宇野重吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
うの じゅうきち
宇野 重吉
宇野 重吉
1955年
本名 寺尾 信夫
てらお のぶお
生年月日 1914年9月27日
没年月日 1988年1月9日(満73歳没)
出生地 日本の旗 日本福井県足羽郡下文殊村(現・福井市
職業 俳優演出家
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1932年 - 1988年
配偶者 あり
著名な家族 寺尾聰(長男)
主な作品
舞台
『オットーと呼ばれる日本人』
映画
愛妻物語
第五福竜丸
金環蝕

宇野 重吉(うの じゅうきち、 1914年9月27日 - 1988年1月9日)は日本俳優演出家。本名は寺尾 信夫(てらお のぶお)。

滝沢修らと共に劇団民藝の創設者であり、第二次世界大戦前から戦後にかけて長く演劇界をリードしてきた名優である。リアリズムを基調とした近代的な芸を追求していた。芸名は、中野重治鈴木三重吉に由来している。俳優の寺尾聰は長男。

来歴・人物[編集]

福井県足羽郡下文殊村(現福井市)出身。旧制福井中学(現福井県立藤島高等学校)を経て上京し、新聞配達のアルバイトをしながら日本大学芸術科に進む。

1932年、プロレタリア演劇研究所に入り、築地小劇場左翼劇場新築地劇団の合同公演で初舞台を踏む。大学を中退して、東京左翼劇場に入る。1934年村山知義小沢栄太郎らとともに新協劇団の結成に参加する。1938年久保栄演出の『火山灰地』の泉治郎役で出演して認められた。1940年8月19日、治安維持法違反で、特高警察に検挙される。1942年日本移動演劇連盟加盟の瑞穂劇団に参加。1943年に応召され、ボルネオで終戦を迎えた。復員後の1946年第二次新協劇団に加入。

1947年滝沢修清水将夫らと第一次民衆芸術劇場(第一次民藝)を創設。それが1949年に内紛で解散した後、ついで1950年劇団民藝を創設。ロシアチェーホフなどヨーロッパ各国の劇を演じ、たちまち新劇のリーダー的存在となる。中国や近代日本の題材なども扱い、確かな演技力と斬新な演出により、民藝を国内有数の劇団に育て上げた。モットーは「芝居でメシの食える劇団」。1964年には、有馬稲子新珠三千代などのスターを起用して、話題にもなった。1958年に『運命』で演出家デビューし、以降『イルクーツク物語』『子午線の祀り』などの演出を手がけた。

愛妻物語』(1951年)右は乙羽信子

1933年に映画デビューしてからは映画界でも活躍した。一連の新藤兼人監督作品に出演しており、彼のデビュー作の『愛妻物語』では主演している。1954年、製作再開した日活が5社協定の締め出しによって出演俳優不足に悩んでいた際は民藝と提携契約を締結。多くの劇団俳優を日活映画に出演させ、自身も多くの日活映画に出演した。石原裕次郎との友情はこの時代から石原の死に至るまで続いた。1964年には、大河ドラマ赤穂浪士』の蜘蛛の陣十郎役で、茶の間の人気者に。舞台・映画にとどまらず、テレビ界でも活躍した。1971年には「劇団は創立者だけの物である」という劇団一代論を発表して演劇界に衝撃を与える。1981年には紫綬褒章を受章。

飄々とした風貌と軽妙な持ち味の演技で知られ、完璧主義・気難しいと呼ばれた滝沢とは対称的な性格であった。1975年公開の山本薩夫監督の映画『金環蝕』では珍しく悪役を演じているが、宇野は悪役らしくするために乱杙歯のつけ歯をつけ、出っ歯にして役に挑んだ。

1985年9月からは、宇野重吉一座をたちあげ、気軽に芝居を観に劇場に来られない地方の人のために、地方公演をはじめた。木下順二の『三年寝太郎』などの民話劇を上演した。

