金曜エンタテイメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
金曜エンタテイメント
ジャンル 2時間ドラマ
放送時間 金曜日21:00 - 22:52(112分)
放送期間 1993年4月9日 - 2006年9月29日
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
出演者 コンテンツリストを参照
オープニング オープニングを参照
エンディング エンディングを参照
テンプレートを表示

金曜エンタテイメント』(きんようエンタテイメント)は、1993年4月9日から2006年9月29日まで、フジテレビ系列で毎週金曜日21:00 - 22:52(JST)に編成されていたテレビ番組の放送枠である。

2006年9月29日をもって終了し、同年10月より『金曜プレステージ』へのリニューアルが行われた。

概要[編集]

基本的に毎週単発の2時間ドラマ(主にコメディ路線のサスペンスドラマ中心)が編成されていたが、不定期的にバラエティ番組ドキュメンタリー番組などの特別番組が編成された。2000年代に入り、土曜日の同時間帯に放送されている『ゴールデン洋画劇場』(現・『土曜プレミアム』)との合同で「2日連続特別企画」として『タイタニック』や『ロード・オブ・ザ・リング』などの長編映画について、本放送枠で映画本編前半の放送を行い、翌日の『土曜プレミアム』で後半の放送を行うなどの番組編成も見られた。

緑色の水面のオープニングから2003年12月に番組開始以来初めてオープニングCGのリニューアルが行われ、2005年11月には新たにオープニングソングと共にそれまでの2代に渡る夜空のタワーをイメージしたものから海底神殿をイメージした3代目タイトルバックへの変更が行われた。

なお放送枠は時期によってやや異なっており、1996年9月までは21:00 - 21:02に2分間の予告番組が存在していた。また1994年10月から1999年3月までは、終了時刻が22:54になっていた。

フジテレビの企画担当プロデューサー[編集]

ほか

前身番組[編集]

  • 金曜女のドラマスペシャル(1984年10月12日 - 1987年9月25日放送)
  • ザ・ドラマチックナイト(1987年10月2日 - 1988年3月25日放送)
  • 男と女のミステリー(1988年4月8日 - 1991年3月29日放送、前説・進行役は山本晋也
  • 金曜ドラマシアター(1991年4月5日 - 1993年3月26日放送、前説・進行役は橋爪功
  • 「金曜女のドラマスペシャル」の前身に1984年までに「時代劇スペシャル」(金曜→木曜に移行)を放送しており、しばらくの間金曜夜9時から11時枠は時代劇ものは扱わなかったが、2006年6月16日に『剣客商売スペシャル 女用心棒』を放送し、18.6%の高視聴率をマークした。

主題歌[編集]

オープニング[編集]

OP・ED両方で流れていた曲も含む。

エンディング[編集]

番組前期はテーマ曲としてOP・ED両方で流れていたが、中期からOP・EDで別の曲が流れるようになった。なお、番組の内容によっては変更される場合もあった。

コンテンツリスト[編集]

主なドラマシリーズ[編集]

