中村有志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中村 ゆうじ(なかむら ゆうじ、1956年7月8日 - )は、日本の俳優パントマイマーお笑いタレント福岡県小倉市(現:北九州市小倉北区)出身。

中村 ゆうじ
本名 中村 有志
(なかむら ゆうじ)
ニックネーム ユウちゃん
生年月日 1956年7月8日(57歳)
出身地 日本の旗 日本福岡県小倉市(現:北九州市小倉北区
血液型 O型
身長 172cn
最終学歴 日本の旗 日本
福岡県立小倉南高等学校卒業
芸風 パントマイム
事務所 ASH&Dコーポレーション
活動時期 1975年 -
現在の代表番組 元祖!大食い王決定戦
過去の代表番組 アートエンターテインメント 迷宮美術館
TVチャンピオン
天才ビットくん
えいごリアン ほか
他の活動 俳優テレビドラマ映画舞台
パントマイマー
お笑いタレント
シティボーイズ



経歴[編集]

福岡県立小倉南高等学校卒業後、1975年に劇団「テアトル・エコー」入団。1977年ロルフ・シャレと出会いパントマイムの道を志すようになり、1987年にはパリへ単身渡航し修業に励んだ。

コントグループ「東京バッテリー工場」に参加し、「ザ・テレビ演芸」にて二代目グランドチャンピオン。脱退後ピンで再挑戦し、七代目グランドチャンピオンに輝く。

1985年大竹まこと斉木しげるきたろう竹中直人いとうせいこう加藤賢崇らと結成したギャグユニット「ラジカル・ガジベリビンバ・システム」に参加し活躍。

1988年、いとうとファンキー・キング名義で"FUNKY KING Part.1"をリリース(小林克也ヤン富田プロデュース)。ジェームス・ブラウンの『セックスマシーン』 "Get Up (I Feel Like Being a) Sex Machine" をカバーし、「ギロッポン」「広尾な」「沖識名」等のシャウトの応酬が、一部でカルト的な人気を博す。

1992年に「中村ゆうじ」から本名の「中村有志」へ改名し、以後はテレビ番組司会リポーターや舞台など幅広く活動している。

2007年には、旭化成ホームズのヘーベルハウスシリーズ『LUFT(ルフト)』のTVCMでは夫と妻の両方を一人二役で演じ出演(同商品の新聞広告にも夫婦で登場)した。

2011年にインディーズバンドの登竜門である「PROJECT U PLUS」のオフシャルサポーターに就任。

2012年に歌舞伎町・新宿クレージーナイトにて、前々妻との息子でラバーマンであるTENTOKUと初共演。親子での今後の活動が注目される。

2013年に芸名を本名の「中村有志」から「中村ゆうじ」に戻す。

人物[編集]

  • 芸はオーソドックスなパントマイムや幇間の屏風芸のような別の人を一人で男女を演じ分ける芸も得意。女形は絶品。
  • 「健康のためなら死ねる」がモットー。
  • 中学生時代から陸上競技の中距離走の名選手で、演劇部出身、他にスポーツは空手の有段者である。
  • テレビ東京の「TVチャンピオン」ではリポーターを務めた回数が1位であり、同番組の生き字引とも言われていた。出場者にシンプルかつインパクトの強いあだ名をつけることもあり、番組出演後に芸能界デビューしたさかなクンギャル曽根は、中村が命名したあだ名を芸名にして活動している。
  • 近年では電撃ネットワーク・南部らと共に横浜黄金町山谷住人に無償で炊き出しのボランティアをするなど、彼の人柄がしのばれる活動もしている。(その模様は2010年の”シティボーイズのFilm noir”「ドキュメント 中村有志」で見られる)
  • ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」第9回優勝者である(単独ではなく松村邦洋と2人での優勝)。
  • 田代まさしとは友人であり、彼が度重なる不祥事を起こした際も更生&社会復帰を願い番組やイベントで共演していたが2010年に田代がまたも逮捕され「(復帰を後押しする)仲間達よりも薬の方が魅力的だったのでしょうか」と落胆した。

主な出演作[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

舞台(ソロ)[編集]

  • 「YUJI MIME 22」(1997.12.22/ラフォーレミュージアム原宿)
  • 「ONNAYUJI」(2000.9.10/ラフォーレミュージアム原宿)
  • 「愛とバカ ユージ」(東京公演:2003年2月28日~3月1日/ラフォーレミュージアム原宿・大阪公演:2003年3月10~11日/近鉄小劇場)
  • 「ユウジィズ・カット ―YUJI'S CUT―」(2004年9月16~19日/東京三軒茶屋シアタートラム)
  • 「ユウジィズ・ナイト ―YUJI’S NIGHT―」(2008年9月30日/東京新宿紀伊國屋ホール)
  • 「ユウジの味」(2009年より不定期ながら継続的に開催中)

舞台(客演)[編集]

  • シティボーイズ・ライブ1995年公演「愚者の代弁者、うっかり東へ」
  • シティボーイズ・ライブ1996年公演「丈夫な足場」
  • シティボーイズ・ライブ1997年公演「NOT FOUND あるいは、レイヴ・ウィズ・ザ・キャッチボールシスターズ」
  • シティボーイズ・ライブ1997年公演「NOT FOUND あるいは、レイヴ・ウィズ・ザ・キャッチボールシスターズ~非常識な青空」
  • シティボーイズ・ライブ1998年公演「真空報告官ピー(P)」
  • シティボーイズ・ライブ1998年公演「真空報告官ピー(P)大運動会」
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「ラ・ハッスル きのこショー」(2001年)
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「パパ・センプリチータ」 (2002年)
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「NOTA ~恙無き限界ワルツ~」(2003年)
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「だめな人の前をメザシを持って移動中」(2004年)
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「メンタル三兄弟の恋」(2005年)
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「マンドラゴラの降る沼」 (2006年)
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「モーゴの人々」 (2007年)
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「オペレッタ ロータスとピエーレ」 (2008年)
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「そこで黄金のキッス」 (2009年)
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「10月突然大豆のごとく」 (2010年)
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「動かない蟻」 (2011年)
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「西瓜割の棒 あなたたちの春に 桜の下ではじめる準備を」 (2013年)

バラエティ[編集]

ラジオ[編集]

  • 「中村 南部 アクアちゃん」(レインボータウンFM79.2、2010年10月~ )
  • 「田代 中村 南部 中井ちゃん」(レインボータウンFM79.2、2009年7月~9月)

音楽活動[編集]

FUNKY KING[編集]

テレビ朝日『AVガーデン』でのキャラクター名義。いずれもシングル。

  • FUNKY KING PART 1
カップリング「GO-GO KING」がいとうせいこう出演のセガメガドライブCMに使われた。
  • MERRY SKA SKA PART1

田代中村南部ハッカ隊[編集]

外部リンク[編集]