晩年はと戦い、の2/3、左の半分を失いながらも地方公演を続けていた。1987年10月に放映されたNHK特集『舞台・いのちの限り〜宇野重吉・旅公演2万キロ〜』に詳しい。また点滴を打ちながら舞台に立つこともあり、幕間では酸素吸入をしながら演じていた。

1988年1月9日、肺がんのため東京都渋谷区榊原記念病院で死去した。73歳没。三越劇場での『馬鹿一の夢』が最後の舞台となった。

長男は俳優の寺尾聰。石原裕次郎の生涯を描いたテレビドラマ』(2004年、テレビ朝日)では、寺尾が父・宇野を演じた(石原裕次郎と共演した清酒CMのシーン)。1968年の『黒部の太陽』や1976年の『男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け』では親子共演を果たしている。

受賞・受章歴[編集]

  • 毎日映画コンクール助演賞(1948年)『わが生涯のかがやける日』『破戒』の演技で
  • 芸術祭奨励賞(1952年)朝日放送劇『泥の中』の演技で
  • 芸術祭賞(1955年)『西の国の人気者』の演技で
  • 毎日映画コンクール男優助演賞(1959年)『人間の壁』の演技で
  • 芸術選奨文部大臣賞(1962年)『イルクーツク物語』の演出で
  • テアトロン賞(1963年)『泰山木の木の下で』の演出で
  • 毎日出版文化賞(1969年)著書『新劇・愉し哀し』で
  • 毎日芸術賞(1973年)『三人姉妹』の演出で
  • 放送文化賞(1977年)
  • 紀伊国屋演劇賞個人賞(1980年)『わが魂は輝く水なり』『古風なコメディ』の演出で
  • 紫綬褒章(1981年)

出演作品[編集]

舞台[編集]

  • どん底(1936年)
  • 火山灰地(1938年) - 泉治郎
  • 破戒(1948年)
  • たくみと恋(1948年)
  • 山脈(1949年)
  • かもめ(1950年) - トレープレフ
  • その妹(1951年) - 野村広次
  • 炎の人(1951年) - ペール・タンギー
  • 厳頭の女(1952年) - 井ノ口英造
  • 冒した者(1952年) - 須永
  • 五稜郭血書(1952年) - 平山金十郎
  • 民衆の敵(1953年) - ペーテル・スットクマン
  • 日本の気象(1953年) - 中尾敬吾
  • あっぱれクライトン(1953年) - 海軍士官
  • セールスマンの死(1954年) - ビフ
  • 大和の村(1955年) - 山下広吉
  • ヴィルヘルム・テル(1955年) - ヴィルヘルム・テル
  • 西の国の人気者(1955年) - クリストファ・マホン
  • 楡の木蔭の欲望(1957年)
  • 御料車物語(1957年)
  • ガラスの中の動物園(1959年)
  • どん底(1960年)
  • 火山灰地(1961年) - 朗読
  • オットーと呼ばれる日本人(1962年)
  • ゴドーを待ちながら(1965年) - ウラジミール
  • 瀬戸内海の子供ら(1967年)
