愛と死をみつめて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

愛と死をみつめて』(あいとしをみつめて)は、大学生河野實(マコ、1941年8月8日 - )と、軟骨肉腫に冒され21年の生涯を閉じた大島 みち子(ミコ、1942年2月3日 - 1963年8月7日)との、3年間に及ぶ文通を書籍化したものである。

1963年(昭和38年)に出版され、160万部を売り上げる大ヒットを記録。関連本として、大島著の『若きいのちの日記』や河野著の『佐智子の播州平野』も出版された。実際に交わされた手紙等をもとにした往復書簡集ではあるが、『世界の中心で、愛をさけぶ』や『いま、会いにゆきます』等の純愛小説の先駆け的存在であったといえる。ラジオドラマテレビドラマ・レコード・映画化された。

あらすじ[編集]

兵庫県立西脇高等学校に通うミコ(大島みち子)は、顔に軟骨肉腫ができる難病に冒されていた。阪大病院に入院した際、同じ病棟で長野県出身の浪人生マコ(河野実)と出会い、互いに18歳のタイガース・ファン同士で意気投合し、文通を始める。その後ミコが同志社大学、マコが東京の中央大学へ進学してからも文通は途切れず、ミコの病気が再発して再入院した後も、マコは夏休みに大阪駅ホームのビール売りのアルバイトを続けてミコを励ます。夏休みが終わって、東京に戻ったマコとの文通が闘病生活の大きな支えになっていく。マコはその後もアルバイトをして長距離電話で励ましたり、旅費を工面して阪大病院を訪れるなどし、2人の愛は深まるばかり。しかしミコは手術で顔の半分を失い、さらに病気は悪化していく。そして、マコの22歳の誕生日の前日に、自らのメモリアルデーを刻んで、この世を去って逝く。

書籍[編集]

  • 大島みち子・河野実著 『愛と死をみつめて』大和書房、2004年新版(ISBN 4-479-01177-3)、2006年2月 文庫本発刊。2006年1月、中国語版『凝視着愛与死』漓江出版(中国・桂林市)より発刊
  • 大島みち子著 『若きいのちの日記』大和書房、2005年新板(ISBN 4-479-01180-3)、 2006年3月 文庫本発刊
  • 河野実著 『佐智子の播州平野』フーコー、1997年(ISBN 4-795-23641-0) 当該書籍は『「愛と死をみつめて」その後』と改題され、2006年3月「展望社」より発刊。
  • 河野実著 『「愛と死をみつめて」終章 もうひとりのミコ』大和書房、2005年(ISBN 4-479-01186-2

ラジオドラマ『健康な日を3日』[編集]

1964年(昭和39年)1月14日ニッポン放送「ラジオ劇場」で放送。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

テレビドラマ(1964年版)[編集]

1964年(昭和39年)4月12日4月19日、前・後編に分けてTBS系「東芝日曜劇場」枠で放送された。1話完結を基本としていた同枠始まって以来の2回に分けての放送であった。橋田壽賀子の脚本がとても1時間枠では収まらない長さになった時、慣例を破って視聴者を混乱させることを心配したのか、TBS側は何とか1時間に収まるよう縮めてほしいと依頼したという。橋田はこれ以上はどうしても削れないと主張し、例外的に認められた前・後編放送となった。本放送当時の視聴率ビデオリサーチ・関東地区調べ)は前編12.6%、後編16.9%と当時のテレビドラマとしては高視聴率ではなかったが、大きな反響を呼んで、放送後1年間に4度も再放送されることとなり[1]、結果としてTBSの心配は杞憂に終わった。

この作品が制作された当時は、VTR2インチ規格だったことなどから、番組の資料保存が容易には行えず、同時期に制作されたドラマは消去されて現存していないケースが多い。そのため、現在も視聴できるこのドラマは資料的な意味でも価値が大きい。2009年(平成21年)現在、横浜の放送ライブラリーにて視聴可能。また、TBSチャンネルなどでも放送されている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]

TBS 東芝日曜劇場1964年4月12日 - 4月19日
前番組 番組名 次番組
きりぎりす
愛と死をみつめて

レコード[編集]

酒井政利による初のレコード・プロデュース作品。酒井はベストセラー本を歌にしようとひらめき、書店で出版直後の原作本と出会うが、若い素人の往復書簡という体裁に新鮮な魅力を感じ、著名のベテラン作詞作曲家でなく、あえて若手作家が作ることで素直に表現できると考え、大矢弘子(当時レコード会社に詩を投稿していた明治大学4年生)に作詞、土田啓四郎(大阪在住の新進作曲家)に作曲を依頼する。歌手は、12歳でコロムビア全国コンクール第1位となった青山和子(当時18歳)。

この楽曲は、1964年のテレビドラマ版もしくは映画の主題歌であると誤解されやすいが、ドラマで使用されたのはシンプルなインストルメンタルBGM曲のみ、映画の主題歌は主演の吉永小百合が歌唱した「愛と死のテーマ」で、青山和子が歌うこのレコード企画とは全く別のプロジェクトとなっている。

  • 「愛と死をみつめて」(B面「若きいのちの日記」)

映画[編集]

1964年(昭和39年)9月19日公開。モノクロシネマスコープ、118分。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

  • 高野誠 - 浜田光夫
  • 小島道子 - 吉永小百合
  • 小島正次 - 笠智衆
  • 道子の母 - 原恵子
  • K先生 - 内藤武敏
  • 寮の賄いのおじさん - 紀原土耕
  • 病院の用務員 - 河上信夫
  • オールドミス - 初井言栄
  • 市場の売手 - 光沢でんすけ
  • 照子 - 加藤洋美
  • 同志社の学生 - 恩田恵子、岩記照栄、水森久美子、西原泰江

患者[編集]

高野の友人[編集]

  • 大久保 - 杉山元
  • 黒木 - 木下雅弘

看護婦[編集]

  • 若い看護婦 - 有田双美子
  • 中年の看護婦 - 鏑木はるな
  • 北出桂子
  • 清水千代子
  • 高田栄子

寮生[編集]

  • 浜口竜哉
  • 藤野宏
  • 宇田川守雄
  • 新村猛
  • 井田武

ビデオソフト[編集]

  • 『愛と死をみつめて』(1990年、日活)VHSビデオとして発売。2005年にDVD化され再発。

テレビドラマ『若きいのちの日記』[編集]

テレビドラマ(2006年版)[編集]

2006年(平成18年)3月18日3月19日、2時間半ずつの枠で、前・後編に分けて放送。テレビ朝日制作。当初は2005年放送の予定だったが、諸事情により延期された。ミコ死後の秘話も再取材し、盛り込む。主題歌はドリームズ・カム・トゥルーの『めまい』(アルバム『THE LOVE ROCKS』に収録)と、『愛と死をみつめて〜DREAMS COME TRUE VERSION〜』。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

ビデオソフト[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 引田惣弥『全記録 テレビ視聴率50年戦争―そのとき一億人が感動した』講談社、2004年、14頁。ISBN 4062122227
  2. ^ 朝日新聞』1989年10月29日付朝刊(埼玉)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]