クロコーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロコーチ
ジャンル クライム・サスペンス青年漫画
漫画
原作・原案など リチャード・ウー
作画 コウノコウジ
出版社 日本文芸社
掲載誌 週刊漫画ゴラク
レーベル ニチブンコミックス
発表号 2012年2月17日号 - (連載中)
巻数 既刊2巻(2013年10月現在)
テンプレート - ノート

クロコーチ』は、リチャード・ウー(原作)およびコウノコウジ(作画)による日本漫画、またそれを原作としたテレビドラマ

代表的な未解決事件である三億円事件に対し、一つの仮説を示すことが趣旨である。ジャンルとしては「ダーク・ミステリー」とされる。

日本文芸社漫画雑誌週刊漫画ゴラク』で、2012年にまず読切として、後に長編として連載され、2013年10月現在も連載中。2013年10月からはこれを原作とした同タイトルのテレビドラマが放送された。

あらすじ[編集]

神奈川県警捜査二課に所属する、警部補・黒河内圭太。彼は政治家や実業家らの醜聞を握ることで、莫大な権力を得た「県警最悪の警察官」である。若きキャリア・清家真吾管理官は任務のため、黒河内の内偵になり、彼を嫌悪しつつ利害の一致で手を組むことになった。実は黒河内には、三億円事件の追求と、その事件に関与する警察の暗部「桜吹雪会」と対決する目的があった。清家は自身と黒河内の命を狙う刺客の襲撃から助けられたことを契機に、彼の力を借りつつ独自に事件の真相を追うようになる。

登場人物[編集]

黒河内 圭太(くろこうち けいた)
本作の主人公の1人。通称クロコーチ神奈川県警捜査二課の警部補。“県警最悪の警察官”と言われるほどの汚職警官。
清家 真吾(せいけ しんご)
本作の主人公の1人。捜査一課の管理官で正義感の強いキャリアの新人刑事。黒河内の内偵を任され、不本意ながら彼と組むことになる。
自身の父親も警察官で、若い頃に三億円事件の容疑者らしき人物の事情聴取をした経歴を持ち、不審死を遂げている。

用語[編集]

桜吹雪会
クロコーチが追う警察内の非合法組織。三億円事件を初めとし、世間的になかったことにされた金を運用して莫大な利益を獲得し、あらゆる権力に根を張っている。元々は殉職警官の家族や犯罪被害者に対し「闇の福利厚生と称して秘密裏の支援を行う自助的な団体であったが、次第に不祥事の揉み消しなどを請け負う危険な存在へと変貌した。三億円事件に限らず様々な都市伝説の陰で暗躍する。

書誌情報[編集]

  1. 2013年10月07日発売[1]ISBN 978-4-5371-3081-2
  2. 2013年10月07日発売[1]ISBN 978-4-5371-3082-9

テレビドラマ[編集]

クロコーチ
ジャンル テレビドラマ
放送時間 金曜日22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2013年10月11日 - 12月13日(10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 渡瀬暁彦
山本剛義
平川雄一朗
大澤祐樹
岡本伸吾
武藤淳
原作 リチャード・ウーコウノコウジ
脚本 いずみ吉紘
プロデューサー 中井良彦
石丸彰彦
出演者 長瀬智也
剛力彩芽
香椎由宇
渡部篤郎
エンディング TOKIOホントんとこ
時代設定 1968年12月10日 - 2013年
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

TBS系列金曜ドラマ枠(毎週金曜日22:00 - 22:54[2]JST)で2013年10月11日から12月13日まで放送された日本のテレビドラマ。主演は長瀬智也[3]

キャッチコピーは「三億円事件、完結。」。

系列局のない秋田県では本放送から3か月後の2014年1月5日から1月27日まで秋田放送(ABS)で月曜 - 水曜の15:55 - 16:50(初回は日曜12:00 - 13:20)に放送された。

あらすじ[編集]

神奈川県警に所属する黒河内圭太は、とある男に女性を撲殺した状態の部屋に呼び出される。刑事のはずの黒河内は、余裕の表情でその男の証拠隠滅作業に取り掛かる。

そして、「これだけのコトさせといて、タダってわけにはいかないでしょー」と。 刑事とはいえ、自身の冨(ワイロ)あり、強請りあり、実力行使ありの、手段を選ばない極悪刑事であるクロコーチ(黒河内)。彼は、警察の闇の奥に存在する巨大なる「ある組織」の解明と追求のため、そして、日本中を震撼させた、昭和43年の三億円事件の真相にたどりつくため、極悪ながらも信念を背負って闇と対峙する。 未解決事件で終了したこの事件の三億円の在り処はどこなのか。そして、クロコーチはなぜそれに執念を燃やすのか。

