フィッシュストーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィッシュストーリー
著者 伊坂幸太郎
発行日 2007年1月31日
発行元 新潮社
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 262
コード ISBN 978-4-10-459602-7
テンプレートを表示

フィッシュストーリー』(a story)は、伊坂幸太郎による日本の短編小説作品。および表題作として所収の短編集

また、映画『アヒルと鴨のコインロッカー』を手がけた中村義洋監督をはじめ、同じ制作スタッフにより2009年に同名の映画作品として公開された。

あらすじ[編集]

1975年、「セックス・ピストルズ」がデビューする1年前。日本の売れないパンクバンド「逆鱗」が解散前の最後のレコーディングで演奏した「FISH STORY」という曲が時空を超えて奇跡を起こし、地球を救う。

小説[編集]

「動物園のエンジン」(『小説新潮』2001年3月号) 「サクリファイス」(『別冊東北学』2004年8月号) 「フィッシュストーリー」(『小説新潮』2005年10月号) 「ポテチ」(書き下ろし) の4つの短編作品が収録されている。

映画[編集]

フィッシュストーリー
監督 中村義洋
脚本 林民夫
原作 伊坂幸太郎
出演者 伊藤淳史
高良健吾
多部未華子
濱田岳
音楽 菊池幸夫(劇中音楽)
斉藤和義(音楽プロデュース)
主題歌 逆鱗
『FISH STORY』
斉藤和義
Summer Days
撮影 小松高志
配給 ショウゲート
公開 日本の旗 2009年3月20日
上映時間 112分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2009年3月20日に公開された。配給はショウゲート

劇中に登場するバンド「逆鱗」は出演者によってCDアルバム「FISH STORY」をリリースし、実際にデビューを果たした。楽曲のプロデュースは斉藤和義が担当した。

キャスト(映画)[編集]

スタッフ(映画)[編集]

音楽[編集]

テーマソング
  • 逆鱗「FISH STORY」(アルバム「フィッシュストーリー」に収録)
エンディングテーマ
  • 斉藤和義「Summer Days」

サウンドトラック[編集]

逆鱗×斉藤和義『フィッシュストーリー』

舞台[編集]

2011年6月30日から同年7月3日にかけて劇団「東京ハートブレイカーズ」により舞台化作品が吉祥寺スターパインズカフェにて上演された。

キャスト(舞台)[編集]

スタッフ(舞台)[編集]

  • 原作:伊坂幸太郎「フィッシュストーリー」(新潮社刊『フィッシュストーリー』所収)
  • 脚本・演出:瀬戸山美咲

外部リンク[編集]