  • 想い出のチェーホフ(1968年)
  • 夕鶴(1968年) - 与ひょう
  • 炎の人(1969年) - 声
  • 鋤と星(1969年)
  • もう一人のヒト(1970年)
  • にんじん(1970年、1978年)
  • 星の牧場(1971年)
  • ハバナの審問(1972年)
  • 三人姉妹(1972年)
  • 円空遁走曲(1973年)
  • きぬという道連れ(1974年)
  • 赤ひげ(1974年)
  • 迷路(1975年)
  • 聖火 母の総て(1975年)
  • リリオム(1976年)
  • わが家は楽園(1977年)
  • わが魂は輝く水なり(1980年)
  • タナトロジー(1982年)
  • エレジー 父の夢は舞う(1983年)
  • こんな筈では(1985年)
  • 三年寝太郎(1986年)
  • 馬鹿一の夢(1987年)
以下は演出作品
  • 運命(1959年)
  • 檻(1960年)
  • イルクーツク物語(1960年、1968年)
  • オットーと呼ばれる日本人(1962年、1966年)
  • 初恋(1963年)
  • 泰山木の木の下で(1963年、1972年、1974年)
  • 消えた人(1963年)
  • 父と子(1964年)
  • 開かれた処女地(1965年)
  • コンベア野郎に夜はない(1965年)
  • 報いられたもの(1966年)
  • 白い夜の宴(1967年)
  • 汚れた手(1967年)
  • ユリディスの手(1967年)
  • 想い出のチェーホフ(1968年、1971年)
  • 斬られの仙太(1968年)
  • 正義の人びと(1969年)
  • かもめ(1969年)
  • あゝ野麦峠(1969年)
  • 七月六日(1970年)
  • 審判 神と人とのあいだ(1970年)
  • にんじん(1970年、1978年)
  • 星の牧場(1971年、1979年)
  • 銀河鉄道の恋人たち(1971年)
  • 予告の日(1971年)
  • 48才の花嫁さん(1971年)
  • 三人姉妹(1972年)
  • 影(1973年)
  • 白鳥の歌(1974年)
  • 桜の園(1974年)
  • 赤ひげ(1974年)
  • 迷路(1975年)
  • 聖火 母の総て(1975年)
  • リリオム(1976年)
  • 山脈(1978年)
  • 子午線の祀り(1979年)
  • わが魂は輝く水なり(1980年)
  • 息子の結婚(1980年)
  • 嬰児殺し(1980年)
  • 十二月下宿屋(1982年)
  • 驟雨(1982年)
  • タナトロジー(1982年)
  • こわれがめ(1983年)
  • エレジー 父の夢は舞う(1983年)
  • こんな筈では(1985年)
  • 馬鹿一の夢(1986年、1987年)
  • おんにょろ盛衰記(1986年、1988年)
  • 三年寝太郎(1986年)
  • 夏・南方のロマンス(1987年)