「誰が善で、誰が悪か。」

善と悪、罪と罰、正義と偽善。あらゆるしがらみが取り巻く闇への挑戦が始まった。

登場人物[編集]

神奈川県警察[編集]

主要人物[編集]
黒河内 圭太(くろこうち けいた)
演 - 長瀬智也
刑事部捜査第二課黒河内班班長。警部補。「せーいかーい!」が口癖。愛車はアストンマーチン・ラピード。捜査のためなら手段を選ばず、犯行隠蔽・収賄など平気で行い、「県警の闇」と言われる。三億円事件に強い執着心を燃やす。
清家 真代(せいけ ましろ)[注 1][4]
演 - 剛力彩芽
刑事部捜査第一課布袋班。警部補。東京大学法学部出身の女性キャリア。10年分もの膨大な事件内容を覚えており、黒河内が裏で行っている犯行を言い当てるなど記憶力・推理力に優れている。
刑事部捜査第一課[編集]
布袋 善治郎(ほてい ぜんじろう)
演 - 長谷川朝晴
布袋班班長。警部補。
磯村 哲也(いそむら てつや)
演 - 川村陽介
布袋班。巡査部長。
坪倉 太一(つぼくら たいち)
演 - 遠藤要
布袋班。巡査部長。
嶋 光男(しま みつお)
演 - 金子賢
五島 要(ごとう かなめ)
演 - 東幹久
管理官。警視。
上記二名は実は沢渡の部下で情報をつかんだ黒河内と清家を殺害するため七福神のお面を被り侵入してくるも、逆に黒河内に二人纏めて射殺され遺体は山に埋められた。黒河内の隠ぺいにより表面上は沢渡が殺害したことになっている。
牛井 孟(うしい はじめ)
演 - 小市慢太郎
課長。警視。
警察組織[編集]
澤 眞智子(さわ まちこ)
演 - 香椎由宇
科学捜査研究所。法医学研究員。
香椎は第2子妊娠のため、第3話で降板し、以降代役として後述の芦名星演じる斑目八重子が登場する[5][6]
斑目 八重子(まだらめ やえこ)
演 - 芦名星
科学捜査研究所。物理研究員。
降板した香椎に代わり、第4話より登場[7][8]
龍井 秀樹(たつい ひでき)
演 - 伊藤正之
刑事部捜査第二課課長。警視。黒河内の上司。
薬師寺 誠(やくしじ まこと)
演 - 大地康雄
警務部監察官。警視。
柿崎 清彦(かきざき きよひこ)
演 - 利重剛
刑事部部長。警視正。
堂島 則行(どうじま のりゆき)
演 - 風間杜夫
本部長。警視監。堀の父親。
駒野(こまの)
演 - 小林勝也
監察医。

警視庁[編集]

高橋 秀男
演 - 森本レオ
警視庁公安部総務課庶務係嘱託。警察を定年退職した後、警視庁公安部に再雇用される。

政治家[編集]

郷田 文吾(ごうだ ぶんご)
演 - 石丸謙二郎
神奈川県県会議員。沢渡の元秘書。
橋本 俊治(はしもと としはる)
演 - 小木茂光
神奈川県県会議員。沢渡の元秘書。
畑山 肇(はたけやま はじめ)
演 - 中丸新将
衆議院議員。
田宮 弘(たみや ひろし)
演 - 池田政典
衆議院議員→現神奈川県知事。沢渡が県知事選出馬辞退後、立候補し当選。
伊地知 伝助(いじち でんすけ)
演 - 名高達男
民自党所属の衆議院議員。警察庁出身者で柿崎の元上司。
沢渡 一成(さわたり かずなり)
演 - 渡部篤郎
前神奈川県知事。警察庁出身者。

その他[編集]

恬恬(てんてん)
演 - 河北麻友子
黒河内が住んでいる部屋の管理人。
越後 弥太郎(えちご やたろう)
演 - 板尾創路
東京地方検察庁特別捜査部 → 横浜地方検察庁刑事部長。沢渡の取り調べを担当。10年前に起こした横領事件を黒河内に知られ、沢渡の情報を取ってくるよう脅される。
小野 聡
演 - 井上肇
横浜地方検察庁検事正。越後の上司。

桜吹雪会[編集]

警察関係者などが犯した犯罪や、警察の権力を失墜させる事案に対して、秘密裏に闇に葬り、表立った事件にならないよう処理する、現職警察官、警察官退職者を中心に結成された組織。