人間ドキュメントシリーズ
石原裕次郎夏目雅子逸見政孝
赤い霊柩車シリーズ
原作:山村美紗
出演:片平なぎさ神田正輝若林豪大村崑山村紅葉 他 制作:大映テレビ
プロデュース:野木小四郎(大映テレビ)他
演出:合月勇
女優 夏木みどりシリーズ
出演、篠ひろ子田中健長塚京三 他 制作:ジャパンプロデュース
おばさんデカ 桜乙女の事件帖
出演:市原悦子蛭子能収布川敏和エド山口斎藤晴彦石橋蓮司 他 制作:オセロット
演出:鶴巻日出雄
京都祇園入り婿刑事事件簿
出演:三田村邦彦藤谷美紀前田耕陽神山繁中村玉緒 他 制作:松竹松竹京都映画
浅見光彦シリーズ
原作:内田康夫
出演:榎木孝明中村俊介西岡徳馬榎木孝明(特別出演)、野際陽子 他 制作:東映彩の会
プロデュース:小林俊一(彩の会)・大下晴義(彩の会)・金丸哲也(東映)・武部直美(東映)
お局探偵亜木子&みどりの旅情事件帳
原作:西村京太郎
出演:沢口靖子斉藤慶子小林聡美久本雅美 他 制作:東宝
音の犯罪捜査官・響奈津子
出演:古手川祐子村田雄浩小原雅人岸本光正大村彩子野村昭子金田明夫西岡徳馬 他 制作:共同テレビ
夏樹静子ミステリー アリバイの彼方に
原作:夏樹静子
出演:小堺一機坂口良子かとうかず子 他 制作:東阪企画
おだまりコンビシリーズ
主演:美川憲一加賀まりこ細川茂樹 他 制作:ジャパンプロデュース
えなりかずきの少年探偵 事件でござる
出演:えなりかずき他 制作:共同テレビ
温泉名物女将!湯の町事件簿
出演:木の実ナナ矢崎滋有坂来瞳 他 制作:ドリーミング(前:スタープロジェクト)
着物デザイナー 黛涼子の推理紀行
出演:眞野あずさ石黒賢大村崑 他 制作:東映
サラリーマン刑事
出演:西村雅彦鈴木杏樹河相我聞山下容莉枝石井愃一松重豊飯田基祐 他 制作:共同テレビ
ツインズな探偵
出演:浅野ゆう子、久本雅美 他 制作:ファインエンターテインメント
津軽海峡ミステリー航路
原作:斎藤栄
出演:村上弘明細川直美菊池麻衣子大柴邦彦 他 制作:東宝
年の差カップル刑事
出演:高橋由美子森本レオ伊東四朗 他 制作:アズバーズ
ハマの静香は事件がお好き
出演:片平なぎさ、赤井英和石井正則でんでん田根楽子 他 制作:大映テレビ
十津川警部夫人の旅情殺人推理
原作:西村京太郎
出演:萬田久子地井武男 他 制作:PDS
日向夢子調停委員事件簿
原作:夏樹静子、西村寿行
出演:三田佳子坂井真紀赤坂泰彦山崎銀之丞北村総一朗 他 制作:アズバーズ
所轄刑事
原作:逢坂剛
出演:船越英一郎的場浩司吉田日出子上原さくら、赤坂泰彦、大沢樹生徳井優六平直政 他 制作:TSP
外科医 鳩村周五郎
出演:船越英一郎内藤剛志 他 制作:ホリプロ
名司会者・寿鶴子 殺人スピーチ
出演:泉ピン子岡本麗柴田理恵田中健、北村総一朗他 制作:THE WORKS
京都女優シリーズ
原作:山村美紗
出演:東ちづる大鶴義丹 他 制作:東映
京都祇園芸妓シリーズ
原作:山村美紗
出演:高樹沙耶船越英一郎 他 制作:東映
新・京都祇園芸妓シリーズ
原作:山村美紗
出演:牧瀬里穂船越英一郎 他 制作:東映
壁ぎわ税務官
原作:佐藤智一
出演:いかりや長介内藤剛志筒井道隆小泉孝太郎金子貴俊 他 制作:彩の会
おふくろシリーズ
出演:浜木綿子 他(障害者を題材にしたドラマであるため、解説放送=副音声が行われている。またドラマの画面そのものに字幕スーパーが入っている)
踊る!親分探偵
出演:松平健高島礼子 他 制作:東映
腕まくり看護婦物語シリーズ
出演:泉ピン子他 制作:彩の会
名古屋嫁入り物語
出演:植木等山田昌 他 制作:東海テレビ泉放送制作
美味しんぼ
原作:雁屋哲花咲アキラ
出演:唐沢寿明石田ゆり子富田靖子 他 制作:イースト
スチュワーデス刑事
出演:財前直見水野真紀木村佳乃村田雄浩
美人三姉妹温泉芸者が行く!
出演:斉藤由貴、水野真紀、今村恵子生瀬勝久 他 制作:東映
ナースな探偵
出演:高島礼子七瀬なつみさとう珠緒 他 制作:ファインエンターテイメント
ニュースキャスター沢木麻沙子
原作:山村美紗
出演:羽田美智子別所哲也 他 制作:映像京都
帰ってきたOL 三人旅
出演:松下由樹渡辺美奈代羽野晶紀 他 制作:共同テレビ
刑事調査官 玉坂みやこ
出演:浅野温子渡辺いっけい 他 制作:ファインエンターテイメント
白線流しシリーズ
出演:酒井美紀長瀬智也
心はロンリー気持ちは「…」シリーズ(月曜ドラマランド廃止により移動)
出演:明石家さんま村上ショージ関根勤小堺一機(二人とも特別出演)

