死刑台のエレベーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
死刑台のエレベーター
Ascenseur pour l'échafaud
監督 ルイ・マル
脚本 ロジェ・ニミエ
ルイ・マル
原作 ノエル・カレフ
製作 ジャン・スイリエール
出演者 モーリス・ロネ
ジャンヌ・モロー
ジョルジュ・プージュリー
音楽 マイルス・デイヴィス
撮影 アンリ・ドカエ
編集 レオニード・アザー
製作会社 ヌーヴェル・エディティオン・ド・フィルム
配給 フランスの旗 Lux Compagnie Cinématographique de France
日本の旗 映配
公開 フランスの旗 1958年1月29日
日本の旗 1958年9月26日
日本の旗 2010年10月9日(ニュープリント)
上映時間 92分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
ドイツ語
テンプレートを表示

死刑台のエレベーター』(しけいだいのエレベーター、仏:Ascenseur pour l'échafaud、英:Elevator to the Gallows)は、1958年制作のフランス映画

解説[編集]

ノエル・カレフのサスペンス小説を映画化した、フランスの名匠ルイ・マル監督のデビュー作。 ルイ・マルが、当時25歳という若さで作った本作は、ルイ・デリュック賞を受賞し、サスペンスの金字塔とも称される作品となっている。

マイルス・デイヴィスによる即興演奏アンリ・ドカエによる斬新な手持ちカメラを生かした撮影、ジャンヌ・モローのクールな美しさ、フランスヌーヴェルヴァーグの代表的作品。

後にヌーヴェルヴァーグの恋人と言われたジャンヌ・モローが夜の街を彷徨うさまは、マイルスによる即興演奏と手持ちカメラによる撮影により不安と焦燥感を表現され、本作品を象徴するシーンである。

物語[編集]

電話で愛を語り合う男女。ジュリアン・タベルニエはフロランス・カララの夫が社長を務める会社の社員で、フロランスと恋人関係にあった。ジュリアンは、フロランスの夫を自殺に見せかけて殺す。一旦は会社を出た彼だが、証拠隠滅のため再び会社に戻る。ところが運悪く、ジュリアンはエレベーターに閉じこめられてしまう。約束の時間を過ぎても来ないジュリアンを心配し、夜のパリをさまようフロランス。ジュリアンに憧れる花屋、その恋人にも焦点を当てながら、物語は思わぬ方向に進んでいく。

キャスト[編集]

俳優 日本語吹替
NET(テレビ朝日)版 日本テレビ版 テレビ東京版
ジャンヌ・モロー 楠侑子 岸田今日子 沢田敏子
モーリス・ロネ 西沢利明 堀勝之祐
リノ・ヴァンチュラ 西田昭市 中台祥浩

スタッフ[編集]

  • 原作:ノエル・カレフ
  • 脚本:ロジェ・ニミエ、ルイ・マル
  • 監督:ルイ・マル
  • 音楽:マイルス・デイヴィス
  • 撮影:アンリ・ドカエ

リメイク[編集]

外部リンク[編集]