三億円事件が発端となり結成される。

創設者[編集]
遠藤 剛史(えんどう たけし)
演 - 山本學(45年前:東根作寿英
元警視庁刑事部捜査第一課警視。現在は遠藤司法研究所所長。
山路 武治(やまじ たけはる)
演 - (45年前:木下政治
元警視庁刑事部捜査第一課警視。
金井 道夫(かない みちお)
演 - (45年前:神農直隆
元警視庁刑事部捜査第一課警部。
城尾 平蔵(しろお へいぞう)
演 - 花王おさむ(45年前:眞島秀和
元警察庁警備部公安第二課警部。首都綜合警備保障創設者で沢渡の元上司。事件発生当時、3億円事件の犯人についての情報を全て取り仕切っていた。
会員[編集]
加賀 広樹(かが ひろき)
演 - 戸次重幸
首都綜合警備保障社長。
拘置所係官[9]
演 - いしだ壱成
横浜拘置支所刑務官で沢渡担当。沢渡から先生と呼ばれる。
井手 聡子
演 - 白羽ゆり
首都綜合警備保障受付。
杉 隆太郎(すぎ りゅうたろう)〈没28〉
演 - 阿部亮平
元兵庫県警察第二機動隊特殊急襲部隊狙撃手で、元首都綜合警備保障警備員。SATが使用するレミントンM40狙撃ライフルで真代を狙撃した実行犯。
遠藤がビルから飛び降りた事件の死因について疑問に思ったことを追求し過ぎてしまい、全身の28か所の骨折及び12か所の関節を外された状態で殺害され、無残な遺体として見つかる。
園田 雅巳
演 - 松原正隆
神奈川県警察山手北警察署地域課。黒河内の命を狙う。
沢渡の事件関係者[編集]
葉月 トモ(はづき トモ)
演 - 奥田恵梨華
ジャーナリスト。8年前に自宅への放火による火災に巻き込まれ、一酸化炭素中毒で死亡する。
清家 真次(せいけ しんじ)
演 - (45年前:内倉憲二
警視庁立川警察署上松町派出所地域課巡査 → 警視庁警部補。真代の父親。三億円事件を捜査している中で強盗に刺され殉職。
赤松 里奈(あかまつ りな)〈没22〉
演 - Ray
郷田の愛人。桜木町ホステス殺人事件被害者。
遠山 宗司〈没38〉
演 - 菊池敏弘
ウェブデザイナーを生業とし、沢渡からホームページ作成の依頼を受ける。他人の機密メールを覗く趣味があり、警察に逮捕された過去がある。
8年前、妻・秩佳子(演:金子路代)、娘・京子(演:飯田杏実)と共に何者かに銃殺される。
金本 真美〈没16〉
演 - 佳苗るか
当時高校生。何者かに殺害された後に裸体のままゴミ処理場に遺棄された。
堀(ほり)〈27〉
演 - 渡部豪太
本名は堂島武で堀という名は偽名。堂島則行の息子。郷田文吾、橋本俊治一家首吊り自殺や各地で起きた不審な首吊り自殺事案に関わる人物。
頭部から足のつま先まで全身の体毛を剃り、金髪のかつらを着用し、警察官のコスプレ姿で街や事件現場近くを徘徊している目撃情報が多数上がる。
偽名の由来は警察(ポリス)をもじって堀っス、という発言から[10]
浅沼 兼次(あさぬま けんじ)〈没32〉
演 - 矢柴俊博
伊地知の公設秘書。伊地知伝助後援会事務所が入るビルの屋上から転落して死亡。政治資金規正法違反の嫌疑を掛けられ、自分に被せられた汚名をそそぐために、伊地知を告発する準備を進めていた。
浅沼 兼男(あさぬま かねお)
演 - 志賀廣太郎
兼次の父親。警察がたいした捜査もせず、息子の転落死を早々に自殺と断定したことに不信感を抱く。
赤刃組[編集]

広域指定暴力団組織・赤刃組は10年前に持株会社・吹雪ホールディングスの傘下に入り、90%の組織母体は民間企業へ移行、しかしその裏では警察組織が速やかに事件を収束させないといけない案件に対して、暴力団構成員が身代わり出頭していた。

