木村祐一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
木村祐一
本名 木村祐一
ニックネーム キム、キム兄
生年月日 1963年2月9日(51歳)
出身地 京都府京都市右京区
血液型 AB型
身長 168cm
方言 京都弁
最終学歴 京都市立西京商業高等学校卒業
出身 吉本興業の裏方
コンビ名 オールディーズ(解散)
相方 栩野進(元相方)
芸風 漫談
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー吉本興業
活動時期 1986年 -
同期 東野幸治
現在の代表番組 浜ちゃんが!
過去の代表番組 ダウンタウン汁
浜ちゃんと!
かざあなダウンタウン
他の活動 放送作家NSC講師・俳優
配偶者 西方凌
受賞歴
東スポ映画大賞(第16回新人賞)

木村 祐一(きむら ゆういち、1963年2月9日 - )は、日本お笑いタレント放送作家俳優料理愛好家コラムニスト

京都府京都市左京区出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー吉本興業)所属。通称「キム兄」。

人物[編集]

NSC5期生と同期扱いで、年齢が下の先輩が多い。ダウンタウン今田耕司ほんこん板尾創路もその一人である。浜田雅功と初対面のとき、浜田から「『木村さん』と呼ばせてください。」と言われたが、木村は「後輩だから『さん付け』は止めてくださいよ。」と断っている。東野幸治とは正確には東野のほうが先輩に当たるが、東野が同期扱いしたことから、木村も東野を同期として扱っている。

ホテルマン、高利貸し絵画商法の販売人、染め物職人を経て、中学時代の同級生だった栩野進と共に、お笑いコンビ「オールディーズ」を結成。順調に人気を獲得していた矢先の1990年9月7日、栩野が当時14歳の女子中学生と淫行に及ぶ不祥事を起こし逮捕される。これにより、栩野は吉本との専属芸能家契約を解除され、同時にコンビも解消となり、木村は予想もしない形でピン芸人の道を進むことになる。

当時、公私共に行動を共にしていたいわゆる「二丁目軍団」は、リーダー格のダウンタウンをはじめとしてほぼ全員が、吉本の養成所NSC出身であるが、その中においては異例の、劇場の裏方(幕引きや進行)出身であり、その仲間外れ感をネタにすることもあった。

その後、交流のあったダウンタウンらを慕って上京、1991年12月にスタートした『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)で構成作家としてもデビュー。1994年には、活動拠点を東京へ移す。

松本人志に、「俺のために生まれてきたような男」「何回人生やってきたんや」と言わせるほど松本に対してはよく気がまわり、器用で芸人ばなれした知識と行動力を持つが反面、自分が出来るという自負ゆえか出来ない後輩には非常に厳しく、後輩からは怖い先輩として恐れられてもいる。だが、時にはズレた所で怒ることがあり苦笑する場合もある、と松本が語った。松本グループでのその母親的な面倒見と気遣い、料理の腕などから今田・東野らからは「松本人志の嫁」、高須光聖からは「松本の第一夫人」とからかわれる。

「キム兄やん」と呼ばれるようになった由来は、大阪時代に出演していたダウンタウンがパーソナリティの『ヤングタウン』のコーナー名で使われていたのをそのまま使われるようになったため。最近では、元義父西郷輝彦にも「キム兄」と呼ばれて、驚いたことがある。明石家さんまはよしもとの先輩だが「キム兄」と呼ぶ。

ファッションに関心があり、要らなくなった服は多くの後輩芸人に譲っている。時々、後輩芸人を集めて時間制限つきで選ばせる内輪向けのイベントを開催している。要らなくなった服とはいえセンスの良い服がタダで手に入れられるため、後輩芸人からはそのイベントを「キムコレ」と呼ばれている。しかし松本からは「(私)服ダサオや」と呼ばれ、「東野と2人で服ダサオ・FとAや」といわれる。

以前は髪型をリーゼントなどにしていたが、ここ数年は五分刈りが多い。

好きな酒は、ジン・トニック

2001年には、板尾創路と漫才コンビ「イタキム」を結成してM-1グランプリに出場、準々決勝まで勝ち進んだ。また、2010年3月には約9年ぶりに2人きりの舞台であるトークライブ「ざっぱ」が開催され、木村流のゆるせない話や板尾が最近観た映画の感想など、気の向くままのフリートークが繰り広げられた。 この「ざっぱ」は、現在も定期的に下北沢で開催されている。

