木村多江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
きむら たえ
木村 多江
本名 木村多江(旧姓)
生年月日 1971年3月16日(43歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
民族 日本人
身長 162cm
血液型 A型
ジャンル テレビドラマ・映画・舞台・CM
活動期間 1995年 -
配偶者 あり
家族 長女
事務所 融合事務所
主な作品
テレビドラマ
大奥』(2003年版・2004年版)
アンフェア
てるてるあした
上海タイフーン
映画
怪談
『スターフィッシュホテル』
ぐるりのこと。

木村 多江(きむら たえ、1971年3月16日 - )は、日本女優である。

東京都江東区出身。フリーを経て、融合事務所に所属。

来歴・人物

白百合学園小学校白百合学園中学校・高等学校を経て、昭和音楽芸術学院ミュージカル科卒業。特技はバレエ日本舞踊、玉乗り。

舞台女優として活動後[1]、ドラマ『リング〜最終章〜』と『らせん』での山村貞子役で注目され、以降『救命病棟24時』の山城紗江子役や『白い巨塔』での林田加奈子役、『大奥』『ぐるりのこと。』『ゼロの焦点』などに出演して、演じた役柄から「薄幸(が似合う)美人」や「日本一不幸役が板につく女優」などと称された。

中学時代に演劇部に入部、だがこの頃は演技するより舞台を見る方が楽しかったという。高校時代に樹木希林のドラマ「台所の聖女」を見て感動し、演技の道を志すようになった。19歳より舞台に立つ傍ら、パン屋、ホテルスタッフ、レストラン、コーヒーショップ、知育研究所など様々なアルバイトを経験した[1]。20代後半は働き過ぎで睡眠時間が1 - 2時間しかなかったという[2]

2005年6月26日に広告代理店電通の社員と結婚し[3]2007年8月に妊娠を発表、体調などを考え『大奥』を降板、主演ドラマ『上海タイフーン』は制作途中で無期延期となる。2008年2月23日に第1子(長女)を出産した。『上海タイフーン』のロケ再開時に自らの妊娠による製作延期に触れ、「役者として恥ずべきこと。ご迷惑をおかけしておわび申し上げます」と謝罪する。

松本幸四郎宗家市川染五郎が家元をつとめる日本舞踊松本流の名取である。

初主演映画『ぐるりのこと。』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、ブルーリボン賞主演女優賞、高崎映画祭で最優秀主演女優賞を受賞する。2010年の日本アカデミー賞の司会を関根勤と共に務めた。

2010年8月28日放送『にじいろジーン』にゲスト出演した高田万由子が「多江ちゃんとは小学校から高校までずっと同級生で同じクラスだったことも多かった。あんな感じで今と変わらずほわほわしていました。」と話している。

30歳の時に断食をして、病院から「硬いものと油ももの(ピーナッツ)等は当面控えてください。」と言われたのにもかかわらずピーナッツを食べてしまい、救急車で救命に運ばれたが、たまたま対応した医師が『救命病棟24時』の監修者本人で、「山村紗江子(ドラマの役名)」の名で言われてドラマのスタッフの耳に伝わったというエピソードがある。[4]

主な出演作品

太字は主演。

テレビドラマ

映画

教養番組

ドキュメンタリー

CM

ミュージックビデオ

  • T.M.Revolution『魔弾 〜Der Freischutz〜』(木村多恵名義)

舞台

ラジオ

テレビアニメ

出版

写真集

エッセイ

DVD

  • 台湾瞬色(たいわんしゅんしょく)

受賞歴

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b 木村多江 (2010年5月6日). 女優・木村多江さん 初エッセイ「かかと」. (インタビュー). 楽天ブックス.. http://books.rakuten.co.jp/RBOOKS/pickup/interview/kimura-tae/ 2013年5月19日閲覧。 
  2. ^ “「不幸」の次は「タフで妖艶」”. @nifty ニュース. 日刊ゲンダイ2010年9月8日掲載 (ニフティ). (2010年9月11日). オリジナル2010年9月14日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100914142504/http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/gendai-000124979/1.htm 
  3. ^ “木村多江 電通の社員と6月に結婚”. スポニチ. (2005年5月25日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005kekon/KFullNormal20050525022.html 
  4. ^ 「かかと」37ページ 「ピーナッツ事件」

外部リンク