映画[編集]

『怒りの街』(1950年)
『愛妻物語』(1951年) 左は乙羽信子
『原爆の子』(1952年)右は奈良岡朋子
『第五福竜丸』(1959年) 左から一人置いて稲葉義男宇野
『松川事件』(1961年)左から浜田寅彦宇野宇津井健

太字はキネマ旬報ベストテンにランクインした作品

  • 河向ふの青春(1933年、P.C.L.)
  • 地熱(1938年、東宝) - 島田
  • 海軍爆撃隊(1940年、東宝) - 羽山一空
  • 多甚古村(1940年、東宝) - 杉野巡査
  • 煉瓦女工(1946年、南旺映画) - 音松
  • わが生涯のかがやける日(1948年、松竹) - 高倉好雄
  • 虹を抱く処女(1948年、新東宝) - 石塚守兵
  • 破戒(1948年、松竹) - 土屋銀之助
  • わが恋は燃えぬ(1949年、松竹) - 村田隆
  • 春の戯れ(1949年、映画藝術協会) - 正吉
  • 今日われ恋愛す(1949年、C・A・C)
  • 白虎(1949年、連合映画) - 真野
  • 新釈 四谷怪談(1949年、松竹) - 与茂七
  • 痴人の愛(1949年、大映)
  • 破れ太鼓(1949年、松竹) - 野中茂樹
  • 今宵別れて(1949年、松竹)
  • 魔の黄金(1950年、大映) - 月江の夫
  • 暴力の街(1950年) - 夏目記者
  • 火山脈(1950年、大映) - 樋口良三
  • 怒りの街(1950年、東宝) - 森宗久
  • 蜘蛛の街(1950年、大映)
  • 春の潮(1950年、松竹)
  • 婚約指環(1950年、松竹) - 九鬼道雄
  • 午前零時の出獄(1950年、大映)
  • 戦火の果て(1950年、大映)
  • 愛妻物語(1951年、大映) - 沼崎敬太
  • 或る夜の出来事(1952年、新映画社) - 茶木
  • 花萩先生と三太(1952年、民藝) - 村長
  • 西鶴一代女 (1952年、新東宝) - 扇屋弥吉
  • いとし子と耐えてゆかん(1952年、東映) - 竹野先生
  • 原爆の子 (1952年、近代映画協会) - 孝司
  • 母のない子と子のない母と(1952年、新教映) - 一郎のお父さん
  • 女ひとり大地を行く(1953年、キヌタプロ) - 山田喜作
  • 縮図(1953年、近代映画協会) - 銀蔵
  • もぐら横丁(1953年、新東宝) - 下宿屋
  • 君に捧げし命なりせば(1953年、新映プロ) - 医師松永
  • (1953年、大映) - 木村
  • 続々十代の性典(1953年、大映) - 尾崎先生
  • 夜明け前(1953年、近代映画協会) - 謙吉
  • 女の一生(1953年、近代映画協会) - 兄政夫
  • 恋文(1953年、新東宝) - 山路直人
  • 唐人お吉(1954年、北星) - お福の父
  • どぶ(1954年、近代映画協会) - ピンちゃん
  • 人生劇場 望郷篇(1954年、東映) - 青成瓢吉
  • 愛と死の谷間(1954年、日活) - 大沢捨松
  • 地獄の剣豪 平手造酒(1954年、日活) - 近藤弥市
  • からたちの花(1954年、日活) - 七蔵
  • 生きとし生けるもの(1955年、日活) - 周作の父親
  • 森蘭丸(1955年、日活) - 羽柴秀吉
  • おふくろ(1955年、日活) - 源造
  • 青春怪談(1955年、日活) - 小鎌田
  • しいのみ学園(1955年、新東宝) - 山本先生
  • (1955年、近代映画協会) - 和田医師
  • 由起子(1955年、中央映画) - 尾高恭助
  • 月夜の傘(1955年、日活) - 小谷耕平
  • 自分の穴の中で(1955年、日活) - 小松鉄太郎
  • 幼きものは訴える(1955年、日活) - 鈴木勇作
  • 青ヶ島の子供たち 女教師の記録(1955年、新東宝) - 松川校長
  • 石合戦(1955年、民藝) - 菊沢松蔵
  • 銀心中(1956年、日活) - 喜一
  • 姉さんのお嫁入り(1956年、日活) - 文子の伯父
  • 夜明け朝明け(1956年、民藝) - 日高三平
  • 病妻物語 あやに愛しき(1956年、民藝) - 患者
  • 感傷夫人(1956年、日活) - 藤崎老人
  • われは海の子(1956年、民藝) - 幻想の父