近年は役者としても活動し、映画『ゆれる』での検察官役が北野武に評価され、彼が審査委員長を務める東スポ映画大賞、第16回の新人賞に選ばれる。またDoCoMo2.0のCMにも妻夫木聡とともに数本出演している。2008年には映画監督にも挑戦し、実際に起きた事件を題材にした『ニセ札』(2009年4月公開)を制作した。

2008年6月6日、自身初の飲食店「屋台居酒屋 きむら庵」を愛知県名古屋市中区栄の「サンシャイン栄」にオープンした。なお、同じフロアにはたむらけんじの「炭火焼肉たむら」も同日オープンしている。

自身の芸人活動の傍らNSC東京校の講師も務めており、エド・はるみの才能を見抜き、絶賛したことで有名。

2004年にテレビ番組『マルチなあいつ!』(よみうりテレビ)の企画で劇団・ゆきひら鍋という劇団を旗揚げする。劇団員も木村自らが選んだが、劇団員の中には後に宮崎でブレイクする芸人の早川伸吾や、小説家として評価を受ける中沢健木村拓哉の物真似でメディアの露出を増やすもっぷんなども所属していた。

2010年4月4日より放送開始の『全快はつらつコメディ お笑いドクター24時!!』(朝日放送)で、週1回ながらもなんばグランド花月の舞台に約20年ぶりに復帰した。

M-1グランプリでは、第1回には板尾創路とのコンビ「イタキム」として出場し、第2回からは第10回までの9回にわたり決勝戦のリポーターを務めた。また、M-1の後継大会であるTHE MANZAI 2011では審査員を務め、翌年のR-1ぐらんぷりでも審査員を務めている。

結婚[編集]

結婚して子供を授かったが、2005年に2度目の離婚2006年1月9日に『ダウンタウンDX』で出会ったタレントの辺見えみりと婚約。同日、合同記者会見を行い、入籍(自身3度目)を報告。ちなみに、婚約指輪は0.93カラットティファニーで購入。プロポーズは神宮外苑の外周の車中でしたとのこと。

辺見のことをテレビなどでは「えみりちゃん」、家では「えみちゃん」と呼んでいたらしい。辺見は自身のブログで木村を「旦那はん」と呼んでおり、木村は辺見のブログに時々写真で登場していた。また、『ダウンタウンDX』の特番などで夫婦共演もしていた。2006年には自身の浮気騒動が報じられたが、辺見はその報道に対し全く相手にしてなかった。しかし、2011年に辺見えみりは結婚後3ヶ月での浮気について当時は強がったが、実際は傷ついたと話している[1]2008年4月25日、辺見えみりと離婚。結婚期間は約2年間。木村にとって離婚は3度目。辺見えみりとの結婚生活では、木村祐一は結婚後3ヶ月で浮気をし、笑っている時間より、誰かに文句を言ってる時間のほうが多かったため、辺見はそれが辛かったと話している[2]

2012年5月9日、女優の西方凌と自身4度目の入籍(西方は初婚)。[3]。西方との馴れ初めは、映画『ニセ札』の監督と女優としての出会い。公開直後の2009年4月に交際発覚。同時期、西方は木村と同じ吉本興業所属となっていた。2011年10月26日収録、11月7日放送の日本テレビ系『芸能BANG!』で、2人そろって出演し、翌年に結婚することを発表した。婚約指輪も贈っており、番組では木村の大ファンだった西方から熱烈なアプローチをして交際が始まったことや、西方から何度もプロポーズしたエピソードなども紹介。 また、西方姓を名乗っているという報道があった。[4]

出演[編集]

ドラマ[編集]

バラエティ[編集]

情報番組[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

劇場版アニメ[編集]

DVD[編集]

  • EP FILMS DVD 03rd EP FILM 「ザ・ヘルメタルズ」/07th EP FILM 「上を向いて歩こう」/21st EP FILM「スワンのナミダ」(2010年7月7日、よしもとアールアンドシー)

著書[編集]

  • キムラの目(シンコーミュージック)
  • 木村料理道 THE NABE キム'sスタイル(実業之日本社)
  • 木村料理道2 THE SARA キム'sスタイル(実業之日本社)
  • キムラの目(実業之日本社)
  • キム兄の感じ。(マガジンハウス)
  • キム兄の人間設計図(生活文化出版)

ディスコグラフィー[編集]

  • 虹色橋(1997年つんくプロデュース、キムラ・チャン名義で山田花子とデュエット。つんく、高山厳富永美樹との競作でリリースされた)花子の歌声が常識では考えられないほど下手で、有線放送では放送禁止になった。

脚注[編集]

外部リンク[編集]