単発ドラマ[編集]

ドラマ以外のシリーズ[編集]

未放送作品[編集]

金曜エンタテイメント枠用に制作されながらフジテレビではオンエアされず、地方局で初めて放送された作品がいくつかある。

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 フジテレビ (CX) フジテレビ系列 製作局
北海道 北海道文化放送 (uhb)
岩手県 岩手めんこいテレビ (mit)
宮城県 仙台放送 (OX)
秋田県 秋田テレビ (AKT)
山形県 さくらんぼテレビ (SAY) 1997年4月開局から
福島県 福島テレビ (FTV)
新潟県 新潟総合テレビ (NST)
長野県 長野放送 (NBS)
静岡県 テレビ静岡 (SUT)
中京広域圏 東海テレビ (THK)
富山県 富山テレビ (BBT)
石川県 石川テレビ (ITC)
福井県 福井テレビ (FTB)
近畿広域圏 関西テレビ (KTV)
島根県
鳥取県
山陰中央テレビ (TSK)
岡山県
香川県
岡山放送 (OHK)
広島県 テレビ新広島 (TSS)
愛媛県 テレビ愛媛 (EBC)
高知県 高知さんさんテレビ (KSS) 1997年4月開局から
福岡県 テレビ西日本 (TNC)
佐賀県 サガテレビ (STS)
長崎県 テレビ長崎 (KTN)
熊本県 テレビくまもと (TKU)
大分県 テレビ大分 (TOS) フジテレビ系列
日本テレビ系列
宮崎県 テレビ宮崎 (UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
鹿児島県 鹿児島テレビ (KTS) フジテレビ系列 1994年4月から
沖縄県 沖縄テレビ (OTV)

付記[編集]

  • 1994年3月まで鹿児島テレビは日本テレビ金曜ロードショー』を放送した関係でネットされていなかったが、翌4月の鹿児島讀賣テレビ開局によりネットされるようになった。
  • 1995年9月までテレビ新広島は「みどころ」の部分のみ当時県広報番組『ふれあいひろしま』を放送した関係で本編のみを放送していたが、翌10月より全国一律で放送開始が21:00となり、「みどころ」も放送される様になり、同時に『ふれあいひろしま』は『tssニュースFNN』の後に放送となった。
  • クロスネット局のテレビ宮崎では、日本テレビ系列の編成(特に『PRIDE&SPIRIT 日本プロ野球』)によっては遅れて放送される場合があった。逆にフジテレビで当日のスポーツ中継(特に『BASEBALL L!VE』、年によってはバレーボールワールドカップ中継)が延長され本番組の放送開始が繰り下がった場合、テレビ宮崎では定刻通り開始しキー局より先行して放送された。
  • また、テレビ宮崎では放送枠での捩れ現象を解消するのを機に、『金曜プレステージ』を同時ネットせず(金曜昼に2週間遅れの放送)、日本テレビ系列で放送される『金曜ロードショー』のネットに切り替わった。

外部リンク[編集]

フジテレビ 金曜21:00 - 21:02枠
前番組 番組名 次番組
今夜のドラマチックナイト

今夜のミステリー

今夜のドラマシアター

今夜のエンタテイメント
(1987.10 - 1996.9)
金曜エンタテイメント
※21:00 - 22:54
(1996.10 - 2006.9)
【2分拡大して継続】
今夜のエンタテイメント
(1993.4 - 1996.9)
金曜エンタテイメント
(1996.10 - 2006.9)
金曜プレステージ
※21:00 - 22:52
(2006.10.6 - )
フジテレビ系列 金曜21:02 - 22:52枠
金曜女のドラマスペシャル
(1984.10.12 - 1987.9.25)
ザ・ドラマチックナイト

男と女のミステリー

金曜ドラマシアター

金曜エンタテイメント
(1987.10.2 - 2006.9.29)
金曜プレステージ
(2006.10.6 - )
フジテレビ 金曜22:52 - 22:54枠
もうひとつの地球物語
※22:52 - 23:00
(1992.4 - 1994.9)
【2分縮小して継続】
金曜エンタテイメント
(1994.10 - 1999.3)
夏の時間割
※22:52 - 23:00
(1999.4 - 6)