  • 乳母車(1956年、日活) - 桑原次郎
  • 女優(1956年、近代映画協会) - 山下敏郎
  • 「廓」より 無法一代(1957年、日活) - 勢五郎
  • 危険な年齢(1957年、日活) - 父正太郎
  • 四季の愛欲(1958年、日活) - 建部
  • 風速40米(1958年、日活) - 滝敬次郎
  • 真夜中の顔(1958年、歌舞伎座) - 漁師
  • 悲しみは女だけに(1958年、大映) - 岸本
  • 夜の狼(1958年、日活) - 宗田医師
  • 祈るひと(1959年、日活) - 佐々木教授
  • 第五福竜丸(1959年、近代映画協会) - 久保山愛吉
  • 人間の壁(1959年) - 沢田先生
  • 地図のない町(1960年、日活) - 笠間雄策
  • やくざ先生(1960年、日活) - 石田園長
  • 武器なき斗い(1960年) - 谷
  • 街から街へつむじ風(1961年、日活) - 東光和尚
  • 松川事件(1961年) - 岡林弁護人
  • 処刑前夜(1961年、日活) - 松林竜太郎
  • 警察日記 ブタ箱は満員(1961年、日活) - 百姓勘次郎
  • 俺は死なないぜ(1961年、日活) - 有田
  • 堂堂たる人生(1961年、日活) - 老田和一
  • ママ恋人がほしいの(1961年、日活) - ムコの父
  • 天使と野郎ども(1962年、日活) - 吉川博士
  • 青年の椅子(1962年、日活) - 湯浅
  • 秋津温泉(1962年、松竹) - 松宮謙吉
  • あすの花嫁(1962年、日活) - 大井川親光
  • 乳房を抱く娘たち(1962年、大映) - 農協組合長
  • しろばんば(1962年、日活) - 石守校長
  • 太陽への脱出(1963年、日活) - 日東新聞社会部デスク
  • 赤い水(1963年、大映) - 山本先生
  • 伊豆の踊子(1963年、日活) - 大学教授
  • 波浮の港(1963年、日活) - 隆澄
  • 美しい十代(1964年、日活) - 松木巡査
  • 鉄火場破り(1964年、日活) - 壺振りの源
  • 愛と死をみつめて(1964年、日活) - 中山仙十郎
  • 鬼婆(1964年、近代映画協会) - 鬼面の武将
  • 執炎(1964年、日活) - 小島
  • 日本列島(1965年、日活) - 秋山
  • 悪党(1965年、近代映画協会) - 兼好法師
  • こころの山脈(1966年、近代映画協会) - 本間久平
  • 野菊のごとき君なりき(1966年、大映) - 老人
  • 本能(1966年、近代映画協会) - 医師
  • 愛と死の記録(1966年、日活) - 恩師
  • 小さい逃亡者(1966年、大映) - 野田信之
  • 女の一生(1967年、松竹) - 弥生友光
  • ドレイ工場(1968年) - 専三
  • 黒部の太陽(1968年、日活) - 森
  • 孤島の太陽(1968年、日活) - 門馬医師
  • かげろう(1969年、近代映画協会) - 洋の父
  • 地の群れ(1970年、ATG) - 宮地
  • 富士山頂(1970年、石原プロ) - 村岡
  • 裸の十九才(1971年、近代映画協会) - ナレーション
  • わが道(1974年、近代映画協会) - ナレーション
  • 伊豆の踊子(1974年、東宝) - ナレーター
  • 化石(1975年、俳優座) - 矢吹辰平
  • 金環蝕(1975年、大映) - 石原参吉
  • 男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け(1976年、松竹) - 池之内青観
  • 風立ちぬ(1976年、ホリ企画) - 正木博士
  • 翼は心につけて(1978年、翼プロ) - 永和高校の校長
  • 震える舌(1980年、松竹) - 小児科医長
  • 迷走地図(1983年、松竹) - 望月稲右衛門
  • 姉妹坂(1985年、東宝) - 老人
  • さくら隊散る(1988年、近代映画協会) - 証言者
以下は監督作品
  • 病妻物語 あやに愛しき(1956年、民藝)
  • われは海の子(1956年、民藝)
  • 倖せは俺等のねがい(1957年、日活)
  • 真夜中の顔(1958年、歌舞伎座)
  • 硫黄島(1959年、日活)

