲・プロデュース:TEI TOWA
  • 君とボクと(2010年3月10日)
  1. 君とボクと
    作詞:大宮エリー、作曲:南こうせつ、唄:板尾こうせつ(板尾創路・南こうせつ)名義。
    連続ドラマ小説 木下部長とボク主題歌
  2. 君とボクと (Instrumental)

著書[編集]

出版元:リトルモア

  • 板尾日記(2006年11月)
  • 板尾日記2(2007年3月)
  • 板尾日記3(2008年2月)                
  • 板尾日記4(2009年3月)
  • 板尾日記5(2010年2月)
  • 板尾日記6(2011年3月)
  • 板尾日記7(2012年1月)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]