赤羽 甚五郎(あかば じんごろう)
演 - 品川徹
初代組長。警察組織に迎合する組の方針に異議を唱えたことで組を追われ、その後命の危険に晒される。
青松 英二
演 - 波岡一喜
現組長。
佐野 満
演 - 尾関伸嗣
構成員。黒河内を銃撃した犯人だと警察に出頭するが、彼とは面識がなく単なる人違いで襲ってしまったと証言する。
町田 育夫
演 - 阿部翔平
ホームヘルパーあかね訪問介護員。元構成員で赤羽の担当ヘルパー。
三億円事件[編集]
澤村 英人(さわむら ひでと)
演 - 小出恵介
通称:少年S。元防衛大学校学生で事件当時、父親は現職警察官。
富田 ジョージ(とみた ジョージ)
演 - ディウフ・モクタール
カミナリ族の立川グループメンバー。アメリカ人と日本人のハーフ。

越後の事件関係者[編集]

綾川 眞之輔(あやかわ しんのすけ)
演 - 加藤虎ノ介
IT企業「テンライク」会長。総理大臣が私的諮問機関として招集。10年前に自身が起こした粉飾決算を越後に揉み消してもらい、その見返りに5000万円を渡す。
高宮 健太(たかみや けんた)
演 - 須田邦裕
元赤刃組構成員。綾川とは幼馴染で同じ児童養護施設の出身。金に困っていた綾川を助けるためにパチンコ店現金輸送車を襲い、10年間小田原刑務所に服役する。
灰谷 竜次(はいたに りゅうじ)〈没36〉
演 - 隈部洋平
フリージャーナリスト。2013年11月14日、鷹無山の山中で白骨遺体として発見される。生前は綾川を強請り、現金を脅し取ろうとしていた。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率[11]
第1話 10月11日 三億円事件〜昭和最後の謎!!
45年前の完全犯罪に悪徳刑事が挑む…犯人は生きていた
渡瀬暁彦 12.0%
第2話 10月18日 ニセ警官の決着! 山本剛義 11.2%
第3話 10月25日 三億円犯人の顔 平川雄一朗 09.2%
第4話 11月01日 ニセ警官の逃避行 大澤祐樹 09.1%
第5話 11月08日 警察の真実暴露! 渡瀬暁彦 07.2%
第6話 11月15日 少年Sは、お前だ 岡本伸吾 08.8%
第7話 11月22日 燃える三億円! 山本剛義 09.1%
第8話 11月29日 三億円現れる! 渡瀬暁彦 09.9%
第9話 12月06日 三億円事件全真相 武藤淳 08.0%
最終話 12月13日 完結〜三億円燃ゆ 渡瀬暁彦 10.5%
平均視聴率9.6%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

特記[編集]

通常ドラマのエンディングに流れるテロップは『このドラマはフィクションです』だが、当ドラマは実在の未解決事件を扱っていることから『このドラマは一つの仮説である』となっている。

TBS系列 金曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
なるようになるさ。
(2013.7.12 - 2013.9.20)
クロコーチ
(2013.10.11 - 2013.12.13)
夜のせんせい
(2014.1.17 - 2014.3.21)

脚注[編集]

  1. ^ a b 原作紹介|TBSテレビ:金曜ドラマ『クロコーチ』
  2. ^ 初回は6分繰り上げ・25分拡大(21:54 - 23:13)。
  3. ^ マイナビニュース (2013年10月10日). “[クロコーチ]長瀬智也が悪徳刑事に! 相棒・剛力と未解決事件に迫る刑事ドラマ あすスタート”. 2013年10月12日閲覧。
  4. ^ クロコーチ / コミックス発売&テレビドラマ化決定日本文芸社、2013年10月11日閲覧。
  5. ^ 日刊スポーツ (2013年10月31日). “香椎由宇が妊娠5カ月「クロコーチ」降板”. 2013年10月31日閲覧。
  6. ^ スポニチ (2013年10月31日). “香椎「クロコーチ」降板をTBSが発表代役に芦名星”. 2013年10月31日閲覧。
  7. ^ デイリースポーツ (2013年10月31日). “香椎由宇妊娠降板し、“代役”に芦名星”. 2013年10月31日閲覧。
  8. ^ オリコンスタイル (2013年10月31日). “TBS『クロコーチ』香椎由宇妊娠降板を正式発表 新キャストは芦名星”. 2013年10月31日閲覧。
  9. ^ Yahoo!テレビ番組表より引用
  10. ^ クロコーチ公式HP スペシャルコンテンツ 清家ホルダーほ行「堀っス」説明から引用。
  11. ^ クロコーチ - スポニチ Sponichi Annex 芸能、2013年12月16日参照。

注釈[編集]

  1. ^ 原作では男性である清家真吾に当たる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]