テレビ[編集]

  • 山一名作劇場 次郎物語(1956年、NTV)
  • お好み日曜座(NHK)
    • 交代期(1957年)
    • 姉妹(1958年)
  • テレビ劇場(NHK)
    • ある噴水の物語(1958年)
    • 広島に生きる(1959年)
    • 芭蕉の臨終(1962年)
    • 煙突のあるオアシス(1963年)
    • 長い悪路(1963年) - 語り
  • ヤシカゴールデン劇場 研究室(1958年、NTV)
  • 東芝日曜劇場(CX)
    • 第1話「左の腕」(1959年)
    • 第81話「殺される男」(1960年)
  • 東芝日曜劇場(TBS)
    • 第127話「窓の灯」(1959年)
    • 第179話「執行前三十分」(1960年)
    • 第260話「囮」(1961年)
    • 第277話「北国物語」(1962年)
    • 第311話「ある青春」(1962年)
    • 第390話「三代目」(1964年)
    • 第416話「父と子たち」(1964年)
    • 第464話「アポイの休日」(1965年)
    • 第568話「愛のしらべ」(1967年)
    • 第632話「あさきゆめみし」(1969年)
    • 第652話「306号室」(1969年)
    • 第657話「手のなかの日々」(1969年)
    • 第1331話「たったひとつの約束」(1983年)
    • 第1443話「尾道千光坂登り口」(1984年)
    • 第1527話「夕焼け小焼けの」(1986年)
  • ゴールドステージ 初恋(1960年、NTV)
  • ここに人あり 第140話「黒い山の泉」(1960年、NHK)
  • サンヨーテレビ劇場(KR)
    • 息子の青春(1961年)
    • 妻の青春(1961年)
    • 良人の青春(1961年)
  • 女の四季 第46・47話「まないたの歌」(1961年、NET)
  • 東レサンデーステージ(NTV)
    • 第36話「こぶ」(1961年) - 田所専吉
    • 第42話「飼育」(1961年)
  • NHK劇場(NHK)
    • 虞美人草(1961年)
    • 雨(1968年)
  • 文芸劇場(NHK)
    • 第4話「ちちははの記」(1961年)
    • 第20話「埋没」(1962年)
    • 第45話「紋章」(1962年)
    • 第80話「女性に関する十二章 五十歩百歩」(1963年)
    • 第86話「緑の散歩道」(1963年)
    • 第105話「本日休診」(1964年)
  • テレビ指定席(NHK)
    • 父と子(1962年)
    • ひとりぼっちじゃない(1963年) - 語り
  • 松本清張シリーズ・黒の組曲 第32話「真贋の森」(1962年、NHK) - 宅田伊作
  • 近鉄金曜劇場(TBS)
    • 修善寺物語(1963年)
    • 月夜の傘(1965年)
    • 息子の歌(1965年)
    • 灯は消えず(1966年)
    • 若い旅びとの歌(1967年)
  • こども劇場 第49話「宵まつり」(1963年、NHK)
  • こちら社会部(1963年、TBS)
  • 判決(NET) - 相談役・山野慎一
    • 第64話「永遠の人」(1964年)
  • シオノギテレビ劇場(CX)
    • 有馬稲子アワー / 喪われた街(1965年)
    • 終末の刻(1966年) - ナレーション
    • 鳩の橋(1966年) - ナレーション
    • 晩春(1966年)
  • NHK大河ドラマ(NHK)
  • 旅路(1967年 - 1968年、NHK) - 室伏嘉一
  • 飢餓海峡(1968年、NHK) - 弓坂刑事
  • 黒部の太陽(1969年、NTV)
  • 銀河ドラマ(NHK)
    • 朱鷺の墓(1970年)
    • 大風呂敷(1970年)
    • 歳月(1970年)
    • ゼロの焦点(1971年)
  • お登勢(1971年、TBS) - 玉三郎 (ナレーター)
  • 銀河テレビ小説 楡家の人々(1972年、NHK) - 楡基一郎
  • 銀座わが町(1973年 - 1974年、NHK)
  • ふりむくな鶴吉(1974年 - 1975年、NHK) - 夢斉
  • グッドバイ・ママ(1976年、TBS)
  • 家なき子(1977年、NTV) - ナレーター
  • 松本清張シリーズ・天城越え(1978年、NHK) - 佐藤留吉
  • 池中玄太80キロ(1980年、NTV)
  • ある日突然?!スパゲティ・ママの青春白書(1980年、ANB) - 上杉武久
  • 関ヶ原(1981年、TBS) - 豊臣秀吉
  • まんさくの花(1981年、NHK) - 柳田老人
  • NHK特集(NHK)
  • ながらえば(1983年、NHK) - 謹造 
  • 風にむかってマイウェイ(1984年、TBS) - 源太郎

ラジオ[編集]

  • 吼えろ!(1962年) - サーカス座長 役

吹き替え[編集]

CM[編集]

朗読[編集]

著書[編集]

関連文献[編集]

  • 日色ともゑ 『宇野重吉一座 最後の旅日記』 小学館文庫(1998年)
    • 元版『じゃがいも父さん 宇野重吉一座 最後の旅日記』 ネスコ:文藝春秋(1988年)
  • 麦秋社編 『旅廻り宇野重吉一座』 岩波書店(1988年)
  • 『顔 宇野重吉写真集』 麦秋社(1985年)

演じた俳優[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]